スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

バルセロナ

ベンゼマ、テロ犠牲者への黙祷後に唾吐き行為…代表追放を求める声も | サッカーキング


 

ベンゼマをフランス代表から追放せよ!クラシコで黙祷後の唾吐き行為に批判の声【動画あり】

恐喝の疑いで逮捕されるなど、プレー以外の面で話題となっているレアル・マドリード所属のフランス代表FWカリム・ベンゼマのある行為が波紋を呼んでいるようだ。24日、スペイン紙『スポルト』が伝えている。  

問題となっているのは、21日にレアル・マドリードのホームで行われたバルセロナとの“クラシコ”でのこと。同試合開始前、13日にフランス・パリで起こった同時多発テロによる犠牲者に黙祷が捧げられたのだが、その後フランス国歌『ラ・マルセイエーズ』が流れた直後、ベンゼマは地面に向かって唾を吐いたという。  

この行為に対し、同国の女性政治家で元大臣のナディーヌ・モラノ氏がFacebookで、「ベンゼマはこれ以上、フランス代表チームでプレーすべきではない。ラ・マルセイエーズが流れる中で唾を吐いた行為は、テロの犠牲者やその家族、国家に対する侮蔑だ」と痛烈に批判。  

全文はソース元で

引用元 : ベンゼマ、テロ犠牲者への黙祷後に唾吐き行為…代表追放を求める声も | サッカーキング

【ベンゼマをフランス代表から追放せよ!クラシコで黙祷後の唾吐き行為に批判の声【動画あり】】の続きを読む

レアルサポが会長の辞任を要求、白いハンカチ掲げる (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


”わしはこのようなレアル・マドリードは見とうなかった!!”サポが会長の辞任を要求

[11.21 リーガ・エスパニョーラ第12節 R・マドリー 0-4 バルセロナ]  リーガ・エスパニョーラは21日、第12節2日目を行った。2位のレアル・マドリーはサンティアゴ・ベルナベウで勝ち点3差で首位に立つバルセロナと対戦。まさかの0-4で敗れると、勝ち点6差に放された。  

0-2で迎えたハーフタイムには、スタンドの一部が白く染まった。スペイン『スポルト』や『アス』によると、一部のレアルサポーターはフロレンティーノ・ペレス会長の辞任を要求する意味で、白いハンカチやプラカードを掲げ、「フロレンティーノは辞任しろ!」と声を張ったという。同様の光景は0-4で終えた試合後にも見られた。  
全文はソース元で

引用元 : レアルサポが会長の辞任を要求、白いハンカチ掲げる (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【”わしはこのようなレアル・マドリードは見とうなかった!!”サポが会長の辞任を要求】の続きを読む

C・ロナウド、ベニテス退陣を要求との報道も浮上 (GOAL) - Yahoo!ニュース


C・ロナウド「俺かベニテスか選べ」レアル指揮官の解任を要求か

レアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドがクラシコでの大敗を受け、ラファエル・ベニテス監督の解任を求めたとの情報が浮上した。ただし、確認は取れていないようだ。

21日のクラシコでバルセロナに0-4とホームで大敗したマドリー。イタリアの複数メディアは、C・ロナウドが試合後に「オレか、ベニテスかだ」と発言したと報じた。クラブに対し、指揮官の退任を求めたというのだ。 ベニテス監督とC・ロナウドは以前から関係の悪さを報じられている。エースは先日も、「ベニテス監督じゃタイトルを獲得できない」と話したと言われていた。 だが、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は今回の報道について、C・ロナウドが本当にそのような発言をしたかどうか、裏は取れていないものとして伝えた。


全文はソース元で

引用元 : C・ロナウド、ベニテス退陣を要求との報道も浮上 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウド「俺かベニテスか選べ」レアル指揮官の解任を要求か】の続きを読む

C・ロナウドはPKでしか得点を奪えない! クラシコの不気味なデータ | theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!


C・ロナウド、実はPKでしかクラシコは得点出来なかった!?

21日に行われるクラシコでレアル・マドリードサポーターが期待するのは、やはりFWクリスティアーノ・ロナウドの得点だ。当然ながらロナウドはチームのトップスコアラーであり、ガレス・ベイルとカリム・ベンゼマが不在のチームを引っ張ってきた。今季は得点数が伸びないものの、チームで最も得点を期待できる選手であることに疑いはない。

しかし、そんなロナウドは嫌なデータを持っている。スペイン『スポルト』によると、ロナウドはサンティアゴ・ベルナベウでおこなわれたリーグ戦のクラシコで、PKでしか得点を奪ったことがない。2009-10シーズンからレアルでプレイするロナウドは、これまでリーグ戦でバルサと12度対戦している。そのうち6度のホームゲームで、2009-10の31節、2011-12の15節、2012-13の29節は無得点だ。 2010-11の32節、2013-14の29節、2014-15の9節の3試合は得点を決めたものの、これらはすべてPKだ。

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドはPKでしか得点を奪えない! クラシコの不気味なデータ | theWORLD(ザ・ワールド)|世界中のサッカーを楽しもう!

【C・ロナウド、実はPKでしかクラシコは得点出来なかった!?】の続きを読む

C・ロナウドが断言 「バロンドールはメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


C・ロナウド「今回のバロンドールはメッシが勝つと思う」

レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、昨季の自らのパフォーマンスを「人生最高」と胸を張る一方で、来年1月に選出されるFIFAバロンドール賞(世界年間最優秀選手賞)はバルセロナのアルゼンチン代表MFリオネル・メッシが受賞すると認めている。14日放送予定の英BBC「ジョナサン・ロス・ショー」で語ったもの。

チューリッヒのFIFA本部で選出されるバロンドールで、ロナウドは4度目の受賞候補に選出されている。昨季はキャリア最高の公式戦54試合61ゴールという異次元の数字を叩き出した。それでも、世界最高の栄誉を二分してきた運命のライバルには及ばないと、潔く認めている。ロナウドの出演した番組の一部内容が事前告知で放送されている。

「正直に言うと、今年はメッシが勝つと思う。なぜなら、どんなタイトルを獲得したかが、票を左右するからだ。競争に勝った。チャンピオンズリーグ(CL)にも勝った。おそらく自分は、キャリア最高のシーズンを送った。それは良かった。欧州で最高の得点者となったが、それもすべて投票による。難しいよ。正直に言うと、気にしていないんだ。何度も言っているけれど、(バロンドールを)3度も獲得できるなんて思ってもみなかったんだ」  

過去7年間、メッシとロナウドがバロンドールの栄誉を分け合っているが、ロナウドはメッシを「ライバル」と呼ぶつもりはないという。

「自分にライバルはいない。普通の関係なんだ。8年間、FIFAの晴れ舞台を分け合っている。誰も成し遂げたことがない。自分たちだけなんだ。それはいいこと。彼とも、いい関係が築いている。彼はあるクラブでプレーしていて、自分は違うクラブでプレーしている。彼は最高の栄誉を手にしているし、僕もそう。いい関係なんだ。地元の友だちではないけれど、お互いをリスペクトしているんだ」

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウドが断言 「バロンドールはメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウド「今回のバロンドールはメッシが勝つと思う」】の続きを読む

メッシがアーセナル移籍を検討? 要求額は驚きの週給1億2000万円 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


メッシ、アーセナル移籍を検討!?週給1億2000万円を要求

バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが脱税疑惑の影響で、バルサ離脱時にはロンドンに拠点を置くアーセナルへの移籍を希望する一方で、週給60万ポンド(約1億2000万円)という驚愕の条件を要求していると、地元メディアが伝えている。英地元紙「デイリー・スター」が報じている。

最新のレポートによると、FIFAバロンドール(世界年間最優秀選手賞)を4度獲得した名手は、脱税問題で出廷を命じられるなど、スペインでの生活から別れを告げることも検討しているという。マンチェスター・ユナイテッド、マンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルという資金力を誇るビッグクラブが新天地候補に挙がる中、バルセロナ退団時にはスーパースターはロンドンに拠点を移し、アーセナルが有力な移籍先とレポートされている。  

だが、メッシ獲得時の条件面は青天井だ。税引き後の年俸は1800万ポンド(約33億円)を要求しており、税引き前の週給は1億2000万円という条件を提示する必要があるという。  

全文はソース元で

引用元 : メッシがアーセナル移籍を検討? 要求額は驚きの週給1億2000万円 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【メッシ、アーセナル移籍を検討!?週給1億2000万円を要求】の続きを読む

バロンドールに興味がないネイマール「常に宇宙人の2人で争われる」 | サッカーキング


ネイマール「バロンドールは宇宙人の2人で争われるから注目してないよ」

バルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールが、2015年のFIFAバロンドールについて「注目していない」と言及した。6日、フランスメディア『Sambafoot』がコメントを伝えた。  

世界年間最優秀選手賞であるFIFAバロンドールは近年、レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシによる一騎打ちの状態が続いている。メッシは2009年の旧バロンドールと2010年から2012年までのFIFAバロンドールを獲得し、4回連続の受賞を果たした。一方、C・ロナウドは2013年、2014年と連覇を遂げている。  

今年度はメッシとC・ロナウドに次ぐ有力候補としてネイマールを推す声も多いが、本人は「僕にとって大事なことはタイトルを取ることさ。バロンドールは常にロナウドとメッシ、別の惑星から来た2人で争われるものだ。注目してないよ。チームメイトたちを助けたいね」とコメント。自身が受賞する可能性は低いと考えているようだ。

全文はソース元で

引用元 : バロンドールに興味がないネイマール「常に宇宙人の2人で争われる」 | サッカーキング

【ネイマール「バロンドールは宇宙人の2人で争われるから注目してないよ」】の続きを読む

カカが禁断のバルセロナ移籍か 元ミラン強化部長の存在も実現へ後押し (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


バルセロナがブラジル代表カカを獲得へ!今冬にオファーと報道

元ACミラン、レアル・マドリードのブラジル代表MFカカが、昨季の三冠王者バルセロナに短期レンタルで加入する可能性が突如として浮上した。伊サッカー情報サイト「カルチョメルカート・ウェブ.it」が報じている。  

33歳のカカは現在、米・MLSのオーランド・シティSCでプレー。MLS内でも最高年俸を受け取るなど、米サッカー界でも絶大な支持と人気を誇る。そんなスターに対し、来年1月の選手補強を目論むバルセロナがオファーを出したと報じられている。

MLSは10月末でレギュラーシーズンが終了。カカ擁するオーランド・シティはプレーオフ進出を逃したため、カカの今シーズンは終了。来年3月まではオフシーズンとなる。しかし、カカはブラジル代表にも選ばれるなど好調を維持するこのタイミングで、長期休暇に入ることを避けたいと考えており、本人もオフ返上で欧州再上陸に前向きなようだ。かつてはデイビッド・ベッカム氏やティエリ・アンリ氏といった選手も、同じ手法でアメリカからヨーロッパへの短期レンタルを経験していた。
 
また、かつてACミランでスポーツディレクター(SD)を務め、現在はバルセロナのSDとなったアリエド・ブライダ氏の存在も、カカのバルサ行きを加速させる大きな要因だと伝えられている。

全文はソース元で

引用元 : カカが禁断のバルセロナ移籍か 元ミラン強化部長の存在も実現へ後押し (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【バルセロナがブラジル代表カカを獲得へ!今冬にオファーと報道】の続きを読む

中盤の補強目指すバルサ、ドルトムントの20歳MFヴァイグル獲得へ | サッカーキング


バルサ、ドルトムントの超新星MFヴァイグルを獲得へ

バルセロナは日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのU-20ドイツ代表MFユリアン・ヴァイグルの獲得を目指しているようだ。2日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。  

同紙によるとバルセロナは来年1月の移籍市場で、体格的に優れたミッドフィルダーの獲得を望んでいる模様。そこで候補に挙がったのが、ドルトムントでの成長が著しいヴァイグルのようだ。すでにバルセロナのスポーツ・ディレクター(SD)を務めるアリエド・ブライダ氏が同選手の視察に訪れるなど、補強に向けた動きを進めている。また、バイエルンも同選手を補強リストに加えており、今後は争奪戦が予想される。

全文はソース元で

引用元 : 中盤の補強目指すバルサ、ドルトムントの20歳MFヴァイグル獲得へ | サッカーキング

【バルサ、ドルトムントの超新星MFヴァイグルを獲得へ】の続きを読む

天下のC・ロナウドが見せた意外な一面「世界最高の選手はメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


C・ロナウドがついに認める「メッシが世界最高の選手だろう。だけど・・・」

レアル・マドリードのFWクリスティアーノ・ロナウドが、長年に渡ってライバル関係にあるバルセロナのFWリオネル・メッシが世界最高の選手であることを認めたと、スペイン紙「アス」が報じている。

凄まじい得点力、華麗なテクニック、ピッチ上での圧倒的な存在感、そしてレアルとバルセロナという宿敵のエース同士という立場から、両者はこれまで幾度となく「どちらが世界最高か?」と比較をされてきた。

こうした議論に対し、ロナウドは同紙のインタビューで「おそらくメッシが世界最高の選手だ」と、最大のライバルが自らよりも上の存在であることを認める、意外な一面を見せた。その一方で、自身の哲学を貫き通すコメントも残している。

「それでも僕の頭の中では、常に自分が最高の選手だと言い聞かせている。本来、全選手がそうあるべきだと思うんだ。僕は、そうやって多くのことを成し遂げてきた」  ロナウドは昨季リーグ得点王に輝くも、メッシ率いるバルサに3冠を許した。この2人の世界最高のライバル関係は、今後もしばらく続くことになりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 天下のC・ロナウドが見せた意外な一面「世界最高の選手はメッシ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウドがついに認める「メッシが世界最高の選手だろう。だけど・・・」】の続きを読む

このページのトップヘ