スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ハリー・ケイン

マンU、ケイン引き抜きに90億円超を用意か。1月に前線を補強へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


マンU、今度はケインを93億円で獲得へ!3人の若手ストライカーを狙うファン・ハール

ストライカーの層に不安を抱えるマンチェスター・ユナイテッドは、トッテナムでエースに成長したハリー・ケインの引き抜きを狙っているようだ。英紙『デイリー・スター』などが報じた。

イングランド代表でも主力に定着しつつある気鋭のFWに対し、ユナイテッドは移籍金5000万ポンド(約93億円)を用意して札束攻勢をかける構えだ。移籍実現の最大の障害はトッテナムのダニエル・レヴィ会長だが、この金額であれば首を縦に振らざるを得ないと踏んでいる。  

他方ではサウサンプトンのサディオ・マネや、レスターで大ブレイクを遂げたジェイミー・ヴァーディーへの関心も失っていないと英紙『テレグラフ』は主張する。


全文はソース元で

引用元 : マンU、ケイン引き抜きに90億円超を用意か。1月に前線を補強へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【マンU、今度はケインを93億円で獲得へ!3人の若手ストライカーを狙うファン・ハール】の続きを読む

昨季のプレミア・ベストイレブンが不調? 英紙が11選手を批評 | サッカーキング

昨季のプレミアリーグ・ベストイレブンが軒並み不調?英紙が批評

インターナショナルマッチウィークということで代表戦の話題も多い中、イギリス紙『デイリー・メール』が気になる情報を発信している。それは昨シーズンのプレミアリーグにおけるベストイレブンが不調ということだ。  同紙が指摘しているのはPFA年間ベストイレブンである。これはPFA(プロフットボール選手協会)のメンバーによる投票で選出されるものだ。

2014-15 PFA年間ベストイレブン
▼GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
▼DF
ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(チェルシー)
ガリー・ケーヒル(チェルシー)
ジョン・テリー(チェルシー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
▼MF
アレクシス・サンチェス(アーセナル)
ネマニャ・マティッチ(チェルシー)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
エデン・アザール(チェルシー)
▼FW
ジエゴ・コスタ(チェルシー)
ハリー・ケイン(トッテナム)

メンバーを見てわかる通り、優勝したチェルシーからの選出が多い。また、全選手が今シーズンも同じクラブに所属しているのが特徴的だ。では、『デイリー・メール』紙が何故彼らを不調としているのか、個別の論評をご紹介していこう。

■ジョン・テリー
 
2014-15シーズンのプレミアリーグにおけるベストDFと称賛され、テリーに国際舞台から引退を撤回し、イングランドへ戻るようにという世論もあった。最も屈強なセンターバックの片方となり、ブルーズをタイトルに導いた。しかし、今シーズンのチェルシーはわずか4試合ですでに9つのゴールを許しており、その多くがテリーのミスによるものだという辛辣な批判に晒されている。チェルシーのキャプテンは敗れたマンチェスター・C戦において前半で下げられており、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦ではサロモン・ロンドンを倒して一発レッドとなっている。

■ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ
 
昨シーズンはみんな“ミスター頼りになる男”、と思っただろう。昨シーズンのイヴァノヴィッチはプレミアリーグで最高の右サイドバックだった。守備はソリッドな一方で、不意に出現すると重要なゴールを決めた。しかし、開幕してからの4試合で平凡に見えるチェルシーのDF陣において、もしかしたらこのセルビア人は最も大きな弱点となっているかもしれない。31歳のイヴァノヴィッチはジェフェルソン・モンテーロ、ラヒーム・スターリング、カラム・マクマナマンのような選手たちに苦しめられている。

■ネマニャ・マティッチ
 
昨シーズンのタイトル制覇においてこのMFが影響を及ぼしたと言っても過言ではないだろう。4バックの前での彼の守備は素晴らしく、モウリーニョ監督の規律の取れたプレースタイルの象徴だった。しかし、今シーズンの序盤、チェルシーの本来は強固な中盤を通り抜け、簡単に沈黙させる方法を対戦相手たちは見つけてしまっている。相方のセスク・ファブレガスがまずい出だしのため、マティッチが助けられていないと言われるに違いないけれども。

■エデン・アザール
 
アザールは昨シーズン、他を圧倒するパフォーマンスを披露した。彼のゴールとアシストはこの5年で初となるチェルシーの王座獲得において鍵となる役割を果たした。アザールのパフォーマンスが彼をPFAプレーヤーオブザイヤーへと導いた。しかし、この24歳は、今シーズンの最初の4試合では並外れた才能の幻影を見ているようである。モウリーニョ監督は決してアザールを“流石”とは思っていないだろう。また、日曜日の夜にはベルギー代表監督のマルク・ヴィルモッツにも批判されている。

■アレクシス・サンチェス
 
昨年の夏にバルセロナからやってきたが、このチリ人はプレミアリーグにきわめて自然に溶け込んだ。サンチェスが見せる全ての動きが完璧にプレミアリーグにフィット。彼は傑出したシーズンを楽しみ、リーグで16ゴールを奪った。しかし、今回は全くのスロースタートだ。サンチェスは今シーズン未だグーナーのためにゴールを決めておらず、得点を決めるための数多くのチャンスを逸している。チリで行われたコパ・アメリカによってトレーニングに戻るのが遅れたが、今もフィジカルコンディションのピークに達していることは注目すべきである。

■ジエゴ・コスタ
 
ブラジル生まれのスペイン代表は2014-15シーズンの前半、目を見張らせるようなプレーでチェルシーを上位に導き、プレミアリーグで自らを確立した。昨シーズンはリーグ戦わずか4試合ですでに7ゴールを奪ったのだ。1年が経過した現在、今シーズンも同じ数の試合をこなしたが、ジエゴ・コスタはわずか1ゴールのみ。チェルシーでのキャリアはまだ序盤だが、まるでプレミアリーグの守備にいじめられているようであり、同じ選手(=ジエゴ・コスタ)のイミテーションのように見える。もちろん、スペインのユニフォームでも彼は批判に直面している。

■ハリー・ケイン
 
それは2014-15シーズンのストーリーだった。ケインのイングランドフットボールにおける台頭はスパーズのストライカーがプレミアリーグで21ゴールを奪ったのと同じくらいの早さだった。今夏、イングランドU-21代表への招集は、トッテナムのストライカー不足と共に、燃え尽き症候群になる恐れを抱かせた。今シーズンの序盤、ケインはゴール前で苦しんでおり、ホワイトハートレーンでエヴァートンの守備から逃げたのは彼の優柔不断さの典型である。

以上が『デイリー・メール』紙による昨シーズンの「PFA年間ベストイレブン」に対する今シーズンの評価だ。



全文はソース元で

引用元 : 昨季のプレミア・ベストイレブンが不調? 英紙が11選手を批評 | サッカーキング

【昨季のプレミアリーグ・ベストイレブンが軒並み不調?英紙が批評】の続きを読む

トットナムがチチャリート獲得へ ケインに続く2番手として興味か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

チチャリートにトッテナムが獲得に関心か 

マンチェスター・ユナイテッドのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスが、トットナムに移籍する可能性が浮上した。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。  

だが、レアルは買い取りオプションを行使せず。ユナイテッド復帰が濃厚視 されている中、昨季プレミアリーグ5位のトットナムが獲得に乗り出したという。トーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールがアストン・ビラに期限付きで移籍し、FWロベルト・ソルダードもセビージャに移籍する可能性が浮上している。

全文はソース元で

引用元 : トットナムがチチャリート獲得へ ケインに続く2番手として興味か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【チチャリートにトッテナムが獲得に関心か 】の続きを読む

アグエロ、自身初のプレミア得点王は確実か…2位のケインに5得点差 | サッカーキング

アグエロ、初のプレミア得点王は確実か!?25ゴールで2位ケインに5得点差

チェルシーが独走で5年ぶり5度目の優勝を決めたプレミアリーグ。得点王の座は、マンチェスター・C所属のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがほぼ手中に収めている。  

シーズン序盤からコンスタントにゴールを積み重ねていたアグエロは、第8節のトッテナム戦では4得点を奪うなど、圧巻の決定力を見せた。一時は、ひざの負傷により長期離脱を余儀なくされたが、後半戦で完全復活。第36節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦でハットトリックを決めて合計25得点に伸ばし、タイトル獲得を大きく手繰り寄せた。24日の最終節は、ホームで日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンと対戦する。  

得点ランキング2位は、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン。今シーズンはリーグ戦で20得点を挙げる大ブレイクで、A代表にも招集されたが、直近4試合はゴールなしと終盤に失速している。首位アグエロとは5得点の差がついており、1試合で巻き返すのは難しい状況。最終戦は、敵地でエヴァートンと対戦する。

全文はソース元で

引用元 : アグエロ、自身初のプレミア得点王は確実か…2位のケインに5得点差 | サッカーキング

【アグエロ、初のプレミア得点王は確実か!?25ゴールで2位ケインに5得点差】の続きを読む

アグエロの得点王は確実か…今季大ブレイクのケインが終盤で失速 | サッカーキング

アグエロのプレミアリーグ得点王は確実か!?大ブレイクのケインが終盤で失速

チェルシーが独走で5年ぶり5度目の優勝を決めたプレミアリーグ。得点王の座は、マンチェスター・C所属のアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロがほぼ手中に収めている。  

シーズン序盤からコンスタントにゴールを積み重ねていたアグエロは、第8節のトッテナム戦では4得点を奪うなど、圧巻の決定力を見せた。しかし、第15節のエヴァートン戦でひざを負傷。昨シーズンもけがに苦しんだアグエロが、今シーズンも長期離脱を強いられた。復帰後もしばらくは得点から遠ざかっていたが、直近5試合で連続ゴールを記録。前節のQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)戦ではハットトリックを決めて合計25得点に伸ばし、2位との差を一気に突き放した。  

そのアグエロを追いかけるのが、今シーズン大ブレイクのイングランド代表FWハリー・ケイン。2013-14シーズンからトッテナムのトップチームに定着したケインは今シーズン、リーグ戦で20得点を挙げる活躍で、A代表にも招集された。リトアニア代表とのユーロ2016予選で途中出場すると、わずか80秒後にゴールを決め、鮮烈デビューを飾っている。しかし、ここにきて失速。アグエロが連続ゴールを挙げているのに対し、ケインは第30節のレスター戦でハットトリックを決めて以降、6試合でわずか1ゴールにとどまっている。

全文はソース元で

引用元 : アグエロの得点王は確実か…今季大ブレイクのケインが終盤で失速 | サッカーキング

【アグエロのプレミアリーグ得点王は確実か!?大ブレイクのケインが終盤で失速】の続きを読む

プレミアで大ブレイクの新星FWにバルサが触手? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

バルサ、プレミアの新星FWケインの獲得に興味か!?

国際サッカー連盟(FIFA)から1年間の補強禁止処分を科されているバルセロナだが、処分が明ける来年1月にトッテナムのイングランド代表FWハリー・ケインを獲得する考えがあるようだ。英紙『メトロ』が報じている。  

今季のプレミアリーグでここまで20ゴールを挙げるなど大ブレイクした21歳のストライカーは3月にイングランド代表にも初招集され、3月27日のEURO予選・リトアニア戦でデビュー戦ゴールを決めた。

全文はソース元で

引用元 : プレミアで大ブレイクの新星FWにバルサが触手? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【バルサ、プレミアの新星FWケインの獲得に興味か!?【プレー集動画】】の続きを読む

アザールがPFA年間最優秀選手賞を受賞、若手選手賞には大躍進のケイン | サッカーキング

アザール、PFA年間最優秀選手賞、ケインが若手選手賞に受賞

イングランドサッカー選手協会(PFA)が26日、2014-15シーズンの年間最優秀各賞を発表。チェルシー所属のベルギー代表MFエデン・アザールが年間最優秀選手賞を、トッテナム所属のイングランド代表FWハリー・ケインが最優秀若手選手賞を受賞した。  

同賞は、イングランド国内でプレーするサッカー選手(PFAのメンバー)の投票によって選出され、昨シーズンはリヴァプールでプレーしていたウルグアイ代表FWルイス・スアレス(現バルセロナ)が受賞している。チェルシーの選手が年間最優秀選手賞を受賞するのは、2004-05シーズンの元イングランド代表DFジョン・テリー以来となる。

全文はソース元で

引用元 : アザールがPFA年間最優秀選手賞を受賞、若手選手賞には大躍進のケイン | サッカーキング

【アザール、PFA年間最優秀選手賞、ケインが若手選手賞に受賞】の続きを読む

PFA年間最優秀選手賞の候補者6人を発表 (GOAL) - Yahoo!ニュース

PFA年間最優秀選手賞にアザールラ6人の候補者が発表

イングランドサッカー選手協会(PFA)は16日、今シーズンの年間最優秀選手賞など、各賞の候補者を発表した。 PFA年間最優秀選手賞は、普段ピッチでともに戦う選手たちからの投票で年間の優れた選手を選ぶもの。受賞者にとっては、同じプレーヤーから評価されるという名誉ある個人タイトルだ。

年間最優秀選手賞の候補者は以下のとおり。

ジエゴ・コスタ(チェルシー/FW)
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド/GK)
コウチーニョ(リヴァプール/MF)
エデン・アザール(チェルシー/MF)
ハリー・ケイン(トッテナム/FW)
アレクシス・サンチェス(アーセナル/FW)

開幕時に23歳以下の選手だった選手が対象になる年間最優秀若手選手賞の候補者は、4人が最優秀選手賞候補にもノミネートされている。

全文はソース元で

引用元 : PFA年間最優秀選手賞の候補者6人を発表 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【PFA年間最優秀選手賞にアザールラ6人の候補者が発表】の続きを読む

このページのトップヘ