スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ハリルジャパン

本田&香川 キリン杯決勝欠場へ ハリル監督明言「難しい状況」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース



no title


日本代表のFW本田圭佑(29=ACミラン)とMF香川真司(27=ドルトムント)が7日のキリン杯決勝ボスニア・ヘルツェゴビナ戦(吹田スタジアム)を欠場することが濃厚になった。 【

5日の公式会見でバヒド・ハリルホジッチ監督(63)は「真司と本田に関して、少し問題がある。本当に我々と一緒にこれからも戦ってほしいが、難しい状況」と説明した上で「逆に他のプレーヤーにチャンスがある」と明言した。

全文はソース元で

引用元 : 本田&香川 キリン杯決勝欠場へ ハリル監督明言「難しい状況」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【本田と香川が欠場へ 清武は決勝戦で日本代表の柱にならなければならない】の続きを読む

「エボリューション」と喜ぶハリル、柏木が“直電話”で異例の面談直訴 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ハリルご機嫌!柏木、直接電話での面談希望にファンも称賛「エボリューション」

選手からの異例の“直電話”だった。日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督は13日、都内でキリン杯の日程発表会見に出席し、浦和レッズのMF柏木陽介から電話があり、明日14日に都内のJFAハウスで会談することを明らかにした。

「日本代表が始まって以来、初めて選手から直接電話が来て、代表監督のオフィスにあえて彼から来ることになった」。ハリルホジッチ監督は誇らしげに驚きの事実を明かした。日本サッカー協会の霜田正浩ナショナルチームダイレクターによると、柏木から霜田氏へ電話があり、「監督と話がしたい」という要望を受け、選手と代表監督の“特別面談”の場を急きょセッティングした。

「これもエボリューション(進化)だ。私は常に代表監督室にいるし、選手にも『ドアはいつもオープンにしてある』と言っている。これも(代表チームが)発展していっている証拠。試合でなくても、これも仕事だ」  


全文はソース元で

引用元 : 「エボリューション」と喜ぶハリル、柏木が“直電話”で異例の面談直訴 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ハリルご機嫌!柏木、直接電話での面談希望にファンも称賛「エボリューション」】の続きを読む

W杯アジア最終予選組み合わせ決定…日本は豪らと同組、初戦は9月のUAE戦 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


日本代表は死の組?W杯アジア最終予選の組み合わせが決定!初戦は9月のUAE戦

「2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選」の組み合わせ抽選会が12日、マレーシアのクアラルンプールで行われた。  

9月から約1年間かけて行われる最終予選では、2次予選を勝ち抜いた12カ国を6カ国ずつ、AとBの2つのグループに分けて、ホーム&アウェーの総当たり戦(各国10試合ずつ)を行う。そして、各グループの上位2カ国が本大会への出場権を獲得する。また、各グループの3位に入った2カ国がホーム&アウェーの2試合を戦い、その勝者は北中米カリブ海の最終予選で4位なった国との大陸間プレーオフで、ロシア行きの切符を懸けて対戦する。

■グループA
イラン(42位)
韓国(56位)
ウズベキスタン(66位)
中国(81位)
カタール(83位)
シリア(110位)

■グループB
オーストラリア(50位)
日本(57位)
サウジアラビア(60位)
アラブ首長国連邦(UAE)(68位)
イラク(105位)
タイ(119位)


■最終予選日程
2016年9月1日(木) 日本 vs UAE
9月6日(火) タイ vs 日本
10月6日(木) 日本 vs イラク
10月11日(火) オーストラリア vs 日本
11月15日(火) 日本 vs サウジアラビア

2017年3月23日(木) UAE vs 日本
2017年3月28日(火) 日本 vs タイ
2017年6月13日(火) イラク vs 日本
2017年8月31日(木) 日本 vs オーストラリア
2017年9月5日(火) サウジアラビア vs 日本



全文はソース元で

引用元 : W杯アジア最終予選組み合わせ決定…日本は豪らと同組、初戦は9月のUAE戦 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【日本代表は死の組?W杯アジア最終予選の組み合わせが決定!初戦は9月のUAE戦】の続きを読む

ハリル監督、J現状に辛口「リズムかなり遅い。アグレッシブさ足りない」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース


ハリル「Jリーグはリズムがかなり遅い。戦う意識も足りない」指摘に反発するファンも「日本代表の方が遅い」

明治安田チャンピオンシップ決勝第2戦(5日、広島-G大阪、Eスタ)サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が前半終了後のハーフタイムに、NHKの中継に登場した。  

G大阪が1点をリードする展開にハリル監督は「まず面白い試合。G大阪はブロックが前に出て意欲的だった」

「広島は守備で満足している。前に行く野心が必要」  

また代表監督としてJリーグに求めることを問われると、「リズムがかなり遅い。アグレッシブさが足りない」と厳しい指摘。欧州のトップクラスのリーグとJリーグの差に「戦う意識と前へのプレー」の2点を挙げた。


全文はソース元で

引用元 : ハリル監督、J現状に辛口「リズムかなり遅い。アグレッシブさ足りない」 (サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

【ハリル「Jリーグはリズムがかなり遅い。戦う意識も足りない」指摘に反発するファンも「日本代表の方が遅い」】の続きを読む

クレバーで、見栄えもよく、おまけに…… 独メディアがマインツ武藤に夢中! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


独メディア「武藤は頭が良く、イケメンでおまけに働き者」と絶賛

フランクフルト戦で先制ゴールを決め、チームを勝利に導いたマインツFW武藤嘉紀に対する称賛は尽きない。

独『ビルト』は29日、「マインツは”お買い得”ストライカーを祝う」という見出しで武藤を紹介。記事は武藤について「クレバーで、見栄えがよく、本当に良いストライカー」と評したうえで、更に「彼が持っているのは良い足だけではない」と続く。武藤が日本のエリート大学、慶應義塾大学の経済学部を卒業したことを紹介し、ピッチ外での影響にも着目。同紙の取材に応えたマインツのGM(ゼネラルマネージャー)、クリスティアン・ハイデル氏によれば武藤はクラブのメディア対応にも精を出しているようだ。

「彼は誰よりもあくせくと働いているよ。メディアの仕事を他のどの選手よりも引き受けているんだ。あの青年はとてつもなく大きな仕事をしているよ」
全文はソース元で

引用元 : クレバーで、見栄えもよく、おまけに…… 独メディアがマインツ武藤に夢中! (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【独メディア「武藤は頭が良く、イケメンでおまけに働き者」と絶賛】の続きを読む

ハリル改革が目指すもの「フットボールを日本で第1のスポーツに」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース


ハリル「サッカーを日本の第1スポーツにしたい」子どもたちに熱血指導

“金の卵”と接して、日本代表のハリルホジッチ監督は終始、ご機嫌だった。28日から都内で開催されているキリン株式会社主催のサッカー教室「KIRINキャンプ」で、1400人を超える応募者の中から選ばれた中学生30人を指導。

合宿は29日までの2日間の日程でピッチ上での練習だけでなく、講義なども行っている。ハリルホジッチ監督はボヌベー・コーチ、モワンヌ・フィジカルコーチ、浜野GKコーチとともに精力的に指導。真剣な表情でアドバイス送る場面もあり「子供たちとトレーニングできることは喜びです。皆、最初は緊張していたけど、素晴らしい態度で練習をしてくれた。日本代表の監督として日本のフットボールにできる限り貢献したい。私の夢は日本でフットボールが第1のスポーツになることです」と語った。  

初日のメニューを終えた指揮官は「何人かの選手はテクニックが素晴らしかった。でも、その選手たちがプロになれるかは別の問題。この年代ではフィジカルもメンタルも大事になる。そのためには能力の高い指導者が必要」とメンタル、フィジカル面に改善の余地があると指摘した。日本代表を指揮する際も常に「日本人は相手をリスペクトしすぎる。欧州に比べてパワー、スピードが足りない」と語っており、レベルは違えど中学年代からも同様の印象を受けたようだ。

全文はソース元で

引用元 : ハリル改革が目指すもの「フットボールを日本で第1のスポーツに」 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【ハリル「サッカーを日本の第1スポーツにしたい」子どもたちに熱血指導】の続きを読む

本田のCF起用を模索するハリル「彼をFWの中央で使うのもソリューション」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


ハリル「本田をCF起用も考えている」日本代表のトップで決定力向上へ

日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督がMF本田圭佑(ミラン)の1トップ起用を考えていることを明かした。29日、都内で行われた「KIRINキャンプ」に参加し、中学生30人を直接指導。2日間にわたる特別キャンプを終えた指揮官が報道陣の取材に応じた。  

28日のサンプドリア戦に後半35分から出場し、7試合連続の途中出場となった本田について聞かれた指揮官は「もちろん安心はしていない。昨日も10分ぐらいしか出ていない」と指摘。普段から欧州組の選手には直接電話してコミュニケーションを取っているというが、「彼とは特に電話している。直接話したときは『ACミランでポジションを奪いたい』と話していた」と、本田の意志を明らかにしたうえで、控えに甘んじている現状を打破してほしいとゲキを飛ばした。

「(ミランは)競争が激しい。覚悟してトレーニングしてほしい。あの年齢になると、90分間プレーし続けないと、フィジカルが落ちる。個人で補足トレーニングが必要になる」。来年1、2月には渡欧し、海外組の選手を視察する予定もある。

「彼と長友には会いに行っていろんな話をしたい。長友も最近は(インテルで)右サイドバックで出ている」と、イタリアで“個人面談”する意向を示し、日本代表での具体的な起用法にも言及した。

「FWで(使う)ということも考えている。真ん中、中央でだ」と、センターフォワードでの起用を示唆。

「彼は足元で(受けるので)はなく、(DFラインの)背後に走って、左足でパスを出し、左足でシュートを狙った。16mの中での勝負を見せてくれた。点も取ってくれた。初めてクロスからヘディングで点も取った。彼は背後に走り始めている」  

本田のプレーの変化についてそう語ると、「彼をFWの中央で使うのも一つのソリューション。我々はもっと点が取れる選手を探している」

全文はソース元で

引用元 : 本田のCF起用を模索するハリル「彼をFWの中央で使うのもソリューション」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ハリル「本田をCF起用も考えている」日本代表のトップで決定力向上へ】の続きを読む

ハリル監督「J1のチーム数減らすべし」 質の低さに不満爆発 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース


賛否両論!ハリルの「J1のチーム数を減らして質を上げろ」の案は正しい?

日本代表のハリルホジッチ監督がJ1リーグの質向上に向けて、チーム数の削減を提案した。

延長戦の末にG大阪が決勝に駒を進めた試合の内容に言及した。

「本当にきつい試合だった。フィジカル的な質、量をもっと上げないといけない。シーズン最後の難しい時期で疲労がたまっているのは理解できる。何人かの選手は本当に疲れていた。Jリーグに求めるのは、もっとクオリティーの良い試合」と苦言。その上で「チーム数を減らせばクオリティーが上がるかもしれない。リーグの方に提案はしている」と現行のJ1・18クラブは多いとの見解を示した。

全文はソース元で

引用元 : ハリル監督「J1のチーム数減らすべし」 質の低さに不満爆発 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【賛否両論!ハリルの「J1のチーム数を減らして質を上げろ」の案は正しい?】の続きを読む

【日本代表】ひとりだけリズムが違う本田圭佑は、日本代表に必要か (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


11-25,15 hon2

ゆったりとしたリズムでボールを持ち、タメを作る。そして、動き出した味方へパス。たしかに、本田圭佑は、ひとりだけリズムが異なる。特に、球離れの早い日本代表でプレーすると、その異質ぶりが際立つ。  

本田の“重さ”は、1対1で相手を背負うボールキープなど、対人パワーに優れる反面、スピードの変化やターンといった俊敏性に欠ける。プレーが遅くなりがちだ。  

マンツーマンで対処された時代ならいざ知らず、現代サッカーのようにゾーンディフェンスで、スペースがコンパクトに縮められると、わずかなプレーの遅れで、あっという間に複数人に囲まれてしまう。そうなったら、ひとりの相手を背負うボールキープなど、なんの意味もない。  

ここで重要になるのは、1対1ではなく、1対多の能力。小さなスペースで、テンポ良くプレーし、囲まれる前にボールを動かすこと。バルセロナのアンドレス・イニエスタ、バイエルン・ミュンヘンのチアゴ・アルカンタラ、マンチェスター・シティのダビド・シルバ。彼らのように“軽さ”のある選手は、ボールを収めてさばくテンポが速い。  

ポゼッションだけでなく、縦に速いカウンターを繰り出す際にも、このテンポの早さで縦に運ぶことが重要になる。もちろん、ドルトムントの香川真司も、このタイプだ。  あるいは、バイエルン・ミュンヘンのトーマス・ミュラー、マンチェスター・ユナイテッドのウェイン・ルーニーのように、FWタイプのセカンドアタッカーを、トップ下周辺に置くケースも多い。  

いずれにせよ、このスペースで重要視されるのは攻撃のスピードであり、そういう意味では、本田をトップ下に置いたザックジャパンのシステムは、現代サッカーには珍しい、レトロな佇まいだったとも言える。
 

しかし、そのリズムの遅さをもって、本田不要論を唱えるのは、あまりにも短絡的だ。

古いイメージの“司令塔”は、トップ下から様々なポジションに移動し、新しいサッカーの創造に寄与してきた。

たとえば、その移動先のひとつは、ボランチだ。

自分のやりたいプレーだけでなく、味方や敵との関係でプレーを選択する、ゲームビジョンを備えた本田も、彼らのような“ディープ・プレーメーカー”の素質がある。だが、本人はその選択を拒んだ。


“サイドの司令塔”を成功させる鍵は、攻撃的なSBの存在だ。ジダンにとってはロベルト・カルロス、中村俊にとっては内田篤人がキープレーヤーとなり、彼らが後方からオーバーラップすることで、サイドの司令塔は、中央への動きを織り交ぜ、得意なプレーを出しやすくなった。

その意味では、右サイドの本田が中盤の組み立てで機能するポイントは、右SBの酒井宏樹になる。ハリルジャパンは試合によって戦い方を変えるが、よりサイド攻撃が求められる試合では、ここでのコンビネーションが重要だろう。

そして、絶対に忘れてはいけないのは、フィニッシャーとしての本田の独自性だ。

パスの出し手ではなく、受け手として飛び出せば、縦のスピードダウンも起こらない。ゴール前でシュートをもたつくシーンはあるが、それでも、彼が常にそこに顔を出している事実は、より重要である。ゴールへの執着心、どんな相手にでも身体を投げ出せる心身の強さは、近年の日本人選手には、なかなか見られない要素だ。日本人という物差しをもって、本田を計ろうとすると、とんでもない苦難に直面する。
 
そんな異質を備えた本田を、たくさんの選手と連係するトップ下ではなく、サイドに置く。

本田の右サイド起用には、異論もあるかもしれない。しかし筆者は、現状におけるベストチョイスだと考えている。

文:清水英斗(サッカーライター)



全文はソース元で

引用元 : 【日本代表】ひとりだけリズムが違う本田圭佑は、日本代表に必要か (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑は日本代表に必要・不必要!?右サイドでの起用は正しいのか??】の続きを読む

吉田、ハリルジャパンの成熟に提言…日本人は「もっと欧州へ行くべき」 | サッカーキング


吉田麻也「日本人はもっと欧州に行くべき」「ハリルは規律よりサッカーの面に集中する必要がある」

サウサンプトン所属の日本代表DF吉田麻也が、FIFA(国際サッカー連盟)の公式サイト『FIFA.com』のインタビューに応じ、ハリルジャパンについて語った。  

今年の3月にはヴァイッド・ハリルホジッチ監督が新指揮官に就任し、“ハリルジャパン”が誕生した。同選手は「今は新しいスタイルをもつ新監督を迎えました。僕ら全員にとって正しい道を進むための挑戦です」と続け、「監督は多くのことを変えようとしていますが、簡単に変化をは起こせないのでタフなことです。ですが、何かアクションを起こす必要があるのは明らかです」と語った。  

ハリルホジッチ監督について問われると、「彼はとても厳しい人です」と笑顔を見せながら答え、「ですが人柄はまた違います。1対1で話すとき、彼はいつもとてもオープンな人です」と明かした。また、同監督のサッカー観については、「素早く攻守を切り替え、極めてコンパクトでインテンシティをもってプレーするような、とても現代的なフットボールを好んでいます」と明言した一方で、「もちろん大事なことは、僕らの長所であるテクニック、敏捷性、スピードを活かし、最適なバランスを見つけだと思います」と自身の考えも語った。  

「ベストな状況で取り組むまで慣れるのに時間はかかります」とまだまだ代表での活動時間が少ないと主張する吉田だが、「すでに、少しづつ変化を感じています」と話す。

「例えば、初対面の時、監督は本当に厳しい人でした。おそらく前のチームで最適なやり方だったのだと思います。ですが、日本人選手のチームで規律に関して心配する必要はありません。よりフットボールの面に集中することが必要だと思います」と同監督の適応を明かした。  

そんな状況を受けて、吉田はハリルジャパンの成熟へ、「全てのポジションの選手たちが、より高いレベルでプレーする必要が有ると思います。特にGK、CB、ストライカーはもっと欧州でプレーすべきです」と主張。

「簡単なことではなりません。ですが、僕が海外でのプレーが可能だと証明し、すこしでもチャンスを増やすことに貢献できたらいいと思います」と“先輩”としてプレーで示していくと意気込み語った。

全文はソース元で

引用元 : 吉田、ハリルジャパンの成熟に提言…日本人は「もっと欧州へ行くべき」 | サッカーキング

【吉田麻也「日本人はもっと欧州に行くべき」「ハリルは規律よりサッカーの面に集中する必要がある」】の続きを読む

このページのトップヘ