スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ハビエル・マスチェラーノ

メッシ代表引退宣言でさらなる激震! マスチェラーノ、ディ・マリア、アグエロらも追随か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


アルゼンチン代表、ロシアW杯前にメッシに続きアグエロ、ディ・マリア、マスチェラーノも引退か!?

FWリオネル・メッシ(バルセロナ)が突然発した代表引退発言に揺れるアルゼンチン代表に、さらなる激震が走っている。

アルゼンチン全国紙「クラリン」は、アルゼンチンサッカー協会(AFA)の運営に不満を持つMFハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)、MFアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン/PSG)、FWセルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)、FWエセキエル・ラベッシ(河北華夏幸福)も、同時に代表を引退すると伝えている。  

試合後のインタビューでメッシが「僕にとっての代表のための時間は終わった」と語り、代表引退を表明したことで全世界に衝撃が走っているが、ここ数年、メッシとともにアルゼンチンを支えたワールドクラスの選手たちも思いは同じようだ。

決勝前にインスタグラムで苦言を呈し物議 同紙によると、彼らが代表引退をほのめかしたのはAFAへの不満があるようだ。南米選手権の準決勝後、決勝の地ニュージャージーへの飛行機移動が遅れたトラブルでは、メッシが自身のインスタグラムでAFAに向けて苦言を呈していた。それ以外にも絶えず政治的な部分などで機能不全に陥っているAFAに対する圧力の意味合いが、今回の決断の要因になっていると指摘している。  

1993年大会以来の優勝を目指した南米の雄だったが、9月に再開するロシア・ワールドカップ南米予選を前にして、未曾有の危機に陥っている。

全文はソース元で

引用元 : メッシ代表引退宣言でさらなる激震! マスチェラーノ、ディ・マリア、アグエロらも追随か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【アルゼンチン代表、ロシアW杯前にメッシに続きアグエロ、ディ・マリア、マスチェラーノも引退か!?】の続きを読む

マスチェラーノが今夏にバルサ退団か、ユーヴェのオファーに惹きつけられる? (GOAL) - Yahoo!ニュース

マスチェラーノがユヴェントス移籍か!?契約交渉が難航で今夏にバルサ退団の可能性

バルセロナDFハビエル・マスチェラーノが、今夏に同クラブを退団する可能性が浮上している。スペイン『スポルト』が報じた。

バルセロナにおいて絶対的な選手の一人であるマスチェラーノだが、イタリア、イングランドの複数のクラブからオファーを受けている様子。その中でも、来季チャンピオンズリーグのために新戦力を求めるユヴェントスのオファーは、同選手を惹きつける程に魅力的なものという。

『スポルト』のスペイン語版は、「どのように物事が進展していくかを見なければならないが、移籍の可能性は実際に存在している。バルサは彼を手放すのかを決断しなくてはならない。たとえ、ルイス・エンリケにとって不可欠で、譲渡不可能な選手であろうとも」と記事を締めている。

全文はソース元で

引用元 : マスチェラーノが今夏にバルサ退団か、ユーヴェのオファーに惹きつけられる? (GOAL) - Yahoo!ニュース

【マスチェラーノがユヴェントス移籍か!?契約交渉が難航で今夏にバルサ退団の可能性】の続きを読む

マスチェラーノ:「アルゼンチンはメッシの動きに合わせるべき」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

アルゼンチン代表はメッシの動きに合わせなければいけない!マスチェラーノが語る

バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノは、代表チームはFWリオネル・メッシをより生かすためにメッシに合わせた動きをする必要があると主張している。

クラブでもチームメートのマスチェラーノは、よりメッシを中心に据えることがチームの成功につながると考えているようだ。『ESPN』で次のように話している。

「バルサは、レオがある場所からスタートして別の場所で終える自由を持てるように形作られている。チーム全体が彼の動きに合わせているんだ」

「レオのような選手がいるなら、その動きに合わせなければならない。彼を1つの場所に押し込めておくわけにはいかないんだ。それでも彼は何かを与え続けるだろうけど、失われてしまうものも多い。僕らの動きは彼がどこに行くかに基づいたものになるべきだ」

「レオは完成された選手になったけど、彼を最後の30メートルで使うことができれば、そこが一番彼を生かすことができる場所だ。最後の30メートルで大きな違いを生んでくれるからね」

全文はソース元で

引用元 : マスチェラーノ:「アルゼンチンはメッシの動きに合わせるべき」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【アルゼンチン代表はメッシの動きに合わせなければいけない!マスチェラーノが語る】の続きを読む

マスチェラーノの希望はイタリア行き? 「セリエAのクラブを探すよう頼まれた」と代理人の一人が主張 (GOAL) - Yahoo!ニュース

マスチェラーノ、セリエA移籍を希望と代理人!バルサ退団も視野に?

バルセロナMFハビエル・マスチェラーノは、ヨーロッパでのキャリアの最後にイタリアでプレーすることを望んでいるようだ。代理人のグスタボ・マスカルディ氏が、選手本人と話をしたとしてイタリア『トゥットスポルト』にそう語った。

マスチェラーノの代理人であるワルテル・タメル氏およびアドリアン・アレハンドロ・バルビーニ氏にとってイタリアでの相談役であるというマスカルディ氏は、次のように明かしている。

「最近数週間にマスチェラーノや、彼の代理人の一人であるタメルと話をした。彼らは私に、イタリアのビッグクラブを探してみるように頼んできたんだ。ハビエルはイタリアのクラブで勝利を収めて欧州でのキャリアを終えたいと思っているからだ」

「バルセロナとの間に問題があるわけではない。むしろ、リーダーの一人だ。単純にマスチェラーノは、ほかの同世代のアルゼンチン人の多くと同じように、イタリアのリーグを見ながら育ったんだ。イングランドでプレーし、スペインですべてを勝ち取ったあと、今度はイタリアでの挑戦に魅力を感じているようだ」

ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はイタリアへの移籍を認めてくれるとマスチェラーノは考えているのだという。

「ハビエルはバルセロナの会長と素晴らしい関係にある。だからこそ、セリエAから確かなオファーがあったとすれば、移籍を妨げられることはないと信じている。バルサですべてを尽くしてきたからだ。そうならなければ、今までどおりにバルサで戦い続けるだろう」

「金銭的な問題ではない。彼はすでに、プレミアリーグやリーグアンからの高額のオファーを断ったからね」

全文はソース元で

引用元 : マスチェラーノの希望はイタリア行き? 「セリエAのクラブを探すよう頼まれた」と代理人の一人が主張 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【マスチェラーノ、セリエA移籍を希望と代理人!バルサ退団も視野に?】の続きを読む

ユーベ、負傷ケディラの代役にマスチェラーノ獲得へ。本人はセリエAで引退希望 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ユーヴェ、バルサのマスチェラーノをケディラの代役として獲得へ!移籍金は驚きの額

イタリア・セリエAのユベントスが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(31)の獲得に乗り出すようだ。  

伊紙『トゥット・スポルト』によれば、これまでプレミアリーグやリーガエスパニョーラでプレーしてきたマスチェラーノは、セリエAでキャリアを終えることを望んでいるという。  

ユベントスは現在、アンドレア・バルザーリとジョルジョ・キエッリーニのイタリア代表CBコンビが相次いで怪我を負い、新シーズンに向けた守備の選手層に不安を抱えている。また、今夏にレアル・マドリーから加入したMFサミ・ケディラが、今月1日に行われたマルセイユとの親善試合で太ももの筋肉を痛め、1~2ヶ月の離脱になると報じられている。  

ユベントスはマスチェラーノ獲得に移籍金1000~1500万ユーロ(約14億~20億円)を用意する見通しだが、バルセロナが来年1月までFIFAの条項違反による処罰で選手を補強できないため、交渉は難航すると見られている。

そのため、バイエルン・ミュンヘンに所属するモロッコ代表のDFメハディ・ベナティアや、ゼニトに所属するベルギー代表のMFアクセル・ヴィツェルにも関心を示しており、前者に2600万ユーロ(約36億円)、後者には4000万ユーロ(約55億円)のオファーを準備しているようだ。

全文はソース元で

引用元 : ユーベ、負傷ケディラの代役にマスチェラーノ獲得へ。本人はセリエAで引退希望 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【マスチェラーノをケディラの代役としてユーヴェが獲得へ!移籍金は15億円】の続きを読む

優勝候補アルゼンチンがPK戦の末に準決勝進出…メッシら不発も辛勝 | サッカーキング

アルゼンチン、PK戦の末コロンビアを下し4強入り コパ・アメリカ【スタッツ・ハイライト動画】

コパ・アメリカ2015準々決勝が26日に行われ、アルゼンチン代表とコロンビア代表が対戦した。  優勝候補のアルゼンチンは、強豪揃いのグループBを2勝1分けの首位で通過。一方のコロンビアは1勝1分け1敗と苦しんだが、C組3位で準々決勝に進出した。  

試合は立ち上がりからアルゼンチンがペースを握る。6分、左サイドでスルーパスを受けたアンヘル・ディ・マリアがグラウンダーのクロスを送ると、ニアに走りこんだハビエル・パストーレが左足でダイレクトシュート。ボールはゴール左下に飛んだが、GKダビド・オスピナに弾き出されてしまった。  

コロンビアは立ち上がりから押し込まれる形となり、早々に1枚目の交代カードを切る。24分、FWのテオフィロ・グティエレスを下げて中盤のエドウィン・カルドナを投入し、バランスをとりにいく。

さらに88分、途中出場のエベル・バネガが相手DFの裏に浮き球のパスを送ると、抜けだしたテベスがキーパーと一対一になりかけたが、必死に戻ったジェイソン・ムリージョがなんとかクリアした。
 
アルゼンチンは最後までコロンビアを崩し切れず、試合はPK戦に持ち込まれた。互いに3人目までを決めると、コロンビア4人目のルイス・ムリエルのシュートは枠の上に外れてしまう。アルゼンチンは5人目のルーカス・ビリアが枠の右に外してしまった。6人目は互いに失敗し、コロンビアは7人目のムリージョが失敗。アルゼンチンは7人目のテベスがきっちりと決め、準決勝進出を果たした。
 
勝利したアルゼンチンは、30日に行われる準決勝でブラジル対パラグアイの勝者と対戦する。

【スコア】
アルゼンチン代表 0-0(PK:5-4) コロンビア代表

全文はソース元で

引用元 : 優勝候補アルゼンチンがPK戦の末に準決勝進出…メッシら不発も辛勝 | サッカーキング

【アルゼンチン、PK戦の末コロンビアを下し4強入り コパ・アメリカ【スタッツ・ハイライト動画】】の続きを読む

今季3冠達成のバルセロナ、補強で目指すは“新しいプジョル”の獲得 | サッカーキング

バルセロナ、”新しいプジョル”として期待する2人のDFを獲得へ

バルセロナは“新しいカルラス・プジョル”を探している。センターバックでディフェンスラインの裏のスペース、スペイン代表DFジェラール・ピケの背後をカバーリングする能力を持つ選手を探している。  バルセロナのサイドバックには、ブラジル代表DFダニエウ・アウヴェス、スペイン代表DFジョルディ・アルバ、さらに来シーズン途中から加入する同MFアレイクス・ビダルと攻撃的な選手が揃うが、カバーリングを得意とするプジョルのようなセンターバックを求めている。  

スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えた。  

バルセロナは現在ピケとアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノがセンターバックを組み、マスチェラーノがカバーリングを担当する。ピケの代役にはフランス代表DFジェレミー・マテューがいるが、マスチェラーノのキャラクターを持った代役はいない。

“新しいプジョル”としてバルセロナがスカウティングを続けているのが、モナコに所属するチュニジア代表DFアイメン・アブデヌールだ。現在25歳の同選手には、2014年1月にモナコに移籍する前に所属していたトゥールーズ在籍時からバルセロナは着目していた。  

アルゼンチンのリーベル・プレートに所属する19歳のU-20アルゼンチン代表DFエマヌエル・マンマナにもバルセロナは注目している。ブラジル・ワールドカップ前のスロベニアとの親善試合でフル代表の一員としてデビュー。各カテゴリーの代表でプレー経験があるマンマナは同国でマスチェラーノに続き、クラブのトップチームで公式戦デビューする前に、A代表デビューした史上2人目の選手となった。

全文はソース元で

引用元 : 今季3冠達成のバルセロナ、補強で目指すは“新しいプジョル”の獲得 | サッカーキング

【バルセロナ、”新しいプジョル”として期待する2人のDFを獲得へ】の続きを読む

欧州の新トレンド?“リバプールを出る喜び”とは… | サッカーキングオピニオン

”リヴァプールを出る喜び”が欧州の新トレンドに!?

『横浜を出る喜び』という言葉をご存知だろうか。 野球界における一種の“はやり言葉”のようなもので、横浜ベイスターズを出て行った選手がことごとく移籍先のチームで栄光を掴んでいることから、ネット上で徐々に広まっていったもの。元は、横浜からFA移籍した選手がテレビのインタビューでこのように発言したことが由来となっている。

今回、なぜこの言葉を紹介したのかと言うと、この『横浜を出る喜び』に似た現象が、欧州サッカー界でも起こりつつあるということが判明したからだ。

英・BBCで紹介された「スアレスも続いた」という記事によれば、近年リバプールを去った選手たちがチャンピオンズリーグ優勝を勝ち取るという流れが出来つつあるとのこと。以下がその選手たち。

▼ハビエル・マスチェラーノ
07~10年 リバプール
→ 10年~ バルセロナ(10/11シーズン制覇)
▼フェルナンド・トーレス
07~11年 リバプール
→ 11年~ チェルシー(11/12シーズン制覇)
▼ラウール・メイレレス
10~11年 リバプール
→ 11年~ チェルシー(11/12シーズン制覇)
▼シャビ・アロンソ
04~09年 リバプール
→ 09年~ レアル・マドリード(13/14シーズン制覇)
▼アルバロ・アルベロア
07~09年 リバプール
→ 09年~ レアル・マドリード(13/14シーズン制覇)
▼ルイス・スアレス ←new!!
11~14年 リバプール
→ 14年~ バルセロナ(14/15シーズン制覇)

日曜日にチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げたバルセロナ。一発勝負のファイナルで決勝ゴールを決めたスアレスが、この例の6人目の選手となった。

ちなみに、この間リバプールが獲得したタイトルというと、11/12シーズンのリーグカップのみ。5シーズンでプレミアトップ4に入ったのすら13/14シーズンのみという体たらく。書いていて悲しくなってくる。

全文はソース元で

引用元 : 欧州の新トレンド?“リバプールを出る喜び”とは… | サッカーキングオピニオン

【”リヴァプールを出る喜び”が欧州の新トレンドに!?】の続きを読む

アルゼンチン代表、コパ・アメリカに向けて最終メンバーを発表! 落選したメンバーは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

もはや反則!!アルゼンチン代表がコパ・アメリカに向けた最終メンバーを発表

AFA(アルゼンチンサッカー協会)は27日、チリで開催されるコパ・アメリカに向けて最終メンバーの23人を発表した。AFAの公式HPが伝えている。 コパ・アメリカではグループBに入り、13日の初戦ではパラグアイと対戦。16日にはウルグアイ、20日にジャマイカと一戦を交える。

23人の選出メンバーは以下の通り。

〈GK〉
セルヒオ・ロメロ(サンプドリア)
ナウエル・グスマン(ティグレス)
マリアーノ・アンドゥハル(ナポリ)

〈DF〉
パブロ・サバレタ(マンチェスター・シティ)
ファクンド・ロンカリア(ジェノア)
エセキエル・ガライ(ゼニト)
マルティン・デミチェリス(マンチェスター・シティ)
ニコラス・オタメンディ(バレンシア)
マルコス・ロホ(マンチェスター・ユナイテッド)
ミルトン・カスコ(ニューウェルス・オールドボーイズ)

〈MF〉
ルーカス・ビリア(ラツィオ)
ロベルト・ペレイラ(ユヴェントス)
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)
フェルナンド・ガゴ(ボカ・ジュニオルス)
エベル・バネガ(セビージャ)
ハビエル・パストーレ(パリ・サンジェルマン)
エリク・ラメラ(トッテナム)
アンヘル・ディ・マリア(マンチェスター・ユナイテッド)

〈FW〉
リオネル・メッシ(バルセロナ)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・シティ)
カルロス・テベス(ユヴェントス)
ゴンサロ・イグアイン(ナポリ)
エセキエル・ラベッシ(パリ・サンジェルマン)

全文はソース元で

引用元 : アルゼンチン代表、コパ・アメリカに向けて最終メンバーを発表! 落選したメンバーは…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【もはや反則!!アルゼンチン代表がコパ・アメリカに向けた最終メンバーを発表】の続きを読む

今シーズンの数字で振りかえる王者バルセロナ (BallBall) - Yahoo!ニュース

 王者バルセロナ、46年ぶりの最小失点 数字でもリーガ優勝を示す

リーガ・エスパニョーラ第37節でバルセロナの優勝が決定した。

リオネル・メッシは41ゴールを挙げバルセロナを優勝に導いたが、ネイマールとスアレスの3人で挙げたゴールは78ゴールに達する。リーガ・エスパニョーラで最も強力な攻撃陣だ。  

チームがリーグ戦で挙げた得点は108に達している。しかし、注目すべきは攻撃だけではない。37試合で19失点という驚異的な守備力を誇っているのである。1968-69シーズン以降初の最少失点である。  

シーズン開幕から獲得可能な勝ち点24のうち22を無失点で獲得していた。この期間でGKクラウディオ・ブラーボは725分間無失点という新記録を樹立した。  

その他にバルセロナが記録した偉大な数字は、メッシが59年間が破られることがなかったテルモ・サラのリーグ通算最多記録の251ゴールを破ったことである。11月、カンプノウでセビージャを5-1で破った試合でハットトリックを決め、記録を更新。現在、メッシの通算得点は284ゴールとなっている。  また、シャビが達成したリーグ戦500試合出場も称賛に値する。  

しかし、バルセロナにはさらに重要な記録がある。

しかしながら、エンリケ監督はリーグ戦の過去20試合で18勝1分け1敗の成績を残している。
 
数々の記録を樹立し、バルセロナはクラブ史上23回目のリーグ制覇を達成。また、過去10年で7度の優勝を飾り、バルセロナの圧倒的な強さを見せつけた。


全文はソース元で

引用元 : 今シーズンの数字で振りかえる王者バルセロナ (BallBall) - Yahoo!ニュース

【王者バルセロナ、46年ぶりの最小失点 数字でもリーガ優勝を示す】の続きを読む

このページのトップヘ