スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ハイライト動画

レアルが延長戦を制しクラブW杯制覇…鹿島は互角もC・ロナのハットに力尽きる



clubworld 2016

FIFAクラブワールドカップ ジャパン 2016決勝が18日に行われ、欧州サッカー連盟代表のレアル・マドリード(スペイン)と開催国代表の鹿島アントラーズ(日本)が対戦した。


 2度目のクラブW杯制覇を目指すレアル・マドリードは、15日に行われたクラブ・アメリカ(メキシコ)との準決勝を2-0で制して決勝進出。公式戦36試合無敗を続けている。一方の鹿島は1回戦でオークランド・シティ(ニュージーランド)、準々決勝でマメロディ・サンダウンズ(南アフリカ)、準決勝でアトレティコ・ナシオナル(コロンビア)と、各大陸王者を次々と撃破し、日本勢、アジア勢初の決勝進出を決めた。


 レアル・マドリードのスタメンは、GKケイロル・ナバス、DFダニエル・カルバハル、ラファエル・ヴァラン、セルヒオ・ラモス、マルセロ、MFカゼミーロ、トニ・クロース、ルカ・モドリッチ、FWクリスティアーノ・ロナウド、カリム・ベンゼマ、ルーカス・バスケスの11名。負傷により準決勝の出場を回避していた主将のS・ラモスが復帰している。一方、鹿島のスタメンはGK曽ヶ端準、DF西大伍、昌子源、植田直通、山本脩斗、MF永木亮太、小笠原満男、遠藤康、土居聖真、柴崎岳、FW金崎夢生。金崎が今大会初先発となった他、永木が先発に復帰している。

レアル・マドリードは後半開始からモドリッチを下げてマテオ・コヴァチッチを投入。さらに112分にC・ロナウドを下げてアルバロ・モラタを投入した。試合はこのまま4-2でレアル・マドリードが鹿島を下し、2度目のクラブW杯制覇を果たした。また、レアル・マドリードの公式戦無敗記録は37に伸びた。一方、鹿島はレアル・マドリードに“本気”を出させたものの、延長戦で力尽きる格好になってしまった。


【スコア】

レアル・マドリード 4-2 鹿島アントラーズ


【得点者】

1-0 9分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)

1-1 44分 柴崎岳(鹿島アントラーズ)

1-2 52分 柴崎岳(鹿島アントラーズ)

2-2 60分 クリスティアーノ・ロナウド(PK)(レアル・マドリード)

3-2 98分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

4-2 104分 クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)

 

レアルが延長戦を制しクラブW杯制覇…鹿島は互角もC・ロナのハットに力尽きる (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース
【鹿島がレアル相手に大興奮のクラブW杯決勝に!惜しくも延長戦でC・ロナウドにハットトリックを決められる【みんなの反応・動画】】の続きを読む

ツイート数、実に61万…「メキシコ対チリ」衝撃の一戦はSNSでも話題に (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


【ハイライト動画】”7-0”の「メキシコvsチリ」衝撃的なコパ・アメリカはSNSでも61万ツイート

0-7という歴史的大差がついた、コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016準々決勝、メキシコ代表対チリ代表の一戦。  

メキシコやチリでは、テレビや新聞などの一般的なメディアでこの試合のことが大々的に取り上げられており、またSNSでも大きな話題になっていたことが分かった。メキシコのニュースサイト『メディオティエンポ』が報じている。  

情報収集や統計を専門とする『ニールセン』社の調査によると、ツイッター上においてこの試合についての総ツイート数は、なんと約61万6000件。約14万5000もの異なるアカウントから発せられたという。  

そのうち約23万4000件は、メキシコ代表の公式アカウント「@miseleccionmx」にてつぶやかれ、一方チリ代表の公式アカウント「@LaRoja」では約15万1000件のツイートがなされた。  

両チームの選手の中で最も多く言及されたのは、メキシコの守護神であるギジェルモ・オチョアの約4万7000ツイート。87分にチリが7ゴール目を挙げた瞬間には、試合中最多となる約8万9000件のツイートが書き込まれた。

全文はソース元で

引用元 : ツイート数、実に61万…「メキシコ対チリ」衝撃の一戦はSNSでも話題に (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】”7-0”の「メキシコvsチリ」衝撃的なコパ・アメリカはSNSでも61万ツイート】の続きを読む

復帰のメッシが圧巻のハット…アルゼンチン、5発快勝で決勝T進出決める (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】メッシ、後半途中出場でハット!!怪我明けでアルゼンチンを決勝Tに導く

コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016グループステージ第2戦が10日に行われ、アルゼンチン代表とパナマ代表が対戦した。  

両者はともに初戦を白星で飾っており、アルゼンチンはこの試合に勝てば決勝トーナメント進出が決定。パナマは勝った上で、最終節のチリ代表戦を引き分け以上で終えればグループステージ突破が決まる状況だ。 アルゼンチンは開幕前にケガを負っていたエースのFWリオネル・メッシが引き続きベンチスタート。初戦で1ゴール1アシストを記録したMFアンヘル・ディ・マリアらが先発起用された。対するパナマは前の試合で2ゴールを挙げたFWブラス・ペレスらがスタメンに名を連ねている。

90にはエリア内左からマルコス・ロホが折り返したボールを途中出場のセルヒオ・アグエロが頭で押し込み、ダメ押しとなる5点目をマーク。試合はこのまま5-0で終了のホイッスルを迎え、2連勝を飾ったアルゼンチンが決勝トーナメント進出を決めた。

14日に行われるグループステージ最終戦で、アルゼンチンはボリビアと、パナマはチリと対戦する。

【スコア】
アルゼンチン代表 5-0 パナマ代表
【得点者】
1-0 7分 ニコラス・オタメンディ(アルゼンチン)
2-0 68分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
3-0 78分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
4-0 87分 リオネル・メッシ(アルゼンチン)
5-0 90分 セルヒオ・アグエロ(アルゼンチン)


全文はソース元で

引用元 : 復帰のメッシが圧巻のハット…アルゼンチン、5発快勝で決勝T進出決める (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】メッシ、後半途中出場でハット!!怪我明けでアルゼンチンを決勝Tに導く】の続きを読む

ハリルジャパン、初タイトル獲得ならず…清武弾で先制もボスニアに逆転負け (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース



no title


キリンカップサッカー2016決勝戦が7日に行われ、日本代表とボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表が対戦した。  

ブルガリア、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴヴィナというヨーロッパの強国を集めて開催された今回のキリンカップ。日本は準決勝でブルガリアと対戦し、7-2と大勝を収めた。一方のボスニア・ヘルツェゴヴィナは、デンマーク相手に2点を先行されながらも追いつくと、PK戦を制して決勝へ駒を進めている。  

日本はブルガリア戦から先発メンバーを4名変更。GKは西川周作、最終ラインは左からDF長友佑都、DF吉田麻也、DF森重真人、DF酒井高徳が並んだ。ダブルボランチには前の試合と変わらずMF長谷部誠とMF柏木陽介が入り、MF清武弘嗣がトップ下。前線は左にFW宇佐美貴史、中央にFW岡崎慎司、右にはA代表初先発となるFW浅野拓磨が起用された。

終盤には長谷部に代えて小林悠を投入した日本だが、最後までゴールを割ることができず、試合はこのままタイムアップ。ボスニア・ヘルツェゴヴィナが2

-1の逆転勝利でキリンカップのタイトルを勝ち取った。
【スコア】
日本代表 1-2 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表
【得点者】
1-0 28分 清武弘嗣(日本)
1-1 29分 ミラン・ジュリッチ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
1-2 66分 ミラン・ジュリッチ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)


全文はソース元で

引用元 : ハリルジャパン、初タイトル獲得ならず…清武弾で先制もボスニアに逆転負け (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナに逆転負け ハリルJは初タイトル逃す【スタッツ】】の続きを読む

日本、圧巻のゴールラッシュで7得点大勝…香川&吉田の2発などでブルガリア下す (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


【ハイライト動画】日本代表、圧巻7ゴールでブルガリアに大勝!香川、吉田、岡崎らがゴールラッシュ【スタッツ】

キリンカップサッカー2016準決勝が3日に行われ日本代表とブルガリア代表が対戦した。  ブルガリア、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴヴィナというヨーロッパの強国を集めて開催される今回のキリンカップ。先に行われた準決勝もう1試合ではボスニア・ヘルツェゴヴィナがPK戦の末にデンマークを下して決勝へ駒を進めた。  

日本はブルガリアを苦手としており、過去5回の対戦で1分け4敗と未だ勝利がない。この試合ではGK川島永嗣が2015年6月の2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選・シンガポール戦以来、約1年ぶりにスタメン起用され、最終ラインは左からDF長友佑都、DF森重真人、DF吉田麻也、DF酒井宏樹が並び、ボランチはMF長谷部誠とMF柏木陽介の2人。前線は2列目左にMF清武弘嗣、トップ下にMF香川真司、右にFW小林悠、ワントップにFW岡崎慎司が入った。

この結果、勝った日本は7日に行われる決勝戦でボスニア・ヘルツェゴヴィナと対戦。敗れたブルガリアは同日に3位決定戦でデンマークと対戦する。

【スコア】
日本代表 7-2 ブルガリア代表

【得点者】
1-0 4分 岡崎慎司(日本)
2-0 27分 香川真司(日本)
3-0 35分 香川真司(日本)
4-0 38分 吉田麻也(日本)
5-0 53分 吉田麻也(日本)
6-0 57分 宇佐美貴史(日本)
6-1 59分 ミハイル・アレクサンドロフ(ブルガリア)
6-2 82分 イバイロ・チョチェフ(ブルガリア)
7-2 87分 浅野拓磨(PK)(日本)


全文はソース元で

引用元 : 日本、圧巻のゴールラッシュで7得点大勝…香川&吉田の2発などでブルガリア下す (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】日本代表、圧巻7ゴールでブルガリアに大勝!香川、吉田、岡崎らがゴールラッシュ【スタッツ】】の続きを読む

レスター、マンUとドローで足踏み…トッテナムの結果次第で優勝も (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】レスター、マンUとドローで優勝はトッテナムの結果次第!岡崎は先発途中交代【スタッツ】

プレミアリーグ第36節が1日に行われ、マンチェスター・Uと日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターが対戦した。岡崎は16試合連続で先発出場となった。  勝利すればプレミアリーグ初制覇が決まる首位のレスター。

今節は、暫定6位マンチェスター・Uのホーム、オールド・トラッフォードに乗り込んで、“奇跡”の優勝をかけた大一番に臨む。対して、“夢の劇場”とも呼ばれる本拠地で、なんとしても優勝決定を阻みたいマンチェスター・U。チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内のトップ4入りも狙っているだけに、首位撃破で勝ち点3がほしいところ。  

レスターの先発は、岡崎とレオナルド・ウジョアが2トップ。リーグ戦22得点のエースFWジェイミー・ヴァーディは、審判への暴言による追加処分で今節も欠場となった。その他、リヤド・マフレズやエンゴロ・カンテ、ダニー・ドリンクウォーターらがスタメンに名を連ねた。一方のマンチェスター・Uは、活躍が続くアントニー・マルシャル、ジェリー・リンガード、マーカス・ラッシュフォードら若手3選手が先発。キャプテンのウェイン・ルーニーがトップ下に、右サイドバックにはアントニオ・バレンシアが入った。

このまま試合はタイムアップを迎え、1-1で終了。レスターは優勝を決めることができず、目前で足踏みとなった。岡崎は67分までプレーした。マンチェスター・Uは連勝が2でストップ。勝ち点1しか得られず、トップ4争いから一歩後退となった。

なお、自力で優勝を決めることができなかったレスターだが、トッテナムが翌2日に行われるチェルシー戦で引き分け以下に終われば優勝となる。
 
マンチェスター・Uは次節、7日にアウェーでノリッジと対戦。レスターは同日にエヴァートンをホームに迎える。

【スコア】
マンチェスター・U 1-1 レスター
【得点者】
1-0 8分 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)
1-1 17分 ウェズ・モーガン(レスター)

全文はソース元で

引用元 : レスター、マンUとドローで足踏み…トッテナムの結果次第で優勝も (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】レスター、マンUとドローで優勝はトッテナムの結果次第!岡崎は先発途中交代【スタッツ】】の続きを読む

香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】

ブンデスリーガ第32節が4月30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川は4試合連続で先発出場となった。  

2連勝中の2位ドルトムントが、6試合白星から遠ざかっている10位ヴォルフスブルクをホームに迎えての一戦。今節は、首位を走るバイエルンが勝利すれば、2試合を残してリーグ4連覇が決まる。ドルトムントはわずかな希望を繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げたいところ。先発メンバーには、香川に加えて、バイエルンへの移籍希望を公表した主将マッツ・フンメルスや、マルコ・ロイス、アドリアン・ラモスらが名を連ねた。

ドルトムントが5-1の勝利を収めて、3連勝となった。なお、香川はフル出場。一方のヴォルフスブルクは7試合白星から遠ざかる結果となった。

ドルトムントは次節、5月7日に敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦。ヴォルフスブルクは、同日に日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ドルトムント 5-1 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 7分 香川真司(ドルトムント)
2-0 9分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 59分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
4-0 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-0 78分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-1 86分 アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】】の続きを読む

「日の丸は誇り」…長友、リオ五輪出場へ意欲「もちろんチャレンジしたい」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

長友佑都、リオ五輪出場へ意欲「そりゃあ選手として行きたい」OA枠選出なるか

セリエA第35節が23日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとウディネーゼが対戦。インテルが3-1と快勝した。長友は右サイドバックで先発し、フル出場を果たした。  

試合後、長友がホームでの快勝を振り返り、リオデジャネイロ・オリンピックにオーバーエイジ枠で出場する可能性についても言及した。  

積極的な攻撃参加を見せたことについては、「今日は『高い位置をとってどんどん攻撃に参加してくれ』と言われていたので、ボールを持ったらどんどん仕掛けていくプレーや、スペースをどんどん突いていくプレーを心がけていました。パスが出てこなかったとしても、僕が相手を引きつけることによって、味方が楽なプレーができると思って走っていました。コンディションを見て走れているので、これを続けていきたいです」と話した。  

また、長友はリオデジャネイロ・オリンピックのオーバーエイジ枠でどの選手が選出されるかが話題となっていることについても言及。「要請があれば出場したいか」と問われ、「日の丸をつけることは常に誇りなので、もちろんチャレンジしたい。呼ばれたら…(行きたい)と思いますけど。そこはもちろん、インテルとの話し合いもありますけどね」と、クラブ側の理解が必要と前置きしつつ、出場への意欲を示した。  

日本サッカー協会(JFA)からは「まだ(話は)聞いていないです」と言う長友。「自分で(出場可否を)選べるとしたら、どちらを選ぶか」との質問には「そりゃあ、選手として行きたいでしょう。日の丸をつけて戦えるオリンピックなので」と、出場を望む姿勢を強調していた。

全文はソース元で

引用元 : 「日の丸は誇り」…長友、リオ五輪出場へ意欲「もちろんチャレンジしたい」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【長友佑都、リオ五輪出場へ意欲「そりゃあ選手として行きたい」OA枠選出なるか】の続きを読む

“半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也がチームに残るためにはさらなる活躍が必要なようだ。 17日に行われたマインツ戦では指揮官から名指しで称賛されるほどの活躍を見せた大迫。また、独『Bild』もチーム内で最高評価を与えている。しかし、それから数日で同紙は意見を覆している。

『Bild』は大迫、ミロシュ・ヨイッチ、ケビン・フォーグトと2017年で契約が切れる3選手の名前を挙げ、「彼らは自分たちのケルンでの未来のために戦わなければならない」という見出しをつけている。

実際、ピーター・シュテーガー監督からもマインツ戦後、称賛とともに「彼ら(ヨイッチと大迫)はここに長くいるからわかっているだろう。まだ足りないことがあることや選手としてもっと改善の必要があることをね」と注文もつけている。

全文はソース元で

引用元 : “半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】】の続きを読む

ハノーファーの当面の降格を回避させた清武、またもブンデスMOMに選出 (GOAL) - Yahoo!ニュース

清武がまたブンデスMOMに選出!酒井宏樹とアベック弾で日本人がハノーファー降格を回避する【ハイライト動画】

ハノーファーMF清武弘嗣が、再びブンデスリーガ公式ウェブサイトでマン・オブ・ザ・マッチ(MOM)に選出された。

負ければ降格決定という23日のインゴルシュタット戦で、ハノーファーは前半のうちに2点を失う苦しい展開を強いられた。

だが、相手が退場者を出したことで数的優位に立っていたハノーファーは、後半に同点に追いつく。まずは58分、清武のフィードから前線がボールをつなぎ、最後はDF酒井宏樹のシュートで1点を返すと、82分には左からのクロスに清武が合わせて2-2とした。 24日に17位フランクフルトがマインツに勝てば、いずれにしてもハノーファーは降格が決まる。だが、少なくとも23日は首の皮がつながった形だ。

その立役者となったのが、2人の日本人選手だ。同一チームに所属する複数の日本人選手が、ブンデスリーガの試合で同時にゴールを挙げたのは、これが初となる。

全文はソース元で

引用元 : ハノーファーの当面の降格を回避させた清武、またもブンデスMOMに選出 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【清武がまたブンデスMOMに選出!酒井宏樹とアベック弾で日本人がハノーファー降格を回避する【ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ