スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ハイライト

香川がダービー通算4点目の鮮やかループ…伝統の一戦は打ち合いの末ドロー (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

ダービー男の香川が鮮烈ループで先制もルールダービーはドロー【ハイライト動画・スタッツ】

ブンデスリーガ第29節が10日に開催され、DF内田篤人が所属するシャルケと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントによる“ルール・ダービー”が行われた。香川は2試合ぶりの先発出場。負傷の内田はベンチ外となった。  

ドルトムントが2位、シャルケが7位という状況で迎えた“ルール・ダービー”。昨年11月に行われた同一カードでは、ドルトムントが3-2でシャルケを破った。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指すシャルケはホームでライバルにリベンジを果たしたいところ。一方、ドルトムントもバイエルンとの優勝争いを繰り広げており、勝点3確保が求められる。  

7日にヨーロッパリーグ準々決勝でリヴァプールと対戦したドルトムントは、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンやガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンら主力選手を温存。3-4-3のフォーメーションでこの試合に臨み、最前線にコロンビア代表FWアドリアン・ラモス、左FWに香川、右FWにアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが入った。

ドルトムントは73分にライトナーを下げてオーバメヤン、プリシッチを下げてイルカイ・ギュンドアンを投入。勝ち越しゴールを奪いに出る。終盤は両チームともに勝点3を目指して攻めに出たが、得点は生まれることなく2-2のドローに終わった。ドルトムントの連勝は3でストップ。なお、香川はフル出場している。

次節、シャルケは敵地でバイエルンと、ドルトムントはホームで日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦する。

【スコア】
シャルケ 2-2 ドルトムント
【得点者】
0-1 49分 香川真司(ドルトムント)
1-1 51分 レロイ・ザネ(シャルケ)
2-1 56分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
2-2 66分 クラース・ヤン・フンテラール(PK)(シャルケ)


全文はソース元で


引用元 : 香川がダービー通算4点目の鮮やかループ…伝統の一戦は打ち合いの末ドロー (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ダービー男の香川が鮮烈ループで先制もルールダービーはドロー【ハイライト動画・スタッツ】】の続きを読む

香川が逆転弾アシスト、ドルトは4発快勝で3連勝…長谷部フル出場 | サッカーキング


12-14,15 dor fra5

ブンデスリーガ第16節が13日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、同代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトが対戦した。  

前節のヴォルフスブルク戦で2-1の勝利を収め、首位バイエルンとの勝ち点差を「5」に縮めたドルトムント。ホームで行われる今節は、リーグ戦3連勝を狙う。イルカイ・ギュンドアン、マルコ・ロイス、ピエール・エメリク・オーバメヤン、ユリアン・ヴァイグルらがスタメン入り。前節リーグ戦初の途中出場で、劇的な決勝ゴールを挙げた香川は2試合連続でベンチスタートとなった。

試合はドルトムントが終始圧倒し、4-1で勝利。リーグ戦3連勝を収め、バイエルンとの勝ち点差「5」の2位をキープした。一方のフランクフルトは4連敗となった。なお、香川は42分からプレー。長谷場はフル出場を果たした。

ドルトムントは、16日にDFBポカール3回戦でアウクスブルクと対戦。19日の次節はアウェーでFW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンと対戦する。フランクフルトは次節、19日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 4-1 フランクフルト

【得点者】
0-1 6分 アレクサンダー・マイアー(フランクフルト)
1-1 24分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
2-1 57分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-1 61分 マッツ・フンメルス(ドルトムント)
4-1 86分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)


全文はソース元で

引用元 : 香川が逆転弾アシスト、ドルトは4発快勝で3連勝…長谷部フル出場 | サッカーキング

【香川が勝ち越し弾をアシスト!大活躍で長谷部出場のフランクフルトに快勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

香川の貴重な決勝ゴールでドルトが劇的勝利…バイエルンとの勝ち点差5に | サッカーキング


香川が劇的”救世主弾”でドルトムントを勝利に導く!今季ホーム無敗のヴォルフスに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第15節が5日に行われ、ヴォルフスブルクと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川は今シーズンのリーグ戦で初のベンチスタートとなった。  

2位のドルトムントが、3位ヴォルフスブルクのホームに乗り込んでの上位対決。勝ち点「32」のドルトムントは、第13節ハンブルガーSV戦でリーグ戦2敗目を喫したものの、前節シュトゥットガルト戦で4-1の快勝を収め、嫌な流れを断ち切った。今節は、勝ち点差「8」で首位のバイエルンが、ボルシアMGに敗れて今シーズン初黒星を喫したため、2連勝を収めてしっかり勝ち点差を詰めておきたいところ。対して、勝ち点「25」のヴォルフスブルクは、ホームで29試合連続無敗をキープ。前節はアウェーでアウクスブルクとスコアレスドローに終わったが、今節は得意のホームで今シーズン8勝目を狙う。  

試合は、ドルトムントが立ち上がりから積極的にプレスをかけて主導権を握るものの、なかなか得点を奪えない。3分、イルカイ・ギュンドアンがペナルティエリア前中央でのFKで直接狙うがクロスバーに直撃。5分には、ヘンリク・ムヒタリアンの右クロスにスヴェン・ベンダーが合わせるが、これもクロスバーに嫌われた。

ヴォルフスブルクは、8日にチャンピオンズリーグ・グループステージ最終節のマンチェスター・U戦をはさみ、リーグ戦次節でDF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。ドルトムントは、10日にヨーロッパリーグ・グループステージ最終節のPAOK戦をはさみ、リーグ戦次節は日本代表MF長谷部誠の所属するフランクフルトをホームに迎える。

【スコア】
ヴォルフスブルク 1-2 ドルトムント

【得点者】
0-1 32分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
1-1 90+1分 リカルド・ロドリゲス(PK)(ヴォルフスブルク)
1-2 90+3分 香川真司(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川の貴重な決勝ゴールでドルトが劇的勝利…バイエルンとの勝ち点差5に | サッカーキング

【香川が劇的”救世主弾”でドルトムントを勝利に導く!今季ホーム無敗のヴォルフスに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

エイバル乾にスペイン紙が高評価! レアル・マドリード戦でチーム最高点の採点 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


エイバル乾、レアル戦で全選手中2位の高評価!【ハイライト動画】

29日に行われたリーガ・エスパニョーラ第13節でエイバルは、本拠地イプルーアでレアル・マドリードと対戦し、0-2で敗れた。MFケコが出場停止処分中だったことから乾貴士は4試合ぶりに先発起用される。この試合でもゴールを決めることができなかったが、ハードワークで守備に貢献し、攻撃でも積極的にシュートを放つなど高いパフォーマンスを発揮した。

スペイン紙『マルカ』は試合後の選手採点(10が最高評価)で乾にチーム内で最高点となる「6.5」の採点を与えた。「6.5」という評価は、勝利したレアル・マドリードの選手たちと比べても2番目に高い評価で、この試合での最高評価はレアル・マドリードのぺぺが「7.5」、次いで「6.5」はレアル・マドリードのMFルカ・モドリッチ、FWガレス・ベイル、エイバルのMF乾貴士となった。だが『アス』の採点(4段階で3が最高評価)では「1」をマークし、及第点という評価を受けている。


全文はソース元で

引用元 : エイバル乾にスペイン紙が高評価! レアル・マドリード戦でチーム最高点の採点 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【エイバル乾、レアル戦で全選手中2位の高評価!【ハイライト動画】】の続きを読む

武藤が今季7点目でマインツ2戦ぶりの勝利…長谷部は終盤まで出場 | サッカーキング


武藤が先制点を奪いマインツがフランクフルトに辛勝 長谷部は先発出場【ハイライト動画】

ブンデスリーガ第14節が28日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと同MF長谷部誠が所属するフランクフルトが対戦した。武藤はFWで13試合連続の先発出場、長谷部は右サイドバックで5試合連続の先発出場を果たしている。  

前節、マインツはFW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンと対戦し、スコアレスドローに終わった。これで順位を2つ落とし、11位につけている。一方、12位のフランクフルトは前節のレヴァークーゼン戦を1-3で落とし、3試合未勝利。敵地とはいえ、ここで勝ち点3を奪いたいところだ。  

試合は開始早々に動く。6分、マインツはゴール前のユリアン・バウムガルトリンガーが右サイドへ展開すると、パブロ・デ・ブラシスが入れたグラウンダーのクロスを武藤が左足アウトで押し込み、先制ゴールを奪った。武藤にとっては3試合ぶり、今シーズン7ゴール目。また、直近の5試合で5ゴール目となった。  

終盤はフランクフルトが猛攻を仕掛けたが、マインツがなんとか逃げ切り、2-1で2試合ぶりの勝利を収めた。なお、武藤は81分まで出場、長谷部は84分まで出場した。  

次節、マインツは敵地でDF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと、フランクフルトはホームでダルムシュタットと対戦する。

【スコア】

マインツ 2-1 フランクフルト

【得点者】

1-0 6分 武藤嘉紀(マインツ)

2-0 42分 ユヌス・マッリ(マインツ)

2-1 62分 ハリス・セフェロヴィッチ(フランクフルト)

全文はソース元で

引用元 : 武藤が今季7点目でマインツ2戦ぶりの勝利…長谷部は終盤まで出場 | サッカーキング

【武藤が先制点を奪いマインツがフランクフルトに辛勝 長谷部は先発出場【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

香川先発のドルトムントが3戦ぶり白星…オーバメヤン2発で17得点目 | サッカーキング


香川先発のドルトムントが連敗ストップ シュツットガルトに快勝【スタッツ・ハイライト&タッチ集動画】

ブンデスリーガ第14節が29日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとシュトゥットガルトが対戦した。香川は左のインサイドハーフで、リーグ戦開幕から14試合連続の先発出場となった。  

代表ウィーク明けの前節ハンブルガーSV戦で今シーズン2敗目を喫した2位のドルトムント。26日に行われたヨーロッパリーグのFCクラスノダール戦でも0-1で敗戦し、公式戦2連敗となった。今節、16位に沈むシュトゥットガルトをホームのシグナル・イドゥナ・パルクに迎えて、3試合ぶりの白星を狙う。なお、シュトゥットガルトは、24日にアレクサンダー・ツォルニガー監督を解任。U-23チームから昇格したユルゲン・クラムニー暫定監督の初陣となった。  スタメンにはクラスノダール戦で温存された香川、MFマルコ・ロイス、FWピエール・エメリク・オーバメヤンの3選手も名を連ねた。その一方で、同試合でフル出場したキャプテンのDFマッツ・フンメルスとMFユリアン・ヴァイグルはベンチスタートとなった。  

試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが4-1で公式戦3試合ぶりの勝利を収めた。なお、香川は60分に途中交代。敗れたシュトゥットガルトはクラムニー暫定監督の初陣を勝利で飾れず、リーグ戦3連敗となった。  

ドルトムントは次節、12月5日にアウェーでヴォルフスブルクと対戦。シュトゥットガルトは同6日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】

ドルトムント 4-1 シュトゥットガルト

【得点者】

1-0 3分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)

2-0 19分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

2-1 40分 ダニエル・ディダヴィ(シュトゥットガルト)

3-1 65分 オウンゴール(ゲオルグ・ニーダーマイアー)(ドルトムント)

4-1 90分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川先発のドルトムントが3戦ぶり白星…オーバメヤン2発で17得点目 | サッカーキング

【香川先発のドルトムントが連敗ストップ シュツットガルトに快勝【スタッツ・ハイライト&タッチ集動画】】の続きを読む

伊紙、途中出場の本田に「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも…」 | サッカーキング


本田が存在感を発揮!伊紙「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも不運」【タッチ集&ハイライト動画】

セリエA第14節が28日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでサンプドリアと対戦し、4-1で快勝した。  

イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合に出場した各選手の採点と寸評を発表。80分から7試合連続の途中出場となった本田は採点なし。寸評では「僅かの出場時間に素晴らしいパスを出す時間を得るも、バッカがこれを台無しに」と、アシストとはならなかったものの好機を演出したパスに高評価を与えている。

全文はソース元で

引用元 : 伊紙、途中出場の本田に「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも…」 | サッカーキング

【本田が存在感を発揮!伊紙「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも不運」【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

本田がW杯予選5戦連発も…大苦戦のハリルJ、格下カンボジアに辛勝 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


no title

[11.17 W杯アジア2次予選 カンボジア 0-2 日本 プノンペン]  

日本代表は17日、W杯アジア2次予選でFIFAランク183位(日本は50位)、今予選6戦全敗で最下位のカンボジア代表とプノンペンのナショナルオリンピックスタジアムで対戦した。前半をスコアレスで折り返すと、後半開始直後にPKの好機を迎えながらもFW岡崎慎司がまさかの失敗。だが後半6分に先制に成功すると、試合終了間際の同45分にFW本田圭佑が追加点を奪って2-0の完封勝利。W杯予選6試合連続完封の新記録を達成し、15年ラストマッチを白星で飾った。  

日本は12日に行われたシンガポール戦からGK西川周作、DF長友佑都、DF吉田麻也以外の先発8人を入れ替えて、カンボジア戦に臨んだ。GKに西川、最終ラインは右から長友、吉田、DF槙野智章、DF藤春廣輝が並び、中盤はMF香川真司、MF山口蛍、MF遠藤航で形成され、前線には右からFW原口元気、ゲームキャプテンを務める岡崎、FW宇佐美貴史が配置された。

全文はソース元で

引用元 : 本田がW杯予選5戦連発も…大苦戦のハリルJ、格下カンボジアに辛勝 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【日本、本田のW杯予選5戦連続弾でカンボジアに完封勝利【スタッツ・ハイライト動画】】の続きを読む

ハリルジャパン、3発快勝で首位再浮上…金崎代表初ゴール&本田4戦連発 | サッカーキング


 

日本が3ゴール完封で首位浮上!金崎&本田&吉田がゴール【スタッツ・ハイライト動画】

2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選が12日に行われ、日本代表は敵地でシンガポール代表と対戦した。  

日本は10月に行われた同予選のシリア代表戦で3-0の勝利を収めた。消化試合数が1試合少ないためグループEの2位につけるが、この試合で勝点3を獲得すれば再び首位に立つ。一方、3勝1分け1敗で3位のシンガポールは、2予選突破に向けてスコアレスドローで終えた6月の同一カードの再現を狙う。  

この日から新しいユニフォームを身にまとった日本の先発メンバーは、GK西川周作、右からDF酒井宏樹、DF吉田麻也、DF森重真人、DF長友佑都、ボランチにMF長谷部誠とMF柏木陽介。トップ下にMF清武弘嗣が入り、前線は右からFW本田圭佑、FW金崎夢生、FW武藤嘉紀が名を連ねている。柏木と金崎はヴァイッド・ハリルホジッチ監督体制下で初の先発出場となった。

日本は87分に右CKを獲得。柏木のクロスから吉田がヘディングシュートを放ったが、ここは一度クリアされる。しかし、こぼれ球を宇佐美がボレーで狙うと、ゴール前の吉田がコースを変えてゴールイン。日本がリードを3点に広げた。
 
このままリードを保った日本が3-0で勝利を収めた。日本は暫定首位に立っていたシリアを抜き、首位に再浮上している。
 
日本代表は17日に敵地でカンボジア代表と対戦する。

【スコア】
シンガポール代表 0-3 日本代表
【得点者】
0-1 20分 金崎夢生(日本代表)
0-2 26分 本田圭佑(日本代表)
0-3 87分 吉田麻也(日本代表)

全文はソース元で

引用元 : ハリルジャパン、3発快勝で首位再浮上…金崎代表初ゴール&本田4戦連発 | サッカーキング

【日本が3ゴール完封で首位浮上!金崎&本田&吉田がゴール【スタッツ・ハイライト動画】】の続きを読む

香川がヘッドで先制弾…計5発の激闘演じたダービー戦はドルトに軍配 | サッカーキング


香川がヘッドで先制点のドルトムント、シャルケに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第12節が8日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。  

ドルトムントがホームのシグナル・イドゥナ・パルクに、宿敵シャルケを迎えて、147回目の“ルール・ダービー”となった。現在6連勝中のドルトムントは、その6試合で合計24得点と攻撃陣が絶好調。今節、香川が左インサイドハーフで開幕から12試合連続の先発出場となった。その他、リーグ戦13ゴールで得点ランク2位につけるFWピエール・エメリク・オーバメヤンらもスタメンに名を連ねたが、FWマルコ・ロイスは肉離れで離脱を強いられているため欠場となった。

激闘のダービー戦はこのまま終焉。ホームのドルトムントが3-2で今シーズン最初の“ルール・ダービー”を制し、公式戦7連勝となった。対照的に敗れたシャルケは6試勝利なしと厳しい状況に立たされている。なお、香川はフル出場を果たした。

ドルトムントは次節、代表ウィークを挟んで、20日にアウェーで日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。シャルケは21日にバイエルンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-2 シャルケ
【得点者】
1-0 30分 香川真司(ドルトムント)
1-1 33分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)
2-1 43分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
3-1 47分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-2 71分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)


全文はソース元で

引用元 : 香川がヘッドで先制弾…計5発の激闘演じたダービー戦はドルトに軍配 | サッカーキング

【香川がヘッドで先制点のドルトムント、シャルケに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ