【クラブW杯】トヨタ撤退!81年前身第1回大会からのスポンサー外れる (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

トヨタがクラブW杯のスポンサーから撤退 35年間サッカー界に貢献

トヨタ自動車が、毎年12月に開催される6大陸王者と開催国で争うクラブチーム世界一決定戦「クラブW杯」の冠スポンサーから外れたことが28日、分かった。欧州と南米のクラブ王者が“世界一”を競った前身の「トヨタ杯」(第1回=1981年)から35大会連続でスポンサーを務めてきた。2015、16年大会は日本開催が決まっているが、日本に海外サッカーを普及させる役割を終えたと判断。14年大会を最後に契約を満了した。  

歴史あるクラブ世界一決定戦から由緒ある「TOYOTA」の名前が消える。トヨタ自動車広報は、この日「昨年で契約を終えました。応援をいただいたサッカーファンの皆様を始め、夢あふれる大会を支援させていただく機会を与えてくれた関係者に感謝したい」と冠スポンサー契約を終えたことを認めた。15、16年大会は日本開催が発表されているが、主催の国際サッカー連盟(FIFA)サイト内にも「TOYOTA」の文字はない。  

「クラブW杯」との契約を終えたトヨタ自動車は、昨年アジアサッカー連盟(AFC)とパートナー契約を締結。南米最強クラブを決めるリベルタドーレス杯の協賛を続けるなど、別の形でサッカー振興に力を注ぐ。また、3月には国際オリンピック委員会(IOC)とトップパートナー契約を締結。スポーツ支援活動は継続する方針だ。  

日本開催の15、16年大会について、日本協会関係者は「別のスポンサーを探すことになるが、FIFAとしては大変な作業だ」と説明した。決勝戦は前回の日本開催と同様、横浜国際総合競技場を予定。準決勝などで使用していた豊田スタジアムに変わり、長居スタジアムでの開催で調整している。ユベントス、ACミラン、サンパウロなど世界の名門が来日することで、日本でサッカーが注目されるきっかけにもなったビッグイベント。81年から34年続き、日本のファンに親しまれた大会は、新たな形で再出発することになった。

全文はソース元で

引用元 : 【クラブW杯】トヨタ撤退!81年前身第1回大会からのスポンサー外れる (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

【トヨタがクラブW杯のスポンサーから撤退 35年間サッカー界に貢献】の続きを読む