スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ティエリ・アンリ

マーシャルのマンU移籍で、仏6部のアマチュアクラブに大金「年間予算の4、5年分」 (ISM) - Yahoo!ニュース

マーシャルのマンU移籍でアマチュアクラブに5000万円が入る「年間予算の4、5年分」

現地時間1日に、フランス代表FWアンソニー・マーシャル(19)がモナコ(フランス)からマンチェスターU(イングランド)へ移籍したことで、同選手の古巣であるアマチュアのCOレ・ジュリス(フランス6部)に大金が入ることとなった。  

パリ南部の街レ・ジュリスを拠点とするCOレ・ジュリスは、1977年に設立され、元フランス代表FWティエリ・アンリ氏、DFパトリス・エヴラ(ユヴェントス/イタリア)を輩出したことでも知られている。マーシャルは2001年から2009年まで、このクラブに在籍した。  

マーシャルの移籍金は10代の選手としては史上最高額の3600万ポンド(約66億1000万円)と報じられている。FIFA(国際サッカー連盟)のルールでは、12歳から23歳の誕生日を迎えるまでの選手が移籍した際には、その選手を育てたクラブにいわゆる「育成費」が支払われることになっている。  マーシャルは14歳のときにCOレ・ジュリスからリヨン(フランス)のアカデミーに移籍しているため、COレ・ジュリスは3年分の育成費を手にすることになる。マンUへの移籍金の0.75%にあたる27万ポンド(約5000万円)という見積もりだ。  

COレ・ジュリスのママドゥ・ニアカテ監督は、『AP通信』に対し「我々の年間予算の4、5年分にあたる」「我々はつねに収支のバランスを取るのに苦労しているんだ。この資金があれば現在の職を守ることができるし、設備も新しくできるだろう。ここではこの4年間、ずっと同じボールとトレーニングウェアを使用していたんだ」 

同監督はまた「ティエリは11歳のときに去ったから、我々には何も入らなかった。12歳の誕生日の前にクラブを離れた選手の場合、『育成費』の支払いは適用範囲外だからね。だが、彼はその後、クラブに人工芝のピッチ代を支払ってくれたよ」とアンリ氏について振り返った。  

また、エヴラの「育成費」が3万8000ユーロだったと述べ、「でも、お金だけじゃないんだ。レ・ジュリス出身の選手がマンUのような名門クラブに加入できたことこそ、我々が何より満足していることなんだよ」と、教え子がビッグクラブへ羽ばたいたことを何よりも喜んでいる。  

マーシャルの移籍決定後、COレ・ジュリスには新登録のリクエストが殺到し、多くの子供たちが加入しているという。

(STATS-AP)

全文はソース元で

引用元 : マーシャルのマンU移籍で、仏6部のアマチュアクラブに大金「年間予算の4、5年分」 (ISM) - Yahoo!ニュース

【マーシャルのマンU移籍でアマチュアクラブに5000万円が入る「年間予算の4、5年分」】の続きを読む

アンリ氏、尻もちのドイツ代表DFに同情 「メッシは止めようがない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

アンリ、メッシに転ばされたボアテングを擁護「止めようがない」

現役時代にバルセロナでプレーした経験のある元フランス代表のティエリ・アンリ氏は、古巣の現エースFWリオネル・メッシは止めようがないと考えている。だからこそ、6日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグで尻もちをつかされてしまったバイエルン・ミュンヘンDFにも、同情的な見方をした。

メッシは止まらない。先制点の3分後には、追加点を挙げている。しかも、DFジェローム・ボアテングを翻ろうして尻餅をつかせ、さらに飛び出したGKマヌエル・ノイアーの頭上を抜いてのループシュートと、ドイツ代表選手2人を手玉にとったものだった。

イギリス『スカイ・スポーツ』でアンリ氏はこのように話している。

「バイエルンの試合への入り方は良くなかったが、後半の両チームにあまり差はなかった。だが、リオネル・メッシが勝利を決定づけた。ただし、ダニ・アウベスのことも大きく称賛してあげなければいけない。彼がボールを奪い返したんだからね」

「とはいえ、メッシはとにかく素晴らしい。こういう状況になり、彼について話すことが、何と多いことだろう。メッシは試合に勝ちたいと思っていたし、またもそれを成し遂げたんだ」 2点目については、このように語っている。

「どんな選手でも、どんなタイプのDFであろうとも、メッシには左足で仕掛けられたくないはずだ。だからボアテングはメッシの右へと戻った」

「どうしようもないね。何もできやしない。ノイアーがまた止めてくれるよう願うしかない。ボアテングの倒れ方は確かに笑えたけれど、メッシに左足で仕掛けられたくないから、右へと回った。あとは何もしようがない。ボールがネットに収まり、喜ぶメッシを目にするばかりだ」

全文はソース元で

引用元 : アンリ氏、尻もちのドイツ代表DFに同情 「メッシは止めようがない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【アンリ、メッシに転ばされたボアテングを擁護「止めようがない」】の続きを読む

モウリーニョ監督がアンリ氏の発言に同調 「4人のトップクラスがいれば無敵」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

モウリーニョ、アンリの発言に「アーセナルに4人のトップクラスが入れば再び無敵軍団になる」

首位チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、アーセナルが来季トップクラスの4選手を補強できれば「無敵になる」と警戒している。英地元紙「デイリー・ミラー」が報じている。

後半戦で破竹のリーグ8連勝を飾り、チェルシーの牙城を脅かしたガナーズについて、モウリーニョ監督は「アーセナルは恐ろしいメンバーをそろえている。ティエリ・アンリは彼らには4人のトップクラスの選手が必要だと言っていた。アーセナルに4人のトップクラスの選手を与えてしまったら、彼らは再びインビンシブルになるだろうね」と語っている。
 
ガナーズのレジェンドであるFWアンリ氏は、今夏にFWディエゴ・コスタ、MFセスクらを補強したチェルシーを例に挙げてアドバイスを送った。アーセナルが来季優勝するためにはFW、ボランチ、センターバック、GKといったチームの背骨を担うポジションに4人のトップクラスを補うべきだと発言した。


全文はソース元で

引用元 : モウリーニョ監督がアンリ氏の発言に同調 「4人のトップクラスがいれば無敵」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース 

【モウリーニョ、アンリの発言に「アーセナルに4人のトップクラスが入れば再び無敵軍団になる」】の続きを読む

アンリ氏が手厳しい意見「ジルーではタイトルを獲れない」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

アンリ「ジルーではタイトルの獲得は不可能」古巣アーセナルに厳しい意見

「屋台骨となる4人の選手が必要」と語る 26日日曜日にホームでチェルシーと対戦し、またも打ち負かすことができなかったアーセナル。わずかに残っていた逆転優勝への望みは、ほぼ潰えてしまったと言える。この残念な結果を受け、クラブのレジェンドであるティエリ・アンリ氏は、アーセナルがタイトルを獲るためには4つの補強が必要だと述べた。『デイリー・ミラー』ほか英メディアがコメントを伝えている。

「アーセナルがタイトルを獲るためには、屋台骨となる4人のプレイヤーを買う必要があると思う。まずはゴールキーパー。そして、彼らはまだセンターバックを必要としていると思う。あとは守備的ミッドフィルダーと、トップクオリティのセンターフォワードだ」

「今日のチェルシーは最良の例だ。彼らはタイトルを獲るために、クルトワ、マティッチ、セスク、そしてコスタをチームに加えた。ベンゲルは、それをやる必要があると思うね。競争力を得る必要がある」

日曜にもゴールを挙げられなかったジルーは、そのレベルに達していないとアンリ氏は見ているようだ。

「彼はよくやっていると思うよ。でも、彼でタイトルを獲れると思うかい? 私はそうは思わない。彼はよく仕事をするけれど、それではリーグは獲れないと思う。アーセナルは昨年リーグのトップにいたが、それでも優勝するはずはないと、誰もが言っていた」

全文はソース元で

引用元 : アンリ氏が手厳しい意見「ジルーではタイトルを獲れない」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【アンリ「ジルーではタイトルの獲得は不可能」古巣アーセナルに厳しい意見】の続きを読む

アンリ氏が決勝弾のチチャリートに苦言 「気に入らない」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

アンリ、チチャリートのゴールパフォに苦言「ロナウドのゴールだった、感謝すべき」

アシストしたロナウドと喜びを分かち合わなかったことに苦言  アーセナルのレジェンドであるティエリ・アンリ氏が、22日に行われた欧州チャンピオンズリーグ準々決勝セカンド・レグ、アトレチコ・マドリード戦で決勝点を決めたレアル・マドリードのFWハビエル・エルナンデスに対し、辛辣な言葉を発している。英メディア「スカイ・スポーツ」が報じている。

「私には気に入らないことがある。チチャリートがあたかもW杯で優勝したかのような喜び方をしていたことだ。ラストパスを出したロナウドと喜びを分かち合うべきだった。カメラマンもロナウドを映し、その瞬間を待ち構えていた」

チチャリートはゴール後、アシストしたFWクリスティアーノ・ロナウドの元には駆け寄らず、単独で喜びを爆発させていた。その姿勢に対し、アンリ氏は思うところがあったようだ。

「実際には、あれはロナウドのゴールといっていい。あの局面で、ロナウドはあえてシュートを選択しなかった。リスクを冒した愚かなプレーは控えたんだ。より確実にゴールを決められる選手を確認し、ボールを出した。それが、チチャリートだっただけの話だ」

普段はシュートに貪欲なロナウドが、決定的な場面でパスを選んだことに賛辞を贈りつつ、チチャリートがその恩恵に感謝の意を示さなかったことに終始、苦言を呈していた。現役時代、味方のパスからゴールを量産してきたアンリ氏だからこそ、このような見解を抱いたのかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : アンリ氏が決勝弾のチチャリートに苦言 「気に入らない」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【アンリ、チチャリートのゴールパフォに苦言「ロナウドのゴールだった、感謝すべき」】の続きを読む

大舞台で本領発揮するスアレス…バルサ1年目の得点率でエトオに迫る | サッカーキング

スアレス、バルサ1年目の得点率でエトーに迫る アンリも絶賛

バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、10年前の2004-05シーズンにバルセロナに入団したFWサミュエル・エトオ以来の活躍しているストライカーだと、スペイン紙『マルカ』が伝えている。  

現在イタリアのサンプドリアに所属する元カメルーン代表のストライカーは、バルセロナ入団した初めてのシーズンで、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグで29得点を決め、1試合平均0.64得点という高い数字を残している。エトオが2008-09シーズンを最後に退団してから、バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがストライカーの役割を果たしているが、1シーズン目にゴールという結果をエトオ以上に残すことはできていなかった。  

元フランス代表FWティエリ・アンリはバルセロナに入団した最初のシーズンで、47試合で19得点を記録。1試合平均0.4得点という記録で周囲が期待したような活躍はできなかった。  

スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは41試合で21得点。1試合平均0.51得点という結果を残したが、バルセロナのシステムに適応することができず、1シーズンで退団している。

一方で今シーズン、入団したスアレスはこれまでに33試合で18得点を奪っており、1試合平均0.54得点を記録。スアレスはチャンピオンズリーグの舞台に強く、マンチェスター・C戦、パリ・サンジェルマン戦と2得点ずつ奪っており、大舞台で際立った活躍を見せている。得点率も高く、バルセロナはエトオ以来の“9番”を手にしたと、スアレスのパフォーマンスを称えている。

全文はソース元で

引用元 : 大舞台で本領発揮するスアレス…バルサ1年目の得点率でエトオに迫る | サッカーキング

【アンリがスアレスを絶賛!!バルサ1年目の得点率でエトーに迫る活躍】の続きを読む

リヴァプールが夢のチャリティーマッチ開催…トーレスやスアレスら集結 | サッカーキング

3-6,15 riv

リヴァプールは5日、クラブ公式HPで29日にチャリティーマッチをアンフィールドで開催すると発表した。  

試合は、かつてリヴァプールでDFとして活躍したジェイミー・キャラガー氏と、今季限りで同クラブを退団するMFスティーヴン・ジェラードがキャプテンを務める2チームに分かれて行われるという。  

監督や出場選手の詳細は後ほど発表されるが、すでにGKホセ・マヌエル・レイナ、MFシャビ・アロンソ、FWディルク・カイト、FWルイス・スアレス、FWフェルナンド・トーレスといったリヴァプールで活躍した選手たちの参加が決定している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150306/287847.html

【スアレス、トーレス、アロンソがリヴァプールに帰還 夢のチャリティーマッチを今月開催】の続きを読む

チェルシーの守備を称賛するアンリ氏 「トレブル達成の力がある」 - Goal.com

3-3,15 che

元アーセナルのティエリ・アンリ氏は、1日に行われたキャピタル・ワン・カップ決勝でトッテナムを下して優勝したチェルシーを称賛し、今季3冠を達成することも可能だと見通しを述べている。

ジョゼ・モウリーニョ監督の復帰した昨シーズンは無冠に終わっていたチェルシーだが、まずは1冠を獲得することに成功。トッテナムを2-0で下して8年ぶりにリーグカップのタイトルを獲得した。

アンリ氏はイギリス『スカイ・スポーツ』で、チェルシーの3冠達成の見通しについて次のように語った。

「できると思う。彼らには3冠を達成するのに必要なすべての力が備わっている。PSG戦を見るのが楽しみだよ」

「PSGを破ったとすれば、次はバイエルン・ミュンヘンかもしれない。それからレアル・マドリーやバルセロナだ。そのときになれば分かるだろうけど、まずはPSG戦が彼らにとって大きな仕事だ」

アンリ氏は特に、前回の対戦で5失点を喫したトッテナムをクリーンシートに抑え込んだチェルシーの守備面を称賛している。

「モウリーニョは仕事をするためにやって来て、チームは実際にそれを成し遂げた。彼らは守らなければならないから守るのではなく、守ることが大好きで、楽しんでいるんだ」

「彼らは守るために生きている。毎回の試合でそれが分かる。だからこそ彼らは決勝戦を戦うたびに、ほとんどいつも勝つことができるんだ」

全文はソース元で

引用元 : http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2015/03/02/9423472/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%AE%E5%AE%88%E5%82%99%E3%82%92%E7%A7%B0%E8%B3%9B%E3%81%99%E3%82%8B%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%AA%E6%B0%8F-%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%96%E3%83%AB%E9%81%94%E6%88%90%E3%81%AE%E5%8A%9B%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8B?ICID=HP_BN_2

【チェルシーの守備を称賛するアンリ「3冠達成する力がある」】の続きを読む

“解説者”アンリ氏、18日のマンC対アーセナルでデビューへ | サッカーキング

1-14,15 henry

昨年12月に現役引退した元フランス代表FWティエリ・アンリ氏が、18日に新たなキャリアのスタートを切ると、イギリス紙『デイリーメール』が報じた。  

同紙によれば、解説者としてのデビュー戦は、18日に行われるプレミアリーグ第22節のマンチェスター・C対アーセナルになる模様。かつてリヴァプールなどでプレーしたグレアム・スーネス氏とともに、昨シーズンのリーグ王者と古巣が激突する試合を解説するとみられている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150113/270833.html

【アンリが1/18に解説者デビュー。マンC対アーセナル戦で】の続きを読む

モウリーニョ監督が引退したアンリについて「バルセロナ時代に獲得目前だった」 – サッカーキング

12-19,14 mou

ジョゼ・モウリーニョ監督は17日、現役引退を発表した元フランス代表FWティエリ・アンリについてコメントした。  

イギリスのラジオ局『talkSPORT』に出演したモウリーニョは「1996年、バルセロナで私が(ボビー)ロブソンのアシスタントだった時、アンリを獲得しようとしていた。だが、彼はユヴェントスに移籍した。我々はあと一歩のところで彼を獲得できなかった」とバルサ時代にアンリ獲得に迫っていたことを明かした。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/20141218/260232.html

【モウリーニョ「アンリをバルセロナ時代に獲得目前だった」真のアンリはプレミアリーグ、アーセナル時代とも◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ