スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

チェルシー

ビッグ4の時代は終わった ヴェンゲル「お金で選手が買えるからだ」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


ヴェンゲル「ビッグ4の時代は終わり」理由はプレミアのクラブはお金で良い選手が買えるから

数シーズン前までプレミアリーグはアーセナル、マンチェスター・ユナイテッド、チェルシー、リヴァプールのビッグ4が優勝争いを展開するリーグだった。しかし、近年は7~8クラブが優勝を争える実力をつけている。しかも今季は誰も予想しなかったレスター・シティが優勝し、さらに予想しにくいリーグとなっている。

こうしたサプライズが続いている現状について、アーセナル指揮官アーセン・ヴェンゲルはお金の力が大きいと考えている。英『Sky Sports』によると、ヴェンゲルはイングランドのクラブには良い選手を買うお金があると主張し、どんなクラブでも強いチームを作ることが可能になったことでビッグ4の時代が終わったと持論を展開した。

「レスターが来季も同じようなことができるかは疑問だ。なぜなら、現在全てのイングランドのクラブが選手を買えるからだ。来季何クラブが優勝争いに加わるだろうか?分からない。非常に難しい。今季もスタート時は優勝がチェルシー、2位がマンCという予想だったからね。そして恐らく、今は誰も予想していないクラブが来季もサプライズを起こすだろう。お金で選手が買えるからだ。下位クラブでもフランス、スペイン、イタリアから良い選手を連れてくることができる。彼らにもビッグチームを作るポテンシャルはあるんだ」

全文はソース元で

引用元 : ビッグ4の時代は終わった ヴェンゲル「お金で選手が買えるからだ」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ヴェンゲル「ビッグ4の時代は終わり」理由はプレミアのクラブはお金で良い選手が買えるから】の続きを読む

バルサの大黒柱に退団の危機? 契約延長交渉が難航 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


バルセロナの大黒柱であるMFセルヒオ・ブスケツにクラブ退団の危機が迫っている。27日付けスペイン紙『マルカ』が報じた。  

ブスケツはクラブと契約内容の向上の交渉中であるとされているが、交渉は平行線をたどっているという。ブスケツにはヨーロッパ中のビッグクラブが獲得を狙っており、クラブと合意に至るかを注目している。  

チェルシー、マンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッド、中でもパリ・サンジェルマン(PSG)が獲得に強い興味を持っており、移籍金に1億ユーロ(約126億円)もの金額を用意している。ブスケツ本人には年棒1600万ユーロ(約20億円)を提示するとしている。

全文はソース元で

引用元 : バルサの大黒柱に退団の危機? 契約延長交渉が難航 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【バルサに危機!!ブスケツとの契約延長交渉が難航 PSG、チェルシー、マンC、マンUがオファーも】の続きを読む

アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分の可能性…スペイン紙報道 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分か!?レアル、アトレティコと4クラブが対象に

アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分が下る可能性が出てきているようだ。スペイン『アス』の報道をもとに、『メトロ』などイングランドメディアも報じている。  

今回の報道は2チームに加えて、アーセナルとチェルシーにも同じ処分が検討されているようだとするもの。同じ処分を受けたバルセロナが2度の移籍市場で補強を禁止されたことから、4チームにも同様の処分が下る可能性があるという。

全文はソース元で

引用元 : アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分の可能性…スペイン紙報道 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分か!?レアル、アトレティコと4クラブが対象に】の続きを読む

チェルシーが狙うのは忘れ去られた男! リベリ獲得へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


チェルシー、リベリを83億円で獲得へ!補強リストの最優先に

チェルシー復活のカギを握るのは、バイエルンFWフランク・リベリなのだろうか。

アメリカ『ESPN』はチェルシーのオーナーであるロマン・アブラモビッチ氏がサッカー界から忘れ去られた男と契約を結ぼうとしていると伝えており、今冬か遅くとも来夏にはリベリを獲得したい考えだという。

32歳とすでにピークを過ぎているようにも感じられるが、アブラモビッチ氏はリベリ獲得を最優先事項に挙げている。

バイエルンはリベリ獲得に6000万ポンドを要求しており、今のところ手放す考えは持っていない。チェルシーは4500万ポンドを用意しているが、これでは金額に開きがありすぎる。しかしピークを過ぎたリベリに6000万ポンドも支払うのはあまりにもったいない。同メディアも老朽化したスポーツカーを買うようなものと伝えており、リベリ獲得に大金を支払うことには否定的だ。


全文はソース元で

引用元 : チェルシーが狙うのは忘れ去られた男! リベリ獲得へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【チェルシー、リベリを83億円で獲得へ!補強リストの最優先に】の続きを読む

崩壊寸前のチェルシー…“ある選手”が「モウリーニョのために勝つなら負けた方がマシ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


チェルシーは崩壊寸前!「モウリーニョのために勝つなら負けたほうがマシ」とある選手・・・

31日に行われたプレミアリーグ第11節でリバプールに1-3の逆転負けを喫したチェルシーは、早くも今季6敗目を喫した。勝ち点わずか「11」の15位と開幕から超低空飛行が続いている。  

現地ではジョゼ・モウリーニョ監督の解任報道が過熱しており、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、後任候補としてフース・ヒディンクやカルロ・アンチェロッティとともに、元イングランド代表監督のファビオ・カペッロの名前も挙がっており、カペッロはシーズン途中での就任に前向きだと伝えられている。  

また『BBC 5 live』のギャリー・リチャードソン記者は番組内で、チェルシーのある選手が「モウリーニョ監督と多くの選手の関係は最悪」と語ったことを伝え、さらにある選手は「監督のために勝つならば負けた方がマシだ」と話したようだ。

全文はソース元で

引用元 : 崩壊寸前のチェルシー…“ある選手”が「モウリーニョのために勝つなら負けた方がマシ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【チェルシーは崩壊寸前!「モウリーニョのために勝つなら負けたほうがマシ」とある選手・・・】の続きを読む

あきれたクロップ監督「1勝で優勝争い?頭大丈夫」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

no title

日本代表MF香川真司らを擁してドルトムントをブンデスリーガ2連覇に導いたユルゲン・クロップ監督(48)が、新たに就任したリバプールでプレミアリーグ1勝を挙げた。

インディペンデント紙(電子版)によると、記者から「今日の勝利で、タイトル争いに再び加わることができると思うか?」と聞かれたクロップ監督は「Are you crazy?(頭大丈夫?)」と即答。

「チェルシー戦のたった1勝だけで、僕らは優勝争いについて考えるべきなのかな?」と続けた。  

クロップ監督は「ここに来て3週間くらい経つが、優勝争いなんて考えたことはない。考えるべきなのは次の試合のこと、どうすれば良いプレーができるかということ、そして自分たちのスタイルについてだ。今日の試合(チェルシー戦)だって、もっと良い戦いができた」と強調する。  

チェルシーのモウリーニョ監督が自らについて「スペシャル・ワン(特別な人)」と称したのに対し、自らを「ノーマル・ワン(普通の人)」というクロップ監督。地に足を着け、着実にチームを成長させていこうとする姿勢が、イングランドでの成功も予感させる。  

そんな同監督だからこそ、英メディアの突拍子もない質問にも、落ち着いて受け答えすることができる。ガーディアン紙(電子版)の別のインタビューでは「植毛をしているのは本当か?」と聞かれ、「本当だよ。格好良いだろう」。ニヤリとするクロップ監督の姿が頭に浮かぶようだった。

全文はソース元で

引用元 : あきれたクロップ監督「1勝で優勝争い?頭大丈夫」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【クロップ、英メディアに呆れる 植毛については「かっこいいだろ」と余裕のコメント】の続きを読む

香川真司のメガクラブへのリターンは? 今季のプレーぶりと過去の事例から可能性を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

香川真司、今季の活躍次第で再びメガクラブへの移籍も!?可能性のあるクラブは・・・

快進撃を続けるドルトムントの中心選手として、持ち前の攻撃センスを発揮している香川真司。完全復活への道を歩むこの“回復期待株”の未来は……。今季のプレーぶりに触れつつ、メガクラブへのリターンの可能性を探った。

好調のチームメイトたちとの連係が冴えているのはもちろん、見逃せないのはゲームメイクにおける貢献だ。  

トップ下の位置から中盤の底まで下がり、ポゼッションを重視するチームのボール回しを円滑にさせる役割などもこなしつつ、ゴール前でのクオリティを落とさずに、幾度となく違いを作り出しているのだ。  

シーズンはまだ始まったばかりとはいえ、リーグ2連覇に貢献した2010~12シーズンの頃と比較しても、ひと回りもふた回りも成熟した印象を受ける。  

たとえ現在の調子を維持しつづけるのが困難でも、大きなスランプに陥らずに、チームの上位進出に貢献するようなら、約13億6000万円まで下落した推定市場価格が高騰するのは間違いない。  

それが実現した暁には、欧州最高峰に位置しているメガクラブの獲得リストに再浮上する可能性は十分にある。一度、マンチェスター・ユナイテッドで辛酸をなめた香川自身が、ドルトムント復帰時に「家族のようなもの」と語ったクラブとの離別を望んでいないとしても、一流選手獲得のためには金に糸目をつけないメガクラブは、ドルトムントや代理人を口説きにかかるだろう。

香川のようにメガクラブで挫折を味わった後に這い上がり、再び欧州トップクラスのチームに引き抜かれたのが、同じトップ下を本職とするケビン・デ・ブルイネだ。
 
香川が彼と同じようにメガクラブへと出戻ると仮定した場合、そもそも行き先が限られそうだ。ドイツ国内でドルトムントを明らかに上回る戦力や資金力を有するのはバイエルンだけで、国外に目を向けても、レアル・マドリーやFCバルセロナ、マンチェスターの両雄、チェルシー、パリ・サンジェルマンくらい。国内リーグの格を考慮すれば、フランスのパリSGはステップアップの移籍先としては除外すべきだろう。
 
いずれにせよ、そうした超が付くほどのビッグクラブから本気のラブコールを受けるには、リーグ優勝もしくはそれに準ずる好成績を収めたチームの中心選手として、年間を通して活躍した実績が必要となる。
 
好例はやはりデ・ブルイネ。14―15シーズンのブンデスリーガで、10ゴール・20アシスト(リーグトップ) を記録して、ヴォルフスブルクが2位に躍進する原動力となった結果、彼は改めてメガクラブへの扉を開いたのだ。
 
爆発的なスピードや単独ドリブルで局面を開くタイプではなく、味方との連係プレーや秀逸なラストパスなどを持ち味とする香川のプレースタイルを考慮すると、前述した超ビッグクラブの中で戦術的な相性の良さを感じさせるのは3クラブ。バイエルン、バルセロナ、マンチェスター・Cだ。
 
いずれもボールポゼッション重視のスタイル――昨今のバルセロナは高速カウンターを頻繁に使っているとはいえ――で、中盤をしっかり作りながらゲームを支配するポリシーを持っている。
 
そしてメガクラブへの出戻りを検証する本稿で、最後に触れておくべきキーワードがある。ユルゲン・クロップだ。
 
クロップが近い将来、メガクラブの監督に就任し、ドルトムント時代の愛弟子を呼び寄せる――。これは十分にありえるシナリオで、その際に香川に白羽の矢が立っても、なんら不思議はない。

文:遠藤孝輔

全文はソース元で

引用元 : 香川真司のメガクラブへのリターンは? 今季のプレーぶりと過去の事例から可能性を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【香川真司、再びメガクラブへの移籍も!?可能性のあるクラブは・・・】の続きを読む

モウリーニョ、女医とのトラブルで5試合以上の停止処分も? (GOAL) - Yahoo!ニュース

モウリーニョ、5試合以上のベンチ入り禁止処分!?チェルシーが美人女医に復帰要請も

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、女医とのトラブルで長期のベンチ入り禁止処分を科されるかもしれない。『BBC』などイギリスメディアが報じている。

8月のスウォンジー・シティ戦で、モウリーニョ監督は終盤にMFエデン・アザールを治療しようとピッチに入ったチームドクターのエバ・カルネイロを叱責した。

これに対し、カルネイロが法的措置を取るとも言われている。 報道によると、イングランドサッカー協会(FA)がこの件について、調査に乗り出したとのこと。規約では「侮辱的な言動」があった場合、監督が処分されることになっており、その発言が女性差別と認定されれば、罰則がさらに重くなるという。FAがモウリーニョ監督を「有罪」と認めた場合、指揮官には最低で5試合の停止処分が科されるそうだ。

全文はソース元で

引用元 : モウリーニョ、女医とのトラブルで5試合以上の停止処分も? (GOAL) - Yahoo!ニュース

【モウリーニョ、5試合以上のベンチ入り禁止処分!?チェルシーが美人女医に復帰要請も】の続きを読む

モウリーニョ:「私が望んだ選手ではない」 最終日の補強に驚きの発言 (GOAL) - Yahoo!ニュース

モウリーニョ「ジロボジは私が望んだ選手ではなかった」しかし、期待はしているとも

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、またも気になる発言をした。移籍市場で獲得したDFパピ・ジロボジは、自身が望んだ選手ではなかったというのだ。

「(ジロボジは)私のチョイスではなかった」と話したのだ。ただし、以下のように語っている。

「彼は私が完璧に信頼するある人物による選択だった。だから私の選択と同義だ」

「ジロボジは素晴らしいチームプレーヤーになるかもしれないと話したのは、(DFクルト・)ズマについて同じことを話したのと同一人物だ」 この強く率直な信念が、またも吉と出るのだろうか。

全文はソース元で

引用元 : モウリーニョ:「私が望んだ選手ではない」 最終日の補強に驚きの発言 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【モウリーニョ「ジロボジは私が望んだ選手ではなかった」しかし、期待はしているとも】の続きを読む

GKクルトワが半月板の手術…モウリーニョ監督「嘆いても仕方ない」 | サッカーキング

チェルシー、GKクルトゥワの右膝手術を発表「かなりの長期間離脱」

チェルシーは11日、クラブ公式HPを通じてベルギー代表GKティボー・クルトワが手術を受けたことを発表した。  

発表によると、クルトワは10日に右ひざ半月板の手術を受けた模様で、全治期間は明かされていないものの長期離脱するものとみられる。  

また、12日に行われるプレミアリーグ第5節エヴァートン戦の前日会見に臨んだジョゼ・モウリーニョ監督は、「クルトワは練習中に怪我をした。具体的な部分はさておき、手術が必要となるため長期離脱になるだろう。どれだけの期間になるかは分からないが、すぐに復帰というわけにはならない」と、明かした。

全文はソース元で

引用元 : GKクルトワが半月板の手術…モウリーニョ監督「嘆いても仕方ない」 | サッカーキング

【チェルシー、GKクルトゥワの右膝手術を発表「かなりの長期間離脱」】の続きを読む

このページのトップヘ