スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ダビド・ルイス

英紙の過大評価選手ランキングに伊紙が反論! 「セリエAでプレイしていた者が多すぎる」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

英紙選出の過大評価選手ランキングに伊紙が反発!「セリエAを軽視している」

先日、『テレグラフ』が発表した、過大評価されている選手ランキングトップ20。このランキングが厳しすぎるのではないかとイタリアで話題になっているようだ。このランキングを見た『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、セリエAでプレイしていた選手が多すぎると批判している。 以下『テレグラフ』紙のランキング

1位 マリオ・バロテッリ(元インテル、ミラン)
2位 ロビーニョ(元ミラン)
3位 ラダメル・ファルカオ
4位 ズラタン・イブラヒモビッチ(元ユヴェントス、インテル、ミラン)
5位 ファウスティーノ・アスプリージャ(元パルマ)
6位 ダビド・ルイス
7位 エセキエル・ラベッシ(元ナポリ)
8位 ヴェスレイ・スナイデル(元インテル)
9位 セルヒオ・ラモス
10位 ジャック・ウィルシャー
11位 スティーブン・ジェラード
12位 ロベルト・バッジョ(元ミラン、ユヴェントスなど多数)
13位 アドリアーノ(元インテル、フィオレンティーナ、パルマ、ローマ)
14位 ウェイン・ルーニー
15位 ダビド・ジノラ
16位 デニウソン
17位 フローラン・マルダ
18位 ニコラ・アネルカ(ローン移籍でユヴェントスへ)
19位 カルロス・バルデラマ
20位 ゲオルギ・キンクラーゼ

特に12位にバッジョが入っていることは許せないようで、「ビッグゲームでは試合から消えることがよくある」と書かれたことに対し、「彼は重要な試合でも消えていない!」と真っ向から反論している。


全文はソース元で

引用元 : 英紙の過大評価選手ランキングに伊紙が反論! 「セリエAでプレイしていた者が多すぎる」 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【英紙選出の過大評価選手ランキングに伊紙が反発!「セリエAを軽視している」】の続きを読む

チェルシーが移籍市場で得た10の「利益」。獲得時よりも高値で売却された選手たち (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

最高で60億円!チェルシーが移籍市場で「利益」を出した10の選手

大手データサイト『squawka.com』は、「アブラモビッチ会長のチェルシーが利益を得た10の移籍」を公開した。かつてのチェルシーは、欧州各地から高額な移籍金で選手をかき集めていたが、近年では必要に応じてピンポイントな補強を続けている。

その一方で、他クラブへ移籍させる場合は高値で売却することに成功している。今回は、ロマン・アブラモビッチ会長のもとチェルシーが売買で利益を得た10人の選手を紹介しよう。

ペトル・チェフ

【獲得金額】
700万ポンド(約13億8600万円/2004年7月):レンヌ
【売却金額】
1000万ポンド(約19億2000万円/2015年7月):アーセナル

ダビド・ルイス

【獲得金額】
2130万ポンド(約27億2600万円/2011年1月):ベンフィカ
【売却金額】
5000万ポンド(約87億円/2014年7月):パリ・サンジェルマン

ロメル・ルカク

【獲得金額】
2000万ポンド(約25億2000万円/2011年8月):アンデルレヒト
【売却金額】
2800万ポンド(約25億2100万円/2014年7月):エバートン

フアン・マタ

【獲得金額】
2350万ポンド(約30億円/2011年8月):バレンシア
【売却金額】
3700万ポンド(約63億2700万円/2014年1月):マンチェスター・ユナイテッド

ケビン・デ・ブライネ

【獲得金額】
670万ポンド(約7億9700万円/2012年1月):ゲンク
【売却金額】
1670万ポンド(約25億2100万円/2014年1月):ヴォルフスブルク

ウェイン・ブリッジ

【獲得金額】
700万ポンド(約13億2300万円/2003年7月):サウサンプトン
【売却金額】
1200万ポンド(約17億5200万円/2009年1月):マンチェスター・シティ

タル・ベン・ハイム

【獲得金額】
フリーエージェント(2007年7月):ボルトン
【売却金額】
500万ポンド(約9億6000万円/2008年7月):マンチェスター・シティ

スティーブ・シドウェル

【獲得金額】
フリーエージェント(2007年7月):ボルトン
【売却金額】
500万ポンド(約9億6000万円/2008年7月):アストン・ヴィラ

アリエン・ロッベン

【獲得金額】
1200万ポンド(約23億7600万円/2004年7月):PSV
【売却金額】
2100万ポンド(約49億3500万円/2007年8月):レアル・マドリー

エイドゥール・グジョンセン

【獲得金額】
400万ポンド(約6億5200万円/2000年7月):ボルトン
【売却金額】
800万ポンド(約17億1200万円/2006年7月):バルセロナ

(※編注:記事内の金額はいずれも当時レート)

全文はソース元で

引用元 : チェルシーが移籍市場で得た10の「利益」。獲得時よりも高値で売却された選手たち (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【最高で60億円!チェルシーが移籍市場で「利益」を出した10の選手】の続きを読む

D・ルイス、純潔報道を否定。「僕は“未経験”じゃない」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ダビド・ルイス「僕は”童貞”じゃない」純潔ボーイではないと否定

先日、28歳にして「結婚するまでは純潔を貫く」と報じられたパリ・サンジェルマン(PSG)のDFダビド・ルイス。しかし、その噂は真実ではなかったようだ。イギリス『BBC』は22日、同選手の否定のコメントを紹介した。  

現在、サラ・マデイラさんと交際中のルイス。「僕は待つことを選んだ」とのコメントともに禁欲することが報じられていた。しかし、同選手は報道を真っ向から否定。「僕は未経験ではない。今まで付き合った女性は一人ではないからね」と語っている。 「メディアには選手の人生を尊重しない人がいる。僕は毎晩枕に頭を置けばぐっすりと眠れるよ。皆のことをリスペクトしているんだ」  

一方で、同選手はチャンピオンズリーグ(CL)結果を残すことができていないPSGへの批判に「チームを構築中だ」と反論した。同クラブは今季バルセロナに敗れ、3シーズン連続のベスト8に終わっている。

全文はソース元で

引用元 : D・ルイス、純潔報道を否定。「僕は“未経験”じゃない」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ダビド・ルイス「僕は”童貞”じゃない」純潔ボーイではないと否定】の続きを読む

ダヴィド・ルイス専用の”股抜き防止ストッキング”開発される (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ダヴィド・ルイス専用の”股抜き防止ストッキング”が開発される

秘密兵器はダヴィド・ルイスを救えるか!? 現地15日のチャンピオンズリーグでパリ・サンジェルマンはバルセロナと対戦。ウルグアイ代表のFWルイス・スアレスの活躍もあり3-1でバルサが勝利した。この試合の3点目の場面が話題を集めている。

バルセロナのスアレスが華麗なドリブルを披露して、ブラジル代表でも活躍するPSGのDFダヴィド・ルイスの股を抜きさりゴール右隅に突き刺した。 この試合の股抜きの場面がインターネットで注目され、フランスの象徴的な建物のエッフェル塔や凱旋門に扮したダヴィド・ルイスのコラージュ画像が作成された。

しかし、そんな悲惨な思いをしたダヴィド・ルイスのために、股抜きを防止するストッキングが提案されたとスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じた。

全文はソース元で

引用元 : ダヴィド・ルイス専用の”股抜き防止ストッキング”開発される (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ダビド・ルイス専用の”股抜き防止ストッキング”が開発される】の続きを読む

スアレスに見事な”股抜き”をくらったルイスの悲劇…。様々なコラージュが広まる (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

スアレスに股抜きをくらったD・ルイスのコラ画像が広まる

チャンピオンズリーグ準々決勝1stレグが現地15日に行われ、フランスのパリ・サンジェルマン(PSG)はホームでスペインのバルセロナと対戦した。

この試合で2得点を挙げたウルグアイ代表FWルイス・スアレスのプレーがインターネット上で絶賛されている。チーム3点目のシーンでは素晴らしいドリブルでPSGのDFダビド・ルイスの股を抜き、ゴールを右上に叩き込んだ。  

あまりにも見事な股抜きだったため、試合後にファンが様々なコラージュ画像を作成。両選手がプレミアリーグでプレーした際にもスアレスはルイスに股抜きをくらわせるシーンがあったことが、この流れを加速させた。

全文はソース元で

引用元 : スアレスに見事な”股抜き”をくらったルイスの悲劇…。様々なコラージュが広まる (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【スアレスに2度も”股抜き”をされたD・ルイスのコラージュが広まる【コラ画像あり】】の続きを読む

英紙が歴代“過大評価選手”トップ20を選出 果たして1位は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

4-5,15 ei

不名誉な1位にバロテッリが選ばれる、「ピッチ外の愚行で新聞の見出し飾る」 リバプールのイタリア代表FWマリオ・バロテッリがサッカー史上ナンバーワンの過大評価選手という不名誉な評価を下されている。イングランド地元紙「デイリー・テレグラフ」が過大評価選手20選手を特集したもの。  

1位に選ばれたバロテッリは寸評で「この移り気の激しいストライカーになぜ計5900万ポンドもの移籍金が費やされてきたのか謎のままだ。インテル、マンチェスター・シティ、ACミラン、そして、リバプール。バロテッリはポテンシャルを満たすことに完全に失敗し、ピッチ上でのパフォーマンスよりも、ピッチ外の愚行で新聞の見出しを飾っている」と酷評されている。リバプールでは今季1得点と不発だ。  

2位はACミランからブラジル強豪サントスに期限付き移籍中のブラジル代表FWロビーニョが選出されている。寸評では「巨額な移籍金を必要としたが、期待されたキャリア序盤の活躍を見せないもう1人の選手。ブラジル人は2008年9月に3200万ポンドの移籍金でマンチェスター・シティにやってきた。スタートは良かったが、不調で消え、サントスに送還された。ミランの数シーズンで活躍できずに、再びサントスに期限付き移籍で戻った」と手厳しく批判されている。昨年ACミランに所属した2人が皮肉にもワンツーフィニッシュを飾ってしまったあたりにも、ミラン凋落を感じさせる。  

イブラヒモビッチもトップ5入り、「彼が思うほど本当に優秀なのか」 4位に選出されたはパリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ。寸評では「常軌を逸したほどの自己評価通り、彼の素晴らしすぎる価値を誰も否定できないが、彼が思うほど本当に優秀なのか。チャンピオンズリーグの優勝経験はない。2010年8月にバルセロナからミランに移籍以来、欧州のトップ3リーグでプレーしていないことが、彼が言うほどの怪物ではないということかもしれない」と指摘している。だが、 パリ・サンジェルマンは今季CL8強に残っており、ここでビッグイヤーを獲得すれば、再評価されるかもしれない。

残りのランキングは以下の通りとなっている。
 
6位はパリ・サンジェルマンのブラジル代表DFダビド・ルイス。
7位はパリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシ。
8位はガラタサライのオランダ代表MFウェズリー・スナイデル。
9位はレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモス。
10位はアーセナルのイングランド代表MFジャック・ウィルシャー。

11位はリバプールのイングランド代表MFスティーブン・ジェラード。
12位は現役時代にユベントスなどで活躍した元イタリア代表の至宝、ロベルト・バッジョ氏。
13位は元ブラジル代表で現在仏リーグ2部ル・アーブルFWアドリアーノ。
14位はマンチェスター・ユナイテッドのイングランド代表FWウェイン・ルーニー。
15位は現役時代ニューカッスルなどで活躍した元フランス代表FWのダビド・ジノラ氏。
16位は現役時代ベティスなどでプレーした元ブラジル代表MFデニウソン。
17位はかつてチェルシーなどでプレーした元フランス代表のメスFWフローラン・マルーダ。
18位は元フランス代表FWで現在フリーエージェントのニコラ・アネルカ。
19位は現役時代コロンビア代表の王様として名を馳せたカルロス・バルデラマ氏。
20位は元グルジア代表でマンチェスター・シティなどで活躍したゲオルギ・キンクラーゼ氏。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150404-00010007-soccermzw-socc

【イブラヒモビッチ、バロテッリは過大評価!?英紙が歴代”過大評価選手”トップ20を選出】の続きを読む

ゴールしても喜ばないはずが… ダビド・ルイスが古巣のファンに謝罪 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

3-12,15 pre

「ゴールを喜んで申し訳ない」 

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダビド・ルイスがUEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1 回戦セカンドレグの敵地チェルシー戦で後半41分に値千金の同点弾を決める活躍を見せた。だが、試合後、昨年までプレーした古巣相手の一撃に大喜びしたことをサポーターに謝罪している。英衛星放送「スカイ・スポーツ」が報じた。

「僕にとってはゴールできたことは良かった。試合前には喜ばないと言っていたけれど、感情的になりすぎて、自分をコントロールできなかった。チェルシーには僕をたくさん支えてくれて感謝しているけど、喜んで申し訳ないと思っている」  

目にうっすらと涙を浮かべたダビド・ルイスはそう語った。11年1月から昨シーズンまでチェルシーに在籍した。万感のスタンフォード・ブリッジへの凱旋試合前には「ゴールを決めても喜ばない」と、メディアを通じて誓いを 立てていた。

ダビド・ルイスは語った。

「僕のチェルシーでのサイクルは終わった。PSGから大きなチャンスをもらった。チェルシーは僕にキャリアの中で偉大な挑戦と、プレーを続ける機会を与えてくれた。チェルシーではとても幸せだったけれど、サイクルは終わってしまった。ここにいる全員を僕はリスペクトしている」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150312-00010005-soccermzw-socc

【ダビド・ルイス、CLでゴールして喜んだことに対してチェルシーファンに謝罪】の続きを読む

PSGのダビド・ルイス「モウリーニョはスペシャルじゃない」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

3-9,15 mou

パリ・サンジェルマン(PSG)のブラジル代表DFダビド・ルイスが、11日に敵地で行われるチェルシーとのチャンピオンズリーグ16強第2戦の大一番を前に、古巣のジョゼ・モウリーニョ監督について「スペシャルじゃない」と挑発した。8日の英紙『ミラー』などが報じた。  

昨夏、チェルシーとの契約延長を断り、PSGへ巨額の移籍金「5000万ポンド(約87億5000万円)で移籍したダビド・ルイスはモウリーニョ監督について、「彼はあなた方にとってスペシャルかもしれないが、僕からすればスペシャルじゃない」と強気なコメントを発すると、第2戦に向けて次のように語った。

「僕がチェルシーにいた時は多くの栄冠を勝ち取ったし、素晴らしい思い出がある。僕は凄く幸せだった。チェルシーは素晴らしいシーズンを過ごしているし、守備も良く素晴らしい選手たちを有している。でも、僕は自分のチームの実力を知っているし、第2戦ではゴールを決めるつもりだ。良いゲームプランを持って臨むつもりだし、最大限にパフォーマンスを発揮するつもりだ。どちらのチームにも8強進出の可能性はある」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150309-00010027-footballc-socc

【ダビド・ルイス「モウリーニョはスペシャルじゃない」CLで対戦】の続きを読む

PSGのD・ルイス、FKで“新技”披露? 主審の引いた白線を手で… | サッカーキング

2-18,15 psg

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが17日に行われ、パリ・サンジェルマンとチェルシーの一戦は1-1のドローに終わった。  

チェルシーの1点リードで迎えた前半終了間際の44分に珍プレーが起きる。PSGはゴール正面右でFKを獲得すると、ボールの位置にはズラタン・イブラヒモヴィッチとダヴィド・ルイスが近づく。好位置でのセットプレーに主審はボールと壁の位置を決めるため、バニシングスプレーを使う。  

ボールの位置に弧を描くように白線が引かれたが、イブラヒモヴィッチがセットしようとボールを持ったところで、D・ルイスがおもむろにしゃがむ。主審が壁の位置を調整するために目を離していたスキに、D・ルイスが白線の泡を右手ですくい、ボール一つ分内側にずらして、白線となるように泡を芝になでつけたのだ。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20150218/282533.html

【PSGのD・ルイス FKでバニシングスプレーを”書き換える”荒業[動画あり]】の続きを読む

第2次モウリーニョ政権で戦力外になったベスト11が強すぎると話題に | サッカーキング

2-4,15 che

ジョゼ・モウリーニョ監督がチェルシーに復帰した2013年6月以来、同監督から戦力外を通告されたベストイレブンが「強すぎる」と話題になっている。3日のイギリスメディア『スカイスポーツ』などが報じた。  

昨夏には主力だったブラジル代表DFダヴィド・ルイス(現パリSG)をはじめ、元イングランド代表MFフランク・ランパード(現マンチェスター・C)とDFアシュリー・コール(現ローマ)の放出を決行し、今冬の移籍市場では昨夏のブラジル・ワールドカップで優勝に貢献したドイツ代表MFアンドレ・シュールレをヴォルフスブルクへ放出するなど、自身の構想外となった選手に大鉈を振るっている。

■2013年6月以降にチェルシーで戦力外となった選手のベストイレブン(布陣:4-2-3-1)
▼GK
マーク・シュウォーツァー(15年1月〜レスター)
▼DF
ライアン・バートランド(15年1月〜サウサンプトン)
ダヴィド・ルイス(14年6月〜パリSG)
ジェフリー・ブルマ(13年6月〜PSV)
アシュリー・コール(14年7月〜ローマ)
▼MF
マイケル・エッシェン(14年1月〜ミラン)
フランク・ランパード(14年8月〜マンチェスター・C)
アンドレ・シュールレ(15年1月〜ヴォルフスブルク)
フアン・マタ(14年1月〜マンチェスター・U)
ケヴィン・デ・ブライネ(14年1月〜ヴォルフスブルク)
▼FW
ロメル・ルカク(14年7月〜エヴァートン)


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/eng/20150204/278002.html

【第2次モウリーニョ政権で戦力外になったチェルシーベスト11が強すぎる】の続きを読む

このページのトップヘ