スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ダビド・デ・ヘア

スペイン代表選手らに婦女暴行事件関与の疑い デ・ヘア、ムニアイン、イスコがそれぞれ否定 (GOAL) - Yahoo!ニュース



no title


ユーロ2016開幕を控えるスペイン代表に激震が走った。大会に向けて招集されているマンチェスター・ユナイテッドGKダビド・デ・ヘアを含む3選手が婦女暴行事件に関与した疑いがあると報じられたが、選手らはそれぞれ自身の潔白を主張している。

スペイン『ディアリオ』は10日、被害女性の一人が警察に証言した内容として、2012年にアスレティック・ビルバオFWイケル・ムニアインおよびもう一人のU-21スペイン代表選手が、証言者を含む女性2人に性的行為を強要したと伝えた。デ・ヘアはその場に参加してはいなかったが、仲介役としてセッティングを行ったとされている。

『コンフィデンシアル』が同じく警察文書を情報源として伝えたところによれば、証言者はもう一人のU-21代表選手が当時マラガに所属していたレアル・マドリーMFイスコだったとしつつ、確信は持てないと語ったという。警察は『Goal』スペイン版の取材に対し、メディアに出回った文書が実物であることを認めた。

デ・ヘアはスペイン代表の会見で関与を否定し、引き続き代表チームに残ってユーロを戦いという意志を明確にしている。

「この話には誰よりも僕自身が驚いている。深刻なことであり、事実ではないことだ。何でも言いたいことを言えばいいが、すべてが嘘だ」

「このチームで戦い続けたいという気持ちはさらに強くなる。あとは弁護士に任せることだ。僕は代表チームに残るつもりだ。今回のユーロを戦いたいという思いがあるし、チームメートからの支えもある」

ムニアインはソーシャルメディアを通しての声明で嫌疑を否定し、法的措置を取る姿勢を明確にしている。

イスコも同様に関与を否定する声明を発した。

全文はソース元で

引用元 : スペイン代表選手らに婦女暴行事件関与の疑い デ・ヘア、ムニアイン、イスコがそれぞれ否定 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【デ・ヘア、ムニアイン、イスコが強姦に関与の疑い スペイン代表選手らは否定】の続きを読む

レアル会長、ロナウド&ベンゼマを一気に放出か!? 来季へ向けて3選手を補強へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


レアル、ロナウド&ベンゼマを放出でアザール、デ・ヘア、レヴァンドフスキを狙う

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、すでに来季へ向けたプランを練り始めている。スペイン紙『スポルト』によると、何とペレス会長はFWクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマの売却を考えているという。

この2人は最近ピッチ外で問題行動を起こしている。ベンゼマはマテュー・ヴァルブエナのセックステープを巡る問題で警察沙汰にまで発展した。一方のロナウドはパリ・サンジェルマン行きを仄めかす行動を取り、移籍もあり得るといった発言もしている。同メディアはペレス会長が2人のゴタゴタを処理するのに疲れていると伝えており、一気に2人をチームから出してしまうプランを練っている。

そして、2人の売却益を使って豪華な選手を揃える考えだ。メインターゲットはバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキだ。

さらにGKにはダビド・デ・ヘアを迎える。ケイロル・ナバスがフィットしているものの、ペレス会長はデ・ヘアを釣り上げようと必死だ。そしてチェルシーMFエデン・アザールだ。

全文はソース元で

引用元 : レアル会長、ロナウド&ベンゼマを一気に放出か!? 来季へ向けて3選手を補強へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【レアル、ロナウド&ベンゼマを放出でアザール、デ・ヘア、レヴァンドフスキを狙う】の続きを読む

デ・ヘアがユナイテッドと新たに4年契約締結!!「ユナイテッドは特別なクラブ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

マンU、ダビド・デ・ヘアと4年の契約延長を発表!【動画あり】

via:@ManUtd_JP

マンチェスター・ユナイテッドは11日、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアと新たに2019年までの4年契約を結んだことを発表した。1年の延長オプションも付いている。  

デ・ヘアは今夏、レアル・マドリーへの移籍が目前に迫ったが、手続きに不備があり、移籍はかなわなかった。モチベーションなども心配されたが、24歳GKは契約延長を決断した。  

クラブ公式サイトにはデ・ヘアとルイス・ファン・ハール監督のコメントが掲載されている。

■デ・ヘアのコメント

「ユナイテッドでのキャリアで、新たなチャプターを始められることに興奮している。ファンタスティックなファンの前で、素晴らしいシーズンを楽しんできた。マンチェスター・ユナイテッドは特別なクラブで、僕のキャリア発展のためにもオールド・トラッフォードは理想的な場所だ。この夏は難しいこともあったが、気持ちを切り替えて、チームの成長と、成功のために力を尽くすことに集中している」

全文はソース元で

引用元 : デ・ヘアがユナイテッドと新たに4年契約締結!!「ユナイテッドは特別なクラブ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【マンU、ダビド・デ・ヘアと4年の契約延長を発表!【動画あり】】の続きを読む

マンU、S・ラモス騒動の復讐完了?レアル移籍“未遂”デ・ヘアと大型契約延長へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

レアルが完全なる敗北に?マンUがデ・ヘアと大型契約延長へ

今夏レアル・マドリー移籍が破談したダビド・デ・ヘアが、一転してマンチェスター・ユナイテッドとの大型契約延長に近づいている。10日、イギリス『トークスポーツ』が報じた。  

移籍まであと一歩のところまで近づいた同選手だが、一転してユナイテッドと5年間の契約延長に向かっているようだ。  

デ・ヘアの代理人であるジョルジュ・メンデスは既にマンチェスター入りしているとのこと。新契約では同選手は週給20万ポンド(約3700万円)となる予定で、移籍金も今夏合意に至った2900万ポンド(約54億円)から5000万ポンド(約93億円)へと跳ね上がるとみられている。これは、GKの移籍金としては途方も無い金額だ。  

マドリーにとっては、完全なる敗北といっていいだろう。デ・ヘア移籍が破談に終わった上に、同クラブはユナイテッドに対して移籍金740万ポンド(約14億円)を支払わなければいけない義務を負い、さらには同選手の獲得は事実上不可能となりかけている。  

全文はソース元で

引用元 : マンU、S・ラモス騒動の復讐完了?レアル移籍“未遂”デ・ヘアと大型契約延長へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【レアルが完全なる敗北に?マンUがデ・ヘアと大型契約延長へ】の続きを読む

マドリー番記者が語る「デ・ヘア獲得失敗の余波とベイルの“ロナウド化計画”」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

レアルのベイルのロナウド化計画とデ・ヘア獲得失敗で振りかかるナバスの災難

レアル・マドリーの今夏の補強に対する評価は、たった1日で変わってしまった。 「デ・ヘア事件」が起きたからだ。  

ペーパーワークのミスという信じられない理由で、ダビド・デ・ヘアの獲得は幻に終わってしまった。マドリーはマンチェスター・ユナイテッドとともに、世界中で笑い者にされている。  

ホーム開幕戦となった2節のベティス戦(5-0)で、守護神のケイラー・ナバスはベルナベウのスタンドから大声援を受けていたが、これからはそういうわけにもいかないだろう。ミスをしようものなら、こんな声が飛び交うはずだ。

「だからデ・ヘアを獲るべきだったんだ」  

セルヒオ・アグエロとポール・ポグバの獲得にはチャレンジした。だが、それぞれマンチェスター・シティとユベントスの首を縦に振らすことができなかった。  

そこでマドリーは、強化方針を切り替えた。ビッグネームを加える大型補強ではなく、現有戦力を底上げする方向に、だ。

なかでも重点が置かれたのが、ガレス・ベイルのパフォーマンス向上だ。
 
クラブはベイルのバリューをピッチ内外で倍加させようと目論んでいる。それは当然、「ポスト・ロナウド」を視野に入れてのことだ。
 
クリスチアーノ・ロナウドは早ければ1年後にクラブを去る。その「Xデー」に向けて、いよいよ準備に着手したわけだ。ベイルのトップ下へのコンバートがその手始めである。
 
さて、開幕2試合で見えたことをまとめよう。
 
スポルティング・ヒホンに0-0で引き分けた開幕戦とベティスに5-0で大勝した2節の2試合で明らかになったのは、いまのマドリーはロナウドではなくハメス・ロドリゲスのチームである、ということだ。
 
ノーゴールで内容も良くないロナウドに対し、ハメスはベティス戦で2ゴール――最初のゴールは角度のないところからFKを鮮やかに突き刺す――を決めるなど、チームで随一の輝きを放っている。
 
前述のように、クラブはベイルをロナウドに代わるアイコンにしようとしているが、存在感、チームへの影響力はハメスが上だ。
 
ベルナベウの反応もそうだ。声援のボリュームが違う。ハメスに贈られるのはまさしく大喝采だが、ベイルへのそれはまだまだ小さい。実際、ベイルには懐疑的な視線が根強く、パフォーマンスが少しでも落ちれば罵声が飛ぶ。

「ロナウドの低調」、「ベイルのロナウド化計画」、「ハメスの絶好調」とともに指摘したいのが、「守備陣の安定」だ。
 
全文はソース元で

引用元 : マドリー番記者が語る「デ・ヘア獲得失敗の余波とベイルの“ロナウド化計画”」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【レアルのベイルのロナウド化計画とデ・ヘア獲得失敗で振りかかるナバスの災難】の続きを読む

マンUが移籍消滅のデ・ヘアに延長オファー 交渉カードに使うひそかな武器とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

マンU、デ・ヘアに出場機会と引き換えに契約延長を要求か!?

マンチェスター・ユナイテッドが、スペイン代表GKダビド・デ・ヘアに契約延長のオファーを出す可能性が浮上している。レアル・マドリード移籍でクラブ間合意に達したが、移籍市場最終日の登録期限までに必要書類が間に合わず、マンUに急転残留となっていた。スペイン地元紙「AS」が報じている。  

記事によると、2016年夏に契約満了となるデ・ヘアは、来年1月にマンU以外のクラブと仮契約を結ぶことが可能となり、来年夏には移籍金ゼロで移籍することができる。だが、クラブ側は年俸などの条件を上積みし、契約延長のオファーを出す方針だという。  

デ・ヘアは移籍を希望しているが、マンUには契約延長に向けたひそかな武器があるという。それは来年の欧州選手権フランス大会。デ・ヘアは今季、ルイス・ファン・ハール監督と会談を持ち、去就問題が決着するまで試合に使わない方針を伝えられ、今季公式戦で1試合もベンチ入りすらしていない。このまま契約延長に応じず、飼い殺しになれば実戦感覚を失うことになってしまう。欧州選手権のメンバー入りに向けて大きな障害となるかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : マンUが移籍消滅のデ・ヘアに延長オファー 交渉カードに使うひそかな武器とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンU、デ・ヘアに出場機会と引き換えに契約延長を要求か!?】の続きを読む

泣きっ面に蜂。レアル、移籍破談でデ・ヘアに約13億円超を支払う義務が発生 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

レアル、デ・ヘアに移籍破談で13億円の支払い!マンUは無傷

マンチェスター・ユナイテッドに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアの獲得を目指していたレアル・マドリーは、移籍交渉が決裂したにも関わらず、契約金の一部を支払う必要があるようだ。2日のイギリス『ブリーチャー・リポート』が報じている。  

同メディアによると、デ・ヘア獲得条件の中にペナルティ条項が含まれており、合意したあとで契約が消滅した場合には、マドリーはデ・ヘアに対して740万ポンド(約13億6000万円)を支払うことになっている。どちらのクラブに過失があったかは明白ではないが、それに関わらずマドリーは契約金の一部を払うことになりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : 泣きっ面に蜂。レアル、移籍破談でデ・ヘアに約13億円超を支払う義務が発生 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【レアル、デ・ヘアに移籍破談で13億円の支払い!マンUは無傷】の続きを読む

UEFA、デ・ヘアのレアル移籍を認めず。マンU残留は「100%」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

UEFA「デ・ヘアは100%マンUの選手」レアルは交渉の敬意を説明

欧州サッカー連盟(UEFA)は、マンチェスター・ユナイテッドのスペイン代表GKダビド・デ・ヘアのレアル・マドリー移籍を認めず、ユナイテッドに残留することを明らかにした。  

ツイッター上で、「デ・ヘアは100%ユナイテッドの選手として残留する」と発表している。  デ・ヘアは8月31日、マドリー移籍で合意に至っていたものの、スペインプロリーグ機構(LFP)への書類提出が移籍市場の締切までに間に合わず、破談に終わっていた。

全文はソース元で

引用元 : UEFA、デ・ヘアのレアル移籍を認めず。マンU残留は「100%」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【UEFA「デ・ヘアは100%マンUの選手」レアルは交渉の敬意を説明】の続きを読む

レアル、GKデ・ヘア獲得失敗…移籍期限に間に合わず目前で不成立に | サッカーキング

デ・ヘア、マンUの”遅刻”でレアル移籍が不成立に!FIFAに訴える模様

マンチェスター・Uに所属するスペイン代表GKダビド・デ・ヘアのレアル・マドリード移籍は、合意に至ったものの移籍期限に間に合わず成立しなかったと、スペイン紙『アス』やイギリスメディア『スカイスポーツ』が8月31日に報じた。

『アス』紙によると、レアル・マドリードとマンチェスター・Uは同日の朝から交渉を行い、現地時間で23:30ごろに3000万ユーロ(約40億7000万円)で合意に至った。その後レアル・マドリードは、移籍や選手登録に必要な書類をスペインプロリーグ機構(LFP)に提出。スペインの移籍期限は同日の0:00までだったが、LFPの関係者によると、書類が届いたのは00:28ごろだったという。そのため書類は受理されず、デ・ヘアのレアル移籍が不成立となった。  

この結果、デ・ヘアは少なくとも冬の移籍市場が開幕するまでマンチェスター・U残留が決定。また、同選手の移籍に際して、マンチェスター・Uに加入するとされていたコスタリカ代表GKケイロル・ナバスのレアル残留も決っている。

『スカイスポーツ』で解説者も務めるスペイン人ジャーナリストのギリアム・バラグ氏は、同メディアに対して、「リーガは書類が間に合わなかったと正式に発表している。現状ではこの移籍が成立することはないよ」と明言。「全て完了し、みんなが待っていた。ダビド・デ・ヘアはマドリードにある彼女の家にいて、(レアルの)フロレンティーノ・ペレス会長は、(本拠地の)サンチャゴ・ベルナベウにいた。ナバスもいて、メディカルチェックを待っていた。書類は全てサインされ、マンチェスター・Uに送られていたよ」と状況を説明した。  

バラグ氏は、不成立となった理由について「情報によると、マンチェスター・Uが書類を時間通りに送り返さなかった」とコメント。しかしマンチェスター・Uは同メディアの取材に対して、必要な書類に全てサインし、期限に間に合うようにレアル側へ送っており、それを証明できると主張している。  

さらに同氏は、「ナバス移籍の書類はスペイン時間で真夜中を1分過ぎて届いた。そのためリーガの期限に間に合わなかったんだ。だから移籍は実現しない。3年前に(レアルの)ファビオ・コエントランのマンチェスター・U移籍が不成立となったときも全く同じ理由だった。レアルはLFPに対して、5分の延長を要求したら、LFPはそれを拒否した」と明かしている。

全文はソース元で

引用元 : レアル、GKデ・ヘア獲得失敗…移籍期限に間に合わず目前で不成立に | サッカーキング

【デ・ヘア、マンUの”遅刻”でレアル移籍が不成立に!FIFAに訴える模様】の続きを読む

デ・ヘアの移籍交渉がついに決着か…約47億円でクラブ間合意と報道 | サッカーキング

デ・ヘア、レアル移籍でマンUとクラブ間合意と報道!ナバスと移籍金47億円でトレードか

31日付のスペイン紙『マルカ』は、レアル・マドリードがマンチェスター・U所属のスペイン代表GKダビド・デ・ヘア獲得に関し、クラブ間合意に達したと報じている。  

同紙によると、難航していた移籍金交渉は3000万ユーロ(約41億円)から3500万ユーロ(約47億円)ほどでついに決着したという  

またデ・ヘアを売却した場合、マンチェスター・Uはレアル・マドリードのコスタリカ代表GKケイロル・ナバス獲得を目指すとされている。同紙は、K・ナバスの交渉も行われていると報じた一方で、両選手の移籍はトレードではなく別個に話が進んでいると伝えた。

全文はソース元で

引用元 : デ・ヘアの移籍交渉がついに決着か…約47億円でクラブ間合意と報道 | サッカーキング

【デ・ヘア、レアル移籍でマンUとクラブ間合意と報道!ナバスと移籍金47億円でトレードか】の続きを読む

このページのトップヘ