スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

タッチ集動画

独紙が先制弾の香川を絶賛「アクティブで発想力豊か」…最高点の評価も (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【タッチ集動画】先制弾の香川、またも独紙から称賛「まさに待ち望んでいた」ビルトは最高評価

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、23日に行われたブンデスリーガ第31節でシュトゥットガルトと対戦し、3-0の快勝を収めた。

香川はリーグ戦ここ6試合で4ゴール1アシストと絶好調。シーズン終盤の重要な局面で復調し、チームをけん引する同選手に、地元紙『Westdeutsche Allgemeine Zeitung』は「まさに待ち望んでいたパフォーマンス」と絶賛。「ムヒタリアンからの左サイドからのクロスを流し込んで先制点。もちろん、それほど難しいシュートではなかったが、このゴール以外でも香川はアクティブで想像力豊かなプレーを見せた」と、ゴールにとどまらない効果的なプレーを評価し、「2.5」の高い採点をつけた。
 
さらに、香川のクロスからコロンビア代表FWアドリアン・ラモスが放ったシュートのこぼれ球を、ムヒタリアンが決めてチーム3点目とした56分のゴールについても、「言ってみれば香川のアシストのようなもの」と、実質香川のアシストとして認定。

『Ruhr Nachrichten』紙は、香川を「左サイドで見せた力強いアタックを21分の先制ゴールによって結実させると、チームを勝利の道へと導いた」と、勝利の立役者として認定。こちらも「2.5」の高い点数となった。

なお、『ビルト』紙は、香川に対してムヒタリアンと並ぶ最高点の「1」をつけた。

全文はソース元で

引用元 : 独紙が先制弾の香川を絶賛「アクティブで発想力豊か」…最高点の評価も (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【タッチ集動画】先制弾の香川、またも独紙から称賛「まさに待ち望んでいた」ビルトは最高評価】の続きを読む

HSV戦で3点に絡んだドルトムント香川を独紙が絶賛 「驚異のハードワークと強さを長時間見せた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【タッチ集動画】香川がHSV戦3得点演出、GK退場誘発も独紙採点は及第点の謎 「驚異的なハードワークと強さも」

ドルトムントの日本代表MF香川真司は17日に行われたハンブルガーSV(HSV)戦で先発フル出場。絶妙な飛び出しで相手GKの退場を誘発する他、全得点の起点となり、トップ下の位置で躍動した。独メディアからは「驚異的なハードワークと力強さを長時間見せた」と評価している。試合はドルトムントが3-0で勝利している。

独地元紙「WAZ」の採点(1が最高、6が最低)で、2得点に絡んだ香川は2.5点が与えられた。2得点でチームトップの1.5点のFWラモス、先制ゴールをアシストした主将DFフンメルスの2点に次ぐチーム3位タイだった。その豊富な運動量と得点に絡んだプレーを評価された。

香川については「驚異的なハードワークと強さを長時間見せた。しかし、(得点に)必要なパワーを欠いていた。3得点すべての起点になり、HSVゴールキーパー退場の引き金になった」と寸評された。

「ルールナハリヒテン」紙の採点では、香川は4位タイの3点。同紙でも2得点のラモスが1.5点で単独トップ。ブンデスリ初ゴールのMFのプリシッチとフンメルスが2点で2位タイ。香川と並ぶ3点でサヒン、MFギュンドアン、MFカストロ、MFパスラック、GKビュルキが並んだ。DFギンターが4点でチームワーストだった。



全文はソース元で

引用元 : HSV戦で3点に絡んだドルトムント香川を独紙が絶賛 「驚異のハードワークと強さを長時間見せた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【【タッチ集動画】香川がHSV戦3得点演出、GK退場誘発も独紙採点は及第点の謎 「驚異的なハードワークと強さも」】の続きを読む

岡崎先発のレスター、エース退場も終了間際のPKでドローに持ち込む (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【タッチ集動画】岡崎先発のレスター、不可解ジャッジに劣勢になるも終了間際にPKでウェストハムとドローに

プレミアリーグ第34節が17日に行われ、日本代表FW岡崎慎司が所属するレスターとウェストハムが対戦した。  

2位トッテナムに勝ち点差7をつけて首位を走るレスターは、残り5試合で3勝すれば無条件で優勝が決まる。リーグ制覇に向けて5連勝中と好調を維持しており、この日もベストメンバーを起用。岡崎は14試合連続でスタメンに名を連ねている。対するウェストハムはチャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う6位につけているが、公式戦ここ5試合白星なしと、失速気味。逆転でのCL出場へ向け、勝ち点3を持ち帰りたい。  

最初に決定機を作ったのはアウェーのウェストハム。開始2分にエリア手前右でFKを得ると、ディミトリ・パイェが上げたクロスにニアサイドのシェイク・クヤテが頭で合わせる。枠の右隅を捉えたシュートをGKカスパー・シュマイケルが指先で弾くと、ボールは右ポストを叩き、さらに左ポストに当たったがゴールラインは割らず、最後はシュマイケルがキャッチした。

 試合はこのまま2-2で終了。レスターは連勝が5でストップしたものの勝ち点1を獲得。ウェストハムは6試合ぶりの勝利とはならなかった。なお、岡崎は59分までプレーした。
 次節、レスターは24日にスウォンジーと、ウェストハムは21日にワトフォードと、それぞれホームで対戦する。
【スコア】
レスター 2-2 ウェストハム
【得点者】
1-0 18分 ジェイミー・ヴァーディ(レスター)
1-1 84分 アンディ・キャロル(PK)(ウェストハム)
1-2 86分 アーロン・クレスウェル(ウェストハム)
2-2 90+5分 レオナルド・ウジョア(PK)(レスター)



全文はソース元で

引用元 : 岡崎先発のレスター、エース退場も終了間際のPKでドローに持ち込む (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【タッチ集動画】岡崎先発のレスター、不可解ジャッジに劣勢になるも終了間際にPKでウェストハムとドローに】の続きを読む

独紙評価:ゴールの起点となった香川、守備の貢献にも好評価 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【タッチ集動画】香川、攻守の貢献に独紙も好評価 ドルトムントは敗戦も選手は一定の評価

ボルシア・ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司は14日、ヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグのリヴァプール戦に出場して得点に関与した。ドイツメディアは、先発した香川にまずまずの評価をつけている。

WAZ』は香川のパフォーマンスを「2.5」と採点。チーム単独最高点はマルコ・ロイスに対する「1.5」だった。高めの評価となった香川について、同メディアは守備面にも好印象を持っている。

「相手がボールを持った際、非常多くの運動量を求められた。リヴァプールのサイドチェンジを阻止するためにパスコースを消し、特にエムレ・カンにゲームを組み立てさせないようにプレスをかけた」

「それだけではなく、先制点に絡み、44分には自らもゴールを狙った。77分にはドルトムントファンから“カガワシンジ”のチャントも送られている。このときの彼らはまだ、試合をひっくり返されるとは思っていなかっただろう」

全文はソース元で

引用元 : 独紙評価:ゴールの起点となった香川、守備の貢献にも好評価 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【【タッチ集動画】香川、攻守の貢献に独紙も好評価 ドルトムントは敗戦も選手は一定の評価】の続きを読む

このページのトップヘ