スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ソン・フンミン

アジアNo.1のソン・フンミンはバーディ&ムヒタリヤン以上! “価値ある選手ベスト100”にアジアで唯一のランクイン 本田&香川らの名前無し (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース



no title


唯一のアジア人として75位にランクインアジア広しと言えども、やはりサッカー界はヨーロッパと南米が牛耳っている。

フットボール専門の統計サイト『Football Observatory.com』が欧州5大リーグにおける“市場価値の高い選手100人”をランキング形式で発表。首位にはバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシを選出し、2位に同僚のブラジル代表ドリブラー、ネイマールを、そして3位にはレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをそれぞれ選んだ。同サイトはメッシの市場価値を約256億円と算出し、ネイマールは243億円と見積もっている。

また、同ランキングの100位までにドルトムントの香川真司やミランの本田圭佑、そしてレスターで輝かしいシーズンを過ごした岡崎慎司らの名前は無く、アジアで最も価値があるとされたのはトッテナムに所属する韓国代表ソン・フンミン(75位)だった。昨夏にドイツのレヴァークーゼンからイングランドへ参戦したものの、継続的な出場機会を確保できず、今季は不甲斐ない成績に終わったソンだが、レスターのジェイミー・バーディ(78位)や、ドルトムントのヘンリク・ムヒタリヤン(82位)を凌ぐ3540万ユーロ(約42億8000万円に相当)と算出されている。

全文はソース元で

引用元 : アジアNo.1のソン・フンミンはバーディ&ムヒタリヤン以上! “価値ある選手ベスト100”にアジアで唯一のランクイン 本田&香川らの名前無し (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川、岡崎、本田は選出されず ソン・フンミンが価値ある選手ベスト100でアジアNo,1 ヴァーディー以上に】の続きを読む

韓国のレジェンド朴智星がハリルJのエースコンビを絶賛 「本田、香川はアジアのベストプレーヤー」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

韓国のレジェンド、パク・チソン「本田、香川、ソン・フンミン、キ・ソンヨンがアジアベストレプレーヤー」

韓国が誇るレジェンドが、 ACミランの日本代表FW本田圭佑とドルトムントMF香川真司を絶賛している。現役時代にマンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した元韓国代表の朴智星氏が12日に行われた2018年ロシアワールドカップ・アジア最終予選の組み合わせについて語る中で、アジア最高の選手として本田と香川の名を挙げた。米スポーツ専門テレビ局ESPNが報じている。

2014年限りで現役を引退したパク氏だが、現在は7シーズン活躍したマンチェスター・ユナイテッドの公式アンバサダーを務めるなど、その存在感は韓国外でも絶大だ。マレーシアで行われた組み合わせ抽選会にも出席している。韓国はイラン、ウズベキスタン、中国、カタール、シリアと同組のグループAに入った。

「タフなグループですよね。前回予選ではイランとウズベキスタンと同組でしたが、決して簡単な相手ではありませんでした。でも歴史を振り返れば、韓国はこれまで予選で素晴らしいプレーをしてきましたし、今回もそうなると期待しています。ウリ・シュティーリケ監督が率いて以降、チームも調子がいいですしね」  

パク氏はイランとウズベキスタンに警戒しつつも、現在の代表の充実ぶりに期待を寄せている。そして、アジア最高のプレーヤーについても言及している。

「僕が考えるアジアの4大ベストプレーヤーは孫興民、奇誠庸、そして日本代表の本田圭佑と香川真司だと思っているんです。この中で“ナンバーワン”を選べというのはとても難しいけど、4人とも素晴らしい選手ですからね」

全文はソース元で

引用元 : 韓国のレジェンド朴智星がハリルJのエースコンビを絶賛 「本田、香川はアジアのベストプレーヤー」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【韓国のレジェンド、パク・チソン「本田、香川、ソン・フンミン、キ・ソンヨンがアジアベストレプレーヤー」】の続きを読む

なびかなかったソン・フンミン リヴァプールとシティからの誘いを断っていた (GOAL) - Yahoo!ニュース

韓国代表FWソン・フンミン、マンCとリヴァプールからもオファーを受けていた

韓国代表FWソン・フンミンは、今夏の移籍市場でトッテナムに移籍した。この加入にあたり、同じプレミアリーグの名門からの誘いを断っていたと、イギリス『イブニング・スタンダード』が報じている。

ソン・フンミンは今夏、ハンブルガーSVからの移籍後2シーズンを過ごしたレヴァークーゼンを後にし、プレミアリーグへと戦いの場を移した。今回の移籍金は、2200万ポンドに上ったと言われている。 ソン・フンミンへの移籍金は、アジア人選手に払われたものとして史上最高の額だった。だが、もしかしたらこれ以上の額をレヴァークーゼンは受け取っていたかもしれない。

今回の報道によると、メガリッチクラブのマンチェスター・シティが獲得を狙っていたというのだ。 実はシティのほかにも、名門リヴァプールが韓国代表FW獲得を考慮していたという。

年俸もトッテナム以上のものが期待できたかもしれないが、ソン・フンミンは自身のキャリアを注意深く考え、トッテナム行きを選んだようだ。

全文はソース元で

引用元 : なびかなかったソン・フンミン リヴァプールとシティからの誘いを断っていた (GOAL) - Yahoo!ニュース

【韓国代表FWソン・フンミン、マンCとリヴァプールからもオファーを受けていた】の続きを読む

アジア人選手高額移籍金ランクTOP10。本田に香川、中田…1位は韓国代表ストライカー (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

アジア人選手高額移籍金ランキングトップ10!1位は中田を抜いて・・・本田、香川らランクイン

近年、多くのアジア人選手が欧州主要リーグに挑み続けており、その数は年々増えてきている。欧州で実績を積み、ビッグクラブへとステップアップを果たす選手もいる。今回は、アジア人選手の高額移籍金ランキングをご紹介しよう。

10位:パク・チソン(元韓国代表)

PSV→マンチェスター・ユナイテッド(2005年7月)
移籍金:450万ユーロ(約6億750万円)

9位:香川真司(日本代表)

マンチェスター・ユナイテッド→ドルトムント(2014年8月)
移籍金:800万ユーロ(約10億8000万円)


7位:本田圭佑(日本代表)

VVVフェンロ→CSKAモスクワ(2010年1月)
移籍金:900万ユーロ(約12億1500万円)

6位:岡崎慎司(日本代表)

マインツ→レスター・シティ(2015年7月)
移籍金:950万ユーロ(約12億8250万円)


4位:香川真司(日本代表)

ドルトムント→マンチェスター・ユナイテッド(2012年7月)
移籍金:1600万ユーロ(約21億6000万円)

3位:中田英寿(元日本代表)

ペルージャ→ローマ(2000年1月)
移籍金:2200万ユーロ(約29億7000万円)

2位:中田英寿(元日本代表)

ローマ→パルマ(2001年7月)
移籍金:2600万ユーロ(約35億1000万円)

1位:ソン・フンミン(韓国代表)

レバークーゼン→トッテナム(2015年8月)
移籍金:3000万ユーロ(約40億5000万円)



全文はソース元で

引用元 : アジア人選手高額移籍金ランクTOP10。本田に香川、中田…1位は韓国代表ストライカー (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【アジア人選手高額移籍金ランキングトップ10!1位は中田を抜いて・・・本田、香川らランクイン】の続きを読む

トッテナム、ソン・フンミン獲得決定を発表 - Goal.com

トッテナム、韓国代表FWソン・フンミンの獲得を発表

トッテナムは28日、レヴァークーゼンの韓国代表FWソン・フンミン(23)とのサインを交わしたことをクラブ公式の『ツイッター』で発表した。

ソン・フンミンはトッテナムへの移籍に迫っていることが26日に報じられ、同日のチャンピオンズリーグ予選プレーオフを欠場。ロンドンでメディカルチェックを済ませ、両クラブ間で最終的な交渉が行われていた。

正式にトッテナムでプレーを開始するためには、労働許可の取得および国際移籍証明書の手続き完了が必要となる。イギリス『BBC』は、背番号が7番になると伝えている。

全文はソース元で

引用元 : トッテナム、ソン・フンミン獲得決定を発表 - Goal.com

【トッテナム、韓国代表FWソン・フンミンの獲得を発表】の続きを読む

CLより移籍?無断でチームを離れたMFソン・フンミンにチームメイトや指揮官が苦言 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

韓国代表ソン・フンミンに批判殺到!監督、同僚が無断でチームを離れたことに対し苦言

トッテナム加入が秒読みとみられるレバークーゼンの韓国代表FWソン・フンミンだが、後味の悪い旅立ちとなりそうだ。独『スポルト1』がチームメイトであるFWハカン・チャルハノールとロジャー・シュミット監督のコメントを報じている。  

同紙によると、クラブ間では合意に至っていない段階にも関わらず、フンミンはチーム練習を無断欠席した上で、26日には渡英し、トッテナムへのメディカルチェックへ向かっていたという。チームメイトのチャルハノールは電話とSMSで連絡を取ろうとしたものの、返事はなかった。  

チャルハノールは「ソンは偉大な選手だ。だが彼は彼の父親や代理人の間違った助言に従っているのは残念だと思う」と韓国代表FWの選択に肩を落とした。  

また、レバークーゼンのシュミット監督は「彼は偉大な選手であったが、間違ったアドバイスに従ってしまっているようだ。我々チームにとっても、彼自身にとっても理想的とは程遠い行動だった。欧州CLでプレーするよりも、移籍することが彼にとって大事だったんだろうね」と皮肉っている。  

ソン・フンミンを巡っては、アジア史上最高額となる移籍金3000万ユーロ(約41億円)でトッテナムがオファーを提示しており、近日中に正式発表される見込みとなっている。

全文はソース元で

引用元 : CLより移籍?無断でチームを離れたMFソン・フンミンにチームメイトや指揮官が苦言 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【韓国代表ソン・フンミンに批判殺到!監督、同僚が無断でチームを離れたことに対し苦言】の続きを読む

英紙がベストアジア人選手トップ50を発表。日本代表からは11人が選出、岡崎が2位に (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

英紙のベストアジア人選手トップ50 岡崎が2位も日本代表は軒並み低評価

英紙『フォー・フォー・トゥー』は13日、「ベストアジア人選手トップ50」を発表した。  

日本人選手からは全体で11人がランクインし、トップ10には岡崎慎司と本田圭佑が名を連ねた。同紙は岡崎選出の理由を「ヨーロッパでプレーしている他の日本人選手よりも常に結果を出し続けており、代表でもマインツでも得点を挙げている。“サムライブルー”にとっては、彼よりも頼れる選手はいない」としている。

上位10選手とランクインした日本人選手は以下の通り。

▽上位10選手

1位 ソン・フンミン(韓国/レバークーゼン)
2位 岡崎慎司(日本/マインツ)
3位 キ・ソンヨン(韓国/スウォンジー)
4位 ティム・ケーヒル(オーストラリア/上海申花)
5位 オマール・アブドゥルラフマン(UAE/アル・アイン)
6位 ミル・ジェディナク(オーストラリア/クリスタル・パレス)
7位 ナセル・アル・シャムラニ(サウジアラビア/アル・ヒラル)
8位 マシュー・ライアン(オーストラリア/クラブ・ブルージュ)
9位 本田圭佑(日本/ミラン)
10位 アリ・マブコート(UAE/アル・ジャジーラ)

▽トップ50に選ばれた日本人選手

17位 吉田麻也(サウサンプトン)
19位 武藤嘉紀(FC東京)
21位 遠藤保仁(ガンバ大阪)
28位 大久保嘉人(川崎フロンターレ)
29位 長友佑都(インテル)
32位 長谷部誠(フランクフルト)
36位 宇佐美貴史(ガンバ大阪)
41位 内田篤人(シャルケ)
44位 香川真司(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 英紙がベストアジア人選手トップ50を発表。日本代表からは11人が選出、岡崎が2位に (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【英紙のベストアジア人選手トップ50 岡崎が2位も日本代表は軒並み低評価】の続きを読む

ドイツの名ストライカーが語る 「香川と孫がアジアの若手の手本」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

3-11,15 kaga

ブンデスリーガはアジア選手に最適の環境 現役時代元ドイツ代表や、ドルトムントなどで活躍した名ストライカーのカール・ハインツ・リードレ氏が、アジアの若年層に向けて日本代表MF香川真司と、レバークーゼンの韓国代表FW孫興民を成功への手本とするべきだと語った。「ESPN」が報じている。

「これから世界を目指すアジアの若手はブンデスリーガの香川と孫を手本とすべきだ。司令塔として香川は2010年にドルトムントのユルゲン・クロップ監督がブンデスリーガ優勝した時の中心的な存在だった。孫はレバークーゼンのFWとして素晴らしいシーズンを送っている。どちらも技術的に才能に恵ま れた選手。ブンデスリーガのおかげで世界的なスター選手になれた」  

「若いアジアの選手の強みは足元の技術とフィールド上を走り抜ける運動量だ。彼らにとって技術を磨く上で、ヨーロッパで最高のリーグはブンデスリーガだ。過去数シーズン、最高の技術レベルを持った選手が生まれてきた。昨年のW杯でブラジルを倒し、優勝することができた」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150311-00010002-soccermzw-socc

【「香川とソン・フンミンがアジアの若手の手本」ドイツの名ストライカーが語る】の続きを読む

延長突入の韓国、ソン・フンミンの2発で激闘制し4強へ…4試合連続完封

1-22,15 son

AFCアジアカップ オーストラリア2015の準々決勝が22日に行われ、韓国代表とウズベキスタン代表が対戦した。  試合は90分で決着がつかず、延長戦へともつれ込む。104分、ゴール前フリーのソン・フンミンがヘディングで合わせ、待望の先制点を奪う。さらに119分、右サイドを突破したチャ・ドゥリからのクロスに、再びフリーで受けたソン・フンミンが勝利を決定付けるゴールを叩き込んだ。この結果、2-0で勝利した韓国代表が3大会連続のベスト4進出を決めた。

【スコア】
韓国代表 2-0 ウズベキスタン代表
【得点者】
1-0 104分 ソン・フンミン(韓国代表)
2-0 119分 ソン・フンミン(韓国代表)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150122/274021.html

【韓国、延長戦でソン・フンミンの2発でウズベキスタンを下しアジア杯4強へ[スタッツ・ハイライト動画]】の続きを読む

豪紙がアジア杯注目選手に本田圭佑を選出「技術は世界トップクラス」 – サッカーキング

1-5,15 hon

アジアカップは9日からオーストラリアで開催される。現地のオーストラリア紙『シドニー・モーニング・ヘラルド』が、同大会に先駆けて注目選手を5名選出し、3日に発表している。  

注目選手の1人には、大会に向けてすでに現地に入り合宿を行っている日本代表から、ミラン所属のFW本田圭佑が選出された。  

同紙は「ミランのベストプレイヤーで、セリエAでのベストの1人と言えるだろう。非常に鋭いテクニックを持ち、世界でもトップクラスだ」と本田を称賛。  

さらに同紙は「素晴らしいファーストタッチとコントロールを持つ本田は、フィジカルのある選手たちと対しても負けることが少ない。ビッグゲームの達人で、重要な試合で活躍する選手。それは前回のアジアカップでMVPに輝いたことが証明している」と続け、「彼は今28歳だが、ワールドクラスのゲームメイカーに向けて成長を続けている。セットプレーでも彼はゴールを脅かす大きな存在で、巧みなパス能力でディフェンダー陣を裂くことも可能だ」と説明した。  

そして最後に、「彼の威張るような態度(自信なのか傲慢さなのかは個人の見解によるが)で、不快に思う人もいるかもしれないが、彼ほどの良いプレイヤーなら仕方ないだろう」とコメントしている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150104/266099.html

【豪紙がアジア杯注目選手に本田圭佑を選出「ワールドクラスのゲームメイカー」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ