スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ズラタン・イブラヒモビッチ

マンU指揮官、S・ラモス獲得可能性を排除せず「経過にあるかも」 | サッカーキング

マンU、S・ラモス獲得の可能性を否定せず 噂のないFW獲得も示唆

マンチェスター・Uを率いるルイ・ファン・ハール監督が、同クラブへ移籍が噂されるレアル・マドリード所属のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスについての質問に答えた。21日付のスペイン紙『マルカ』が伝えている。  

20日、クラブの公式会見に臨んだファン・ハール監督は、「噂についての話はしないよ。前も言ったけど、市場というのは経過なんだ。ミスター・ラモスもその経過に置かれているかもしれない。しかし、あなた方はそれを知り得ない」と、明言を避けるもS・ラモスが加入する可能性を残した。  

また、マンチェスター・Uは新しいフォワードの加入を予定しているようだ。同監督は「新加入選手と手続き中だ」と、明かしている。  

しかし、ファン・ハール監督は「メディアが報じたストライカーではない」と、噂されていない選手の獲得を示唆した。

全文はソース元で

引用元 : マンU指揮官、S・ラモス獲得可能性を排除せず「経過にあるかも」 | サッカーキング

【マンU、S・ラモス獲得の可能性を否定せず 噂のないFW獲得も示唆】の続きを読む

カバーニ、イブラとの共存可能でPSG残留? 「オファーに耳を貸さなかった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

カバーニはPSGで満足と代理人が語る!マンUのCF補強はピンチ?

パリ・サンジェルマン(PSG)FWエディンソン・カバーニの代理人は、選手がオファーに耳を傾けることなく、PSGでのプレーだけを考えていると主張した。

代理人を務めるワルテル・グリエルモネ氏によると、イブラヒモビッチがカバーニのポジションを空けることで、カバーニはPSGで満足だという。フランス『Journal du Dimanche』でのコメントを、イギリス『デイリー・メール』や『ESPN』が伝えた。

「この夏、エディはセンターフォワードを探している複数のトップクラブからの関心を受けた。だが、彼はそれらを聞かなかったんだ。昨季が終わったときに、ポジションに関して保証されていたからだよ」

「イブラヒモビッチはもっとボールに触れるためにペナルティーエリアから遠ざかり、エディがストライカーのポジションを埋めると思っている。昨季の終盤戦で何度かあったようにね。そうなれば、エディはPSGで満足できるだろう」

全文はソース元で

引用元 : カバーニ、イブラとの共存可能でPSG残留? 「オファーに耳を貸さなかった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【カバーニはPSGで満足と代理人が語る!マンUのCF補強はピンチ?】の続きを読む

イブラ、1日の仏スーパー杯後にミラン移籍? PSGと合意か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

イブラのミラン移籍は8・1の仏スーパー杯後に!既に合意済みか

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWズラタン・イブラヒモビッチがミラン移籍に近づいている。19日、イタリア『アルフレード・ペドゥッラ』が報じた。  

PSGはイブラヒモビッチに対して8月1日のトロフェ・デ・シャンピオン(フランス・スーパーカップ)までチームに残るように要求しているとみられているが、それ以降の移籍は容認されたようだ。  

一方で、ミランは既に同選手と年俸700万ユーロ(約9億円)の3年契約で合意していると報じられている。

全文はソース元で

引用元 : イブラ、1日の仏スーパー杯後にミラン移籍? PSGと合意か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【イブラのミラン移籍は8・1の仏スーパー杯後に!既に合意済みか】の続きを読む

イブラとミランが合意へ 本田の「10番」の行方は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

イブラは本当にミランで輝けるのか!?本田の「10番」は剥奪??

ACミランがパリ・サンジェルマン(PSG)のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチを獲得で、年俸など条件面で選手と合意に達したと報じられている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。  

ミランは今夏の移籍市場開幕直後からイブラヒモビッチ獲得に動いてきたが、記事では選手とミランの間で移籍に関する合意に達していると報じている。

「ノスタルジアな移籍か機能するか? この人スウェーデン人がミラノに来ることは確実に成功の意味を持つ 。バッカとアドリーノともコンビが合う。そして、彼とは合意はある。パリから重要なシンボルがやってくる」  

条件面は3年契約で年俸600万ユーロ(8億4000万円)で合意に達しているとし、一方でPSGは2016年7月で契約満了となるイブラヒモビッチの移籍金を550万ユーロ(7億7000万円)と設定したと報じている。  

「全ての兆しはミランに向かっている」とイブラヒモビッチのミラン移籍が近づいていると報じられている。

全文はソース元で

引用元 : イブラとミランが合意へ 本田の「10番」の行方は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【イブラは本当にミランで輝けるのか!?本田の「10番」は剥奪??】の続きを読む

イブラを巡るミラノダービーは継続へ! インテル会長が獲得に自信 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

インテル会長、イブラヒモビッチ獲得に自信!!ミラノダービー勃発

PSG所属FWズラタン・イブラヒモビッチを巡るミラノダービーはまだ続きそうだ。 先日ドーハでレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とPSGのアル・ケライフィ会長が会談し、クリスティアーノ・ロナウドの移籍について話し合ったとみられている。

一時はミランとの合意も噂されたが、インテルのエリック・トヒル会長は逆転での獲得に自信があると語った。 「コンドグビアだって最初はミラン加入に近かった。でも最終的に私たちは彼を説得し、インテルに加入する運びとなったんだ。今回もそうなるかもしれない」

しかし同紙は、ミランもインテルとの争奪戦を制するために年俸を750万ユーロにアップするオファーも検討していると伝えている。

全文はソース元で

引用元 : イブラを巡るミラノダービーは継続へ! インテル会長が獲得に自信 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【インテル会長、イブラヒモビッチ獲得に自信!!ミラノダービー勃発】の続きを読む

イブラ、ミラン復帰で個人合意か。インテルとの獲得レース制す? | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

イブラ、7億円の移籍金でミランと個人合意!伊メディア報道

ズラタン・イブラヒモビッチのミラン復帰が近づいている。12日、イタリア『アルフレード・ペドゥッラ』が報じた。  

パリ・サンジェルマン(PSG)のファイナンシャル・フェアプレー(FFP)に関する処罰が解除されたことで退団に近づいているイブラヒモビッチだが、ミランが個人合意に至ったようだ。年俸600万ユーロ(約8億円)の3年契約と見込まれている。  

2012年にミランからPSGに移籍したイブラヒモビッチ。契約は2016年6月まで残っており、移籍金は500万ユーロ(約7億円)で落ち着くと予想されている。

全文はソース元で

引用元 : イブラ、ミラン復帰で個人合意か。インテルとの獲得レース制す? | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

【イブラ、7億円の移籍金でミランと個人合意!伊メディア報道】の続きを読む

インテルがミラン執心のイブラに横槍 移籍市場のミラノダービー再戦か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

インテルがイブラ獲得競争に参戦か 再びミランとミラノダービー?

ACミランがパリ・サンジェルマンのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ獲得に執念を燃やす中、インテルが突如横槍を入れたことが発覚した。地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が「イブラ、インテルが急襲」と報じている。  

インテルはマンチェスター・シティのモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨベティッチと4年契約で獲得に合意に至ったとイタリアメディアにレポートされているが、記事では「ヨべティッチの獲得が近い間に、センセーショナルなアイディアが浮かんだ。マンチーニ監督はズラタンと和解している。すぐに勝利を手にするために、理想的な選手だと認めている」と報じている。  

2004年から08年までインテルを指揮した当時、エースとして君臨していたイブラヒモビッチと起用法を巡り対立することもあったマンチーニ監督だが、和解したという。昨季リーグ8位に終わったインテルだが、現在リーグ4連覇中のユベントスの牙城を崩すための特効薬としてカリスマ獲得プランが浮上しているという。

全文はソース元で

引用元 : インテルがミラン執心のイブラに横槍 移籍市場のミラノダービー再戦か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【インテルがイブラ獲得競争に参戦か 再びミランとミラノダービー?】の続きを読む

イブラ、次の移籍先にバイエルンを希望か…指揮官は“犬猿の仲”のペップ | サッカーキング

イブラ、ブンデス移籍ならバイエルン一択!しかし、ペップとは犬猿の仲

パリ・サンジェルマンに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、移籍先の候補にバイエルンを希望していることが明らかになった。10日付のイギリス紙『デイリー・メール』など各紙が報じている。  

そして、ここにきてドイツ移籍の可能性まで浮上した。イブラヒモヴィッチはドイツのサッカー専門誌『11Freunde』のインタビューで「ブンデスリーガはおもしろいリーグだ。いつの日かプレーをする機会があるかもしれない。引退までは時間がある。もしドイツに行くとしたら、プレーするのはバイエルンしかない。彼らは世界で5本指に入る強豪だからな」とコメントし、ブンデスリーガでプレーする場合はバイエルンへ移籍することを望んでいるという。  

ただし、同選手にはバイエルンへ移籍するにあたって一つの問題を乗り越えなくてはならない。その問題というのは、バイエルンを率いているのがかつてバルセロナ時代に指導を受けたジョゼップ・グアルディオラ監督であるということ。イブラヒモヴィッチとグアルディオラ監督は“犬猿の仲”にあるとされ、同選手は自伝『I AM ZLATAN』の中でもグアルディオラ監督を痛烈に批判していた。

全文はソース元で

引用元 : イブラ、次の移籍先にバイエルンを希望か…指揮官は“犬猿の仲”のペップ | サッカーキング

【イブラ、ブンデス移籍ならバイエルン一択!しかし、ペップとは犬猿の仲】の続きを読む

ガゼッタ記者「ミランのトップ下は誰? 本田と5人のライバル」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

本田が争うミランのトップ下5人のライバルは・・・

新生ミランのシステムが4-3-1-2であることは、本来ならば本田圭佑にとって朗報であるはずだが、これにはネガティブな面もある。正直、今のままのフォーメーションでは、彼がレギュラー入りすることはかなり難しい……。  

もちろん、今後、状況がどう変わっていくかは分からない。1年前も、本田は今とほぼ同じ状況に置かれていた。しかし、彼は持ち前の誠実さとピッチでの働きで、全ての監督から信頼を勝ち取ってきた。今回も、同じことが起こらないとは言えない。  

本田の最も危険なライバル、現段階でトップ下のレギュラーと考えられているのは、ジャコモ・ボナベントゥーラだ。彼はどのポジションでも使えるオールマイティーカードで、しかも、何をやらせても良い結果を出している。  

昨シーズン、右サイドハーフ、左サイドハーフ、右サイドアタック、左サイドアタック、そしてトップ下(2回ほどだが)と、実に5つの異なるポジションでプレーしたが、どこでプレーしても戦術的センスと信頼性を見せた。  

ボナベントゥーラは本田同様、監督なら誰もが自分のチームに持ちたいと思う選手である。集中力があり、頭が良く、よく働き、ピッチの外での振る舞いも完璧だ。そうそう、忘れてならないのは、彼がゴールも挙げられるということだ。昨シーズンは、チーム得点王のジェレミー・メネーズ(16点)に次ぐ、7ゴールを挙げている。  

本田にとって2人目の“ライバル”は、アンドレア・ベルトラッチという、ローマから移籍してきたばかりのMFである。

ちなみにミハイロビッチの考えるトップ下は、昔の背番号10のようにトップの選手の動きを待ってボールを出すだけではない。自分も走って上がり、スペースを作り、チームメイトとポジションチェンジし、積極的に動かなければいけない。そしてベルトラッチは、この全てができる。 

ちなみにミハイロビッチの考えるトップ下は、昔の背番号10のようにトップの選手の動きを待ってボールを出すだけではない。自分も走って上がり、スペースを作り、チームメイトとポジションチェンジし、積極的に動かなければいけない。そしてベルトラッチは、この全てができる。

とにかく、トップ下を誰にするかは、相手のチームや試合によって変わってくる。メネーズのような自由な選手は、ガチガチに守りを固めたチームに有効だろうし、トップ下というポジションを伝統的に解釈するボナベントゥーラや本田は、トップの選手を十分に活かすためには重要な存在だろう。

さて、トップ下のライバルはまだいる。
 
スソだ。ただ、彼については、本田はさほど恐れることはないだろう。なぜなら彼の特性は、トップ下よりはサイドに合っているからだ。スソはゴールに向かっていくのが好きで、素晴らしいスプリントとシュート力を持っている。しかし、4-3-1-2でそれを活かそうとすると、合うポジションはトップ下しか残っていない。

そして最後にもうひとり。この選手はまだ、ミランに加入していないものの、もし獲得が決まれば、本田にとっても、他のトップ下候補にとっても最大のライバルとなるだろう。
 
それは、ズラタン・イブラヒモビッチだ。シルビオ・ベルルスコーニ・オーナーの悲願が叶って獲得に成功した場合、その使い方はメネーズと同じになるだろう。ルイス・アドリアーノとカルロス・バッカ、そしてイブラヒモビッチからなる前線など、まるでテレビゲームのような布陣だ。

ただし、最後に付け加えておくと、ミハイロビッチはこの4-3-1-2のフォーメーションが全てではないと、前もって釘を刺している。相手と状況によっては、これ以外のシステムを採ることもあるということだ。それが4-2-3-1となれば、本田にはより出場の可能性が出てくる。トップ下だけでなく、右サイドでもプレーできるからだ。
 
とにかく今シーズン、全ては試合前の週の練習における出来と態度でスタメンは決まるだろう。その点で、本田は何も恐れることはない。そう、私は信じている。

文:マルコ・パソット(ガゼッタ・デッロ・スポルト)
協力・翻訳:利根川晶子

全文はソース元で

引用元 : ガゼッタ記者「ミランのトップ下は誰? 本田と5人のライバル」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田が争うミランのトップ下5人のライバルは・・・】の続きを読む

R・マドリーがイブラ獲り参戦!年俸16億円の3年契約提示か (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

レアル・マドリー、イブラ獲得に参戦!!年俸16億円、3年契約を用意

レアル・マドリーが、パリSGのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチの獲得に乗り出すようだ。『スポルト』など複数メディアがR・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長がカタールを訪れた理由の一つに、イブラヒモビッチとの交渉が含まれていると報じている。  

イブラヒモビッチはパリと2016年6月まで契約を残すが、イブラ自身が契約延長を拒否していることから、クラブは今夏の売却を検討していると伝えられている。古巣のミランも早くから獲得に興味を示しているが、現在はペレス会長の方が熱心になっており、ラファエル・ベニテス新監督もイブラヒモビッチの獲得を肯定的に捕えているという。

全文はソース元で

引用元 : R・マドリーがイブラ獲り参戦!年俸16億円の3年契約提示か (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【レアル・マドリー、イブラ獲得に参戦!!年俸16億円、3年契約を用意】の続きを読む

このページのトップヘ