スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

スタッツ

ハリルジャパン、初タイトル獲得ならず…清武弾で先制もボスニアに逆転負け (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース



no title


キリンカップサッカー2016決勝戦が7日に行われ、日本代表とボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表が対戦した。  

ブルガリア、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴヴィナというヨーロッパの強国を集めて開催された今回のキリンカップ。日本は準決勝でブルガリアと対戦し、7-2と大勝を収めた。一方のボスニア・ヘルツェゴヴィナは、デンマーク相手に2点を先行されながらも追いつくと、PK戦を制して決勝へ駒を進めている。  

日本はブルガリア戦から先発メンバーを4名変更。GKは西川周作、最終ラインは左からDF長友佑都、DF吉田麻也、DF森重真人、DF酒井高徳が並んだ。ダブルボランチには前の試合と変わらずMF長谷部誠とMF柏木陽介が入り、MF清武弘嗣がトップ下。前線は左にFW宇佐美貴史、中央にFW岡崎慎司、右にはA代表初先発となるFW浅野拓磨が起用された。

終盤には長谷部に代えて小林悠を投入した日本だが、最後までゴールを割ることができず、試合はこのままタイムアップ。ボスニア・ヘルツェゴヴィナが2

-1の逆転勝利でキリンカップのタイトルを勝ち取った。
【スコア】
日本代表 1-2 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ代表
【得点者】
1-0 28分 清武弘嗣(日本)
1-1 29分 ミラン・ジュリッチ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)
1-2 66分 ミラン・ジュリッチ(ボスニア・ヘルツェゴヴィナ)


全文はソース元で

引用元 : ハリルジャパン、初タイトル獲得ならず…清武弾で先制もボスニアに逆転負け (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】日本代表、ボスニア・ヘルツェゴビナに逆転負け ハリルJは初タイトル逃す【スタッツ】】の続きを読む

日本、圧巻のゴールラッシュで7得点大勝…香川&吉田の2発などでブルガリア下す (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース


【ハイライト動画】日本代表、圧巻7ゴールでブルガリアに大勝!香川、吉田、岡崎らがゴールラッシュ【スタッツ】

キリンカップサッカー2016準決勝が3日に行われ日本代表とブルガリア代表が対戦した。  ブルガリア、デンマーク、ボスニア・ヘルツェゴヴィナというヨーロッパの強国を集めて開催される今回のキリンカップ。先に行われた準決勝もう1試合ではボスニア・ヘルツェゴヴィナがPK戦の末にデンマークを下して決勝へ駒を進めた。  

日本はブルガリアを苦手としており、過去5回の対戦で1分け4敗と未だ勝利がない。この試合ではGK川島永嗣が2015年6月の2018 FIFAワールドカップロシア アジア2次予選・シンガポール戦以来、約1年ぶりにスタメン起用され、最終ラインは左からDF長友佑都、DF森重真人、DF吉田麻也、DF酒井宏樹が並び、ボランチはMF長谷部誠とMF柏木陽介の2人。前線は2列目左にMF清武弘嗣、トップ下にMF香川真司、右にFW小林悠、ワントップにFW岡崎慎司が入った。

この結果、勝った日本は7日に行われる決勝戦でボスニア・ヘルツェゴヴィナと対戦。敗れたブルガリアは同日に3位決定戦でデンマークと対戦する。

【スコア】
日本代表 7-2 ブルガリア代表

【得点者】
1-0 4分 岡崎慎司(日本)
2-0 27分 香川真司(日本)
3-0 35分 香川真司(日本)
4-0 38分 吉田麻也(日本)
5-0 53分 吉田麻也(日本)
6-0 57分 宇佐美貴史(日本)
6-1 59分 ミハイル・アレクサンドロフ(ブルガリア)
6-2 82分 イバイロ・チョチェフ(ブルガリア)
7-2 87分 浅野拓磨(PK)(日本)


全文はソース元で

引用元 : 日本、圧巻のゴールラッシュで7得点大勝…香川&吉田の2発などでブルガリア下す (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】日本代表、圧巻7ゴールでブルガリアに大勝!香川、吉田、岡崎らがゴールラッシュ【スタッツ】】の続きを読む

レスター、マンUとドローで足踏み…トッテナムの結果次第で優勝も (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】レスター、マンUとドローで優勝はトッテナムの結果次第!岡崎は先発途中交代【スタッツ】

プレミアリーグ第36節が1日に行われ、マンチェスター・Uと日本代表FW岡崎慎司の所属するレスターが対戦した。岡崎は16試合連続で先発出場となった。  勝利すればプレミアリーグ初制覇が決まる首位のレスター。

今節は、暫定6位マンチェスター・Uのホーム、オールド・トラッフォードに乗り込んで、“奇跡”の優勝をかけた大一番に臨む。対して、“夢の劇場”とも呼ばれる本拠地で、なんとしても優勝決定を阻みたいマンチェスター・U。チャンピオンズリーグ出場権獲得圏内のトップ4入りも狙っているだけに、首位撃破で勝ち点3がほしいところ。  

レスターの先発は、岡崎とレオナルド・ウジョアが2トップ。リーグ戦22得点のエースFWジェイミー・ヴァーディは、審判への暴言による追加処分で今節も欠場となった。その他、リヤド・マフレズやエンゴロ・カンテ、ダニー・ドリンクウォーターらがスタメンに名を連ねた。一方のマンチェスター・Uは、活躍が続くアントニー・マルシャル、ジェリー・リンガード、マーカス・ラッシュフォードら若手3選手が先発。キャプテンのウェイン・ルーニーがトップ下に、右サイドバックにはアントニオ・バレンシアが入った。

このまま試合はタイムアップを迎え、1-1で終了。レスターは優勝を決めることができず、目前で足踏みとなった。岡崎は67分までプレーした。マンチェスター・Uは連勝が2でストップ。勝ち点1しか得られず、トップ4争いから一歩後退となった。

なお、自力で優勝を決めることができなかったレスターだが、トッテナムが翌2日に行われるチェルシー戦で引き分け以下に終われば優勝となる。
 
マンチェスター・Uは次節、7日にアウェーでノリッジと対戦。レスターは同日にエヴァートンをホームに迎える。

【スコア】
マンチェスター・U 1-1 レスター
【得点者】
1-0 8分 アントニー・マルシャル(マンチェスター・U)
1-1 17分 ウェズ・モーガン(レスター)

全文はソース元で

引用元 : レスター、マンUとドローで足踏み…トッテナムの結果次第で優勝も (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】レスター、マンUとドローで優勝はトッテナムの結果次第!岡崎は先発途中交代【スタッツ】】の続きを読む

香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】

ブンデスリーガ第32節が4月30日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとヴォルフスブルクが対戦した。香川は4試合連続で先発出場となった。  

2連勝中の2位ドルトムントが、6試合白星から遠ざかっている10位ヴォルフスブルクをホームに迎えての一戦。今節は、首位を走るバイエルンが勝利すれば、2試合を残してリーグ4連覇が決まる。ドルトムントはわずかな希望を繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げたいところ。先発メンバーには、香川に加えて、バイエルンへの移籍希望を公表した主将マッツ・フンメルスや、マルコ・ロイス、アドリアン・ラモスらが名を連ねた。

ドルトムントが5-1の勝利を収めて、3連勝となった。なお、香川はフル出場。一方のヴォルフスブルクは7試合白星から遠ざかる結果となった。

ドルトムントは次節、5月7日に敵地で日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトと対戦。ヴォルフスブルクは、同日に日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ドルトムント 5-1 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 7分 香川真司(ドルトムント)
2-0 9分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 59分 マルコ・ロイス(ドルトムント)
4-0 77分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-0 78分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
5-1 86分 アンドレ・シュールレ(ヴォルフスブルク)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2戦連発に絶妙アシスト…ドルトムント、圧巻の5ゴールで3連勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川がまたも先制点の1G1Aの大活躍!ドルトムントが5-1で圧勝【スタッツ】】の続きを読む

香川が先制弾&17歳プリシッチ2戦連発…ドルトムント、3発快勝で14戦無敗 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川が先制ゴール、フル出場でドルトムントがシュツットガルトに完勝【スタッツ】

ブンデスリーガ第31節が23日に行われ、シュトゥットガルトと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はリーグ戦3試合連続で先発出場となった。  

リーグ戦は今節を含めて残り4試合。後半戦に入って10勝3分けと未だ無敗を維持しているドルトムント(勝ち点71)は、首位バイエルン(勝ち点78)と勝ち点差「7」で2位につけてる。今節は敵地に乗り込んで15位シュトゥットガルトとの一戦。逆転優勝への望みを繋ぐため、しっかり勝ち点3を挙げておきたいところ。  

試合は開始21分にドルトムントの先制で動く。左サイドを突破したヘンリク・ムヒタリアンがグラウンダーのクロスを供給。ファーサイドに走り込んだ香川が、倒れ込みながらも右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。香川はリーグ戦2試合ぶりのゴールで、今シーズン8点目となった。

試合はこのまま動かず、ドルトムントが3-0で快勝。2連勝で無敗記録を14試合に伸ばした。なお、香川はフル出場。一方のシュトゥットガルトは3連敗で6試合白星から遠ざかる結果となった。
 
シュトゥットガルトは次節、5月2日にアウェーでブレーメンと対戦。ドルトムントは4月30日にヴォルフスブルクをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 シュトゥットガルト
【得点者】
1-0 21分 香川真司(ドルトムント)
2-0 45分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
3-0 56分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)


全文はソース元で

引用元 : 香川が先制弾&17歳プリシッチ2戦連発…ドルトムント、3発快勝で14戦無敗 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川が先制ゴール、フル出場でドルトムントがシュツットガルトに完勝【スタッツ】】の続きを読む

香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】

ブンデスリーガ第30節が17日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと同DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVが対戦した。  

ドルトムントは、14日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグでリヴァプールに2点差をひっくり返されて逆転負け。公式戦3試合で勝利から遠ざかっており、首位を走るバイエルンに食らいつくためにも勝ち点3が欲しい。先発メンバーにはマッツ・フンメルス、イルカイ・ギュンドアン、香川らが入ったが、ピエール・エメリク・オーバメヤンはベンチスタートとなった。

一方のハンブルガーSVは、チームトップのリーグ戦8得点を挙げているニコライ・ミュラーらが名を連ね、酒井も11試合連続で先発入りを果たしている。

このまま試合は3-0のまま終了。ドルトムントはリーグ戦13試合負けなしとした。一方のハンブルガーSVはリーグ戦2連敗となった。

ドルトムントは17日にDFBポカール準決勝で日本代表FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと、23日にブンデスリーガ第31節でシュトゥットガルトとそれぞれ敵地で対戦。ハンブルガーSVは22日にブンデスリーガ第31節でブレーメンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 ハンブルガーSV
【得点者】
1-0 38分 クリスチャン・プリシッチ(ドルトムント)
2-0 44分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)
3-0 86分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川が2点に絡む活躍…ドルトが酒井高フル出場のハンブルガーに3発快勝 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】香川が2得点を演出&GK退場誘発の活躍でドルトムントが完勝 酒井高徳フル出場【スタッツ】】の続きを読む

香川先発で得点関与も… リヴァプールがドラマチックに逆転勝利 (GOAL) - Yahoo!ニュース


no title



14日に行われたヨーロッパリーグ(EL)準々決勝セカンドレグ、リヴァプール対ボルシア・ドルトムントの一戦は、4−3でホームのリヴァプールが勝利した。

2試合合計5−4で、リヴァプールがベスト4に進んでいる。ドルトムントMF香川真司は先発出場で先制点の起点となり、77分に交代した。 週末に行われたシャルケとのルールダービーを“Bチーム”で臨んだことが批判されたドルトムントは、香川が“Aチーム”入り。先発メンバーががらりと変わる中、シャルケ戦に続いて先発の座を勝ち取った。

そのドルトムントは、最高のスタートを切る。

5分、自陣右サイドでリヴァプールがミスによりボールを失うと、ドルトムントがカウンター。中央でボールを受けた香川はいくつかの選択肢がある状況で、右へパスを出す。これを受けたカストロがゴール前に浮き球を入れ、オーバメヤンがボレー。これはGKに止められるも、こぼれ球をムヒタリャンが押し込み、早速アウェーゴールを手にした。

ドルトムントはたたみ掛ける。9分にはロイスのスルーパスを受けたオーバメヤンがペナルティーエリア右からシュート。ゴール右上の難しいコースに決めて、リードを広げた。

91分、右サイドの低い位置からFKを得ると、ゴール前への長いボールを入れず、右サイドのスペースに転がしてスタリッジが受ける。ペナルティーエリア右に走ったミルナーがパスを受けて深い位置からクロスを入れると、ファーサイドで競り勝ったのはロブレン。ヘディングシュートを叩き込み、ついに逆転に成功する。


ドルトムントは残り時間で攻めたが、独特の雰囲気となったアンフィールドの興奮を抑えることはできず試合終了。リヴァプールが劇的にベスト4進出を決めた。


全文はソース元で

引用元 : 香川先発で得点関与も… リヴァプールがドラマチックに逆転勝利 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】クロップ劇場!リヴァプールがドルトムントに大逆転勝利 香川先発は先制点起点に【スタッツ】】の続きを読む

アトレティコが完封勝利で逆転突破、CLベスト4へ…バルサの連覇ならず (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】バルサCL連覇ならず アトレティコが完封勝利で逆転ベスト4入り【スタッツ】

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが13日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦した。  

5日に行われたファーストレグではアトレティコ・マドリードがアウェーで先制したが、バルセロナが2-1と逆転勝利を収めた。ホームに帰還して逆転での準決勝進出を目指すアトレティコ・マドリードは、4日前のリーガ・エスパニョーラ第32節エスパニョール戦で3-1と快勝。首位バルセロナとの勝ち点差を「3」に縮め、勢いに乗ってセカンドレグへ臨む。ディエゴ・シメオネ監督はファーストレグから先発メンバーを1名変更。同試合で退場処分となり、出場停止のスペイン代表FWフェルナンド・トーレスを欠く中、アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデスを中盤に起用し、ベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコを前線に配した。  

最後尾にはスロヴェニア代表GKヤン・オブラク、最終ラインは右からスペイン代表DFフアンフラン、U-19フランス代表DFリュカ・エルナンデス、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスが並び、中盤はスペイン代表MFコケとスペイン人MFガビ、U-21スペイン代表MFサウール・ニゲス、A・フェルナンデスが入る。そして前線ではフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンとカラスコがコンビを組んだ。  

一方、リーガ・エスパニョーラ首位のバルセロナだが、4日前の第32節レアル・ソシエダ戦では0-1と完封負け。リーグ戦では最近3試合勝ちなしと苦しんでいる。中3日で迎えるアウェーでのセカンドレグでは、ルイス・エンリケ監督はファーストレグと同じ先発11名を起用した。

試合は2-0で終了。2試合合計3-2、アトレティコ・マドリードがホームで逆転を果たし、2大会ぶりの準決勝進出を決めた。敗退が決まったバルセロナは、連覇の夢は叶わなかった。
 
なお、バルセロナの次戦は17日、リーガ・エスパニョーラ第33節でバレンシアとホームで対戦。一方のアトレティコ・マドリードは17日、グラナダをホームに迎える。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 2-0(2試合合計:3-2)バルセロナ
【得点者】
1-0 36分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)
2-0 88分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)


全文はソース元で

引用元 : アトレティコが完封勝利で逆転突破、CLベスト4へ…バルサの連覇ならず (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】バルサCL連覇ならず アトレティコが完封勝利で逆転ベスト4入り【スタッツ】】の続きを読む

バイエルン、5大会連続のCLベスト4進出…粘るベンフィカを振り切る (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】バイエルンが5季連続CLベスト4進出!ベンフィカは粘るも及ばず【スタッツ】

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが13日に行われ、ベンフィカとバイエルンが対戦した。  

5日に行われたファーストレグでは、バイエルンがホームで1-0と先勝。ただ、ベンフィカはアウェーゴールこそ奪えなかったものの、開始2分の失点以降はバイエルンに追加点を許さず、最少得点差でしのぎ切った。ホームでのセカンドレグを迎える4日前、9日に行われたポルトガルリーグ第29節ではアカデミア・コインブラと対戦し、2-1と逆転勝利。首位の座を維持した。弾みをつけて迎える一戦、得点源の元ブラジル代表FWジョナスを累積警告による出場停止で欠く中、U-23ブラジル代表GKエデルソンやポルトガル代表DFアンドレ・アルメイダ、ポルトガル代表MFレナト・サンチェス、メキシコ代表FWラウール・ヒメネスらが先発メンバーに名を連ねた。ギリシャ代表FWコンスタンティノス・ミトログやアルゼンチン代表Mニコラス・ガイタンはベンチ入りメンバーから外れた。  

一方、ホームでのファーストレグを制して敵地に乗り込むバイエルン。4日前のブンデスリーガ第29節ではシュトゥットガルトにアウェーで3-1と快勝し、リーグ戦4連勝で首位を快走している。中3日で迎えるセカンドレグで、ジョゼップ・グアルディオラ監督はファーストレグから先発メンバーを2名変更。最終ラインにスペイン代表MFハビ・マルティネス、中盤に元スペイン代表MFシャビ・アロンソを起用した。ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキはベンチスタートで、前線にはドイツ代表FWトーマス・ミュラーが入った。  

最後尾にドイツ代表GKマヌエル・ノイアーが入り、最終ラインにはJ・マルティネスのほか、元ドイツ代表DFフィリップ・ラーム、U-21ドイツ代表MFジョシュア・キミッヒ、オーストリア代表DFダヴィド・アラバが並ぶ。中盤にはスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラ、X・アロンソ、チリ代表MFアルトゥーロ・ビダル、ブラジル代表MFドゥグラス・コスタ、元フランス代表MFフランク・リベリーが入り、前線はミュラーが務める。

試合は2-2で終了。2試合合計3-2でバイエルンが準々決勝を突破し、5シーズン連続のベスト4進出を決めた。
 
なお、バイエルンの次戦は16日、ブンデスリーガ第30節でDF内田篤人が所属するシャルケとホームで対戦。一方のベンフィカは18日、ポルトガルリーグ第30節でヴィトリア・セトゥバルをホームに迎える。

【スコア】
ベンフィカ 2-2(2試合合計:2-3)バイエルン
【得点者】
1-0 27分 ラウール・ヒメネス(ベンフィカ)
1-1 38分 アルトゥーロ・ビダル(バイエルン)
1-2 52分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
2-2 76分 アンデルソン・タリスカ(ベンフィカ)

全文はソース元で

引用元 : バイエルン、5大会連続のCLベスト4進出…粘るベンフィカを振り切る (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】バイエルンが5季連続CLベスト4進出!ベンフィカは粘るも及ばず【スタッツ】】の続きを読む

香川がダービー通算4点目の鮮やかループ…伝統の一戦は打ち合いの末ドロー (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

ダービー男の香川が鮮烈ループで先制もルールダービーはドロー【ハイライト動画・スタッツ】

ブンデスリーガ第29節が10日に開催され、DF内田篤人が所属するシャルケと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントによる“ルール・ダービー”が行われた。香川は2試合ぶりの先発出場。負傷の内田はベンチ外となった。  

ドルトムントが2位、シャルケが7位という状況で迎えた“ルール・ダービー”。昨年11月に行われた同一カードでは、ドルトムントが3-2でシャルケを破った。チャンピオンズリーグ(CL)出場権を目指すシャルケはホームでライバルにリベンジを果たしたいところ。一方、ドルトムントもバイエルンとの優勝争いを繰り広げており、勝点3確保が求められる。  

7日にヨーロッパリーグ準々決勝でリヴァプールと対戦したドルトムントは、アルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンやガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンら主力選手を温存。3-4-3のフォーメーションでこの試合に臨み、最前線にコロンビア代表FWアドリアン・ラモス、左FWに香川、右FWにアメリカ代表MFクリスティアン・プリシッチが入った。

ドルトムントは73分にライトナーを下げてオーバメヤン、プリシッチを下げてイルカイ・ギュンドアンを投入。勝ち越しゴールを奪いに出る。終盤は両チームともに勝点3を目指して攻めに出たが、得点は生まれることなく2-2のドローに終わった。ドルトムントの連勝は3でストップ。なお、香川はフル出場している。

次節、シャルケは敵地でバイエルンと、ドルトムントはホームで日本代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVと対戦する。

【スコア】
シャルケ 2-2 ドルトムント
【得点者】
0-1 49分 香川真司(ドルトムント)
1-1 51分 レロイ・ザネ(シャルケ)
2-1 56分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
2-2 66分 クラース・ヤン・フンテラール(PK)(シャルケ)


全文はソース元で


引用元 : 香川がダービー通算4点目の鮮やかループ…伝統の一戦は打ち合いの末ドロー (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ダービー男の香川が鮮烈ループで先制もルールダービーはドロー【ハイライト動画・スタッツ】】の続きを読む

このページのトップヘ