スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

スウェーデン代表

イブラヒモヴィッチ、立候補してないフランス県議選でなんと票を獲得する

CBVP-YRUcAAhZ63

twitter@le_Parisien

先週末フランスで行われた県議会議員選挙は日本でもちょっとした話題となった。 なぜなら、世界初となる「男女ペア」での投票が決まりとなっていたからだ。

全国98の県で行われたこの県議選では、男女の候補者がペアで立候補し、有権者はそれに投票した。男女間の議員数の是正を目的とられた措置である。 日本のワイドショーでも紹介されたそんなフランスの選挙だが、オート=ロワール県の投票所ではこんな投票用紙が発見されたという。

Zlatan IBRAHIMOVIC?

立候補してないのに票を集めちゃうなんて支持率高すぎである。

全文はソース元で


引用元 : http://qoly.jp/2015/04/01/zlatan-ibrahimovic-have-got-a-vote

【イブラヒモビッチがフランスの政治家に!?立候補していないのに票を獲得する】の続きを読む

フランスで“イブラ人気”が急落…審判への暴言問題が影響 | サッカーキング

 3-24,15 ibr

パリ・サンジェルマン所属のスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチの人気がフランスで急落している。  フランス紙『ル・パリジャン』が行ったアンケートには1000人以上が回答し、79%がイブラヒモヴィッチに良い印象を抱いていないことが判明。2014年3月に行ったアンケートでは62%が「好印象」を持っていたため、“イブラ人気”はここ最近で急落していることが分かった。  

人気急落の原因は第29節のボルドー戦での暴言が影響している。イブラヒモヴィッチは、前節のボルドー戦に敗れた後に「15年間の選手生活の中で、ここまで最低な審判は初めて見た。このクソな国でな。この国はパリ・サンジェルマンに相応しくない」と、主審を強く批判していた。  

その後、イブラヒモヴィッチはクラブ公式HP上で「フランスや、フランスの人たちに向けたコメントではなかった。傷ついた人がいるのなら、謝罪したい」と謝罪の言葉を口にしたが、同紙のアンケートによると65%の人がこの謝罪を不十分だと捉えているようだ。  

このアンケートでは、イブラヒモヴィッチについて84%の人が「横柄な人物」と捉えていると回答。さらに、「怒りっぽい」と答えた人が84%、「利己主義」と答えた人が77%、「カリスマ」と答えた人はわずか38%とネガティブな意見がそろった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/fra/20150324/294794.html

【イブラヒモビッチのフランスでの人気が急落!! 審判への暴言問題が影響】の続きを読む

イブラヒモビッチ、「クソみたいな国」発言で4試合の出場停止処分の可能性 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

3-18,15 ibr

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWズラタン・イブラヒモビッチに対し、4試合の出場停止処分が科される可能性が出てきた。現地時間17日のドイツ紙『ビルド』をはじめとする各国メディアが報じている。  PSGは15日に行われたフランス・リーグ1の第29節、アウェイでボルドーと対戦して2-3で敗れた。  

イブラヒモビッチは同試合後に審判の判定に激怒し、「15年間でこんな審判を見たことは一度も無い。このクソみたいな国はPSGに相応しくない」と発言。その模様をフランスのTV『インフォスポーツ+』のカメラにとらえられてしまっていた。  

この発言は国を巻き込んだ論争に発展しており、仏スポーツ大臣のパトリック・カネル氏が「国を侮辱している」と批判。  

すぐさま、同選手はクラブの公式サイトで「フランスやフランス国民に対するものではない」と釈明。そして「つい激怒してしまった。もし、誤解を与えしまったのであれば本当に申し訳ない」と謝罪した。  それでも騒動は収まらず、仏社会党をはじめとする各党の党首や首相などから非難を受け、国外退去を要求されるなどしている。  

フランスサッカー連盟は、イブラヒモビッチから聴取を行い、その後4試合の出場停止処分が下る見込みのようだ。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150318-00010004-footballc-socc

【イブラヒモビッチ、フランスを「クソみたいな国」と激怒発言を謝罪も4試合の出場停止処分か】の続きを読む

イブラがCL退場数歴代トップタイに…ダーヴィッツ氏と並んで4度目 | サッカーキング

3-13,15 ibra

パリSGに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチがチャンピオンズリーグ(CL)での退場回数で歴代トップに並んだ。イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。  

パリSGは、11日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグで、チェルシーと対戦し2-2の引き分けで終了。2試合合計スコアは3-3ながらもアウェーゴール差で上回りCLベスト8進出を決めた。  

この試合の前半31分にチェルシーのブラジル代表MFオスカルに危険なタックルをし、レッドカードを受けたイブラヒモヴィッチ。今試合での退場はCL通算4度目となり、元オランダ代表MFエドガー・ダーヴィッツ氏と並んで歴代トップとなった。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20150313/290502.html

【イブラヒモビッチ、CL退場数歴代トップタイに ダーヴィッツと並んで4度目】の続きを読む

愛される悪童イブラヒモヴィッチ…珠玉の名言20選 | サッカーキング

2-20,15 ibra

サッカー界きってのビッグマウス、ズラタン・イブラヒモヴィッチ。  英紙『Telegraph』が彼の20の名言を厳選。破天荒でありながら、ぶれない生き方を貫く“愛される悪童”の珠玉の名言をご紹介!

1. 「ズラタンはオークションを受け付けていない」
――マルメ時代、噂されていたアーセナル移籍について

2. 「一切買っていない。飛行機を注文したよ。めっちゃ速いだろ?」
――ポルシェの購入を尋ねられて

3. 「自分がどれだけ完璧かを考えると、笑いが止まらないよ」

4. 「一つ確かなことは、オレのいないワールドカップなんて見る価値がない」
――ポルトガルとのプレーオフに敗れ、2014年W杯出場権を獲得できなかった際に

5. 「カリューがサッカーでできることなんて、オレはオレンジでもできるよ」
――元ノルウェー代表FWヨン・カリューに批判され

6. 「何もない。彼女にはもうズラタンがいる」
――奥さんへの誕生日プレゼントについて

11. 「ズラタンが怪我をすると、どんなチームにも超深刻な事態になる」
―自身の負傷がチームに与える影響について

12. 「オレの家に来いよ。君の姉妹を連れてさ。誰がゲイか教えてやるよ」
―ゲイ疑惑を問われ

17. リポーター「ワールドカップのプレーオフを勝ち抜くのはどのチーム?」
ズラタン「神だけが知っているさ」
リポーター「神に尋ねるのは難しそうね」
ズラタン「なんでだい?君は今、その神を見つめているじゃないか」

18. 「オレはおまえを意図的に怪我をさせたわけではないし、そのことは知っているだろう。もし再びオレを非難するなら、おまえの両足を折る。その時はもちろん意図的にだ」
――アヤックス時代の同僚ラファエル・ファン・デル・ファールトとのやりとりについて

19. 「オニェウは重量オーバーのボクサーに似ている。身長は198cmくらいあって、体重は95kgを超えているよ。だけど、彼はオレを取り扱えないよ」
――ミラン時代の同僚DFオグチ・オニェウについて

20. 「来夏、もしルーニーがまだ移籍を望んでいるのなら、彼にパリで一緒にプレーしようと話すよ。だけど、彼は自分よりズラタンの方がゴールするってことを知ることになるね」

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/20150219/282987.html

【愛される悪童イブラヒモビッチ名言20選が面白い!!】の続きを読む

タトゥーで世界飢餓を訴えたイブラ「レッドカードだって覚悟していた」 | サッカーキング

2-17,15 ibura2

パリSGに所属するスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、14日に行われたリーグ・アン第25節カーン戦で披露したタトゥーについて言及した。16日付けの大手メディア『ユーロスポーツ』がコメントを伝えている。  

同試合で先制ゴールを決めたイブラヒモヴィッチは、シャツを脱いで上半身に入ったタトゥーを披露し、イエローカードを提示された。この行動はWFP(国際連合世界食糧計画)に協力し、世界飢餓を訴えるためのものだった。試合翌日に行われたWFPの記者会見では、チームの優勝争いにも悪影響を及ぼしかねない捨て身の行動について質問が及ぶとイブラヒモヴィッチは次のように話した。

「僕はWFPに 協力するためならレッドカードだって受けていただろう。こうした社会問題はイエローカードやレッドカードよりも大きなものだ。自発的な行動だったし、僕はただみんなにこの問題を伝えたかった。結果は後からついて来るだろう。僕はどんな結果になろうと、責任を負う覚悟はできている。それが巨額の罰金であろうと関係ない」

「僕が若かった時、家に帰って食べ物が無かった訳ではないが、冷蔵庫の中は空っぽだった。僕の父は仕事熱心だったし、(飢餓とは)状況は異なっていたけど、僕は空腹が何たるかを感じていたから、世界中の飢餓がどういうものかは想像できる。8億500万人という数字は混沌としているし、極めて壊滅的だが、解決できない問題ではない」

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/cl/20150217/282198.html

【タトゥーで世界飢餓を訴えたイブラ「レッドカードを覚悟していた」と語るも指揮官は不満】の続きを読む

イブラが飢餓問題解決に“一肌脱ぐ”「8億500万人分のタトゥーを彫りたかった」 (ISM) - Yahoo!ニュース

2-16,15 ibra

パリSG(フランス)のFWズラタン・イブラヒモヴィッチは現地時間15日(以下現地時間)、前日の試合でゴールを決めた際にユニフォームを脱いだ理由を明かした。自身の身体に刻んだタトゥーを見せ、飢饉問題について世界中の関心を引くためだったと説明している。  

イブラヒモヴィッチは14日に行なわれ、2対2のドローに終わったリーグ1第25節のカーン戦で、開始2分に先制点をマーク。ゴール直後にシャツを脱ぐパフォーマンスを見せてイエローカードを受けた。  

この行為についてイブラヒモヴィッチは「カーン戦でユニフォームを脱ぎ、誰もが新しいタトゥーについて質問してきた。俺は15個の消えるタトゥーを身体に入れた。それらは、世界中で飢えに苦しむ実在する人物の名前だ。もうそのタトゥーは消えているが、その人たちは今もここにいる…俺を通して彼らを見てくれることを願っている」と、名前のタトゥーを通じて飢餓問題について知ってほしかったと説明。国際連合が取り組む世界食糧計画に賛同してのことだという。  

同選手はさらに「どこに行っても人々は俺に気付き、名前を呼び、応援してくれる。しかし、誰からも声援を送られない人もいて、彼らにも名前がある。できることなら、そうした全ての人の名前を彫りたかった。しかし、今日の世界には飢えに苦しむ人が8億500万人もいる…だから、俺の名前を耳にした時に、彼らの名前を思い出してほしい。俺を見ればいつでも、彼らを見ることができる」と続けた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150216-00000010-ism-socc

【イブラヒモビッチが飢餓問題解決にタトゥーを彫り”一肌脱ぐ”】の続きを読む

イブラヒモビッチ、アンチェロッティ監督時代に... - Goal.com

1-9,15 ibr

「キリストが目の前にいる」

パリ・サンジェルマン(PSG)のFWズラタン・イブラヒモビッチは、やはり自分自身に大きな自信を抱いているようだ。チームメートのMFマルコ・ヴェッラッティが明かしている。

特に2012-13シーズン、当時のカルロ・アンチェロッティ監督(現レアル・マドリー)に放った一言が印象に残っているという。

「僕たちは2013年、リヨン戦に向けて準備をしていた。フランスのチャンピオンに近づいていたんだ。アンチェロッティ監督は、少しナーバスになっていた。そのとき、イブラはそばに行って、監督にイエス・キリストを信じるかと尋ねた」

「監督が信じると答えたら『それは良かった! 今、あなたの目の前にいるよ。僕を信じてくれ。そうすればリラックスできる』と言ったんだ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/126/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9/2015/01/08/7774922/%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%A2%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E6%99%82%E4%BB%A3%E3%81%AB?ICID=HP_BN_5

【イブラヒモビッチ「アンチェロッティ、目の前にキリストがいるよ。俺を信じろ」】の続きを読む

イブラヒモビッチ:「ローマに行くことはない」 - Goal.com

1-1,15 ibr

移籍の噂を真っ向否定

パリ・サンジェルマンFWズラタン・イブラヒモビッチは、自身がローマ移籍を考慮しているとの報道を否定した。

「セリエAには戻らない」と33歳のFWは宣言した。「誰かがそういうことを話し、誰かが発表したというが、そこには真実はない」と言い切った。

「オレはパリでご機嫌だし、PSGとの契約はあと1年残っている」

「その後、どうなるか分かる。だが、繰り返しておく。オレはパリで満足している。誰かがこの話をねじ曲げたんだ」

イブラヒモビッチは以前、PSGとの現行契約が満了する2016年に引退する可能性をほのめかしたが、まだトップレベルで戦えるうちはスパイクを脱ぐつもりはないようだ。

「今日のズラタンが、ベストのズラタンであることを願うよ。毎シーズン、自分を成長させようとしているからね」


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/126/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B9/2014/12/31/7540622/%E3%82%A4%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%A2%E3%83%93%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%81%AB%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%81%93%E3%81%A8%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84

【イブラヒモビッチ「俺はパリでご機嫌だ」ローマ移籍、セリエA復帰を完全否定◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - イブラヒモビッチがローマ移籍希望か。今季末に新天地へ (フットボールチャンネル)

12-30,14 ib

パリ・サンジェルマンのFWイブラヒモピッチが、セリエAローマへの移籍を希望しているとみられている。30日付の伊紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が報じた。同紙ではイブラヒモビッチの友人であり、スウェーデン日刊紙の記者である人物のインタビューを掲載している。  

それによるとイブラヒモビッチは来年34歳になり、サッカー選手としてのキャリアを終えるクラブについて考え始めている。2012年夏にACミランから移籍しプレーしているPSGは、それにふさわしくないと感じているのだという。代理人のミーノ・ライオラ氏は、ローマのサバティーニGMと連絡を取っているものの、ローマ側は現状況では移籍話にブレーキをかけている状態で、交渉が進むのは今季終了後ではないかといわれている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141230-00010016-footballc-socc

【イブラヒモビッチがローマに移籍希望か。来季セリエA復帰に向けてクラブと代理人が交渉中との報道◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ