スウェーデンで前代未聞の珍事…“おなら”で退場? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


サッカー選手が試合中に”おならを投げて”退場する!スウェーデン7部での珍事

スウェーデン7部のペアスホーゲンSKに所属するDFアダム・リンデン・ユングクビストが“おなら”により退場するという前代未聞の事態が起きた。英『スカイスポーツ』をはじめ、欧州複数メディアが報じている。  

今月17日に行われた試合でユングクビストは、一枚目の警告を受けたあと、「反スポーツマン的行為をみせた」として2枚目の警告を受けて退場した。主審へ対して、“おなら”をつかんで投げたと思われたという。  

退場処分の憂き目にあった左SBは「8歳のときにサッカーを始めたけれど、今まで経験した中でも一番奇妙な出来事だったよ」と言い、

「お腹の調子が悪くて、ただおならをしただけだ」と“弁解”している。

「主審に『なぜ僕が退場なのか?おならは許されないことなのか?』と聞くと、彼は『それは違う』と答えたんだけど。きっと彼は僕がおならを手に持ち、彼に対して投げつけたと思ったんだよね。でも僕はそんなことはしてないよ」

「誰もがおならをすることはあるだろう。それは挑発ではないし、退場になるのはナンセンスだ。1枚目の警告を受けた後、たしかに僕はイライラしていたけれど、何か口汚い言葉を言ったわけでもない」

全文はソース元で

引用元 : スウェーデンで前代未聞の珍事…“おなら”で退場? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【サッカー選手が試合中に”おならを投げて”退場する!スウェーデン7部での珍事】の続きを読む