スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ジョゼ・モウリーニョ

美人女医とモウリーニョの問題に新事実発覚 「アザールは治療を求めていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

アザールは治療を求めていた!モウリーニョと美人女医の問題に新事実

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、2-2の引き分けに終わった開幕戦のスウォンジー戦でメディカルスタッフのエバ・カルネイロ医師がMFエデン・アザールに行った医療行為を公の場で批判した。

英国外にも波紋を広げている美人女医の降格問題で、プレミアリーグをライブ中継するスカイが“新証拠”を提示した。

「新たな映像では、スウォンジー戦のエデン・アザールを巡る問題で選手が治療を求めていることを示している。サポートの要求の存在がチェルシーのメディカルスタッフが彼らの責任の範囲内で業務に当たっていたことを裏付けている」  

そう断じた特集では試合終盤、エースに起きた問題のシーンを再現。アザールはファルカオから敵陣でパスを受けるとドリブルを開始。方向転換し、アシュリー・ウィリアムスをかわしたところでタックルを受け、グラウンドに倒れ込んだ。  

アザールはピッチに顔を向けながら、右側に転がった。鼠径(そけい)部を抑えて痛みを訴え、苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。  

数秒間、ピッチに倒れこむアザールに対し、マイク・オリバー主審はウィリアムスにイエローカードを出した後、歩み寄った。会話を交わしており、「治療が必要かアザールに確認したようだ」と指摘。そして、主審はチェルシーのメディカルスタッフにピッチ内で治療することを呼びかけた。スタッフが反応せずにいると、主審は再度、選手の要求により、スタッフにピッチ内に入ることを許可したという。

そこでトレーナーのジョン・ファーン氏がピッチ内にダッシュし、それにカルネイロ医師も続いた、と詳細にリポートされている。

痛みを訴えたアザールの要求により、主審がメディカルスタッフに治療を命じたという事実が発覚した。プレミアリーグのプロトコルによると、選手が倒れた際、レフェリーが選手と会話し、治療が必要か確認するという。
 
だが、モウリーニョ監督はこの治療行為に激怒。治療から戻ってきたチームドクターを怒鳴りつけ、口論するシーンもカメラに抑えられている。

全文はソース元で

引用元 : 美人女医とモウリーニョの問題に新事実発覚 「アザールは治療を求めていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【アザールは治療を求めていた!モウリーニョと美人女医の問題に新事実】の続きを読む

モウリーニョ火だるま 美人女医降格決断で医療界から非難殺到 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

モウリーニョに非難殺到で火だるまに!美人女医を追放で医療界からも批判の声

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督の判断は正しかったのだろうか。

波紋はサッカー界だけにとどまらず、スポーツ界、そして医療関係者へと広がっている。元リバプールで、現在はオーストラリアのクリケットチームで医師を務めるピーター・ブルックナー氏は、英「BBC Radio 5 Live」の中で「(エバ医師)に対し、敬意を欠いている」とサッカー界のカリスマ監督を批判した。  

プレミアリーグ開幕戦のスウォンジー戦の終了間際、GKクルトワの退場で1人少なくなっていた状況でアザールがピッチに倒れ込んだのを見るとカルネイロ医師は同じくスタッフのジョン・フェーン医師と共にピッチに飛び込んだ。しかし、メディカルスタッフがピッチに入って治療を行えば、アザールは数分間ピッチの外に出なければならない。さらなる数的不利な状況になるとして、監督はテレビカメラの前でドクターの行動を批判。更にファーストチームのベンチ入り禁止を命じた。  

それでもブルックナー氏はメディカルスタッフの判断は正しかったと主張している。  

「あれは監督がどうこう言う話ではない。監督に前線であの選手を使えとか、4-3-3でプレーしろと言う医師はいないだろう? 医師が100パーセント正しく、私の見解では監督が100パーセント間違っている。彼は謝罪するべきだ。そしてクラブも、医師たちの降格処分はなしと判断すべきだろう。彼女は何も間違っていないのに、大勢の人間の前で恥をかかされた」

「彼女に対する敬意を欠いている」  フットボール医療協会(FMA)の責任者を務めるエイモン・サルモン氏もまた、カルネイロ医師らメディカルスタッフを擁護する発言を残した。

「彼らは自らの良識とプロフェッショナリズムのもとに行動した。あれが彼らの仕事だ。彼女は非常に厳しい扱いを受けたと私は感じている」  


全文はソース元で

引用元 : モウリーニョ火だるま 美人女医降格決断で医療界から非難殺到 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【モウリーニョに非難殺到で火だるまに!美人女医を追放で医療界からも批判の声】の続きを読む

チェルシー、ドクターにベンチ追放の降格処分か…モウリーニョが批判 | サッカーキング

チェルシー、モウリーニョが激怒した美人ドクターをベンチ追放処分か?【動画あり】

チェルシーが女性チームドクターのエヴァ・カルネイロ氏に降格処分を通達し、16日に敵地で行われるマンチェスター・Cとの大一番に帯同させないことが明らかとなった。11日のイギリス紙『テレグラフ』などが報じた。  

カルネイロ氏は8日にホームで行われたプレミアリーグ開幕節のスウォンジー戦にて、2-2で迎えた後半アディショナルタイムにベルギー代表MFエデン・アザールが負傷したため、同じチームドクターのジョン・ファーン氏とともにピッチに入り治療を施していた。だが、医療チームがピッチに入った直後に、ジョゼ・モウリーニョ監督が激昂する姿をテレビカメラに収められていた。  

試合後の会見でもモウリーニョ監督は「私はチームドクターが取った行動に不満だった。彼らは直情的で未熟な行動をとった。チームのキット係であれ、ドクターであれ、秘書であれ、ベンチに座る以上、試合を理解しなければならない」と痛烈に批判した。

全文はソース元で

引用元 : チェルシー、ドクターにベンチ追放の降格処分か…モウリーニョが批判 | サッカーキング

【モウリーニョが激怒した美人ドクター、チェルシーベンチから追放処分か?【動画あり】】の続きを読む

チェルシー、モウリーニョと19年まで契約延長「クラブが幸せなら私も幸せ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

チェルシー、モウリーニョと2019年まで契約延長を発表「栄えある未来を掴みたい」

チェルシーは7日、ジョゼ・モウリーニョ監督との契約を2019年まで延長したと発表した。  04年から07年までチェルシーの指揮を執ったモウリーニョは、インテル、R・マドリーを経て、13年からチェルシーに復帰すると、昨季はプレミアリーグ制覇を成し遂げた。  

モウリーニョはクラブを通じて、「クラブが幸せなら、私も幸せだ。新しい契約書にサインするのは私にとって、ごく自然なこと。継続していくことが大事だからね。ファン、選手、クラブとともに栄えある未来をつかみたいと願っているよ」とコメント。  

さらに、「2年前にこの場所に戻っていたとき、私はこのクラブに特別な思いがあると語ったが、今もそれは変わっていない。このクラブは最も私の心の近くにいる存在だ。ここに長くいられることは幸せだよ」と喜びを表している。  


全文はソース元で

引用元 : チェルシー、モウリーニョと19年まで契約延長「クラブが幸せなら私も幸せ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【チェルシー、モウリーニョと2019年まで契約延長を発表「栄えある未来を掴みたい」】の続きを読む

モウリーニョ:「昨季のアザールはC・ロナウド以上だった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

モウリーニョ「昨季のアザールはc・ロナウド以上だった」タイトルが重要だと語る

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、個人の活躍がチームのタイトル獲得につながったという意味で、昨シーズンのMFエデン・アザールはレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドを上回っていたと主張している。

モウリーニョ監督は、アザールがC・ロナウドおよびバルセロナFWリオネル・メッシとともに「トップ3」の一角を占める選手だと称賛した上で、昨シーズンに限ればC・ロナウドよりも上だったとの見解を示した。イギリス『ガーディアン』が同監督のコメントを伝えている。

「そういうことだと思う。監督であれ選手であれ、チームなくして個人賞を勝ち取るのは好きではない」

「昨シーズンのロナウドは確かにファンタスティックだったし、信じられない数のゴールを決めた。ただ、私の個人的な見方では、チームこそが優先されるべきだということを世界中のどの選手も理解すべきだと思う」

「タイトルのないサッカーには何の意味もない。メッシは3冠を達成した。彼は昨年3つの大会で勝利し、コパ・アメリカ決勝に進んだ。彼自身もチームも素晴らしいシーズンを過ごしていたよ」

全文はソース元で

引用元 : モウリーニョ:「昨季のアザールはC・ロナウド以上だった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【モウリーニョ「昨季のアザールはc・ロナウド以上だった」タイトルが重要だと語る】の続きを読む

メッシは「ファンタスティック」でCR7は「グッド」? イブラが“一問一答”に挑戦 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

イブラ、ペップを「グッドコーチ」と認めるも・・・ メッシは「エクセレント」自身は・・・

リオネル・メッシとクリスティアーノ・ロナウド。この2大スーパースターのどちらが優れているかという議論は今に始まったことではない。  

もう一人のスターであるパリ・サンジェルマンのズラタン・イブラヒモビッチは、彼らをどう思っているのだろうか。米紙『スポーツ・イラストレイテッド』のインタビュー番組に出演したスウェーデン代表ストライカーが“一問一答”に挑戦した。  

司会者の女性は「思い浮かんだことを一言で答えてください」とリクエスト。メッシやC・ロナウド、さらに不仲で知られるバイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督などについてイブラヒモビッチは、次のように答えた。

――メッシ 「ファンタスティック」

――C・ロナウド 「グッド」

――グアルディオラ監督 「グッド・コーチ」

――ジョゼ・モウリーニョ監督 「パワー」  

さらに、「ズラタンは?」と自身について聞かれると「アメイジング」と答え、笑顔を見せた。

全文はソース元で

引用元 : メッシは「ファンタスティック」でCR7は「グッド」? イブラが“一問一答”に挑戦 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【イブラ、ペップを「グッドコーチ」と認めるも・・・ メッシは「エクセレント」自身は・・・】の続きを読む

過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表

サッカー監督の中で、補強に最もお金を使った人物は一体誰なのだろうか?  イタリアメディア『ユーロスポーツ』がそのランキングを紹介している。

1位:ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー、インテル、レアル・マドリード)
9億300万ユーロ(約1233億円)

2位:カルロ・アンチェロッティ(ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード)
8億8100万ユーロ(約1203億円)

3位:ロベルト・マンチーニ(インテル、マンチェスター・C、ガラタサライ)
6億6700万ユーロ(約911億円)

4位:マヌエル・ペジェグリーニ(ビジャレアル、レアル・マドリード、マラガ、マンチェスター・C)
6億4500万ユーロ(約881億円)

5位:アレックス・ファーガソン(マンチェスター・U)
4億6500万ユーロ(約635億円)

6位:アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)
4億2800万ユーロ(約585億円)

7位:ジョゼップ・グアルディオラ(バルセロナB、バルセロナ、バイエルン)
3億9100万ユーロ(約534億円)

8位:ディエゴ・シメオネ(ラシン・クラブ、エストゥディアンテス、リーベル・プレート、サン・ロレンソ、カターニア、アトレティコ・マドリード)
2億4600万ユーロ(約336億円)

9位:ルイ・ファン・ハール(AZ、バイエルン、マンチェスター・U)
2億4000万ユーロ(約328億円)

10位:ユルゲン・クロップ(マインツ、ドルトムント)
1億8100万ユーロ(約247億円)

全文はソース元で

引用元 : 過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

【10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表】の続きを読む

ライバルの積極補強を批判…モウリーニョ「タイトルを買っている」 | サッカーキング

モウリーニョ「ライバルクラブはタイトルを買っている」と積極補強に言及

チェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、今夏積極補強を行うプレミアリーグのライバルクラブを批判した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が26日に伝えている。  

これに対してモウリーニョ監督は、「(ロマン・)アブラモヴィッチ氏がオーナーになった当初は、チェルシーだった。チェルシーがタイトルを買っていた」と語るが、「今は彼らがタイトルを買っている。どのクラブもタイトルを買おうとしているよ」とライバルクラブを批判。さらに、「補強したり、彼らと戦うのは私たち次第だ。もちろん、大金を払うことなく優勝を再び勝ち取ることもだ」とコメントしている。

全文はソース元で

引用元 : ライバルの積極補強を批判…モウリーニョ「タイトルを買っている」 | サッカーキング

【モウリーニョ「ライバルクラブはタイトルを買っている」と積極補強に言及】の続きを読む

ペドロ、モウリーニョ&セスクの説得によりチェルシー移籍を決断か (GOAL) - Yahoo!ニュース

ペドロ、チェルシーに移籍か?モウリーニョとセスクの説得で移籍金40億円で獲得へ

FWペドロ・ロドリゲスがバルセロナを退団する可能性が高まっている。スペイン『スポルト』は、同選手がチェルシー移籍を決断したことを報じた。

バルセロナで出場機会に恵まれていないペドロは、6月に同クラブと2016年まで結んでいた契約を3年延長。だが『スポルト』によれば、その際に契約解除金が1億5000万ユーロという非現実的な額から3000万ユーロまで引き下げられたという。バルセロナはクラブに貢献してきたペドロに敬意を払い、同選手が移籍を望む際には、その意思を尊重する考えだったようだ。

ペドロはバルセロナ残留を第一の選択肢として、アーセナル、リヴァプール、パリ・サンチェルマン(PSG)といったクラブからのオファーを断ってきたが、チェルシーの誘いには首を縦に振ったという。

全文はソース元で

引用元 : ペドロ、モウリーニョ&セスクの説得によりチェルシー移籍を決断か (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ペドロ、チェルシーに移籍か?モウリーニョとセスクの説得で移籍金40億円で獲得へ】の続きを読む

モウリーニョがチェルシー愛示す…年俸アップ拒否も契約延長へ (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

モウリーニョ、まさかの”年俸アップ拒否”でチェルシーと契約延長へ

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督が、2017年までとなっていた契約を2019年までの2年延長で合意に至ったようだ。英紙『サン』が報じている。  

同紙によると、契約延長でクラブと合意に至ったが、モウリーニョ監督は850万ポンド(約16億円)からの年俸アップの提案を拒否。チェルシーへの愛を示したようだ。

全文はソース元で

引用元 : モウリーニョがチェルシー愛示す…年俸アップ拒否も契約延長へ (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【モウリーニョ、まさかの”年俸アップ拒否”でチェルシーと契約延長へ】の続きを読む

このページのトップヘ