スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ジャマイカ代表

インテル長友、ヒラメ筋を負傷し離脱…ELと古巣チェゼーナ戦欠場か – サッカーキング

10-21,14 naga2

インテルに所属する日本代表DF長友佑都が、左足のヒラメ筋を痛めていることが分かった。イタリアメディア『メディアセット』が報じている。  

インテルは、19日に行われたセリエA第7節でナポリと対戦。同試合で長友はメンバー外となっており、チームも2-2で引き分けた。  

長友は20日、ミラノ近郊のウマニタス医院で診察を受け、左足ヒラメ筋を負傷していることが判明。具体的な離脱期間は明らかとなっていないが、数日間の休息と治療が必要となっており、26日に行われるセリエA第8節の古巣チェゼーナ戦は出場が難しくなっている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/el/20141021/243567.html?view=more


【インテル長友、ふくらはぎの肉離れで1,2週間離脱!!ヒラメ筋を負傷したとクラブが発表。ELと古巣チェゼーナ戦は欠場濃厚に◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

塩谷の肩の力を抜いたキャプテン本田の言葉 「できていることを100とすれば、そのちょっと下でいい」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

honda by calciostreaming

by calciostreaming

デビュー戦直前の会話 日本代表MF本田圭佑(ACミラン)が、キャプテンとして影ながらチームを支えていることが分かった。10日のジャマイカ戦の安定したプレーでDF塩谷司(広島)は、アギーレ・ジャパンのディフェンスラインの主軸候補に急浮上した。その活躍の裏には、本田の細やかな気遣いがあった。  

11日夜にシンガポール入りし、12日午前、チームは気温30度を超える暑さの中、約1時間の練習を行った。守備時の連動の練習以外は負荷の軽いメニューとなる中、ひときわ目立つ金髪の2人がピッチ上で会話を重ねていた。10日のジャマイカ戦でデビューした塩谷と本田だった。  塩谷は本田との会話をこう振り返った。  

「海外の話とかですね。生活とか」と言うと、2日前のことを思い出して「(デビュー戦となったジャマイカ戦の)試合前にも話しかけてきてくれて、それで緊張がなくなった。リラックスできた」と続けた。  サウサンプトンDF吉田麻也の負傷欠場で、巡ってきたジャマイカ戦での先発のチャンス。塩谷は緊張するはずの初戦で、ピッチ上で最も輝きを放った。先輩のDF森重真人のカバーリングや、前線の動きだしを待ちながらスペースにロングパスを送り込んだ場面もあった。長旅でコンディション不良のジャマイカながら、堂々とした振る舞いを見せた。

「塩谷は完璧だった」  

アギーレ監督もそう激賞した、ジャマイカ戦開始前、本田は塩谷にこう語りかけたという。 「普段持っていること、できていることを100とすれば、きょうはそのもうちょっと下でもいい。硬くならずに普段やっていることをやればいいから」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141012-00010001-soccermzw-socc

風貌ソックリ!“金狼兄弟”本田&塩谷、サッカー王国撃破へ! (1/3ページ) - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

10-13,14 hon2

サッカー日本代表・シンガポール遠征(12日、シンガポール)14日の国際親善試合・ブラジル戦に向けて、当地で初練習を行った。午前中はFW本田圭佑(28)=ACミラン=がDF塩谷司(25)=広島=と青空会談し、右サイドの連係を確認。金髪ホットラインでサッカー王国を撃破するつもりだ。脳振とうで離脱したMF香川真司(25)=ドルトムント=に代わり、左MFは田中順也(27)=スポルティング=の先発が濃厚となった。午後は雷雨のため室内で調整した。

全文はソース元で


引用元 : http://www.sanspo.com/soccer/news/20141013/jpn14101305030003-n1.html

【本田、”金狼兄弟”の塩谷に日本代表キャプテンとしての気遣い「硬くならずに普段やっていることをやればいい」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

【蹴球7DAYS】ブラジル戦、寝坊FWを呼ぶなら宇佐美ぶつけてほしかった - スポーツ - ZAKZAK

10-13,14 jap

ドイツではバイエルン、そしてスペインではバルセロナ。サッカーの強豪国の代表チームは、国内リーグを代表する選手たちで編成される。しかし日本代表では、浦和、G大阪、鹿島など今季のJリーグで首位争いしているクラブでさえ、選手がなかなか招集されない状況になっている。  

前記のクラブの選手たちはアギーレ監督の戦術と合わないためという声を聞くが、それは違う。指揮官が選んだFW武藤(FC東京)だって、所属チームと同じ戦術の中でやっているわけではない。日本代表という最高のプレーをする選手たちが集まるチームに順応する力があるからだ。  

その力がある選手として、私はG大阪のFW宇佐美貴史を推薦したい。ゴールを狙い、決める力は十分。さらに今季はアシストに徹するプレーも素晴らしい。最大のセールスポイントは、イライラすることがなくなり“大人のプレー”で対戦相手を圧倒していることだ。

全文はソース元で


引用元 : http://www.zakzak.co.jp/sports/soccer/news/20141012/soc1410120830001-n1.htm

【水沼氏「柿谷、ハーフナーを外して、宇佐美を呼べ」日本代表に順応でき、”大人のプレー”が出来る選手と称賛◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

コンセプト見えないアギーレ 今後も同様なら処遇考えるべき (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

10-13,14 jap2

【武田修宏の直言!】 ドイツでも好調なFW岡崎慎司はすばらしい動きだったね。先制点も結果はオウンゴールだったけど、岡崎が前線からの積極的な守備で相手DFからボールを奪い、チャンスを作り出してから展開したもので、7割は岡崎のゴールと言ってもいいんじゃないかな。  

9月の代表合宿中に話したときには「前線で時間をつくる」「自分で好機をつくる」と言っていたけど、その言葉通りのパフォーマンスだったし、よかったと思う。来年1月のアジアカップに向けて、アギーレ監督も岡崎を攻撃陣の軸に考えてほしい。  

ところで、新チームとして3試合目だったけど、まだアギーレジャパンのコンセプトが見えてこない。ジャマイカを相手にボール回しの場面でも、ただ動かしているだけで意図的なものはまったく感じられなかった。守備面でも、チームとしての狙いを持ってボールを奪うシーンもなかったし、DFラインもバラバラだったよね。  

まだスタートしたばかりで、アギーレ監督がどこまでイレブンに戦術的な指導をしているのかはわからない。だけど、攻守両面で、あまり組織的な戦い方を出せていないのは残念でならない。現時点では、チーム力ではなく、あくまで選手個々の力でやっているという印象しかないね。

「まだ3試合」という方もいると思うけど、14日のブラジル戦(シンガポール)を含め、今後も組織的な戦いができないままなら、日本サッカー協会もアギーレ監督の処遇を考えたほうがいいかもしれない。適任なのは、やっぱり日本サッカーに精通している指導者だと思うよ。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000019-tospoweb-socc

【元日本代表の武田氏「コンセプトが見えないアギーレ、処遇を考えるべき」後任にはネルシーニョを推す◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

日本代表アギーレ監督、決定力不足改善に自信「才能は揃っている」 – サッカーキング

10-12,14 jap2

キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。相手のオウンゴールが決勝点となり、1-0で日本が勝利を収めた。  

就任後3試合目で初勝利を挙げたハビエル・アギーレ監督だが、試合後に「今日は結果の得点が内容を表していない」とコメント。「点差をつけるチャンスが、はっきりしたチャンスだけでも4つあった」と、1ゴールに終わったことに不満を見せた。  

ブラジル戦では、そのシュートが1本であっても決めないといけない。フィニッシュのところで質を上げていかないといけない」と課題を語った。  

決定力不足は、日本サッカー積年の課題とも言えるが、指揮官は、「もちろん、自信はある」と克服に前向きな様子。「才能は揃っている。岡崎(慎司)、武藤(嘉紀)、柿谷(曜一朗)、香川(真司)、本田(圭佑)、シバ(柴崎岳)、小林(悠)。全員が良いプレーをできるし、点を取ることができる選手」

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141011/240804.html?view=more


加茂周氏 アギーレJ決定力不足に苦言「シュート20本で1点では…」 ― スポニチ Sponichi Annex サッカー

10-12,14 jap

アギーレ監督のサッカーはほぼ見えてきた。縦に素早くパスを入れて、ザッケローニ監督時代よりボールが前に出るのが早い。オーソドックスで特別なことはやらず、練習した分だけ9月の2試合より安定していた。  

得点はオウンゴールだったが、3選手でパスをつなぎ、ゴール前にも何人もの選手が待ち受けたいい形だ。もっともその後も何度もいい形をつくりながら1点しか取れなかったのは大きな課題。20本もシュートを打って1点では話にならないし、岡崎以外にポイントゲッターがいないことも問題だろう。

全文はソース元で


引用元 : http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2014/10/11/kiji/K20141011009082810.html

【アギーレ「日本代表には才能が揃っている」と日本代表の決定力不足改善に自信。加茂氏はジャマイカ戦でのプレーに苦言も◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

決定機逃したループシュート…本田「いろいろ考え過ぎた」 | ゲキサカ[講談社]

10-11,14 jap3

得点はオウンゴールによる1点のみ。それでもハビエル・アギーレ体制3戦目での初勝利をまずは喜んだ。「チームが勝てたのが一番大事なこと」。FW本田圭佑(ミラン)はそう切り出すと、「内容は満足できるものではない。ただ、そういう中でもしっかり失点なく勝てた。攻撃でも、短い調整期間で監督が求めているものを出せたところもある。良くはなっていると思う」と前向きに評価した。

悔やんだのは前半33分の決定機だ。敵陣でDF酒井高徳が相手の横パスをインターセプトし、ゴール前にフリーで走り込む本田にスルーパスが通った。GKと1対1。しかし、左足で浮かせたループシュートはクロスバーをかすめてゴール上に外れた。

「いろいろ考え過ぎた。ああいうところを決めていかないといけない。まあ、自分の実力から言うと、あんなもんかなと」。ミランでは開幕6試合で4ゴールを量産している本田だが、アギーレジャパンでは3試合すべてにフル出場しながら、まだ無得点。キャプテンマークも巻く背番号4の“初ゴール”が待たれる。

全文はソース元で


引用元 : http://web.gekisaka.jp/news/detail/?149068-149068-fl

【本田「真司が起点になって周りが安心していい形が」と決定機のミスは考えすぎとも。香川は日本代表に課題が残るとも◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

日本対ジャマイカ。アギーレイズム浸透も弱すぎるジャマイカにわずか1得点【どこよりも早い採点】 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

10-11,14 jap

縦への早い動きは徹底されていた 日本代表の採点は?

塩谷司   6  初キャップにしては落ち着いていた。相手に迫力がなく、彼が活躍する場面は少なかった。

酒井高徳  7  珍しくミスなく終えた。積極的な攻め上がりでチャンスを演出。攻守に良かった。

森重真人  6  “本職”センターバックでも問題なし。ピンチを防ぐ。

細貝萌   7  相手のビルドアップをことごとく潰す。監督の哲学を具現化した選手。

柴崎岳   7  先制点を生むいい動き。攻守で良くボールに絡んだ。

香川真司  6  前半はポジションにやや戸惑いがあるように感じられた。後半は改善。

本田圭佑  6.5 決定機を外したのは反省点だが、動きにキレが戻ってきた。何度もチャンスを作る。

武藤嘉紀  6.5 前を向く姿勢がチームに推進力をもたらす。緊張感のある試合でも見てみたい。

岡崎慎司  6  エリア内での動き良かった。運動量も豊富で前からのプレスも良い。しかし無得点。

アギーレ  6  縦に早く、少ない手数で攻めるというコンセプトは十分に浸透した。

全文はソース元で

引用元 : http://www.footballchannel.jp/2014/10/10/post50967/

【【スパねこ独自採点】日本代表vsジャマイカ代表の選手寸評・採点。各メディアの採点も◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

アギーレ監督、若武者を絶賛「塩谷は完璧、柴崎はワールドクラス」 – サッカーキング

10-11,14 hon

キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。相手のオウンゴールが決勝点となり、1-0で日本代表が勝利を収めた。  

そして、絶賛を受けたのがもう1人。「ワールドクラス。(本田)圭佑、(香川)真司と自然にプレーできている」とは、指揮官によるMF柴崎岳への評。国際Aマッチ2試合目ながら、「まるで20年も経験を積んだかのようなプレーを見せてくれる。彼はかなり遠いところまで行きつくことのできる選手」と舌を巻いた。  

日本代表は、11日にシンガポールに移動。14日に同地で、ブラジル代表と対戦する。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141011/240807.html?view=more

【アギーレ「柴崎はワールドクラス」ジャマイカ代表戦でのベテランのようなプレーを称賛!!本人は日本代表に定着へ向けてアピールを継続と◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

日本代表デビュー飾ったDF塩谷司「継続していくことが課題」 – サッカーキング

10-11,14 sio2

キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。16分に記録されたオウンゴールが決勝点となり、1-0で日本が勝利を収めた。ハビエル・アギーレ監督下での初勝利となった。  

サンフレッチェ広島に所属するDF塩谷司は、初招集で初先発となった同試合は「試合に入るまでは緊張もありました」とするも「いざ笛が鳴って試合が始まってみると思ったより緊張もなくて、前半はちょっとまだ硬かったと思いますけど、後半は縦パスだったり良さを出せたと思います」とコメントした。  

初めて代表でのプレーを経験し「球際の強さだったりゲーム全体のスピードとかはやっぱり今まで経験したことないレベルだった」と振り返った。その中でも安定したプレーを見せた塩谷だが「1試合だけでは、自分の評価にはつながらないと思うんで、これを継続してどれだけ続けて行けるかが、自分のこれからの課題だと思いました」と代表定着に意欲を見せている。  

守備については、持ち前の攻撃参加を抑えて「守備のバランスっていうのをイメージしていた」と明かしており「前の選手がプレッシャーにいってたんで、くさびのボールが狙いやすかった」と感想を語った。さらに、スピードのあるジャマイカの選手との対戦で負けるシーンがなく「手ごたえはあったと思います」とコメント。しかし「これが世界のトップレベルって訳ではない」として「まだまだ満足せずにもっともっと上の世界に出てやっていきたいと思いました」と意気込んでいる。  

後半には攻撃参加ができた場面もあり、塩谷は「ああいうところをもっと試合中に出して行けたらなと思った」と振り返っており、「あの場面ぐらいだったかな。そういうのをもっともっと増やせれたらいいと思います」と持ち味を出すことを誓った。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141011/240724.html?view=more

【アギーレ、日本代表デビューのDF塩谷に「パーフェクトだった」とジャマイカ代表戦完封に貢献を賞賛!!中盤でのプレーもみたい◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

脳しんとうで離脱の香川、診断は異常なし (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

10-11,14 kagawa

サッカー日本代表は11日、新潟空港発の航空機で親善試合ブラジル戦(14日)が行われるシンガポールに向けて出発した。  

前日10日のジャマイカ戦であごを強打し、試合後に脳振とうとみられる症状を訴え、チームを途中離脱することが発表されたMF香川真司(25)=ドルトムント=の姿はなかった。  

協会広報によると、香川は試合後に新潟市内の病院に直行して精密検査を受けた結果、異常なしと診断された。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00000028-dal-socc

【【朗報】脳震とうの香川、診断は異常なし!!しかし、日本代表から離脱でチームはブラジル代表戦に向けてシンガポールへ◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ