スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

シルヴィオ・ベルルスコーニ

ミラン激震! ベルルスコーニ会長が心不全で病院に緊急搬送 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


no title

ACミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長が、心不全により病院に緊急搬送されたことが明らかになった。英国営放送「BBC」が報じている。

79歳の元イタリア首相は7日午前9時半に、ミラノ市内のサン・ラファエル病院に緊急搬送され、数日間入院することになった。  

フォルツァ・イタリア党の広報担当は、「心不全。数日間検査する。これまでになかったこと」と説明。イタリア紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、心不全の原因を「選挙に対する疲労とストレス」とレポートしている。

全文はソース元で

引用元 : ミラン激震! ベルルスコーニ会長が心不全で病院に緊急搬送 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミランのベルルスコーニ会長、心不全で病院に緊急搬送 売却はどうなる】の続きを読む

ミラン、110億円の赤字発表 株主からは「想像以上にひどい」「サッカー界の笑い者」と批判 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ミラン、110億円の赤字で株主が大激怒!「経営陣の責任」「サッカー界の笑い者」

ミランは28日の株主総会で、2015年決算で8930万ユーロ(約109億5000万円)の赤字を計上したと発表した。

上層部の混迷とチームの不振、さらには赤字決算と悪い知らせが続き、株主総会では経営陣への不満が相次いだ。特に、近年経営陣を批判し続けてきたジュゼッペ・ガッティ氏は、次のようにアドリアーノ・ガッリアーニCEOらを批判した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。

「状況は悪化している。想像以上にひどい。(クラレンス・)セードルフや(フィリッポ・)インザーギ、(シニシャ・)ミハイロビッチの責任とは言えない。経営陣の、ガッリアーニの、ベルルスコーニの責任だ」

「ミランが破産を免れたときですら、(フランコ・)バレージや(パオロ・)マルディーニ、フィリッポ・ガッリといった偉大なカンピオーネたちがいた。今のカンピオーネは?」 また、別の株主からは次のような批判の声も飛んだ。

「現在のチームでミランにふさわしい選手は、3、4人しかいない。責任を監督たちに押しつけるのではなく、現実から目を背け、『我々はまだ強い』と言うばかりで何もしない者たちの責任を考えるべきだ。我々は5年前から世界のサッカー界の笑い者となっている。そしてもう、笑わせることすらしていない」

全文はソース元で

引用元 : ミラン、110億円の赤字発表 株主からは「想像以上にひどい」「サッカー界の笑い者」と批判 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ミラン、110億円の赤字で株主が大激怒!「経営陣の責任」「サッカー界の笑い者」】の続きを読む

“アリババ・ミラン”が誕生!? 「中国最大の資産家」が875億円の買収案を提示、本田去就にも影響か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

4-28,16 mil2

「中国最大の資産家」と言われるアリババ社会長の馬雲(ジャック・マー)氏が、ACミランに7億ユーロ(約875億円)の買収オファーを出したことが明らかになった。イタリア地元紙「ラ・レプブリカ」が報じている。  

中国1部広州恒大の共同経営者でもある馬氏は、ミランのシルビオ・ベルルスコーニ会長に買収案をすでに提示。今週末から交渉をスタートさせることになる予定だという。馬氏は、ミランが悲願としている自前のスタジアム建設も提案している。現在はミラノ市所有のサン・シーロを本拠地としているが、使用料の高さと老朽化から新スタジアム契約を発表していたが、資金面などで頓挫していた。馬氏は買収後、スタジアム建設を最初のプロジェクトに設定しているという。  

広州恒大の元監督で、2006年ドイツ・ワールドカップでイタリア代表を優勝に導いたマルチェロ・リッピ監督も強化責任者として招聘する方針で、交渉がスムーズに進めば、6月中旬にはミランは中国企業に買収されることになるという。  

イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」は、馬氏のミラン買収額を7億ユーロとレポートしている。

全文はソース元で

引用元 : “アリババ・ミラン”が誕生!? 「中国最大の資産家」が875億円の買収案を提示、本田去就にも影響か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【中国の”アリババ・ミラン”になってしまうのか 875億円の買収オファーで本田の去就は…】の続きを読む

就任後約20日で解任か…迷走ミラン、次節後に監督再交代の可能性浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

ミランが酷すぎる!次節終了後にミハイロビッチが復帰か?ブロッキは就任20日で解任…

日本代表FW本田圭佑が所属するミランのクリスティン・ブロッキ監督が、次節終了後に解任の可能性があることがわかった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が26日に報じている。  

ブロッキ新監督は指揮初戦となった17日のセリエA第33節サンプドリア戦こそ1-0で勝利を収めたものの、21日の第34節ではカルピとスコアレスドロー、そして25日の第35節では最下位ヴェローナに逆転負けを喫し、就任後3試合で1勝1分け1敗と思うような結果を残せていない。  

初黒星を喫したヴェローナ戦後、ブロッキ監督は「難しいことはわかっていた。自分に与えられた40日間でベストを尽くす以外のことは考えていない」と話していたが、5月1日に行われる次節のフロジノーネ戦で勝つことができなければ、解任される可能性があると報じられている。  

ブロッキ監督就任から約20日での指揮官再交代の可能性を報じられたミラン。ブロッキ監督が解任された場合、後任にはミハイロヴィッチ前監督が復帰するものと見られている。

全文はソース元で

引用元 : 就任後約20日で解任か…迷走ミラン、次節後に監督再交代の可能性浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ミランが酷すぎる!次節終了後にミハイロビッチが復帰か?ブロッキは就任20日で解任…】の続きを読む

本田が新監督に評価されていないのは明白 だが、居場所がないとは限らない〈dot.〉 (dot.) - Yahoo!ニュース

本田圭佑はミランに居場所があるかも!?だが、今は評価されてないのは明らか

クリスティアン・ブロッキ新監督の中で、本田圭佑の序列が低いことは、もはや明白だ。だが、今後もミランに本田の居場所がないかどうかは、まだ分からない。  

この時点で、トップ下の序列が明確になる。レギュラーはボナヴェントゥーラ、2番手はボアテング、本田は3番手以下ということだ。それは、ブロッキ監督がトップ下に敏捷性を求めるからだろう。ボールを持ちたがり、個の力に頼りがちなFWマリオ・バロテッリの存在も影響しているかもしれない。

結果だけを求めるのであれば、本田を入れ、これまで機能していた4-4-2に変えることもできた。だが、ブロッキ監督に対する評価基準には、結果だけでなく、プレー内容も含まれていると言われる。つまり、ベルルスコーニ会長が好むやり方で結果を残さなければいけないのだ。だからこそ、4-3-1-2にこだわらなければいけなかった。

そしてその4-3-1-2において、本田は指揮官から評価されていないことが明白になった。ならば、本田がミランにいる意味はなくなる。本人は自身の力で名門ミランの復活に貢献したいと思っているかもしれない。だが、契約も最終年を迎えるだけに、夏の移籍も選択肢にあるはずだ。

ただ問題は、ブロッキ監督が続投するかどうか不透明な点だ。

確かに、新監督は会長の理想に近付こうとしている。徹底したボールつなぎは、4-4-2でカウンターを武器とした前任者のやり方と大きく異なるものだ。ポゼッション率76.9%は、今季のセリエA最高の数字である。

しかし、会長の理想を究めるだけの戦力と環境は整っていない。残りわずかとなった今シーズン中に、会長を納得させられるプレーに昇華させられる可能性は低いと言わざるを得ないだろう。

そしてその場合、会長がブロッキ監督に代わる新監督を呼ぶ可能性も十分にある。監督交代となれば、本田を取り巻く状況も再び変わるだろう。そのとき、背番号10はどのような決断を下すのか…。いずれにしても、すべては残り4試合とコッパ・イタリア決勝での「ブロッキ・ミラン」の出来に懸かっている。

全文はソース元で

引用元 : 本田が新監督に評価されていないのは明白 だが、居場所がないとは限らない〈dot.〉 (dot.) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑はミランに居場所があるかも!?だが、今は評価されてないのは明らか】の続きを読む

イタリアメディアの提言 機能不全のブロッキ政権で出番なしの本田に「チャンスを与えるべき」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

なぜ、本田にチャンスを与えない!?イタリアメディアもミランを酷評

本拠地で残留争いのカルピを相手にスコアレスドローを演じたACミランを、イタリアメディアは厳しい目で批評している。サッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、「ベルルスコーニシステムは失敗」とトップ下を置く4-3-1-2システムを一刀両断した上で、クリスティアン・ブロッキ新監督就任後、2試合連続で出番なしに終わった日本代表FW本田圭佑の起用を提言している。

「全てのポジションにおいて、このベルルスコーニが愛する4-3-1-2システムは失敗だ。すでに前節のサンプドリア戦(1-0勝利)で、ポジティブなものばかりでないことが見えていたはずだ。カルピの守備戦術に対して、中央で1対1でマークに付かれて抑え込まれた。この役割に適した司令塔がチームにいないことにさかのぼるが、ボアテングにブロッキはチャンスを与えようとした。しかし、これは勝算のない賭けだ」

そして、「この2試合で、少なくとも1回は本田にチャンスが与えられるべきだった。彼が忘れ去られている存在なのは驚きだ。選手の個性と技術面を考えても、起用されるべき選手はそこにいたはずだ」と、2試合連続でベンチスタートから出番なしに終わった本田の扱いについて疑問符が付けられ、起用が提言されている。

さらに、「下部組織での“良いサッカー”がベルルスコーニに決断させたのかもしれないが、この日のピッチのどこにも“良いサッカー”は存在しなかった」

全文はソース元で

引用元 : イタリアメディアの提言 機能不全のブロッキ政権で出番なしの本田に「チャンスを与えるべき」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【なぜ、本田にチャンスを与えない!?イタリアメディアもミランを酷評】の続きを読む

ミラン、中国最大手が総額850億円超で買収へ。本田の去就にも影響か? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


中国のインターネット検索エンジン最大手・百度(バイドゥ)が、ミランの買収に乗り出しているようだ。

18日に英メディア『gbtimes』が報じている。  同メディアによると、百度に関連する財団を通じてミランが保有する大半の株式を買い取り、総額7億ユーロ(約850億円)を投じて買収する方向で協議が進められているとのこと。ミラン側と百度側、またスポーツ企業買収の専門家などが一堂に集まって話し合いを行っているようだ。

全文はソース元で

引用元 : ミラン、中国最大手が総額850億円超で買収へ。本田の去就にも影響か? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ついにミランが中国化か?検索大手のバイドゥが総額850億円超で買収へ 本田の去就は…】の続きを読む

本田使わず逆戻りのミラン。遅いパス回し、死んだ右サイドの連携…前監督の仕事を潰して得た虚無感 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


ミランは現地時間17日、セリエA第33節でサンプドリアと対戦した。クリスティアン・ブロッキ新監督にとって就任初戦となった試合だか、ミランがアウェイで1-0の勝利を収めている。この試合で、本田圭佑に出場機会は訪れなかった。システムを変更したことで戦術も変わったのだが、シニシャ・ミハイロビッチ前監督を解任して感じたのは虚無感ともいえる結果だった。(取材・文:神尾光臣)

サンプドリア戦後、ミランのクリスティアン・ブロッキ監督は記者会見上で非常に満足そうな表情をしていた。就任初戦、しかも突然の監督交代劇で練習時間はあまり取れなかった中、アウェイで1対0だ。

もっとも、スタンドで観ていて監督と同じ感想は持てなかった。余計なタッチが多く、エリア前でスローダウンするパス回し、ガラ空きなサイドの守備、完全に死んだ右サイドの連携。決勝点はミランの選手のチャージをファウルだと解釈し、サンプドリアの選手が棒立ちになった隙をかろうじて突いたというものだった。

「内容は我々が勝ちに等しかったと思う。戦術的に準備したことをすべてやれた。ただ拮抗した試合は(偶発的な)エピソードが分ける。そうなって敗れたにすぎない」と語った敵将ビンチェンツォ・モンテッラ監督のコメントの方が、はるかに説得力があったように感じた。

おそらくシニシャ・ミハイロビッチ前監督なら、「やれることはまだまだやれていない」「正直勝つにふさわしい内容ではなかった」とコメントしていたであろう展開だった。

そして試合後、ブロッキ監督はトップ下の選手にどういうプレーを求めたのかということも、コメントの中で明らかにした。
「ボールに多く触ってパスを回していくようなクラシカルなトップ下ではなく、よく動いて左右のスペースに流れていくようなプレーを求める。そしてFWと連動し、3人で前線のスペースを突くという動きが理想だ。より攻撃的に振ることになるが、守備の負担を減らすことでそれは可能になるのかなと思う」

対してブロッキ監督のトップ下は、いわば2トップを後方からフォローするもう一人のFW的存在。2トップの動きに合わせ、流動的に前線で動くというものである。

ということで、敏捷性の高いボナベントゥーラがまずファーストチョイスとして選ばれ、彼を下げた後にはケビン・プリンス・ボアテンクを使うという選択に至ったのだろう。確かにスピード、特に瞬発力に劣る本田にとっては、戦術的にもやや不利な立場になったということを意味するのかもしれない。

もっともプレビューにも書いたが、戦術的なことも所詮建前で、別の陰謀論を勘繰らざるを得ないのがたまらなく虚しい。ともかく、ブロッキを推した人間にとって、本田もまた評価の対象外だったということなのだろうか?

確かに1ゴール3アシストという数字は少ない。だが一度はスタメンを外されながら、這い上がってチームのために尽力し、戦術的にもバランサーとして機能していたという事実があり、チームメイトからの信頼も寄せられていたはずだった。なのになぜ、という印象は、試合中ずっと拭えなかった。

インテンシティの低いプレス、再び間延びした距離感、結局中盤省略に走るパス回し。これまでの本田の努力、そしてそれを評価して活かしたミハイロビッチ監督の仕事を潰してこれなのか、前半戦はともかく後半戦のパフォーマンスは否定するほど意味のないものだったのかと、非常にやるせない気持ちになった。

「練習ではポジティブなものを見せている。6試合の間に貢献をするチャンスも彼には来るだろう」とブロッキ監督は本田について語った一方、「23人全てに出場のチャンスを与えることはできないのだ」と完全にリザーブメンバーの一人であるかのような数え方もしていた。

全文はソース元で

引用元 : 本田使わず逆戻りのミラン。遅いパス回し、死んだ右サイドの連携…前監督の仕事を潰して得た虚無感 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【本田を起用しないミランは死んでいた… 無に帰した1年間の功績とトップ下に求められるプレーとは】の続きを読む

ミラン新監督が就任会見…本田トップ下起用の可能性も (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

ミラン本田、トップ下でポジション争い 新監督が会長お気にの4312システムを明言

サッカー日本代表FW本田圭佑が所属するACミランのクリスティアン・ブロッキ新監督が13日午後(日本時間同日夜)、ミラノ郊外の練習場・ミラネッロで就任会見を行った。  

同監督は「残り7試合を全勝利できるるとは言わないが、私の100%を出し切りたい」などと抱負を語った。フォーメーションについては「これまで4-3-3を用いてきた。4バック、中盤は攻撃的な3人でのプレーが好みだ。今季のユースでは後半、トップ下を置いてきた。間違いなくこのような布陣で行く。チームには3トップ、またトップ下ができる選手がいる」と説明した。

全文はソース元で

引用元 : ミラン新監督が就任会見…本田トップ下起用の可能性も (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【ミラン本田、トップ下でポジション争い 新監督が会長お気にの4312システムを明言】の続きを読む

ミランサポーターの90%以上がミハイロビッチ解任に反対! ワンマン会長への不信感が強まる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ミランサポーターが会長に激怒!!90%以上がミハイロビッチ解任に反対

日本代表FW本田圭佑が所属するACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督が解任され、後任にクリスティアン・ブロッキ氏が就任することが、現地時間12日にも正式に発表される見通しとなっている。しかし、ミランサポーターの実に90%以上が、この監督交代に反対していることが浮き彫りになっている。

ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」では、「リーグ戦が残りわずか6試合という段階での監督交代に、あなたたちは同意できるか?」として、緊急アンケートをWEB上で実施している。  

結果は常に変動していくものだが、日本時間の12日12時30分の段階で2000人強からの回答があり、実に92%を超える票が「ノー。シーズン終了までミハイロビッチに任せた方が良い」という項目に投じられている。「イエス。ブロッキが上手くやるだろう」への票は、わずかに7%ほどだった。  

先日には、アドリアーノ・ガリアーニCEOから今季限りでローマを退任するワルテル・サバティーニSDに強化担当者を変更すべきかとの質問に、92%が「イエス」に投票するという結果も出ている。それだけ、ミラニスタによるクラブ上層部への不信感は根強い。

全文はソース元で

引用元 : ミランサポーターの90%以上がミハイロビッチ解任に反対! ワンマン会長への不信感が強まる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミランサポーターが会長に激怒!!90%以上がミハイロビッチ解任に反対】の続きを読む

このページのトップヘ