スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ザックジャパン

「奪う力」の不足。小さくまとまるアギーレジャパン (webスポルティーバ) - Yahoo!ニュース

1-21,15 sugi

優勝する勢いが感じられない――ヨルダンに2-0で勝利した直後に実感したことだ。3試合を終えて、これだという、残り3試合を勝ち抜くための武器が見えてこないのだ。

失点ゼロ。3試合連続完封勝ちした原因について、アギーレは最終ラインの堅さだけではなく、チーム全体としての守備意識の高さを挙げた。しかし、僕の目にはそう見えなかった。それなりに的確なポジションを取っていたために、穴を作らなかったに過ぎない。  

それ以上に触れるべきは、対戦した3チームのレベルの低さだ。日本の「守備」が良かったというより、相手の攻撃能力が低かった。攻撃のアイデア、攻撃に必要な個人技術、戦術に著しく欠けていた。相手が勝手にミスしてくれた。日本の組織立った厳しいプレスが決まり、嫌々ボールを奪われたという感じでは全くない。

日本がボールを失う位置は、おのずと相手陣内深くになる。つまり、相手の攻撃が始まる位置は低い。彼らの技量では、そこから遠く離れた日本ゴールまで、簡単に辿り着けないのだ。
 
相手のボールを奪う力が少しでも上がれば、危ない。無失点ではいられないと思う。準々決勝で対戦するUAEはともかく、韓国、豪州は、奪う力もそれなりに高い。豪州と準々決勝を争う中国も、今回は、そこが大きく改善されている。

日本はどうだろうか。奪う力はどれほど増しているか。ブラジルW杯と比べて、ザックジャパンと比べればどうだろうか。

僕の目には、全く進歩がないように見える。ヨルダン戦でも、中盤の高い位置で、いい形でボールを奪うシーンはほとんどなかった。

遠藤保仁、香川真司。ボール奪取能力の低いこの両選手を、俗に言うインサイドハーフで起用していることとそれは大きな関係がある。

アジアカップ用のサッカー。アジアの弱小相手に取りこぼしをしないサッカー。新しいテーマにチャレンジせず、従来通りの戦いをすることに安定を求めようとするサッカーに、アギーレジャパンは成り下がっている。

プラスアルファの要素がない。勢いを感じない、これこそが最大の原因だ。

日本の最大の拠り所は、選手個々の技術力、ボール操作能力、パスワークだ。しかし、それも絶対的なものではない。ピッチコンディションがさして悪くないはずなのに、トラップに時間がかかったり、受けてからパスコースを探したり、同サイドのパスが必要以上に連続したり、長所が絶対的なものになっていない。メルボルンの急なスタンドの上階から俯瞰でピッチを眺めると、日本の展開力のなさは鮮明に映る。空いている選手にスイスイとパスが回っていかない姿に歯がゆさを覚える。遠藤、香川、長谷部誠を中心とする展開力が、アジアレベルであることに気付かされる。

W杯本番で、日本より少しでもボール操作能力の高い国と戦えば、日本はお手上げ。対抗する武器がない。すなわち、番狂わせは期待できない。逆に番狂わせを許しやすい状態にある。

狙われやすいサッカー。これこそが、アジアカップ3戦を通して見せたアギーレジャパンの姿だ。奪う力が高いチームには苦戦する。豪州(あるいは中国)、韓国と戦った時、ボロを出すのか、堪えるのか。

本田圭佑、長友佑都、岡崎慎司。現状、頼りになるのはこの3人。長谷部は下がりすぎだ。遠藤、香川と距離が離れがちになることも、パスがスムーズに回らない原因のひとつ。控えのメンバーを上手く使えていないアギーレ采配、さらにはイラク戦で負傷した今野泰幸の回復が遅れていることも不安材料だ。

少なくともブラジルW杯以降、サッカーがパワーアップしている様子はない。小さくまとまっているだけに過ぎない。僕にはそう見える。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150121-00010002-sportiva-socc&p=1

【アギーレジャパンは進歩がない。香川、遠藤、長谷部では「奪う力、展開力不足」】の続きを読む

ザックが日本サッカーの未来に期待「W杯で優勝する日を待っている」 | サッカーキング

 1-11,15 zac

日本サッカー協会(JFA)が主催する第9回フットボールカンファレンスが10日、東京ビッグサイトで開幕。同カンファレンスは指導者向け研修会として毎年開催され、今年は「ワールドカップ2014-本気で日常を変えよう」というテーマに、国内外から約800人の指導者が集まった。

その後、アルベルト・ザッケローニ前日本代表監督が本大会を振り返ったインタビュー映像が展開された後、イタリア在住のザッケローニ氏と電話でコンタクト。前指揮官は若年層の指導に関して「フィジカル面よりもメンタルを重視して、個人戦術を伸ばすような指導をしてもらいたい」とアドバイスを述べ、「日本はすでに高いレベルで戦えるところまで到達している。ここからすべてのポテンシャルを伸ばすためには、選手たちの勇気を奪い去ってしまう抑制を取り払うことが重要。そのためには海外でより多くの国際試合を戦い、相手に過剰な敬意を抱かず、自分たちに自信を持つことだ。日本には日本の良さがある。日本にあったサッカーは実現できる。日本がワールドカップで優勝する日を待っているし、きっと来ると思う」と日本サッカーの将来に期待を寄せた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20150110/269443.html

【ザッケローニ「W杯で日本が優勝する日を待っている」】の続きを読む

日本代表の岡崎が明かす「ワントップの理想は前田遼一さん」 | サッカーキング

1-10,15 oka

日本代表は9日、アジアカップの初戦が行われるオーストラリアのニューカッスルで練習を実施した。  アジアカップは同日に開幕。パレスチナ代表と激突する日本代表の初戦は、3日後に迫る。2大会連続の出場となる岡崎慎司は、練習後に「警戒されても点を取れることが、FWとして一番すごいことだと思う」とゴールへの意欲を明かした。  

ハビエル・アギーレ監督体制では、センターFWとしての起用が増加。岡崎自身も「ワールドカップが終わってサイドより中央でやりたいという気持ちが強くなり、結果が出せなかったら終わりというプレッシャーでやれている」と語る。  

優勝した前回大会で、日本代表の最前線を担ったのは前田遼一。長くともにプレーした岡崎は、「自分の中でワントップの理想は前田さん」と明かす。「やっぱりすごいと今やっていても思う。あれだけチームのためにやれて、あれだけ点をとれる選手はいない」と敬意を表した。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20150109/269076.html

【日本代表FW岡崎慎司「ワントップの理想は前田遼一さん」】の続きを読む

本田がアシスト王/ニッカン・アウォーズ - 日本代表ニュース : nikkansports.com

12-26,14 ho

「ニッカン フットボール アウォーズ」の第2回は、サッカー分析会社「データスタジアム」のデータを使って日本代表のこの1年を振り返る。計37人が出場した今年は、FW本田圭佑(28)が7アシストを記録し「アシスト王」を獲得した。昨年の2アシストから激増し、ゴールに絡んだ回数を数値化した「ゴール関係ポイント」も2年連続で1位だった。  

本田が今年も主役を張った。W杯イヤーの日本代表は13試合を戦い、7勝2分け4敗で計25ゴール。本田は13試合すべてに出場し、ともにチーム最多となる4ゴール、7アシストをマークした。ゴールの4プレー以内に絡んだ回数も最多の18回。それを数値化して合算した「ゴール関係ポイント」で2年連続でトップに輝いた。  

そのポイント数は、昨年62→今年65と大差はなかった。だが、プレーの内訳は大きく異なり、ゴール数が8→4に半減した一方で、アシスト数が2→7に激増。アシストが記録されなかったパス(2本)も含め、ゴールの1つ前のプレーは計9回を数えた。12年の同回数は3回、昨年が2回。過去2年と比較すると、今年の急増ぶりが明らかになる。

全文はソース元で


引用元 : http://www.nikkansports.com/soccer/japan/news/p-sc-tp2-20141225-1413273.html

【本田が日本代表アシスト王。2014年のゴールに絡んだ回数に2位に香川、3位に岡崎と続く◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

アジアカップ連覇懸かる日本代表、前回からの連続選出は約半数の12名 – サッカーキング

12-15,14 aja

15日、日本代表を率いるハビエル・アギーレ監督は2015年1月にオーストラリアで開催されるアジアカップに出場するメンバー23名を発表した。  

2011年のカタール大会を制した日本は大会連覇が懸かるが、前回大会に出場した選手はミラン所属のFW本田圭佑やドルトムント所属のMF香川真司ら約半数の12名となった。

■アジアカップ2大会連続出場選手(カッコ内、左2011年所属クラブ、右現所属クラブ)
▼GK
川島永嗣 ([2011年]リールセ/ベルギー、[現在]スタンダール・リエージュ/ベルギー)
西川周作 ([2011年]サンフレッチェ広島、[現在]浦和レッズ)
▼DF
長友佑都([2011年]チェゼーナ/イタリア、[現在]インテル/イタリア)
内田篤人([2011年、現在]シャルケ/ドイツ)
吉田麻也([2011年]VVVフェンロ/オランダ、[現在]サウサンプトン/イングランド)
酒井高徳([2011年]アルビレックス新潟、[現在]シュトゥットガルト/ドイツ)
→(2011年は大会前に負傷で離脱、森脇良太が追加招集)
▼MF
今野泰幸([2011年]FC東京、[現在]ガンバ大阪)
遠藤保仁([2011年、現在]ガンバ大阪)
長谷部誠([2011年]ヴォルフスブルク/ドイツ、[現在]フランクフルト/ドイツ)
香川真司([2011年、現在]ドルトムント/ドイツ)
▼FW
本田圭佑([2011年]CSKAモスクワ/ロシア、[現在]ミラン/イタリア)
岡崎慎司([2011年]清水エスパルス、[現在]マインツ/ドイツ)

■2015年アジアカップ出場選手(カッコ内、現所属クラブ)
▼GK
東口順昭(ガンバ大阪)
▼DF
森重真人(FC東京)
太田宏介(FC東京)
塩谷司(サンフレッチェ広島)
昌子源(鹿島アントラーズ)
▼MF
清武弘嗣(ハノーファー/ドイツ)
柴崎岳(鹿島アントラーズ)
▼FW
豊田陽平(サガン鳥栖)
小林悠(川崎フロンターレ)
乾貴士(フランクフルト/ドイツ)
武藤嘉紀(FC東京)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141215/259122.html

【実は新たな戦力を選出しているアギーレジャパン。前回のアジア杯からの日本代表連続選出は半数の12名◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

【ニコ生】12/2(火) 矢野大輔氏が登場!新刊「通訳日記」特集! – サッカーキング

12-3,14 yano

12/2(火)のハーフ・タイムは、矢野大輔氏をお招きし新刊「通訳日記」を掘り下げます。ザッケローニ元日本代表監督との思い出や、書籍の執筆裏話についてお話を伺います。

※配信終了後はタイムシフトでご視聴ください。番組URL:http://live.nicovideo.jp/watch/lv201610624

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/sk_blog/article/254846.html

【【動画】ザック通訳の矢野氏の日本代表ウラ話。ザッケローニは日本でのビジネスも考えている?◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - ザック氏「散歩してたから」通訳・矢野氏の出版イベントにサプライズ登場 (スポーツ報知)

11-29,14 zac

 前日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏(61)の通訳を務めた矢野大輔氏(34)が29日、都内で著書「通訳日記」の出版記念イベントに出席した。  

 ザック・ジャパンはW杯で結果を残せず批判も浴びたが、矢野氏は「ザッケローニ監督はすごい覚悟と決意で監督をしていたことを知って欲しかった」と出版に至った経緯を説明した。トークショー中には来日中のザッケローニ氏が「近くを散歩していたから」とサプライズで登場し「大輔の声はただの声ではなかった。4年間、協会とのやりとりなどすべてのことをやってくれた。大輔の方が私よりチームのことを把握していた」と感謝を述べた。  

 著書の中でザッケローニ氏は、矢野氏に「モウリーニョになれ」と、通訳から世界的名将となり現在イングランド・プレミアリーグのチェルシーを率いるジョゼ・モウリーニョ監督(51)のように、将来は監督に挑戦することを望んでいる。矢野氏は「ザッケローニ監督のそばに4年間いて、ある意味英才教育を受けた。この経験は無駄にしたくない。今後に生かしていきたい」と監督業に興味を示していた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141129-00000171-sph-socc

【ザック、通訳の矢野氏に「モウリーニョになれ」と監督業に挑戦を望む。本人も興味を示す◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

自由を与えたアギーレ、豪撃破の要因はザックの遺産にあらず – サッカーキング

11-20,14 jap

まさしく、似て非なるものだった。ブラジル・ワールドカップのメンバーがホンジュラス戦では10選手、オーストラリア戦でも9選手が先発出場したが、ピッチで見せたサッカーはアルベルト・ザッケローニ氏が率いた前体制とは異なっていた。  

顕著な点を挙げれば、サイドチェンジの多さになる。ザック体制では一方のサイドで攻め切り、両サイドバックが同時の攻め上がりを少なくすることで、相手にボールを奪われた際のカウンターを防ぐ明確な狙いがあった。一方、ハビエル・アギーレ監督は中盤の底にアンカーを置くことで、失点のリスクをコントロールしている。そして、攻撃の局面ではアンカーが最終ラインまで下がることで、両サイドバックを高い位置に押し上げる。  

他にも例を挙げるならば、縦への意識付けだろう。前体制は中盤の構成力に力点を置いていたが、アギーレ体制の重心は、もう少し後ろにかかっている。ビルドアップでは、センターバックとアンカーが大きく関与して、最終ラインから積極的な縦パスも多い。とは言え、プレッシャーのかかる場面では無理に繋ぐこともなく、前線にロングボールを蹴り出すことも少なくない。

ブラジル・ワールドカップ以来の復帰となり、ホンジュラス戦でフル出場した内田篤人は試合後、「ザックさんのメンバーが戻ってきたけど、やっている戦術はだいぶ違うかな」と語るとともに、「特に細かい指示はないので、ある程度自分たちで考えてやっていいのかなと思う」と口にする。香川真司がホンジュラス戦で度々前線に送った低い弾道のロングボールも、前体制では見られなかったシーンだが、本人によると監督の指示ではなく自身の判断だったという。

序盤から相手のプレッシャーを受ける形になったオーストラリア代表戦では、35分頃に4-3-3から4-2-3-1にフォーメーションを変更。中盤の形を就任以降に起用していたアンカーを置く逆三角形からダブルボランチに変えたことで、結果的に試合の流れを引き寄せた。指揮官の臨機応変さももちろん際立ったが、選手の対応力の高さも特筆に値する。フォーメーションの変更とともに、サッカーの内容も回帰しては元も子もないが、選手の自由度は変わらないようだ。指揮官の交代により全てがリセットされてしまうのではなく、フォーメーションの継承という面など、しっかりと上積みされている部分もあるだろう。

現時点では、オートマチックにプレーを遂行させるための制限が解かれて、選手個々の裁量が大きくなっていると言えそうだ。オーストラリア戦の前日会見で、「相手ボールの時の形という練習を、かなり行っている」と明かした指揮官は、今後に攻撃面でもアギーレ色というべき決まり事を植え付けていくのだろうか。それとも、「自由」を与えることこそが、最大のアギーレ色ということになるのか。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141120/251929.html

【オーストラリア代表撃破はザックの遺産ではない。日本代表に与えた「自由」がアギーレの「色」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

ザックがW杯後初来日へ…11月の講演で組織マネジメントを語る – サッカーキング

10-11,14 zac

スカパーJSAT 株式会社は10日、「スカパー! presents アルベルト・ザッケローニ流 一流の組織マネジメント powered by FIELD MANAGEMENT」の開催を発表した。  

イベントは、同社が経営コンサルティングや新規事業の開発・運営を行う株式会社フィールドマネージメントとともに、前サッカー日本代表監督のアルベルト・ザッケローニ氏を招いて実施。ミラン、ユヴェントス、インテルといったイタリアのビッグクラブを率い、日本代表をブラジル・ワールドカップまで4年間指揮したザッケローニ氏が、「一流の組織マネジメント」について講演をする。

なお、ザッケローニ氏はブラジル・ワールドカップ後では初来日。イベントは有料で、価格は税込み9800円。11 月 26 日に、ベルサール渋谷ファーストで行われる。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/japan_other/20141011/240903.html?view=more

【ザックが日本に”帰国”!!11月の組織マネジメントの公演でブラジルワールドカップ後初来日◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

独占インタビュー!これが日本代表アギーレ新監督の野望 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

8-1,14 jap

サッカー日本代表監督への就任が決まったハビエル・アギーレ氏(55)が7月31日、デイリースポーツの独占インタビューに応じた。メキシコ代表を2度、W杯16強に導いたメキシコ人指揮官は「私にとって(コーチ、選手時代を含めて)5回目のW杯出場を目指す。私のキャリアの中でも重要な挑戦の一つ」と意欲満々。日本への好印象も口にした名将は、まずは18年W杯ロシア大会の出場権獲得へ全力を尽くす考えを示した。

‐以前から日本代表監督就任の噂はあったが、日本協会との合意が発表された。今の心境は。  

「とても満足している。新しい挑戦で日本へ行ける。とてもモチベーションが上がっている」  

‐監督として経験は豊富だが、日本代表を率いることはひと味違う。自身のキャリアにとって最大かつ最後の挑戦になるのか。  

「ノー、ノー。私は4回のW杯経験があり、5回目の出場を目指す。今回は私にとって最後ではないが、重要な挑戦の一つであることは間違いない」  

‐W杯で日本代表の試合を見たと思うが、印象は。  

「もちろん、日本の試合は見た。ただ、その時点で何も決まっていなかったから、あくまで参加チームの一つとしてだが…。感想としてはコロンビア戦、ギリシャ戦、コートジボワール戦を含めて、いい形で試合をスタートしていたが、いいスコアで試合終了を迎える力強さに少し欠けていた。運の悪さもあったが、終盤の強さが欲しい」  

‐ハビエル・アギーレの代名詞とも言うべきキャラクターの強さ、気力、迫力が備われば日本代表は大きく変わると思うか。  

「ノー、ノー、ノー。われわれはこれまでやってきたことに敬意を示し、自分たちのスタイルや形を継続する。それはボールをしっかりと扱い、多くの選手が攻撃参加し、相手より多くボールを保持して試合を支配するというもの。リードしていて最後の5分でひっくり返されるのではなく、しのぐことも試合のコントロールの中に含まれる。最終段階で激しい攻防を戦いきり、注意深く対応するのは重要。そこでポイントが取れるとか、勝利できるかが決まるのだから」  

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140801-00000026-dal-socc

【アギーレジャパンはこれまでの日本代表のスタイルを継続!!試合をコントロールする力を付けることが重要◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ