スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

サンプドリア

本田使わず逆戻りのミラン。遅いパス回し、死んだ右サイドの連携…前監督の仕事を潰して得た虚無感 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


ミランは現地時間17日、セリエA第33節でサンプドリアと対戦した。クリスティアン・ブロッキ新監督にとって就任初戦となった試合だか、ミランがアウェイで1-0の勝利を収めている。この試合で、本田圭佑に出場機会は訪れなかった。システムを変更したことで戦術も変わったのだが、シニシャ・ミハイロビッチ前監督を解任して感じたのは虚無感ともいえる結果だった。(取材・文:神尾光臣)

サンプドリア戦後、ミランのクリスティアン・ブロッキ監督は記者会見上で非常に満足そうな表情をしていた。就任初戦、しかも突然の監督交代劇で練習時間はあまり取れなかった中、アウェイで1対0だ。

もっとも、スタンドで観ていて監督と同じ感想は持てなかった。余計なタッチが多く、エリア前でスローダウンするパス回し、ガラ空きなサイドの守備、完全に死んだ右サイドの連携。決勝点はミランの選手のチャージをファウルだと解釈し、サンプドリアの選手が棒立ちになった隙をかろうじて突いたというものだった。

「内容は我々が勝ちに等しかったと思う。戦術的に準備したことをすべてやれた。ただ拮抗した試合は(偶発的な)エピソードが分ける。そうなって敗れたにすぎない」と語った敵将ビンチェンツォ・モンテッラ監督のコメントの方が、はるかに説得力があったように感じた。

おそらくシニシャ・ミハイロビッチ前監督なら、「やれることはまだまだやれていない」「正直勝つにふさわしい内容ではなかった」とコメントしていたであろう展開だった。

そして試合後、ブロッキ監督はトップ下の選手にどういうプレーを求めたのかということも、コメントの中で明らかにした。
「ボールに多く触ってパスを回していくようなクラシカルなトップ下ではなく、よく動いて左右のスペースに流れていくようなプレーを求める。そしてFWと連動し、3人で前線のスペースを突くという動きが理想だ。より攻撃的に振ることになるが、守備の負担を減らすことでそれは可能になるのかなと思う」

対してブロッキ監督のトップ下は、いわば2トップを後方からフォローするもう一人のFW的存在。2トップの動きに合わせ、流動的に前線で動くというものである。

ということで、敏捷性の高いボナベントゥーラがまずファーストチョイスとして選ばれ、彼を下げた後にはケビン・プリンス・ボアテンクを使うという選択に至ったのだろう。確かにスピード、特に瞬発力に劣る本田にとっては、戦術的にもやや不利な立場になったということを意味するのかもしれない。

もっともプレビューにも書いたが、戦術的なことも所詮建前で、別の陰謀論を勘繰らざるを得ないのがたまらなく虚しい。ともかく、ブロッキを推した人間にとって、本田もまた評価の対象外だったということなのだろうか?

確かに1ゴール3アシストという数字は少ない。だが一度はスタメンを外されながら、這い上がってチームのために尽力し、戦術的にもバランサーとして機能していたという事実があり、チームメイトからの信頼も寄せられていたはずだった。なのになぜ、という印象は、試合中ずっと拭えなかった。

インテンシティの低いプレス、再び間延びした距離感、結局中盤省略に走るパス回し。これまでの本田の努力、そしてそれを評価して活かしたミハイロビッチ監督の仕事を潰してこれなのか、前半戦はともかく後半戦のパフォーマンスは否定するほど意味のないものだったのかと、非常にやるせない気持ちになった。

「練習ではポジティブなものを見せている。6試合の間に貢献をするチャンスも彼には来るだろう」とブロッキ監督は本田について語った一方、「23人全てに出場のチャンスを与えることはできないのだ」と完全にリザーブメンバーの一人であるかのような数え方もしていた。

全文はソース元で

引用元 : 本田使わず逆戻りのミラン。遅いパス回し、死んだ右サイドの連携…前監督の仕事を潰して得た虚無感 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【本田を起用しないミランは死んでいた… 無に帰した1年間の功績とトップ下に求められるプレーとは】の続きを読む

ここ2か月で最高の出来を見せたサンプドリア戦。本田の立場は変わるのか? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


本田圭佑、ここ最近で1番良いプレー見せるもミランでの立場は・・・

11月28日のセリエA14節、ミランはサンプドリアを4-1で撃破した。9試合連続のベンチスタートとなった本田は、4-0だった80分にチェルチと代わって右サイドハーフとして途中出場。7試合連続の試合終盤投入となった。

このゲームで最大の見せ場は85分。サンプドリアのシルベストレからレジーニへの緩いパスをハーフウェーライン付近でカットし、そのまま前線へダッシュ。こぼれ球を拾ったL・アドリアーノから縦パスをもらい、ペナルティーエリア手前で敵DFと1対1の状況に。ドリブル突破も仕掛けられる状況だったが、中央に走り込んできたフリーのバッカに左足でラストパスを供給。コロンビア代表FWはこれをダイレクトでシュートしたが、GKに弾かれて惜しくもゴールはならなかった。  

攻撃面ではほとんど何もできずに終わっていた過去6試合と比べれば、この日はすでに敗戦濃厚だったサンプドリアが緩かったこともあり、可能性を感じさせるプレーを見せた本田。しかし、スタメンへの返り咲きは容易ではない。

「攻撃ではリスクを負ってでも、相手ディフェンダーを抜きにいかなければいけない。チェルチ、ニアング、ボナベントゥーラにはそれを期待している。とくにチェルチには、ミスをしても怒らないが、トライしなければ怒ると言ってある」

前日会見でそう語っていたミハイロビッチ監督の期待に、攻撃陣はしっかり応えたと言える。戦術的にはSBが守備優先で攻め上がりを自重し、さらにFWやセントラルMFもあまりフォローに寄らず、サイドハーフが敵SBと1対1になる状況を作り出そうという意図がハッキリと見て取れた。
 
その中で右サイドのチェルチは、縦の突破とカットインを織り交ぜた得意のドリブルで幾度となくサンプドリア守備陣を翻弄。一方で左サイドのボナベントゥーラも、敵ディフェンスラインのデッドスペースを突く巧みな動きを見せた。いずれも2ゴールずつに絡み、前者は1アシスト、後者は1ゴールと明確な結果も出している。
 
ライバルがこれだけハイパフォーマンスを見せたうえ、そもそも本田は今のミランのサイドハーフに求められる「1対1の突破力」が高いとは言えない。チェルチとボナベントゥーラが怪我にでも倒れない限り、スタメンの座が巡ってくる可能性は低いだろう。
 
チームのシステムが4-3-3から4-4-2に変わり、ここ2か月では最高のパフォーマンスを見せたとはいえ、ミランで本田が置かれている状況に劇的な変化はない。

文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)


全文はソース元で

引用元 : ここ2か月で最高の出来を見せたサンプドリア戦。本田の立場は変わるのか? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑、ここ最近で1番良いプレー見せるもミランでの立場は・・・】の続きを読む

伊紙、途中出場の本田に「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも…」 | サッカーキング


本田が存在感を発揮!伊紙「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも不運」【タッチ集&ハイライト動画】

セリエA第14節が28日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはホームでサンプドリアと対戦し、4-1で快勝した。  

イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は同試合に出場した各選手の採点と寸評を発表。80分から7試合連続の途中出場となった本田は採点なし。寸評では「僅かの出場時間に素晴らしいパスを出す時間を得るも、バッカがこれを台無しに」と、アシストとはならなかったものの好機を演出したパスに高評価を与えている。

全文はソース元で

引用元 : 伊紙、途中出場の本田に「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも…」 | サッカーキング

【本田が存在感を発揮!伊紙「僅かな時間で素晴らしいパスを出すも不運」【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

ミラン本田、指揮官の愛弟子司令塔獲得暗礁により残留確定 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

 本田圭佑、ミラン残留が確定!ソリアーノは獲得できずか?

ACミランの日本代表FW本田圭佑がこの夏の移籍市場では移籍せず、来年1月まで残留することが確実になったと、イタリア地元紙「コリエレ・デロ・スポルト」が報じている。  

ミランはサンプドリアで昨季までシニシャ・ミハイロビッチ監督の愛弟子だったMFロベルト・ソリアーノの獲得に動いていた。1000万ユーロの移籍金でオファーを出していたが、サンプドリア側は移籍金1300万ユーロを譲らず。バイエルン・ミュンヘンの下部組織出身でドイツ代表の名手にちなみ、「小さなバラック」と呼ばれていた司令塔を放出しなければいけないほど、資金的に苦しんでもいないため、指揮官が熱望していたソリアーノ獲得交渉が暗礁に乗り上げているという。  

ソリアーノ移籍交渉の失敗が本田と元U-21スペイン代表MFスソの今夏の移籍市場での残留確定に結びついたという。

記事では「この(ソリアーノの)ストップは本田とスーゾにチャンスを与えた。本田にはまだプレミア(トッテナム)からリクエストが来ている。今季は最低でもミランに残ると決めた」とレポート。プレミア強豪トットナムから獲得の動きはあるものの、ミランは背番号「10」をこの移籍市場でチームに残すことに決めたという。

「サンシーロスタジアムのVIP席も保証した。彼の家族と友達はホーム戦でVIP席にミランの試合を毎回予約している。司令塔としてリーダーシップが疑問視され、議論されるようになれば、1月に新たな提案を受け入れるかもしれない。ミハイロビッチはスーゾを放出不可能選手として考えている。ソリアーノが来なければなおさら、残す理由となる」

全文はソース元で

引用元 : ミラン本田、指揮官の愛弟子司令塔獲得暗礁により残留確定 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑、ミラン残留が確定!ソリアーノは獲得できずか?】の続きを読む

長友、一転してインテル残留か…サンプドリアは代役確保で撤退へ | サッカーキング

長友、やはりインテル残留が濃厚か!?ジェノア勢は代役補強で撤退

移籍が噂されるインテルの日本代表DF長友佑都が、一転して同クラブへ残留する可能性が高まった。24日、イタリアメディア『FCInternews.it』など各メディアが報じている。  

これまで長友はチームを率いるロベルト・マンチーニ監督から信頼を得ることができず、ガラタサライ、サンプドリア、ジェノアなど複数クラブへの移籍が報じられてきた。しかし、現在まで移籍は実現しておらず、このまま残留する可能性が高まったという。  

イタリアメディア『スカイ・イタリア』によると、移籍が有力視されてきたサンプドリアは、同じ左SBの候補としてユヴェントスのDFパオロ・デ・チェリエの獲得に動いており、同選手の移籍は決定的だという。  

また、同じく両SBでプレーするDFダニーロ・ダンブロージオがマルセイユへ移籍する可能性が浮上し、同選手が移籍した場合は長友が残留するという。

全文はソース元で

引用元 : 長友、一転してインテル残留か…サンプドリアは代役確保で撤退へ | サッカーキング

【長友はインテル残留が濃厚か!?ジェノア勢は代役補強で撤退】の続きを読む

サンプドリアがバロテッリ獲得へ…カッサーノとの悪童コンビ実現か | サッカーキング

サンプドリア、バロテッリの獲得でカッサーノと悪童コンビ結成か!?

サンプドリアのマッシモ・フェレーロ会長が、リヴァプールに所属するイタリア人FWマリオ・バロテッリの獲得に動いていると、イタリアメディア『スカイ』が12日に報じた。  

同メディアによるとフェレーロ会長が、バロテッリの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏と接触し、交渉を開始した模様。サンプドリアはレンタルでの獲得を希望しており、バロテッリの高額年俸について、保有権を持つリヴァプール側の協力が必要とみられている。

全文はソース元で

引用元 : サンプドリアがバロテッリ獲得へ…カッサーノとの悪童コンビ実現か | サッカーキング

【サンプドリア、バロテッリの獲得でカッサーノと悪童コンビ結成か!?】の続きを読む

長友を巡るジェノヴァダービー、“友人”の後押しも…? (GOAL) - Yahoo!ニュース

長友、親友カッサーノの後押しでサンプドリア移籍か?

インテルに所属する日本代表DF長友佑都の去就が、引き続き注目を集めている。ガラタサライ移籍が濃厚と伝えられた後、サンプドリアとジェノアの2チームが動き出している様子だ。

ジェノヴァの2チームが長友を狙う理由は、それぞれある。ジェノアは長友の特長をチームに加えることがプラスと考えており、獲得に関心があるようだ。サンプドリアについてはロレンツォ・デ・シルヴェストリの長期離脱がある。すでにDFマッティア・カッサーニを獲得しているが、さらに長友を加えるかもしれない。

イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』は、FWアントニオ・カッサーノのサンプドリア加入が決まったことにも触れた。カッサーノはインテル時代に長友と良い関係を築いていたため、この友情が移籍を左右する可能性があるかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : 長友を巡るジェノヴァダービー、“友人”の後押しも…? (GOAL) - Yahoo!ニュース

【長友、親友カッサーノが勧誘!?サンプドリアへ移籍の可能性】の続きを読む

カッサーノ、サンプでメディカルチェック 復帰が確実に - Goal.com

カッサーノ、サンプドリア復帰で合意!会長が獲得を明言 

サンプドリアがFWアントニオ・カッサーノを獲得することが確実となった。イタリア各メディアが、9日に契約書にサインすると報じている。

サンプのワルテル・ゼンガ監督は当初、カッサーノの加入に難色を示していたが、チームがヨーロッパリーグ予選で敗退したこともあり、マッシモ・フェレーロ会長が獲得に動いたと言われている。

報道によると、カッサーノは8日にサンプドリアのメディカルチェックを受けた。クラブとはボーナス別の年俸70万ユーロ、2年契約という条件で合意に達しているようだ。

「2年のために獲得するのではない。我々のバンディエーラ(旗頭)とするために獲得するんだ。彼は素晴らしい男であることを示すだろう」。イタリア『ANSA通信』は、これがフェレーロ会長の「考え」だと報じている。

全文はソース元で

引用元 : カッサーノ、サンプでメディカルチェック 復帰が確実に - Goal.com

【カッサーノ、サンプドリア復帰で合意!会長が獲得を明言 】の続きを読む

長友を巡るジェノバダービー サンプとジェノアがピッチ外で激しく火花か!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

長友、サンプドリアとジェノアが獲得で火花!!ジェノバダービーに

インテルの日本代表DF長友佑都は、先日の親善試合で人数合わせ的な起用で屈辱を味わった。ロベルト・マンチーニ監督から事実上の構想外を告げらている中でも、他クラブからの評価は高く、引く手あまたの状態にあるようだ。  

イタリア紙「トゥット・スポルト」は、「インテルからの出口にいる長友、移籍市場でサンプドリアとジェノアのダービー」という見出しで、以前から興味を示していたサンプドリアに加え、ジェノアも手を挙げていると報じている。  

ガラタサライとの移籍交渉が難航する中、イタリア国内の2クラブも現実的な候補に挙がっているという。ともに昨季のリーグ戦ではヨーロッパリーグ出場権を争い、インテルよりも上位でフィニッシュしている。

全文はソース元で

引用元 : 長友を巡るジェノバダービー サンプとジェノアがピッチ外で激しく火花か!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【長友、サンプドリアとジェノアが獲得で火花!!ジェノバダービーに】の続きを読む

マンUがアルゼンチン代表GKロメロの獲得を正式発表 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

マンU、アルゼンチン代表GKロメロを獲得を発表 デ・ヘアの去就は?

マンチェスター・ユナイテッドは27日、アルゼンチン代表GKセルヒオ・ロメロを獲得したことを発表した。昨季限りでサンプドリア(イタリア)との契約が満了しており、フリートランスファーでの加入となる。契約期間は3年で、1年延長のオプションが付いている。  

ロメロはクラブの公式サイトで「マンチェスター・ユナイテッドに加わることができて非常にうれしい。世界最大のクラブでプレーするという夢が叶う。ルイス・ファン・ハール監督は素晴らしい監督で、この新しく、エキサイティングなチャレンジが待ち切れない」と喜びを表している。  

AZ監督時代にもロメロを指導しているルイス・ファン・ハール監督は「私がAZの監督時代に若手だった彼がマンチェスター・ユナイテッドに加わってくれてうれしく思う」と歓迎。昨年のブラジルW杯でファン・ハール監督率いるオランダ代表は準決勝でアルゼンチンにPK戦の末、敗れており、「昨年、ブラジルで開催されたW杯で素晴らしい活躍を見せた。心の片隅に引っかかっていたことは押しのけたがね!」と、冗談交じりにコメントしている。

全文はソース元で

引用元 : マンUがアルゼンチン代表GKロメロの獲得を正式発表 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【マンU、アルゼンチン代表GKロメロを獲得を発表 デ・ヘアの去就は?】の続きを読む

このページのトップヘ