スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

クリスティアン・ブロッキ

ミラン監督「本田は両方ともこなせる」 試合前日会見でコメント (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

ミラン監督ブロッキ「本田はトップ下と右サイド両方でプレーできる」プロ意識を称賛も主力扱いはせず

日本代表MF本田圭佑の所属するACミランのブロッキ監督が30日、ミラノ郊外の練習場ミラネッロで試合前日の定例会見を行い「本田はトップ下、右サイドのどちらでもできる」などと話した。ミランニュース.itなどが報じた。  

同監督は「本田が右サイドに広がってプレーしている時、周りは日本代表でやっているトップ下のボジションの方が適していると言っていた。もし今、私が本田に最前列の後ろでプレーさせたら人々は『ブロッキはサッカーの何をわかっているんだ?』と言うのだろう」とコメント。

全文はソース元で

引用元 : ミラン監督「本田は両方ともこなせる」 試合前日会見でコメント (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【ミラン監督ブロッキ「本田はトップ下と右サイド両方でプレーできる」プロ意識を称賛も主力扱いはせず】の続きを読む

ミラン監督が本田に賛辞もトップ下の序列は不動と断言 「ボナベントゥーラこそが一番手」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ミラン監督が酷すぎる言動!本田は活躍してもトップ下の序列は「ボナヴェントゥーラが1番手」

ACミランの日本代表FW本田圭佑は、25日の敵地ベローナ戦で4-3-1-2システムのトップ下としてクリスティアン・ブロッキ新監督の就任後、初先発を果たした。先制点に絡むミドルシュートを放つなど奮闘したが、相手の逆転FK弾に直結するハンドを犯すなど逆転負けの一因を作ってしまった。就任3試合目で初めて本田をピッチに送り込んだブロッキ監督はこの日、故障で欠場したイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラこそが「トップ下でナンバーワンの選択肢」と初めて断言。本田は新政権での序列を崩すことができず、ベンチ行きの可能性が高まっている

「本田は今日、ともかくいい試合をした。いい解決法を提案していた。何回か適切なスペースを見つけた。少し下がり過ぎた時もあったが、ともかくポジティブだった。試合の最後の最後まで明晰さを持って、よく闘った選手の一人」

ブロッキ監督は試合後の会見でこう語った。トップ下として攻撃面での提案、攻守にわたる奮闘を称え、前向きな評価を与えていた。しかしブロッキ政権発足後、シルビオ・ベルルスコーニ会長の偏愛する4-3-1-2システムのトップ下としての序列を崩すには至らないと、非情な結論を述べている。

「ここ最近たくさんの人に、本田はブロッキの3番目、4番目の選択肢か? といろいろ聞かれたが、僕のトップ下に対する見解はボナべントゥーラのプレースタイルこそが、司令塔のポジションには適している。それは確実だ。違う方法で試合をしたいと決めた時に、本田は違う表現ができる選手として好きだ。サイドでスタートし、時間を作ることが巧いし、攻撃もできる。それも解決法のひとつ」

全文はソース元で

引用元 : ミラン監督が本田に賛辞もトップ下の序列は不動と断言 「ボナベントゥーラこそが一番手」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミラン監督が最低の言動!本田は活躍してもトップ下の序列は「ボナヴェントゥーラが1番手」】の続きを読む

就任後約20日で解任か…迷走ミラン、次節後に監督再交代の可能性浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

ミランが酷すぎる!次節終了後にミハイロビッチが復帰か?ブロッキは就任20日で解任…

日本代表FW本田圭佑が所属するミランのクリスティン・ブロッキ監督が、次節終了後に解任の可能性があることがわかった。イタリア紙『コリエレ・デッロ・スポルト』が26日に報じている。  

ブロッキ新監督は指揮初戦となった17日のセリエA第33節サンプドリア戦こそ1-0で勝利を収めたものの、21日の第34節ではカルピとスコアレスドロー、そして25日の第35節では最下位ヴェローナに逆転負けを喫し、就任後3試合で1勝1分け1敗と思うような結果を残せていない。  

初黒星を喫したヴェローナ戦後、ブロッキ監督は「難しいことはわかっていた。自分に与えられた40日間でベストを尽くす以外のことは考えていない」と話していたが、5月1日に行われる次節のフロジノーネ戦で勝つことができなければ、解任される可能性があると報じられている。  

ブロッキ監督就任から約20日での指揮官再交代の可能性を報じられたミラン。ブロッキ監督が解任された場合、後任にはミハイロヴィッチ前監督が復帰するものと見られている。

全文はソース元で

引用元 : 就任後約20日で解任か…迷走ミラン、次節後に監督再交代の可能性浮上 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ミランが酷すぎる!次節終了後にミハイロビッチが復帰か?ブロッキは就任20日で解任…】の続きを読む

本田が新監督に評価されていないのは明白 だが、居場所がないとは限らない〈dot.〉 (dot.) - Yahoo!ニュース

本田圭佑はミランに居場所があるかも!?だが、今は評価されてないのは明らか

クリスティアン・ブロッキ新監督の中で、本田圭佑の序列が低いことは、もはや明白だ。だが、今後もミランに本田の居場所がないかどうかは、まだ分からない。  

この時点で、トップ下の序列が明確になる。レギュラーはボナヴェントゥーラ、2番手はボアテング、本田は3番手以下ということだ。それは、ブロッキ監督がトップ下に敏捷性を求めるからだろう。ボールを持ちたがり、個の力に頼りがちなFWマリオ・バロテッリの存在も影響しているかもしれない。

結果だけを求めるのであれば、本田を入れ、これまで機能していた4-4-2に変えることもできた。だが、ブロッキ監督に対する評価基準には、結果だけでなく、プレー内容も含まれていると言われる。つまり、ベルルスコーニ会長が好むやり方で結果を残さなければいけないのだ。だからこそ、4-3-1-2にこだわらなければいけなかった。

そしてその4-3-1-2において、本田は指揮官から評価されていないことが明白になった。ならば、本田がミランにいる意味はなくなる。本人は自身の力で名門ミランの復活に貢献したいと思っているかもしれない。だが、契約も最終年を迎えるだけに、夏の移籍も選択肢にあるはずだ。

ただ問題は、ブロッキ監督が続投するかどうか不透明な点だ。

確かに、新監督は会長の理想に近付こうとしている。徹底したボールつなぎは、4-4-2でカウンターを武器とした前任者のやり方と大きく異なるものだ。ポゼッション率76.9%は、今季のセリエA最高の数字である。

しかし、会長の理想を究めるだけの戦力と環境は整っていない。残りわずかとなった今シーズン中に、会長を納得させられるプレーに昇華させられる可能性は低いと言わざるを得ないだろう。

そしてその場合、会長がブロッキ監督に代わる新監督を呼ぶ可能性も十分にある。監督交代となれば、本田を取り巻く状況も再び変わるだろう。そのとき、背番号10はどのような決断を下すのか…。いずれにしても、すべては残り4試合とコッパ・イタリア決勝での「ブロッキ・ミラン」の出来に懸かっている。

全文はソース元で

引用元 : 本田が新監督に評価されていないのは明白 だが、居場所がないとは限らない〈dot.〉 (dot.) - Yahoo!ニュース

【本田圭佑はミランに居場所があるかも!?だが、今は評価されてないのは明らか】の続きを読む

本田、今季残り試合は全て出番なし? 今週末もベンチ予想で序列が明確に (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

本田、今季はもうプレー出来ない!?ミランでの序列は”8番手”

今季もう本田圭佑には出番は回ってこないかもしれない。  

公式戦5試合を残すミランだが、クリスティアン・ブロッキ監督による序列は試合を重ねるごとに明確になっている。22日付けのイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、今週末のエラス・ヴェローナ戦でも本田はベンチを温めるようだ。  

ブロッキ監督にとって本田の序列が非常に低いことは前節の交代策からも伺える。トップ下というポジションに限れば三番手、中盤全体では八番手程度といった起用方針だ。  

ヨーロッパリーグ出場権争いとコッパ・イタリア決勝を控えているミランだが、果たして本田のプレーを観ることは叶うのだろうか。

(文:Keiske Horie)

全文はソース元で

引用元 : 本田、今季残り試合は全て出番なし? 今週末もベンチ予想で序列が明確に (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【本田、今季はもうプレー出来ない!?ミランでの序列は”8番手”】の続きを読む

イタリアメディアの提言 機能不全のブロッキ政権で出番なしの本田に「チャンスを与えるべき」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

なぜ、本田にチャンスを与えない!?イタリアメディアもミランを酷評

本拠地で残留争いのカルピを相手にスコアレスドローを演じたACミランを、イタリアメディアは厳しい目で批評している。サッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」は、「ベルルスコーニシステムは失敗」とトップ下を置く4-3-1-2システムを一刀両断した上で、クリスティアン・ブロッキ新監督就任後、2試合連続で出番なしに終わった日本代表FW本田圭佑の起用を提言している。

「全てのポジションにおいて、このベルルスコーニが愛する4-3-1-2システムは失敗だ。すでに前節のサンプドリア戦(1-0勝利)で、ポジティブなものばかりでないことが見えていたはずだ。カルピの守備戦術に対して、中央で1対1でマークに付かれて抑え込まれた。この役割に適した司令塔がチームにいないことにさかのぼるが、ボアテングにブロッキはチャンスを与えようとした。しかし、これは勝算のない賭けだ」

そして、「この2試合で、少なくとも1回は本田にチャンスが与えられるべきだった。彼が忘れ去られている存在なのは驚きだ。選手の個性と技術面を考えても、起用されるべき選手はそこにいたはずだ」と、2試合連続でベンチスタートから出番なしに終わった本田の扱いについて疑問符が付けられ、起用が提言されている。

さらに、「下部組織での“良いサッカー”がベルルスコーニに決断させたのかもしれないが、この日のピッチのどこにも“良いサッカー”は存在しなかった」

全文はソース元で

引用元 : イタリアメディアの提言 機能不全のブロッキ政権で出番なしの本田に「チャンスを与えるべき」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【なぜ、本田にチャンスを与えない!?イタリアメディアもミランを酷評】の続きを読む

本田使わず逆戻りのミラン。遅いパス回し、死んだ右サイドの連携…前監督の仕事を潰して得た虚無感 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


ミランは現地時間17日、セリエA第33節でサンプドリアと対戦した。クリスティアン・ブロッキ新監督にとって就任初戦となった試合だか、ミランがアウェイで1-0の勝利を収めている。この試合で、本田圭佑に出場機会は訪れなかった。システムを変更したことで戦術も変わったのだが、シニシャ・ミハイロビッチ前監督を解任して感じたのは虚無感ともいえる結果だった。(取材・文:神尾光臣)

サンプドリア戦後、ミランのクリスティアン・ブロッキ監督は記者会見上で非常に満足そうな表情をしていた。就任初戦、しかも突然の監督交代劇で練習時間はあまり取れなかった中、アウェイで1対0だ。

もっとも、スタンドで観ていて監督と同じ感想は持てなかった。余計なタッチが多く、エリア前でスローダウンするパス回し、ガラ空きなサイドの守備、完全に死んだ右サイドの連携。決勝点はミランの選手のチャージをファウルだと解釈し、サンプドリアの選手が棒立ちになった隙をかろうじて突いたというものだった。

「内容は我々が勝ちに等しかったと思う。戦術的に準備したことをすべてやれた。ただ拮抗した試合は(偶発的な)エピソードが分ける。そうなって敗れたにすぎない」と語った敵将ビンチェンツォ・モンテッラ監督のコメントの方が、はるかに説得力があったように感じた。

おそらくシニシャ・ミハイロビッチ前監督なら、「やれることはまだまだやれていない」「正直勝つにふさわしい内容ではなかった」とコメントしていたであろう展開だった。

そして試合後、ブロッキ監督はトップ下の選手にどういうプレーを求めたのかということも、コメントの中で明らかにした。
「ボールに多く触ってパスを回していくようなクラシカルなトップ下ではなく、よく動いて左右のスペースに流れていくようなプレーを求める。そしてFWと連動し、3人で前線のスペースを突くという動きが理想だ。より攻撃的に振ることになるが、守備の負担を減らすことでそれは可能になるのかなと思う」

対してブロッキ監督のトップ下は、いわば2トップを後方からフォローするもう一人のFW的存在。2トップの動きに合わせ、流動的に前線で動くというものである。

ということで、敏捷性の高いボナベントゥーラがまずファーストチョイスとして選ばれ、彼を下げた後にはケビン・プリンス・ボアテンクを使うという選択に至ったのだろう。確かにスピード、特に瞬発力に劣る本田にとっては、戦術的にもやや不利な立場になったということを意味するのかもしれない。

もっともプレビューにも書いたが、戦術的なことも所詮建前で、別の陰謀論を勘繰らざるを得ないのがたまらなく虚しい。ともかく、ブロッキを推した人間にとって、本田もまた評価の対象外だったということなのだろうか?

確かに1ゴール3アシストという数字は少ない。だが一度はスタメンを外されながら、這い上がってチームのために尽力し、戦術的にもバランサーとして機能していたという事実があり、チームメイトからの信頼も寄せられていたはずだった。なのになぜ、という印象は、試合中ずっと拭えなかった。

インテンシティの低いプレス、再び間延びした距離感、結局中盤省略に走るパス回し。これまでの本田の努力、そしてそれを評価して活かしたミハイロビッチ監督の仕事を潰してこれなのか、前半戦はともかく後半戦のパフォーマンスは否定するほど意味のないものだったのかと、非常にやるせない気持ちになった。

「練習ではポジティブなものを見せている。6試合の間に貢献をするチャンスも彼には来るだろう」とブロッキ監督は本田について語った一方、「23人全てに出場のチャンスを与えることはできないのだ」と完全にリザーブメンバーの一人であるかのような数え方もしていた。

全文はソース元で

引用元 : 本田使わず逆戻りのミラン。遅いパス回し、死んだ右サイドの連携…前監督の仕事を潰して得た虚無感 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【本田を起用しないミランは死んでいた… 無に帰した1年間の功績とトップ下に求められるプレーとは】の続きを読む

本田、今季限りでミラン退団か。新監督が来季も残留なら構想外に? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


本田、今夏にミラン退団、移籍か!?来季ブロッキ監督続投なら構想外に

ミランは今季から就任したシニシャ・ミハイロビッチ前監督を解任したが、日本代表FW本田圭佑も今季限りで退団となってしまうかもしれない。伊メディア『カルチョメルカート.com』が報じている。  

ミハイロビッチ前監督を解任したことで、ミランの下部組織で指揮を執っていたクリスティアン・ブロッキ監督が内部昇格している。  

あくまで今季終了後までの暫定監督であるが、もし来季もブロッキ監督がミランに留まるようであれば、本田は構想外となり退団する可能性があると同メディアは伝えている。  

本田はミハイロビッチ前監督のもとで4-3-3や4-4-2の右サイドで定位置を確保し信頼も得ていたが、ブロッキ監督は4-3-1-2のシステムを採用するとみられており、その場合は本田ではなくジャコモ・ボナベントゥーラがトップ下のポジションを務めることになるという。


全文はソース元で

引用元 : 本田、今季限りでミラン退団か。新監督が来季も残留なら構想外に? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【本田、今夏にミラン退団、移籍か!?来季ブロッキ監督続投なら構想外に】の続きを読む

本田は右サイド? ブロッキのミランは4-3-3で始動か (GOAL) - Yahoo!ニュース

本田はブロッキ新体制で活きる!?新生ミランの4-3-3戦術は・・・

ミランは12日、シニシャ・ミハイロビッチ監督を解任し、クリスティアン・ブロッキ新監督の誕生を発表した。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、日本代表MF本田圭佑が右サイドで起用されるのではないかと予想している。

ブロッキ新監督は、ひとまず4−3−3のシステムを採用する可能性が高いようだ。本田は右のウィングで、ジェレミー・メネスが代役候補としている。

同紙の予想メンバーは以下のとおり。

GK:ドンナルンマ
DF:アバーテ、アレックス、ロマニョーリ、アントネッリ
MF:クツカ(ポーリ)、ロカテッリ(モントリーヴォ)、ベルトラッチ(ポーリ)
FW:本田(メネス)、バッカ、ボナヴェントゥーラ(バロテッリ)

また、シルヴィオ・ベルルスコーニ名誉会長が好む4−3−1−2も選択肢にあると考えられる。

ユースチームを指揮していたブロッキ監督は、ボールポゼッションを大事にする指導者だという。グラウンダーの素早いパスをつなぐことを求めるタイプとのことだ。

全文はソース元で

引用元 : 本田は右サイド? ブロッキのミランは4-3-3で始動か (GOAL) - Yahoo!ニュース

【本田はブロッキ新体制で活きる!?新生ミランの4-3-3戦術は・・・】の続きを読む

ミラン新監督が就任会見…本田トップ下起用の可能性も (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

ミラン本田、トップ下でポジション争い 新監督が会長お気にの4312システムを明言

サッカー日本代表FW本田圭佑が所属するACミランのクリスティアン・ブロッキ新監督が13日午後(日本時間同日夜)、ミラノ郊外の練習場・ミラネッロで就任会見を行った。  

同監督は「残り7試合を全勝利できるるとは言わないが、私の100%を出し切りたい」などと抱負を語った。フォーメーションについては「これまで4-3-3を用いてきた。4バック、中盤は攻撃的な3人でのプレーが好みだ。今季のユースでは後半、トップ下を置いてきた。間違いなくこのような布陣で行く。チームには3トップ、またトップ下ができる選手がいる」と説明した。

全文はソース元で

引用元 : ミラン新監督が就任会見…本田トップ下起用の可能性も (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【ミラン本田、トップ下でポジション争い 新監督が会長お気にの4312システムを明言】の続きを読む

このページのトップヘ