スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

クラスノダール

香川ら主力の温存策実らず ドルトムントがELクラスノダール戦で「歴史的な敗北」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


やはり香川が必須か!?ドルトムント、ELでゴールを奪えず歴史的敗戦【ハイライト動画】

ドルトムントは26日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第5節でクラスノダール(ロシア)と敵地で対戦。開始早々の失点が決勝点となり0-1で敗れて、今季のELで初黒星を喫した。ドルトムント公式サイトによれば、前身のUEFAカップ時代も含め、この大会のアウェーゲームで敗れたのは2003年11月27日のソショー(フランス)戦に0-4で敗れて以来、実に12年ぶりのことだという。また、トーマス・トゥヘル監督の下、公式戦24試合目にして初めて無得点で試合を終えた。この試合、日本代表MF香川真司は遠征に帯同せず、出場はなかった。

トゥヘル監督は香川に加え、MFロイス、オーバメヤンを遠征メンバーから外し、29日のリーグ第14節シュツットガルト戦に温存させる一方、GKビュルキ、DFギンター、ソクラティスもベンチスタートと主力6人を休ませた。  

ドルトムントの公式サイトではフンメルスの与えたPKを「歴史的な判断」とレポート。欧州のカップ戦219試合で最も早い時間帯にチームが与えたPKだった。この日の黒星についても「歴史的な敗北」としている。ロシアでの敵地戦で敗れるのはチーム4試合目で初のことだった。  

歴史的な敗北を喫したドルトムント。主力を温存しながら圧倒的な攻勢に出たが、ハンブルガーSV戦(1-3)に続く連敗となった。29日には、中2日でシュツットガルトとのリーグ戦を迎える。温存された香川、ロイス、オーバメヤンが先発復帰し、攻撃ユニット「ファンタスティック4」の爆発が期待されるところだ。

全文はソース元で

引用元 : 香川ら主力の温存策実らず ドルトムントがELクラスノダール戦で「歴史的な敗北」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【やはり香川が必須か!?ドルトムント、ELでゴールを奪えず歴史的敗戦【ハイライト動画】】の続きを読む

香川、ベンチスタートの理由語る。決勝点あげた韓国人DFには「もっとできる」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

香川、ベンチスタートの理由を語る EL戦のモチベ低下とパク・チュホについても言及

【ドルトムント 2-1 クラスノダール ヨーロッパリーグ グループステージ】  

ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージ第1節が現地時間17日に行われた。日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはホームでクラスノダールと対戦し2-1と逆転勝利を収めている。  

この試合で後半から出場した香川が途中出場の理由を明かしている。今季は例年とは変わってヨーロッパリーグを戦うドルトムントだが、週末に大一番レバークーゼン戦を控えている。香川は「レバークーゼン戦だけでなく、その次の試合もある」と中2日が続くスケジュールが先発回避の理由だったことを明かした。  

香川は「(週末の大一番に)頭がいっていた部分もあったかなと。あとはチャンピオンズリーグを5、6年やっているところでヨーロッパリーグですから、どうしてもモチベーションを維持するのは難しい」

後半から投入されてからは「ボールの距離感だったり、パスの回し方だったりを意識した」とチームのリズムを変えることに専念した。最近の試合では見事な逆転勝利が増えているドルトムントだが、「最後までヒヤヒヤする展開にさせたという意味では課題が残る」と危機感を募らせている。  

また、決勝ゴールを決めた新加入のDFパク・チュホについては「1ゴール1アシストできたことは彼にとってよかったと思う」と称賛した。一方で「試合勘が増えてくれば、もっと良さが出る。今日は本来の力ではなかった」と語り、今後のさらなるパフォーマンス改善に期待した。

全文はソース元で

引用元 : 香川、ベンチスタートの理由語る。決勝点あげた韓国人DFには「もっとできる」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【香川、ベンチスタートの理由を語る EL戦のモチベ低下とパク・チュホについても言及】の続きを読む

途中出場の香川、役割を果たしたor果たさず…地元紙の評価分かれる | サッカーキング

途中出場の香川、ELクラスノダール戦の評価は分かれる ヤヌザイとチュホを高評価

17日に行われたヨーロッパリーグ・グループステージ第1節で、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、FCクラスノダール(ロシア)と対戦し、2-1の劇的な逆転勝ちをおさめて白星スタートとなった。  

ベンチスタートの香川は、1-1の後半からマルセル・シュメルツァーと交代でピッチに送られたが、地元紙の評価は分かれた。

『Westdeutsche Allgemeine』は、チーム最高点がシュメルツァーと新戦力アドナン・ヤヌザイの「3」と、採点が全体的に低めの中、香川も「3.5」となったが(最高1点、最低6点)、「シュメルツァーに代わり登場すると、目に見えて攻撃に動きが生まれた。65分にはアドナン・ヤヌザイのビッグチャンスを演出」と、香川が与えられた役割を全うしたことを評価した。  

一方、『Ruhr Nachrichten』紙は、ゴールを決めたギンター、パク・チュホの他、ヤヌザイとマッツ・フンメルスに、「2.5」と高めの採点を与えた中で、香川には「4」と厳しめの点数。

「ドルトムントの疲れ気味な攻撃を活性化させるべく、シュメルツァーと交代で後半から出場。しかしながら、本当に危険なアクションを起こすことはできなかった」と評し、香川が役目を果たさなかったと指摘している。

全文はソース元で

引用元 : 途中出場の香川、役割を果たしたor果たさず…地元紙の評価分かれる | サッカーキング

【途中出場の香川、ELクラスノダール戦の評価は分かれる ヤヌザイとチュホを高評価】の続きを読む

ドルトムント、パク・チュホの劇的決勝弾で開幕10連勝…香川は後半から出場 | サッカーキング

ドルトムント、パク・チュホのAT決勝弾で開幕10連勝・EL白星発進!香川は途中出場【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ヨーロッパリーグ・グループステージ第1節が17日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントとロシアのクラスノダールが対戦した。香川はベンチスタートとなっている。  

今シーズン開幕から公式戦で無傷の9連勝と絶好調をキープするドルトムント。昨シーズンのロシア・プレミアリーグで3位のクラスノダールをホームのシグナル・イドゥナ・パルクに迎えての対戦となった。ドルトムントは、香川に加え、MFユリアン・ヴァイグルもベンチスタート。MFマルコ・ロイスは負傷のため欠場している。一方で新加入のMfアドナン・ヤヌザイが右サイドハーフで初の先発出場。さらに新加入のDFパク・チュホも左インサイドハーフで出場しクラブデビューを果たしている。  

今シーズン、先制されることが多いドルトムント(失点した4試合の内3試合)。この日もクラスノダールに先行を許す。12分、左サイドでキープしたフェドル・スモロフがマティアス・ギンターをかわして折り返す。ニアサイドに飛び出したパヴェル・ママエフが右足で合わせてゴールネットを揺らした。この日27歳の誕生日を迎えたママエフはバースデーゴールでEL初得点を決めている。

ドローで試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、ドルトムントが逆転に成功する。右サイドのギンターからのクロスに、ファーサイドのパク・チュホがダイビングヘッドで押し込み、ゴールネットを揺らした。試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが2-1でクラスノダールに勝利。ドルトムントは今シーズン開幕から公式戦で無傷の10連勝となった。
 
ドルトムントは、10月1日に行われるCLグループステージ第2節でギリシャのPAOKとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
ドルトムント 2-1 クラスノダール
【得点者】
0-1 12分 パヴェル・ママエフ(クラスノダール)
1-1 45+1分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
2-1 90+3分 パク・チュホ(ドルトムト)

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント、パク・チュホの劇的決勝弾で開幕10連勝…香川は後半から出場 | サッカーキング

【ドルトムント、パク・チュホのAT決勝弾でEL白星発進&開幕10連勝!香川は途中出場【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ