スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ガレス・ベイル

レアルMFベイルが負傷で全治2週間か…S・ラモスら主力4人失う | サッカーキング

レアル・マドリード、主力4人を失う!ベイルが2週間の負傷離脱

レアル・マドリードは17日、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルが左足のヒラメ筋を負傷したことをクラブ公式HPで発表した。  

ベイルは15日に行われたチャンピオンズリーグ・グループステージ第1節のシャフタール戦に先発出場したが、31分に当該部位を痛めてクロアチア代表MFマテオ・コヴァチッチと交代していた。  

17日、ベイルはサニータス・ラ・モラレハ大学病院で検査を受け、左足ヒラメ筋の負傷と診断された。なお、クラブから離脱期間についての発表はないが、スペイン紙『マルカ』などは約2週間の離脱になると予想している。

全文はソース元で

引用元 : レアルMFベイルが負傷で全治2週間か…S・ラモスら主力4人失う | サッカーキング

【レアル・マドリード、主力4人を失う!ベイルが2週間の負傷離脱】の続きを読む

マドリー番記者が語る「デ・ヘア獲得失敗の余波とベイルの“ロナウド化計画”」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

レアルのベイルのロナウド化計画とデ・ヘア獲得失敗で振りかかるナバスの災難

レアル・マドリーの今夏の補強に対する評価は、たった1日で変わってしまった。 「デ・ヘア事件」が起きたからだ。  

ペーパーワークのミスという信じられない理由で、ダビド・デ・ヘアの獲得は幻に終わってしまった。マドリーはマンチェスター・ユナイテッドとともに、世界中で笑い者にされている。  

ホーム開幕戦となった2節のベティス戦(5-0)で、守護神のケイラー・ナバスはベルナベウのスタンドから大声援を受けていたが、これからはそういうわけにもいかないだろう。ミスをしようものなら、こんな声が飛び交うはずだ。

「だからデ・ヘアを獲るべきだったんだ」  

セルヒオ・アグエロとポール・ポグバの獲得にはチャレンジした。だが、それぞれマンチェスター・シティとユベントスの首を縦に振らすことができなかった。  

そこでマドリーは、強化方針を切り替えた。ビッグネームを加える大型補強ではなく、現有戦力を底上げする方向に、だ。

なかでも重点が置かれたのが、ガレス・ベイルのパフォーマンス向上だ。
 
クラブはベイルのバリューをピッチ内外で倍加させようと目論んでいる。それは当然、「ポスト・ロナウド」を視野に入れてのことだ。
 
クリスチアーノ・ロナウドは早ければ1年後にクラブを去る。その「Xデー」に向けて、いよいよ準備に着手したわけだ。ベイルのトップ下へのコンバートがその手始めである。
 
さて、開幕2試合で見えたことをまとめよう。
 
スポルティング・ヒホンに0-0で引き分けた開幕戦とベティスに5-0で大勝した2節の2試合で明らかになったのは、いまのマドリーはロナウドではなくハメス・ロドリゲスのチームである、ということだ。
 
ノーゴールで内容も良くないロナウドに対し、ハメスはベティス戦で2ゴール――最初のゴールは角度のないところからFKを鮮やかに突き刺す――を決めるなど、チームで随一の輝きを放っている。
 
前述のように、クラブはベイルをロナウドに代わるアイコンにしようとしているが、存在感、チームへの影響力はハメスが上だ。
 
ベルナベウの反応もそうだ。声援のボリュームが違う。ハメスに贈られるのはまさしく大喝采だが、ベイルへのそれはまだまだ小さい。実際、ベイルには懐疑的な視線が根強く、パフォーマンスが少しでも落ちれば罵声が飛ぶ。

「ロナウドの低調」、「ベイルのロナウド化計画」、「ハメスの絶好調」とともに指摘したいのが、「守備陣の安定」だ。
 
全文はソース元で

引用元 : マドリー番記者が語る「デ・ヘア獲得失敗の余波とベイルの“ロナウド化計画”」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【レアルのベイルのロナウド化計画とデ・ヘア獲得失敗で振りかかるナバスの災難】の続きを読む

スター軍団、ウェールズが歴史的躍進 FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ウェールズ代表、FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に!!

国際サッカー連盟(FIFA)は3日に最新のFIFAランキングを発表した。日本代表は前回の発表時より2つ順位を下げて58位となった。  

1位のアルゼンチン、2位のベルギー、3位がドイツと上位の国に大きな変動はなかったが、南米選手権を制したチリが2つ順位を上げて8位に上がった。また、イングランド代表が2つ順位を下げて10位となり、9位のウェールズが史上初めてイングランドを上回った。レアル・マドリードFWギャレス・ベイル、アーセナルMFアーロン・ラムジーらワールドクラスのスターを擁するウェールズは2011年8月の時点では117位だった。4年間で世界のトップレベルに急成長したことが示されている。  

アジアの最上位はイランの40位で、韓国が3つ順位を下げつつ、日本のランキングで1つ上の57位。オーストラリアは61位と、60位前後に日本を含むアジアのライバルが固まっている。日本がロシアワールドカップアジア2次予選で3日に対戦するカンボジアは180位、8日の対戦相手であるアフガニスタンは130位と発表された。

全文はソース元で

引用元 : スター軍団、ウェールズが歴史的躍進 FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ウェールズ代表、FIFAランクでイングランドを初めて抜き9位に!!】の続きを読む

不世出のゴールマシン、C・ロナウドの不発はベニテスのせい? ベイルのせい? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

C・ロナウドの不発はベニテスのせい?ベイルのせい??沈黙するレアルの攻撃

レアル・マドリードに所属する世界最高のゴールマシンは、今季リーガ開幕戦で2部からの昇格したスポルティング・ヒホン相手に沈黙を強いられた。

スペイン地元紙「マルカ」は「クリスティアーノ・ロナウドがもがき苦しんでいる」という見出しで特集した。ラファエル・ベニテス新監督を迎え、新たなシステムの中で精彩を欠いたポルトガル代表FWにスポットを当てている。

特集では、ベニテス監督が採用する新たな4-2-3-1システムがロナウドのパフォーマンスに影響を及ぼしていると指摘している。

ベニテス体制となってからのレアルは、プレシーズンから失意の0-0ドローに終わったリーグ開幕戦のスポルティング・ヒホン戦を含めた9試合のうち、5試合で無得点に終わっている。守備は安定している一方、CR7、ベイル、FWカリム・ベンゼマ、MFハメス・ロドリゲスら豪華な布陣を抱えながら得点力を欠いている。ロナウドも、ここまで6試合でプレーしているが、得点はわずかに1。

「マルカ」紙のファンが選ぶ理想のイレブン投票では、ベイルが外れ、ハメス、イスコといった選手が名を連ねていた。ファンからも厳しい目で見られるベイルは、監督からの信頼に応える活躍を披露することはできるのだろうか。 前途多難な船出となったベニテス監督。スターを多く抱えるチームだからこそ、うれしい悲鳴とも言える。


全文はソース元で

引用元 : 不世出のゴールマシン、C・ロナウドの不発はベニテスのせい? ベイルのせい? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウドの不発はベニテスのせい?ベイルのせい??沈黙するレアルの攻撃】の続きを読む

V・ハール、移籍閉鎖直前にメガオファー検討!?307億円で大物2人を強奪か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

マンU、307億円でベイルとミュラーを両取り!メガオファーを検討

マンチェスター・ユナイテッドを率いるルイ・ファン・ハール監督が、移籍市場最終日までに複数の大物選手獲得を画策していると、英紙『ミラー』や『エクスプレス』など複数メディアが報じている。  

64歳のオランダ人指揮官は、移籍市場が閉まる8月31日までにバイエルン・ミュンヘンに所属するドイツ代表のFWトーマス・ミュラーと、レアル・マドリーに所属するウェールズ代表のMFガレス・ベイルのW獲得を狙っているようだ。  

ミュラーは先日、クラブでの自身の状況に不満を感じており、イングランドでのプレーに興味があることを周囲の人々に打ち明けていたと報じられた。しかし、ユナイテッドはこれまで2度ミュラー獲得のオファーを提示したが、バイエルンのカール・ハインツ・ルンメニゲCEOが売却を否定しているため取引は実現していない。なお、同クラブはミュラーに対して移籍金6500万ポンド(約125億円)と週給25万ポンド(約4800万円)を用意していると見られてる。  

一方、ベイルはラファエル・ベニテス新体制のマドリーで開幕メンバーになることが濃厚だが、昨季は“デシマ(10回目の欧州制覇)”を達成した移籍初年度ほどのインパクトを残すことができず批判の的となったため、サポーターからは不人気となっている。そのため、ユナイテッドは9500万ポンド(約182億円)の移籍金を支払ってベイルを強奪しようとしていると伝えられている。  

全文はソース元で

引用元 : V・ハール、移籍閉鎖直前にメガオファー検討!?307億円で大物2人を強奪か (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【マンU、307億円でベイルとミュラーを両取り!メガオファーを検討】の続きを読む

続くベイルの不人気…レアルファン選出の希望スタメンでメンバー外に | サッカーキング

ベイル、レアルファンからスタメン失格の烙印・・・「理想のスタメン」から外れる

2015-16シーズンのリーガ・エスパニョーラが21日から開幕する。スペイン紙『マルカ』は、レアル・マドリードのファンに対し、希望先発メンバーのアンケートを実施し、20日に結果を発表した。  

発表された希望スタメンは、「4-2-3-1」のフォーメーションで、エースのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが2列目の左。中央はスペイン代表MFイスコ、逆サイドにはコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスが入った。ラファエル・ベニテス新監督の下ではトップ下でも起用されていたベイルだが、レアルサポーターはイスコを支持。昨シーズン批判の的となったベイルは、今シーズンも不人気が続いているようだ。

レアル・マドリードは23日のスポルティング・ヒホン戦で、新シーズンのリーガ開幕を迎える。

■レアルサポーターの希望スタメン

▼GK
ケイロル・ナバス
▼DF
ダニエル・カルバハル
セルヒオ・ラモス
ラファエル・ヴァラン
マルセロ
▼MF
トニ・クロース
ルカ・モドリッチ
ハメス・ロドリゲス
イスコ
クリスティアーノ・ロナウド
▼FW
カリム・ベンゼマ

全文はソース元で

引用元 : 続くベイルの不人気…レアルファン選出の希望スタメンでメンバー外に | サッカーキング

【ベイル、レアルファンからスタメン失格の烙印・・・「理想のスタメン」から外れる】の続きを読む

新エース獲得目指すマンU、ベイルにサッカー史上最高額193億円を2度提示 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

マンU、ベイル獲得に193億円のサッカー史上最高額の移籍金を2度提示

マンチェスター・ユナイテッドが、今夏の移籍市場でレアル・マドリードのウェールズ代表FWギャレス・ベイルに、サッカー史上最高額となる移籍金1億ポンド(約193億円)の獲得オファーを2度にわたって送っていたと、英地元紙「サン」が報じている。  

ファン・ハール監督は、就任から1年以上が経過し、すでに合計2億3500万ポンド(約453億円)を移籍市場で費やしている。それでもなお、最大の大物獲得に執念を燃やしているという。  

ファン・ハール監督は、アメリカツアー中に「チェルシーにはアザールがいる。常に得点し、ゴールに向かったアクションができる。マンチェスター・シティにはアグエロがいる。同じタイプだ。バルセロナにはメッシ、ネイマール、スアレスがいる。マンチェスター・ユナイテッドがこういうクラブと拮抗(きっこう)するには、こういうタイプの選手を獲得しなければいけない。創造性を必要としているんだ」と語っており、エースの存在を切望していた。  

オランダ人指揮官は、スピードスター獲得のために、約193億円という史上最高額の移籍金を2度も提示したという。  

また、スペイン代表DFセルヒオ・ラモス獲得のオファーを出しに、レアルが獲得に乗り出しているダビド・デヘアとのトレードを画策していた。が、ラモスが残留で合意に達したことで、デ・ヘアを餌にベイルを交渉に含む狙いがあるようだ。  


全文はソース元で

引用元 : 新エース獲得目指すマンU、ベイルにサッカー史上最高額193億円を2度提示 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンU、ベイル獲得に193億円のサッカー史上最高額の移籍金を2度提示】の続きを読む

C・ロナウド、ベニテスと衝突? 「ポルトガル人だけ不当な扱い」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

C・ロナウド「ふざけるな!」新指揮官ベニテスと早くも衝突【動画あり】

C・ロナウドは、ゴールがカウントされなかったことを知った瞬間に「おい、うそだろ!」と叫んた。同僚のDFアルベロアは同選手をなだめようとしていたが、ポルトガル代表FWは「ポルトガル人だけ不当な扱い」と付け加えていた。  

なお同選手の不満は収まらず、ボールをクロスバーに当てるゲームの時には「ボールはあのクソみたいなもの(クロスバー)ではなく、ゴールに入れるためだ」と、文句を言っていた。  

スペインメディアではここ最近、C・ロナウドはベニテスのやり方が気に入っていないと報じられている。ローマとの親善試合でも、スペイン人指揮官が主導権をFWガレス・ベイルに与えたことで、C・ロナウドは居心地がよくなかったとみられている。

全文はソース元で

引用元 : C・ロナウド、ベニテスと衝突? 「ポルトガル人だけ不当な扱い」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【C・ロナウド「ふざけるな!」新指揮官ベニテスと早くも衝突【動画あり】】の続きを読む

ベイルはCF、C・ロナウドは左サイド 初陣で見えてきたベニテスの新生Rマドリー (GOAL) - Yahoo!ニュース

ベイルのトップ下はベニテスのお気に入り!新生レアルの布陣は?【ハイライト動画】

プレシーズン大会のインターナショナル・チャンピオンズカップは18日、オーストラリアでレアル・マドリー対ローマの一戦をキックオフ。ラファエル・ベニテス監督の初陣で、新生レアル・マドリーが見えてきた。

ベニテス監督はどのようなフォーメーションとメンバーで臨むのか、スペインメディアに注目されてきた。ベニテス監督はローマ戦に、4-4-2のフォーメーションで選手たちを送り出した。

GKはナバス。4バックは右からカルバハル、ヴァラン、S・ラモス、マルセロ。中盤の底にはモドリッチとイジャラメンディが並び、右サイドには16歳のウーデガルトが配された。C・ロナウドはその逆サイドの中盤左に入っている。 スペインメディアは、昨季批判にさらされることも多かったベイルのポジションにも注目していた。その快足アタッカーは。ヘセと2トップを組んだ。


全文はソース元で

引用元 : ベイルはCF、C・ロナウドは左サイド 初陣で見えてきたベニテスの新生Rマドリー (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ベイルのトップ下はベニテスのお気に入り!新生レアルの布陣は?【ハイライト動画】】の続きを読む

レアル指揮官の秘策?…来季はベイルをセンターフォワードで起用か | サッカーキング

レアル、ベイルは来季センターフォワードで起用か?ベンゼマの去就は??

レアル・マドリードを率いるラファエル・ベニテス監督は、新シーズンに向けてウェールズ代表MFガレス・ベイルをセンターフォワード(CF)として起用することを検討していると、スペイン紙『マルカ』が16日に報じた。  

今夏から新しくレアル・マドリードの指揮官に就任したベニテス監督は、ベイルをセンターフォワードで起用することを検討している模様。同紙は、「最初のトレーニングセッションから判断すると、昨シーズンとの大きな違いは、明らかにベイルのポジションだ。彼は(練習中)常にCFとしてプレーしている」と伝えており、すでに練習でも試しているという。  

なお、レアル・マドリードでは、フランス代表FWカリム・ベンゼマがCFとしてプレーしており、2014-15シーズンも公式戦46試合に出場し22ゴールを記録。だが同選手にはアーセナルが今夏の獲得を狙っているとも報じられている。

さらに、昨年夏にレンタル移籍で加入し、バックアップを務めたメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスは、買取オプションが行使されず、所属元のマンチェスター・Uに復帰している。  

全文はソース元で

引用元 : レアル指揮官の秘策?…来季はベイルをセンターフォワードで起用か | サッカーキング

【レアル、ベイルは来季センターフォワードで起用か?ベンゼマの去就は??】の続きを読む

このページのトップヘ