スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

カルロ・アンチェロッティ

アンチェロッティ氏、レアル時代の内紛を暴露「数選手を追放するよう頼んだ」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


レアル、アンチェロッティ時代に内紛!数選手を追放したとも

カルロ・アンチェロッティ氏は、英紙『デイリー・ミラー』のインタビューで昨季まで率いていたレアル・マドリーで選手との衝突があったことを明かした。  

また、アンチェロッティ氏は自身を物静かな人間であり、“鞭”を使うことはしないと認めているが、マドリー監督時代には内紛があったことを暴露した。

「数選手と問題があったよ。彼らは第二監督のポール・クレメントに『クソッタレ』と言い放ち、私は彼らに2度と試合で使わないことを伝えた。クラブには彼らを放出するよう頼んだよ」  

しかし、その問題は数選手のみであったとし、アンチェロッティ氏は「マドリーではとても満足していたよ。選手たちと素晴らしい関係を築けていたからね」としている。

全文はソース元で

引用元 : アンチェロッティ氏、レアル時代の内紛を暴露「数選手を追放するよう頼んだ」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【レアル、アンチェロッティ時代に内紛!数選手を追放したとも】の続きを読む

ロジャース解任のリバプール、後任はアンチェロッティかクロップに? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

リヴァプール、次期監督はクロップかアンチェロッティの贅沢な2択に?

リバプールは4日、ブレンダン・ロジャース監督を解任したと発表した。この日に行われたエバートン戦(1-1)から数時間後の解任劇となった。英『スカイスポーツ』が後任候補について報じている。  

同メディアの情報源によると、リバプールは後任監督の候補として、元ドルトムントのユルゲン・クロップ氏と元レアル・マドリーのカルロ・アンチェロッティ氏を挙げているという。代表ウィークに入るため、次節は10月17日のトッテナム戦となる。クラブは「次節までに新たな監督と契約を結ぶ」としており、クロップ氏かアンチェロッティ氏のどちらかと契約を結ぶ意向のようだ。  

また英『スカイスポーツ』の解説を務める元イングランド代表のジェイミー・レドナップ氏は「クロップこそがリバプールの監督にふさわしい」とコメント。

全文はソース元で

引用元 : ロジャース解任のリバプール、後任はアンチェロッティかクロップに? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【リヴァプール、次期監督はクロップかアンチェロッティの贅沢な2択に?】の続きを読む

過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表

サッカー監督の中で、補強に最もお金を使った人物は一体誰なのだろうか?  イタリアメディア『ユーロスポーツ』がそのランキングを紹介している。

1位:ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー、インテル、レアル・マドリード)
9億300万ユーロ(約1233億円)

2位:カルロ・アンチェロッティ(ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード)
8億8100万ユーロ(約1203億円)

3位:ロベルト・マンチーニ(インテル、マンチェスター・C、ガラタサライ)
6億6700万ユーロ(約911億円)

4位:マヌエル・ペジェグリーニ(ビジャレアル、レアル・マドリード、マラガ、マンチェスター・C)
6億4500万ユーロ(約881億円)

5位:アレックス・ファーガソン(マンチェスター・U)
4億6500万ユーロ(約635億円)

6位:アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)
4億2800万ユーロ(約585億円)

7位:ジョゼップ・グアルディオラ(バルセロナB、バルセロナ、バイエルン)
3億9100万ユーロ(約534億円)

8位:ディエゴ・シメオネ(ラシン・クラブ、エストゥディアンテス、リーベル・プレート、サン・ロレンソ、カターニア、アトレティコ・マドリード)
2億4600万ユーロ(約336億円)

9位:ルイ・ファン・ハール(AZ、バイエルン、マンチェスター・U)
2億4000万ユーロ(約328億円)

10位:ユルゲン・クロップ(マインツ、ドルトムント)
1億8100万ユーロ(約247億円)

全文はソース元で

引用元 : 過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

【10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表】の続きを読む

アンチェロッティ、ミラン復帰はなし クラブが発表 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ミラン、アンチェロッティの監督就任はナシと発表

ミランは2日、カルロ・アンチェロッティ氏の監督就任が消滅したことを発表した。

レアル・マドリー指揮官を退任したアンチェロッティ氏に対し、復権を誓うミランはラブコールを送っていた。しかし2日、クラブの公式サイトで「次のシーズンにカルロ・アンチェロッティがチームを率いることはありません」と発表。異例の声明の出した。

アンチェロッティ氏は自身のツイッターで、「関心を持ってくれたミランに感謝したい。大好きなクラブにノーを言うのはつらいことだ。私は休養をとらなければいけない」と、イタリア語、英語、スペイン語で記している。

全文はソース元で

引用元 : アンチェロッティ、ミラン復帰はなし クラブが発表 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ミラン、アンチェロッティの監督就任はナシと発表】の続きを読む

アンチェロッティ、ミラン以外のオファーは断る 「イングランドやセリエのクラブから連絡があったが…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

アンチェロッティ、指揮官就任はミランだけ!!プレミア、セリエAのクラブからのオファーを断る

ミランが復帰を目指すレアル・マドリー前監督のカルロ・アンチェロッティ氏は、すでに複数のクラブからのオファーを断ったという。ミランとアンチェロッティ氏の仲介役を務めているFIFA公認代理人のエルネスト・ブロンゼッティ氏が明かした。

「私はガッリアーニを37年前から知っているが、今回ほど断固たる決意を持った彼を見たことはないね。アンチェロッティはほかのクラブからもオファーを受けた。イングランドだけではなく、セリエAのクラブからのものもあった。だが、彼はまったく考慮せず、すぐに断っている」

「彼が受け入れたのは、ミランとガッリアーニだけなんだ。アンチェロッティは最初、ミランにもすぐ断りを入れた。彼は(マドリーで)解任されたことをよく思っておらず、表に出しこそしなかったが、傷ついているんだ。アンチェロッティは、友人のガッリアーニがそばにいてくれると感じたんだよ」

アンチェロッティ氏がミランの監督に復帰した際の補強ターゲットについては話していないというブロンゼッティ氏は、次のように続けている。

「50%という確率は高いが、選手たちのことは話していない。(来季はスペインを観光すると話した)アンチェロッティ夫人? 『イタリアに行くべきなら行くわ』と言っているよ。彼女は問題ない」

全文はソース元で

引用元 : アンチェロッティ、ミラン以外のオファーは断る 「イングランドやセリエのクラブから連絡があったが…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【アンチェロッティ、指揮官就任はミランだけ!!プレミア、セリエAのクラブからのオファーを断る】の続きを読む

アンチェロッティ、6月3日にミランに返答 「現時点では50%」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

アンチェロッティ、ミラン指揮官就任は50%!!6/3までに返答とCEOが明かす

ミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOは28日、カルロ・アンチェロッティ氏の復帰の可能性が50%だと語った。

アンチェロッティ氏は6月3日にオファーを受けるか返答する予定という。イタリア各メディアが伝えた。 先日からマドリッドでアンチェロッティ氏と会食し、ミラン復帰を打診しているガッリアーニCEOは、28日もアンチェロッティ氏と会談してからイタリアへ戻った。

スペインでの会談後、アンチェロッティ氏は「様子を見る」とコメント。一方、ガッリアーニCEOはイタリア『スポーツ・メディアセット』で次のように述べている。

「水曜に彼は返答をする。カルロは50対50だと言っているよ。私は水曜にそれがゼロではなく、100になることを願っている。我々はすべてに合意しているんだ。彼の返答を待とう。とにかく、彼はミランに復帰しなければ1年休むことになる」

「どうしてアンチェロッティなのか? 彼ほどの経歴の監督は世界にいないだろう。彼はユヴェントス、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーを率いた指揮官だ」

一方で、ガッリアーニCEOはフィリッポ・インザーギ現監督にも言及している。

「いずれにしても、我々とインザーギの絆は終わらない。どうするのか、これから様子を見よう。私がスペインへ向かう前に、ピッポにはこのことを知らせてある。彼への愛情は変わらない。だが、サッカーとはこういうものなんだ」

全文はソース元で

引用元 : アンチェロッティ、6月3日にミランに返答 「現時点では50%」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【アンチェロッティ、ミラン指揮官就任は50%!!6/3までに返答とCEOが明かす】の続きを読む

解任発表からわずか70分、アンチェロッティ監督がミランCEOと会食!? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

アンチェロッティ、解任からわずか70分後にミランCEOと会食

レアル・マドリーは25日、カルロ・アンチェロティ監督の解任を発表した。  

記者会見の席でマドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は「ここで要求されるのは最高レベルここで要求されるのは最高レベルだから新たな勢いが必要」とコメント。解任理由を今季無冠に終わったことが原因として挙げている。  

解任となったアンチェロッティ監督だが、イタリアメディア『フットボール・イタリア』によると、そのわずか70分後にACミランのアドリアーノ・ガッリアーニCEOと共に会食をしているという。  

同メディアによれば、マドリード市内にあるホテル『ウェリントン』内のレストランにて、アンチェロッティ監督のマドリード行を協力したと言われる代理人のエルネスト・ブロンゼッティ氏と共に三者で会食を行っている模様。

全文はソース元で

引用元 : 解任発表からわずか70分、アンチェロッティ監督がミランCEOと会食!? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【アンチェロッティ、解任からわずか70分後にミランCEOと会食】の続きを読む

レアル・マドリー会長、アンチェロッティ解任理由は「新たな推進力が必要だった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

レアル会長、アンチェロッティ解任理由は「新たな推進力が必要だった」

カルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表したレアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長だが、その理由を「新たな推進力が必要だった」ためと説明している。 ペレス会長のコメントをスペイン『アス』が伝えた。

「私の会見時間はわずかなものとなるでしょう。我々クラブ首脳陣は、カルロ・アンチェロッティの解任を決定しました。とても難しい決断でした。いずれにしろ、我々は簡単な決断を下すためにこのクラブにやって来たわけではないのです」

「レアル・マドリーで受ける要求は最大限のものであり、我々には新たな推進力が必要なのです。来週には新監督を発表したいと思います」

「アンチェロッティは私、ファンの愛情を勝ち取り、現在はクラブの歴史の一部となっています。何と言っても、彼とともに“デシマ(10度目のチャンピオンズリーグ優勝)”を達成したのですから」

「ですが、このクラブで受ける要求は最大限のもので、我々には新たな推進力が必要です。カルロの仕事ぶり、彼の愛情には感謝をしています。我々は偉大なチームを擁しており、ファンには満足感と喜びを再び提供したいと思います」

解任を決定した時期についても言及している。

「先週です。彼と話をしました。彼はとても紳士的な人物で、我々の決断を理解して、今も全員と良い関係を保っています。私にも個人的な側面はありますが、もう一つの側面ではプロフェッショナルでなくてはならないのです」

「我々はすべてを調べ上げてから決断を下しました。我々には新たな推進力が必要との確信があり、それを与える責任があります。彼にどのような失態があったか? 今はディテールについて話すときではありません」

「選手たちは、私もファンも持っている彼への愛情を公言していましたね。それを不快に感じることなどありませんし、むしろ正しいことだと思います。素晴らしい表明です」

「チームのキャプテンたちには、この決定についてまだ話していません。彼らと話す機会も、今後訪れるでしょう」

「責任は一人にあるわけではありません。ですが監督職というのは、大きな消耗があるものなのです。マドリーでは監督交代が何度もあると言われていましたが、バルセロナ、アトレティコ・マドリー、バイエルン、ユヴェントスなどにも目を向けていただければと思います…」

全文はソース元で

引用元 : レアル・マドリー会長、アンチェロッティ解任理由は「新たな推進力が必要だった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【レアル会長、アンチェロッティ解任理由は「新たな推進力が必要だった」】の続きを読む

マドリー新監督は「99%ベニテス」 アンチェロッティ代理人が発言 (GOAL) - Yahoo!ニュース

レアル新監督は「99%ベニテス!!」アンチェロッティ代理人がコメント

カルロ・アンチェロッティ監督の解任を発表したレアル・マドリーの後任は、すでに決まっているのだろうか? 注目の人事に早くも答えが出そうな気配だ。

興味深いコメントを残したのは、アンチェロッティ監督の代理人を務めるエルネスト・ブロンゼッティ氏だ。イタリア『Rai』のインタビューに答え、次のように明かした。

「99パーセント間違いなく、ラファエル・ベニテスがレアル・マドリーの後任監督となる」

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、アンチェロッティ監督の解任を発表した会見で、後任について「来週に発表する」「スペイン語を話せれば素晴らしい」とコメントしている。現在ナポリを率いているベニテス監督は条件に合致するだけに、やはり本命なのだろうか。

全文はソース元で

引用元 : マドリー新監督は「99%ベニテス」 アンチェロッティ代理人が発言 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【レアル新監督は「99%ベニテス!!」アンチェロッティ代理人がコメント】の続きを読む

レアル・マドリー、アンチェロッティ監督の解任を発表 (GOAL) - Yahoo!ニュース

レアル・マドリード、アンチェロッティ監督の解任を発表!!

レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長が25日に記者会見を開き、カルロ・アンチェロッティ監督(55)の解任を発表した。

レアル・マドリーの首脳陣は同日午後に本拠地サンティアゴ・ベルナベウで会議を開き、アンチェロッティ監督の解任を承認。その後ペレス会長が同スタジアムで記者会見に臨み、その旨を発表する運びとなった。

アンチェロッティ監督は2013-14シーズンにジョゼ・モウリーニョ現チェルシー監督の後任としてレアル・マドリー指揮官に就任。同シーズンにはコパ・デル・レイ優勝のほか、クラブが切望していた10度目のチャンピオンズリーグ優勝に導いている。また今季前半戦にはUEFAスーパーカップ&クラブ・ワールドカップ優勝や、サッカー史上3位の記録となる公式戦22連勝を達成するなどして、クラブ史上最高のチームとなる可能性も報じられた。

しかしアンチェロッティ監督率いるチームは、負傷者が相次いだ今年1月以降から急激に失速する。コパ・デル・レイ5回戦でアトレティコ・マドリーに敗れると、チャンピオンズリーグでは準決勝でユヴェントス相手に敗退。リーガエスパニョーラでもバルセロナの優勝を許して、主要タイトルを獲得できずにシーズンを終えた。なお今季勝率は12月までが85%(28試合24勝)だったのに対して、1月以降は58%(29試合17勝)まで落ち込んでいる。

レアル・マドリーでは21世紀に入って以降、リーガ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグの主要タイトルを獲得できずに解任を免れた監督は皆無となっているが、ペレス会長は選手やファンがアンチェロッティ監督続投を願ったにもかかわらず、その慣例に従った模様。2000~2006年に第一次政権を敷き、2009年から第二次政権をスタートさせたペレス会長にとって、アンチェロッティ監督は12年間で別れを告げた9人目の指揮官となった。

全文はソース元で

引用元 : レアル・マドリー、アンチェロッティ監督の解任を発表 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【レアル・マドリード、アンチェロッティ監督の解任を発表!!】の続きを読む

このページのトップヘ