クラブW杯の組み合わせが決定。準決勝でG大阪vsバルサ実現の可能性も (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

クラブW杯の組み合わせが決定!ガンバ大阪とバルサが準決勝で対戦の可能性も

国際サッカー連盟(FIFA)は23日、今年12月に日本で開催されるクラブW杯の組み合わせ抽選を行った。  

すでに出場が決まっているのはヨーロッパ代表のバルセロナ(スペイン)、南米代表のリーベル・プレート(アルゼンチン)、北中米カリブ代表のクラブ・アメリカ(メキシコ)、オセアニア代表のオークランド・シティ(ニュージーランド)の4チーム。  

さらにアフリカ王者が11月上旬、アジア王者が11月21日に決定し、今年は開催国枠としてJ1王者も出場権を得る。  

現在準々決勝を終えているCAFチャンピオンズリーグではスーダンのアル・メリクとアル・ヒラル、DRコンゴのマゼンベ、アルジェリアのUSMアルジェが次のラウンドに駒を進めており、決勝1stレグが10月の最終週、2ndレグは11月1週目に予定されている。  

一方AFCチャンピオンズリーグも準々決勝までを終えている。勝ち進んでいるのはサウジアラビアのアル・ヒラル、UAEのアル・アハリ・ドバイ、中国の広州恒大、そして日本のガンバ大阪だ。決勝は1stレグは11月7日、2ndレグが同21日に行われる。  


全文はソース元で

引用元 : クラブW杯の組み合わせが決定。準決勝でG大阪vsバルサ実現の可能性も (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【クラブW杯の組み合わせが決定!ガンバ大阪とバルサが準決勝で対戦の可能性も】の続きを読む