スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

エンポリ

ミラン指揮官が明かす、本田急転先発落ちの理由 「私は練習が全て」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田の先発落ちの理由は?ミラン監督ミハイロビッチ「スソは練習で良かった」

ACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、29日の本拠地エンポリ戦で日本代表FW本田圭佑をスタメンから外し、その理由について言及した。試合は2-1で勝利している。  

1得点1アシストを記録したイタリア杯3回戦ペルージャ戦からトップ下が本田の定位置だった。試合前の公式会見でも本田の出場を示唆していたが、指揮官の選択は途中交代でもなく起用せずだった。  

この日のトップ下の人選について、ミハイロビッチ監督は記者会見でこう語った。

「1週間を見た。練習をみて、スソが常に練習で良かったから。練習では違いを見せていた。1対1も優秀だし、技術があるし、パスも通せる。残念ながら、今日は全くそういうプレーをしなかったが、私はともかく練習を見て決める。試合の後、みんなはなぜこの選手が、なぜあの選手が、プレーしなかったのかと聞くが、監督はチームのために指導している。そしてその1週間の練習を見て決める。練習はそのためにもあるし、同じ選手ばかりプレーさせるのではなく、違う選手も起用するのは正当なこと」

ミハイロビッチ監督の流儀  指揮官は1週間の練習でのパフォーマンスこそが選考理由だと語った。非公開のミラネッロの練習ではこの日、トップ下で先発した元U-21スペイン代表スソが好プレーを見せたという。高度な技術と非凡なパスセンスを誇るファンタジスタの実力を評価しながらも、試合では全く良さが出ていないなかったことも認めていた。  

試合までの練習こそが全て。それがミハイロビッチ監督の流儀のようだ。本田と、トップ下で途中出場のMFジャコモ・ボナベントゥーラは、単純にミラネッロでの準備期間でスソにアピールで負けていたようだ。  

ミハイロビッチ監督は「1週間の練習を見た、ノチェリーノも、ボナベントゥーラと同じように良かった。ボナべントゥーラは膝のけががあったので、練習をいくつかできなかった。今日は入っていいプレーをした」と評価した。  

この日出番のなかった本田は、日本代表のワールドカップ予選2試合に出場するため、チームを離脱する。練習重視のミハイロビッチ監督へのアピールの機会を失うことは、次節9月13日のインテルとのミラノダービーでの先発落ちと、ほぼ同義となるの かもしれない。  

だが一方で、練習で好調ぶりをアピールすることができれば、また出番を取り戻すことも可能だろう。

全文はソース元で

引用元 : ミラン指揮官が明かす、本田急転先発落ちの理由 「私は練習が全て」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田の先発落ちの理由は?ミラン監督ミハイロビッチ「スソは練習で良かった」】の続きを読む

ミラン本田いきなり正念場 トップ下レギュラーから一気に3番手に降格 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田、ミランのトップ下3番手に一気に降格?レギュラー争い後退

29日のリーグ第2節本拠地エンポリ戦で、ACミランは2-1で今季リーグ戦初勝利を収めたが、日本代表FW本田圭佑は出場機会なく90分間を終えた。  

この第2節エンポリ戦も、試合前日まではイタリアの各メディアがスタメンを予想していた。しかし、当日になると元U-21スペイン代表MFスソがスタメンと予想され、実際にその通りになった。  

本田から定位置を奪った格好のスソは後半10分までの出場機会の中で、遠目から強引に放ったシュートが数本あっただけで、それほど存在感はなかった。しかし、ここでシニシャ・ミハイロビッチ監督が選択した交代のカードはMFジャコモ・ボナベントゥーラだった。ボナベントゥーラはここまで公式戦で3ボランチの左を務めていたが、このエンポリ戦ではジェノアから27日に加入したばかりのユライ・クツカが後半開始からそのポジションに入っていた。そのため、押し出されるようにボナベントゥーラがトップ下にシフトした。  

ミハイロビッチ監督は「この状況で、この戦術では、トップ下としてのみプレーできると思う」と語った。本田と直接のポジション争いをする関係ではないクツカだが、ハードマークを武器にするボランチの新加入によって中盤のレギュラー争いの激化が現実となった形になった。

この試合でトップ下の選手を2人が務めたが、本田はそこに声が掛からなかった。エンポリ戦の時点では、ミハイロビッチ監督の選択肢の中で本田のトップ下としての序列が一気に先発から3番手に下がった可能性は高い。その上、ボナベントゥーラは投入後に攻撃を活性化させた上に、コーナーキックからFWルイス・アドリアーノの決勝ゴールをアシスト。結果を出してポジション取りを大いにアピールしている。

一方で、本田は約10日間チームを離れ、日本代表の一員としてワールドカップ予選を戦うことになる。この間に、チームのトレーニングで本田抜きの陣容が固まってしまえば、更なる苦境に追い込まれる可能性はある。   

本田を取り巻く状況に逆風が強まり始めた。3季連続で名門ミランのエースナンバー「10」を背負う男はシーズン開幕から間もない中でいきなり正念場を迎えている。

全文はソース元で

引用元 : ミラン本田いきなり正念場 トップ下レギュラーから一気に3番手に降格 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田、ミランのトップ下3番手に一気に降格?レギュラー争い後退】の続きを読む

ミラン指揮官、本田はトップ下固定と明言 「彼はこの戦術ではトップ下」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ミハイロビッチ、本田のボランチへコンバートの可能性に言及もトップ下スタメンを明言

ACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、現行の4-3-1-2システムで日本代表FW本田圭佑をトップ下で固定して起用する方針を明らかにしている。  

29日のエンポリ戦を控えた前日会見で、指揮官は3年連続で栄光の背番号「10」を託された本田の起用法について質問を受けた。

「本田はリーグ戦でトップ下としてプレーし始めたが、他のポジションでの起用も考えているのか?」  本田はプレシーズンから一貫してバッカ、ルイス・アドリアーノの2トップの下でプレーしている。ミハイロビッチ監督は「今やっているこの戦術では彼はトップ下でプレーできる。戦術も変わることがあれば、サイドでもプレーできる。過去にプレーしていたようにだ。この状況で、この戦術では、トップ下としてだけでプレーできると思う」と語った。  

現時点ではボランチや2トップの一角として起用する考えはないという。ボランチへのコンバートの可能性に再び質問されると、こう答えた。

「彼のプレースタイルなら、それもできると思う、中盤も。本当にそうかもしれない。でもまだ試していない。言ったように、ともかく中盤はたくさん選手がいる。いい解決法かもしれないが、たくさん練習をしなければならない。様子をみよう。  プレースタイル、彼のプレーの性質、ピッチにどうポジションニングするかを考えると、寛大だし、すぐに学び取る。日本人はみんなそうだ。そこに入れれば、聞いたことをやってくれるし、できるかもしれない。私もアイデアとしては、考えていたが。しなければならないことに集中している。そしていくつかの実験はできると思う。いい解決法かもしれない」

また、「サムライは明日試合に出るのか?」と質問された監督は冗談を交えて返答している。

「サムライ? 忍者? サムライが何か知っている。僕は忍者の方が好きだ。試合に出るか? 出ると思う。今夜何か起きなければね。サムライか忍者が明日ベッドから起きなければ…サムライは斬るのか? 忍者は何をするのか? 忍者はもっとマリーシアがある? サムライは斬るが、忍者は(手裏剣を)シュートするからね。忍者の方がいいね」

全文はソース元で

引用元 : ミラン指揮官、本田はトップ下固定と明言 「彼はこの戦術ではトップ下」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミハイロビッチ、本田のボランチへコンバートの可能性に言及もトップ下スタメンを明言】の続きを読む

長友フル出場のインテルが打ち合い制す…イカルディが2得点でトーニに並ぶ | サッカーキング

長友フル出場のインテル、打ち合い制して勝利も来季ELは逃す【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

セリエA最終節が5月31日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとエンポリが対戦した。  

インテルが、エンポリをホームに迎えての今シーズン最終戦。2連敗中のインテルは、嫌な流れを断ち切ってシーズン終了を迎えたいところ。長友は右サイドバックで2試合連続で先発出場となった。なお、インテルは先日発表された新ユニフォームで試合に臨んでいる。  

今試合、注目なのがこれまで20ゴールを奪い、得点王争いを演じているインテルのアルゼンチン人FWマウロ・イカルディ。得点王ランキングトップにつけているは、ヴェローナ所属の元イタリア代表FWルカ・トーニで、22ゴールを記録している。ヴェローナはすでに前日に最終戦を行っているため、今試合でイカルディがハットトリックを達成すれば、逆転で得点王となる。

エンポリは88分、エリア内左に抜け出したプッチャレッリからバックパスを受けたムチェドリーゼが、ダイレクトで左足を振り抜くと、豪快なシュートは枠の左隅に突き刺さった。
 
試合はこのまま終了。インテルが4-3でエンポリとの打ち合いを制し、今シーズンの最終戦を勝利で飾った。イカルディは2ゴールで終わり、トーニと得点王の個人タイトルを分け合う形となった。

【スコア】
インテル 4-3 エンポリ
【得点者】
1-0 49分 ロドリゴ・パラシオ(インテル)
2-0 53分 マウロ・イカルディ(インテル)
2-1 59分 レヴァン・ムチェドリーゼ(エンポリ)
2-2 62分 マヌエル・プッチャレッリ(エンポリ)
3-2 70分 マルセロ・ブロゾヴィッチ(インテル)
4-2 77分 マウロ・イカルディ(インテル)
4-3 88分 レヴァン・ムチェドリーゼ(エンポリ)

全文はソース元で

引用元 : 長友フル出場のインテルが打ち合い制す…イカルディが2得点でトーニに並ぶ | サッカーキング

【長友フル出場のインテル、打ち合い制して勝利も来季ELは逃す【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

本田、サポーターとの団結を強調「再建させたいという思いは一緒」 | サッカーキング

2-16,15 hon2

セリエA第23節が15日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランはエンポリと1-1で引き分けた。  

また、本田はサポーターからのブーイングについて言及。「ブーイングを受けると、後ろからつないで前に行けるという雰囲気が出てこないです」と語り、「ちょっと罵声に近いような所も感じられます。本当の愛情の叱咤ではないと感じる部分があります」と主張した。  

その一方で「一致団結していないといけないです。みんながミランを勝たせたい、再建させたいという思いは一緒」とコメント。さらに「全然違う方向を向いている人間がいるのであれば、それは違います。その思いはあるので、悪い方向に使うのではなく温め合うというか、ポジティブに考えていくべきです」と、サポーターと力を合わせて戦うことの重要性を述べた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20150216/281776.html

【本田、ミランファンに苦言?「再建させたいという思いは一緒」と団結を強調】の続きを読む

本田に厳しい批判、両軍最低点も 「創造性ゼロ」「もう彼ではない」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

2-16,15 hon

「ジャングルの中に日本人はひとりぼっち」 

ACミランの日本代表FW本田圭佑が15日のホーム、エンポリ戦で地元メディアから両軍単独最低点など厳しい評価を受けた。寸評でも「創造性ゼロ」「存在感なし」と酷評されている。  

4-2-3-1システムの右攻撃的MFという本来の定位置でスタメン出場した本田は後半34分までプレーしたが、ピッチ上に足跡を残せなかった。退場者や、交代枠を使い切った後での故障者などのアクシデントもあり、ミランは格下相手に劣勢のまま、1‐1ドローに終わった。  

伊紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」は背番号10に両軍最低の4点という厳しい評価を与えている。 「自分自身のジャングルの中に日本人はひとりぼっち。ホンダは迷子になり、まっすぐな道を再び見つけることができない。創造性はゼロ。ルイに翻弄されていた」

一方、本田のサイドで輝いた相手DFルイは7点でMVPに選出された。寸評では「本田とマッチアップした。クロスとシュートで魅せたサンシーロの紳士。スタジアムにはもう一人のルイがいた」と絶賛。かつてミランの背番号「10」を背負った元ポルトガル代表MFルイ・コスタを彷彿させるプレーぶりだったと評価されており、現在ミランで「10番」を背負う本田との評価で明暗を分けた格好だ。

2紙はチームワースト2位評価、「存在を感じられない」

コリエレ・デロ・スポルト紙は5点とチームワースト2位タイの評価。その寸評は辛辣だ。

「もう彼ではない。オーストラリアですべてを消耗して来た」
 
1月のアジアカップオーストラリア大会から復帰後、別人のようにコンディション面の調整に苦しんでいると分析している。

トゥット・スポルト紙も5点でチームワースト2位タイ。

「存在を感じられないほど微細。まとまりもなかった。クオリティーより、運動量の必要とされる試合で、この日本人はチームの犠牲になっていた。だがサイドバックにオーバーラップさせるために、ピッチに立たせているわけではないだろう」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150216-00010008-soccermzw-socc

【ミラン本田に厳しい批判 最低点も「創造性ゼロ」「もう彼ではない」】の続きを読む

本田先発のミランはドロー決着…アクシデント連発で最後は9人に | サッカーキング

2-15,15 mila7

セリエA第23節が15日に行われ、日本代表FW本田圭佑が所属するミランとエンポリが対戦した。本田は先発出場を果たしている。  

前節は敵地で王者ユヴェントスに敗れたミラン。2015年に入ってからはリーグ戦6試合を戦いわずか1勝と、困難な状況に立たされている。一方のエンポリは、敵地で2位ローマや3位ナポリと引き分けるなど、昇格チームとは思えない戦いぶりを見せている。  

試合は3分、ミルコ・ヴァルディフィオーリからのロングパスを受けたマヌエル・プッチャレッリがシュートを放ち、エンポリが最初のチャンスを得る。

ここで再びミランにアクシデントが起こる。83分、D・ロペスがパントキックを蹴ると、ミスキックで低い弾道になる。相手選手の背中に当たったボールは、フランチェスコ・タヴァーノへの絶好のパスになり、キーパーと一対一に。飛び出したD・ロペスがなんとか防いだように思われたが、防いだポジションがペナルティエリア外と判定され、一発退場を宣告される。

89分、追い打ちをかけるようにミランのガブリエル・パレッタが太ももを痛めてしまう。交代枠を使いきっていたミランは9人で残り時間を戦うことに。

後半アディショナルタイムもスコアは動くこと無く、試合は1-1の引き分けに終わった。なお本田は79分まで出場している。

【スコア】
ミラン 1-1 エンポリ
【得点者】
1-0 40分 マッティア・デストロ(ミラン)
1-1 68分 マッシモ・マッカローネ(エンポリ)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20150215/281629.html

【本田先発のミランはドロー アクシデント連発で最後は9人に[スタッツ・タッチ集&ハイライト動画]】の続きを読む

インザーギ:「本田はコンディションを取り戻してきている」 エンポリ戦は右で先発か - Goal.com

2-15,15 hon

ミランは15日、セリエA第23節でエンポリとホームで対戦する。フィリッポ・インザーギ監督はMF本田圭佑について、出場の準備はできていると述べた。 前節でユヴェントス敗れ、ホーム2連戦での挽回を目指すミラン。

イタリアメディアによると、インザーギ監督は4-4-2ないし、4-2-3-1といったフォーメーションの採用を検討しているようだ。決定は、MFジェレミー・メネスの位置次第になるとみられる。

「デストロのポテンシャルを信じている。メネスや(ジャコモ・)ボナヴェントゥーラ、本田といった選手たちが近くにいることは、デストロの利益となるだろう。本田はコンディションを取り戻してきているよ。プレーする準備はできている」

なお、ミランはMFリッカルド・モントリーヴォのほか、MFサリー・ムンタリも筋肉の問題から招集外に。MFナイジェル・デ・ヨングは招集入りした。インザーギ監督は同選手について、「明日の状態が良ければ起用する」と話している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2015/02/15/8935142/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AE%E6%9C%AC%E7%94%B0%E3%81%AF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%82%92%E5%8F%96%E3%82%8A%E6%88%BB%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8D%E3%81%A6%E3%81%84%E3%82%8B-%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%9D%E3%83%AA%E6%88%A6%E3%81%AF%E5%8F%B3%E3%81%A7%E5%85%88%E7%99%BA%E3%81%8B

本田 15日エンポリ戦右MFが濃厚 チェルチは膝故障 - ライブドアニュース

ACミランの本田が15日のエンポリ戦で、右MFで先発する可能性が高くなった。14日の前日会見でインザーギ監督は、本田とイタリア代表FWチェルチのポジション争いについて聞かれると「チェルチは膝に問題があって先発では使えない」と説明し、本田の先発起用を示唆。

全文はソース元で


引用元 : http://news.livedoor.com/article/detail/9786397/

【インザーギ「本田はコンディションを取り戻してきている」エンポリ戦は右で先発濃厚】の続きを読む

前節トップ下で出場の本田、再びポジション変更か…伊紙が先発予想 | サッカーキング

2-13,15 hon

日本代表FW本田圭佑が所属するミランは15日、セリエA第23節でエンポリと対戦する。同試合に向けてイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が先発予想を発表した。

本田は第4節で対戦した際に同点ゴールを奪取。リーグ後半戦初ゴールに期待がかかる。
■エンポリ戦ミラン先発予想
▼GK
ディエゴ・ロペス
▼DF
アディル・ラミ
アレックス
ガブリエル・パレッタ
ルカ・アントネッリ
▼MF
アンドレア・ポーリ
マルコ・ファン・ヒンケル
▼FW
本田圭佑
ジェレミー・メネズ
ジャコモ・ボナヴェントゥーラ
マッティア・デストロ

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20150213/280648.html


本田が内転筋の疲労で別メニュー調整 15日のエンポリ戦出場は微妙 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

2-13,15 hon2

イタリア1部リーグ(セリエA)、ACミランの日本代表FW本田圭佑が太もも裏内転筋の筋肉疲労のため、パーソナルトレーナーと別メニューで調整していたことがわかった。13日のガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。  

15日のセリエA第23節エンポリ戦への出場は微妙だが、インザギ監督は本田を起用したい意向でいるという。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150213-00000061-dal-socc

【本田が内転筋の疲労で別メニュー調整もミランvsエンポリ戦は先発予想】の続きを読む

失点に嘆き、反撃はたたえるインザーギ - Goal.com

9-25,14 mila

「最初の30分が…」

ミランは23日、セリエA第4節でエンポリと対戦し、敵地で2-2と引き分けた。フィリッポ・インザーギ監督は試合後、序盤の失点を嘆きつつ、2点差を追いついたことは評価している。また、4-2-3-1が今後のフォーメーションになり得るとも語った。

「序盤については説明できない。チームは全力を尽くした。半分満足としなければいけないよ。スピリットがあったし、意欲もあった。攻撃は良かったよ。セットプレーに関してトレーニングが必要だ。立ち上がりですべてが難しくなったが、それからのチームはファンタスティックだった。最後は勝つこともあり得たんだ」

「徐々に4-2-3-1でプレーしよう。我々には(ジャコモ・)ボナヴェントゥーラに(ステファン・)エル・シャーラウィ、本田、メネスと、そのための選手がそろっている。F・トーレスは良いパフォーマンスで、ゴールも決めた。良い試合だったよ。ずっとフル出場していなかったし、疲れていたから交代させたんだ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/09/24/5128190/%E5%A4%B1%E7%82%B9%E3%81%AB%E5%98%86%E3%81%8D%E5%8F%8D%E6%92%83%E3%81%AF%E3%81%9F%E3%81%9F%E3%81%88%E3%82%8B%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AE

【ミランは4-2-3-1にシステム移行か。インザーギが語るもベルルスコーニの現場介入示唆で決断!?本田のポジションは??◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ