スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

エリック・トヒル

イブラを巡るミラノダービーは継続へ! インテル会長が獲得に自信 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

インテル会長、イブラヒモビッチ獲得に自信!!ミラノダービー勃発

PSG所属FWズラタン・イブラヒモビッチを巡るミラノダービーはまだ続きそうだ。 先日ドーハでレアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長とPSGのアル・ケライフィ会長が会談し、クリスティアーノ・ロナウドの移籍について話し合ったとみられている。

一時はミランとの合意も噂されたが、インテルのエリック・トヒル会長は逆転での獲得に自信があると語った。 「コンドグビアだって最初はミラン加入に近かった。でも最終的に私たちは彼を説得し、インテルに加入する運びとなったんだ。今回もそうなるかもしれない」

しかし同紙は、ミランもインテルとの争奪戦を制するために年俸を750万ユーロにアップするオファーも検討していると伝えている。

全文はソース元で

引用元 : イブラを巡るミラノダービーは継続へ! インテル会長が獲得に自信 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【インテル会長、イブラヒモビッチ獲得に自信!!ミラノダービー勃発】の続きを読む

「カルチョのスカラ座」はインテルのものになるのか? トヒル会長がミラノ市長と協議 - Goal.com

3-1,15 inte

インテルのエリック・トヒル会長が28日、ミラノ市のジュリアーノ・ピザピーア市長と会談した。サン・シーロをインテル単独で管理するために、スタジアムを所有するミラノ市に働きかけているようだ。イタリアメディアが伝えている。

スタディオ・ジュゼッペ・メアッツァ(サン・シーロ)は現在、ミランとインテルが共同で使用している。だが、ミランはクラブオフィス近くに独自スタジアムを建設したいと望んでおり、2018-19シーズンの竣工を目指している。

ライバルがサン・シーロから新スタジアムへ移ることで、インテルはサン・シーロで独自のスタジアムにする考えのようだ。ミラノ市によると、この日の会談で「サン・シーロの未来」が議題になったとのことで、4月にも再び話し合う予定になっているという。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2015/03/01/9383082/%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%81%AE%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%A9%E5%BA%A7%E3%81%AF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E3%81%AE%E3%82%82%E3%81%AE%E3%81%AB%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B-%E3%83%88%E3%83%92%E3%83%AB%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%81%8C%E3%83%9F%E3%83%A9%E3%83%8E%E5%B8%82%E9%95%B7%E3%81%A8%E5%8D%94%E8%AD%B0?ICID=HP_BN_4

【ジュゼッペ・メアッツァはインテルのものになるのか?会長がミラノ市長と協議】の続きを読む

インテル、補強への秘策!? 複数選手がMLS行きか (footballista) - Yahoo!ニュース

1-24,15 inte

この冬すでにルーカス・ポドルスキとジェルダン・シャキリを迎え入れたインテルだが、まだ補強の手を休めることはないようだ。ただ、彼らは昨年9月にファイナンシャルフェアプレー規則に違反した疑いがあるクラブとしてUEFAから調査を受けており、さらなる選手獲得のためには選手の放出が必要になってくるものと目されている。  

今後考えられる補強としては、MFパウリーニョ(トッテナム)、ルーカス・レイバ(リバプール)、マリオ・スアレス(アトレティコ・マドリー)、チアゴ・モッタ(パリ・サンジェルマン)、ラサナ・ディアラ(フリー)、アラン(ウディネーゼ)などの名前が挙がっている。中でもパウリーニョの引き抜きに本腰を入れているようで、ブラジル代表MF獲得へ向け、トッテナムに買い取りオプションなしでのレンタル移籍を提案したとも報じられている。また、ロベルト・マンチーニ監督はCBの獲得も望んでいるようで、チェルシーで出場機会の得られていない19歳のフランス人DFクル・ズマや、契約満了が近いパレルモのエセキエル・ムニョスらが候補として挙げられている。

一方で、放出が濃厚とされるFWパブロ・ダニエル・オズバルドの件はさておき、中盤ではヤン・エムビラ、ズドラフコ・クズマノビッチ、レネ・クルヒン、ジョエル・オビ、イブラヒマ・エムバイェらが、新たに選手を獲得した際に余剰戦力となり得ると見られている。

そこでトヒル会長が考え出したのが、自身がオーナーを務めるアメリカ・メジャーリーグサッカー(MLS)のD.C.ユナイテッドへと彼らを移籍させて“面倒を見る”というもの。メリットとして、アメリカで出場機会を得て活躍した選手を再びイタリアに戻すことが可能となる点や、MLSは3月に開幕するため、選手たちに適応への準備期間が与えられる点が指摘されている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150119-00010012-fballista-socc

【インテルが補強への秘策?複数選手をMLSに移籍させるウルトラC】の続きを読む

モラッティ氏、マッツァーリ前監督に「あれほど嫌われた監督を見たことがない」 - Infoseek ニュース

11-22,14 inter

モラッティ氏、マッツァーリ前監督に「あれほど嫌われた監督を見たことがない」- 超ワールドサッカー(2014年11月21日14時27分)

▽インテルの会長を務めたマッシモ・モラッティ氏が、先日同クラブの指揮官を解任されたワルテル・マッツァーリ前監督について言及した。

▽23日に行われるセリエA第12節のミランとのミラノ・ダービーを前に報道陣のインタビューに応えたモラッティ氏は、イタリア『mediaset』に「ミラノ・ダービーは特別な試合だ。私はすでにインテルの会長ではないが、できるならチケットを入手してスタジアムを訪れたい」とスタジアムでの観戦を楽しみにしていることを強調した。

▽また、モラッティ氏はクラブの指揮官交代にも言及。先日解任されたワルテル・マッツァーリ監督について「いまさらの話になるが、彼は良い人間だった。だが、彼ほどサポーターに嫌われた監督を見たことがない。そのことがとても心配だった」とのコメントを残した。

全文はソース元で


引用元 : http://news.infoseek.co.jp/article/webultrasoccer_184770

【インテル前会長「マッツァーリほど嫌われた監督を見たことがない」モラッティはサポーターからの支持が得られていなかったと語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

監督交代のインテル、臨時の出費が大きな痛手に - Goal.com

11-15,14 inter5

FFPへの影響も懸念

インテルは14日、ワルテル・マッツァーリ監督の解任とロベルト・マンチーニ新監督の就任を発表した。ミラノダービーを前にテコ入れを図ったインテルだが、金銭面では大きな損失となりそうだ。 インテルは今季開幕前、マッツァーリ氏との契約を2016年まで延長していた。そのため、解任した同氏に対して約2年分の補償金を支払う必要があり、イタリアメディアはその金額が税込で1400万~1500万ユーロになると報じている。

マッツァーリ氏への補償金とマンチーニ監督のサラリーをあわせると、インテルはこれから合計で3500万ユーロを支払わなければならない。UEFAのファイナンシャルフェアプレー違反で調査対象となったインテルにとっては、大きすぎる痛手だ。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/11/15/6158331/%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E4%BA%A4%E4%BB%A3%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%AB%E8%87%A8%E6%99%82%E3%81%AE%E5%87%BA%E8%B2%BB%E3%81%8C%E5%A4%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E7%97%9B%E6%89%8B%E3%81%AB?ICID=AR_FS_3

【監督交代で51億円の臨時出費インテル。それでも、トヒル会長、モラッティ―はマンチーニ招へいは必要なことだと語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

トヒル:「監督交代は得策ではないが…」 - Goal.com

10-28,14 intel

今後2試合で様子見とも

インテルのエリック・トヒル会長は、ワルテル・マッツァーリ監督を交代させることは基本的に考えていないとしながらも、今後の2試合の戦いぶりを見て何らかの判断をしたいとの考えも示している。

「私はマッツァーリと彼の仕事を信頼している。昨年はヨーロッパへ行くことを目標に掲げ、それを達成することができた。監督の問題は公平なやり方で分析する必要がある」

「今後の2試合で様子を見たいが、途中で監督を替えることは決して良い解決策ではない。我々は彼にもう一度チャンスを与えたいと思っている。新監督について色々と噂されるが、我々はインテルのために最善を求めている」

ルディ・ガルシア監督就任後に競争力を高めてきたローマをモデルとして、目標を上方修正していくことへの期待を述べた。

「ローマを見てみればいい。彼らは3年前どの位置にいただろうか? 今シーズンはもうスクデットを争える段階に達している」

「今の我々の最終目標は4位以内に到達することだが、それを変えていく可能性もある。(3位以内での)チャンピオンズリーグ出場は不可能なことではない」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/10/27/5525281/%E3%83%88%E3%83%92%E3%83%AB%E7%9B%A3%E7%9D%A3%E4%BA%A4%E4%BB%A3%E3%81%AF%E5%BE%97%E7%AD%96%E3%81%A7%E3%81%AF%E3%81%AA%E3%81%84%E3%81%8C

【インテル会長、マッツァーリ監督解任を示唆も「今後の2試合で様子見。もう一度チャンスを与えたい」指揮官交代には乗り気ではないものの◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

【動画】マンUのモイーズ元監督、インテルの監督就任!? — BallBall

10-27,14 moy

インテルがヴァルテル・マッツァーリ監督を解任し、ディヴィッド・モイーズ氏を後任に任命するという報道がある。インテルは低調なパフォーマンスを続け、現在9位に沈んでいる。インテルがヴァルテル・マッツァーリ監督を解任し、マンチェスター・Uで指揮を執っていたディヴィッド・モイーズ氏を次期監督に任命すると一部のメディアが報じている。

モイーズ氏の姿がミラノで見られたという報道もあり、数週間以内に監督に就任するだろという憶測が飛び交っている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.ballball.com/ja-jp/article/47592-video-former-manchester-united-boss-david-moyes-on-inter-milans-radar/

【【動画】マンU元監督モイーズがミラノの街に出現でインテル指揮官就任か!?チェゼーナ戦ハイライトも◆みんなの感想・感想◆】の続きを読む

Yahoo!ニュース - 時代の終焉。インテルがモラッティ名誉会長の辞任を発表 (フットボールチャンネル)

10-24,14 intel2

インテルは現地時間23日、前会長であるマッシモ・モラッティ氏が名誉会長を辞任したことを発表した。これで、モラッティは完全にインテルから離れることとなる。  

モラッティは95年2月にインテル会長に就任。以降、積極的な補強とクラブ愛溢れる発言でファンに愛されてきた。同会長が獲得した主な選手は前キャプテンのハビエル・サネッティ、ロベルト・バッジョ、ロナウド、アルバロ・レコバ、ルイス・フィーゴなど。  

また、2006年に発覚したカルチョーポリ(審判買収疑惑)以降、インテルはセリエAの王者に君臨し、5連覇を達成した。2010年には現チェルシーの指揮官であるジョセ・モウリーニョ監督の下、チャンピオンズリーグを制覇した。  

モラッティ氏が会長を務めた1995年から2013年までの間(2004年から2006年はジャチント・ファッケッティ氏が会長を務めた)にインテルが獲得したタイトルは実に15に及んだ

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141024-00010003-footballc-socc



モラッティ氏、名誉会長を辞任 - Goal.com

10-24,14 intel

モラッティ氏は名誉会長の職を退き、クラブを去る。息子のアンジェロマリオ・モラッティ氏のほか、幹部のリナルド・ゲルフィ氏とアルベルト・マンツォネット氏も、名誉会長とともにクラブを去るとのことだ。

現時点でモラッティ氏の決断の理由は分かっていない。突然の決定は、大きな驚きをもって伝えられている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/10/24/5409231/%E3%83%A2%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%86%E3%82%A3%E6%B0%8F%E5%90%8D%E8%AA%89%E4%BC%9A%E9%95%B7%E3%82%92%E8%BE%9E%E4%BB%BB

【インテルのモラッティ名誉会長が辞任。一時代の終焉を迎える・・・。獲得したタイトルは15、長友も獲得し重宝した◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

トヒル:「またカルチョーポリがあればセリエは死ぬ」 - Goal.com

10-17,14 intel2

グローバル化の必要性を強調

インテルのエリック・トヒル会長が、イタリアサッカーのグローバル化の必要性を訴えている。また同会長は、カルチョーポリのようなスキャンダルが再び起きれば、イタリアサッカー界は死んでしまうとも語った。 昨季途中にインテルを買収し、会長に就任したトヒル氏。アメリカ『CNN』のインタビューで、「セリエAはもっとアグレッシブにならなければいけない」と話す同会長は、次のように続けている。

「特に私が言っているのは、もしもまたカルチョーポリがあれば、セリエAは死んでしまうということだ。イタリアだけでなく、グローバルに世界を見ることが重要だ。(ほかのクラブの)会長たちはオープンマインドだよ。やるべきことはたくさんある」

「プレミアリーグはますます大きくなっている。だが、セリエAも世界2位のリーグになることができるはずだ。我々にはまだ良い基礎がある。ドイツのブンデスリーガや、スペインのリーガエスパニョーラと争うことができる」

一方で、トヒル会長は自身の成功を求めているのではなく、インテルをトップクラブにしたいと強調した。

「私は個人的な成功を求めていない。新たなチームに支えられてハードワークをするんだ。インテルを世界のトップ10にするためにね。多くのサポートと、同じビジョンがあれば、やれるはずだ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/1867/%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2/2014/10/16/5188867/%E3%83%88%E3%83%92%E3%83%AB%E3%81%BE%E3%81%9F%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AA%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8C%E3%81%B0%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%81%AF%E6%AD%BB%E3%81%AC?ICID=HP_HN_2


~みんなの反応~


トヒル:「またカルチョーポリがあればセリエは死ぬ」 goal.com/jp/news/1867/%… #inter_jp
おまえらだぞ!おまえらに言ってるんだぞ白黒野郎ども(・Θ・)
スタジアムに試合を見に来るオーナーは
それだけで、いくらか信用できる。 トヒル:「またカルチョーポリがあればセリエは死ぬ」 - Goal.com上にコメントしました: fw.to/KZI5WAU
プレミアを目指すより下部組織を充実させてほしいね. トヒル:「またカルチョーポリがあればセリエは死ぬ」 - Goal.com上にコメントしました: fw.to/65wJhil
コリエレ「もうスキャンダルを望まないトヒル"再びカルチョポリが起こるとセリエAは死んでしまいます。セリエAはかつて世界最高のリーグでした。それが今は4番目です。アメリカのような透明性が必要です。近代化しないといけません"」
トヒル会長 :「かつてセリエAはナンバーワンのリーグだった。今はおそらく4位だ。私はまだ1990年代にセリエAにいた選手たちを覚えているが、15歳の私の子供はセリエの選手を誰も知らないよ。世界は変わっているんだ」


~管理人感想~

個人的にはトヒルのここまでインテルの働きには評価していますが、他のクラブのオーナーはどうなのでしょうね。セリエAを本気で4大リーグに戻す気があるのでしょうか・・・。

イタリアが不景気だって言っても、スペインはそれ以上に不景気なわけですし、経済規模もEU圏内ではドイツに続く2位ですよね。ですので、そういう言い訳は通用しなく、やはりカルチョーポリで不信になったこととセリエを取り巻くサッカーファンやメディア、高いままのチケット料金など観戦しに行きたいと思わせることの出来ない体制が魅力的に見せないのでしょう。

そういう状況が魅力的な選手の移籍を妨げ、負のスパイラルに陥っていくと・・・。やはり、セリエAには4大リーグの位置に戻ってきてもらい、欧州のサッカーの主役に戻ってきてもらいたいものです。

不振のインテル会長が名誉会長に泣きつく…次期監督候補の名前も浮上 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

10-12,14 inte

サッカー日本代表DF長友佑都が所属するインテル・ミラノのインドネシア人実業家、エリック・トヒル会長がモラッティ名誉会長にチーム不振についてアドバイスを受けていたことがわかった。11日のイタリア紙ガゼッタ・デロ・スポルトが報じた。  

それによると、トヒル会長は長友が退場処分になった9月28日のカリアリ戦、そして今月5日のフィオレンティナ戦の連敗をクラブの危機として懸念している。  

来シーズンはテレビ放映権、スポンサー料など3000万ユーロ(42億円)の収入が見込まれる欧州チャンピオンズリーグに何としても出場しなければならないため、セリエA3位以内を獲得する必要がある。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00000065-dal-socc

【長友所属のインテル、会長は不審が続きモラッティに泣きつく!?マッツァーリ監督の退任、次期監督候補も浮上◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ