スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

エデン・アザール

レアル会長、ロナウド&ベンゼマを一気に放出か!? 来季へ向けて3選手を補強へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


レアル、ロナウド&ベンゼマを放出でアザール、デ・ヘア、レヴァンドフスキを狙う

レアル・マドリードのフロレンティーノ・ペレス会長は、すでに来季へ向けたプランを練り始めている。スペイン紙『スポルト』によると、何とペレス会長はFWクリスティアーノ・ロナウドとカリム・ベンゼマの売却を考えているという。

この2人は最近ピッチ外で問題行動を起こしている。ベンゼマはマテュー・ヴァルブエナのセックステープを巡る問題で警察沙汰にまで発展した。一方のロナウドはパリ・サンジェルマン行きを仄めかす行動を取り、移籍もあり得るといった発言もしている。同メディアはペレス会長が2人のゴタゴタを処理するのに疲れていると伝えており、一気に2人をチームから出してしまうプランを練っている。

そして、2人の売却益を使って豪華な選手を揃える考えだ。メインターゲットはバイエルンFWロベルト・レヴァンドフスキだ。

さらにGKにはダビド・デ・ヘアを迎える。ケイロル・ナバスがフィットしているものの、ペレス会長はデ・ヘアを釣り上げようと必死だ。そしてチェルシーMFエデン・アザールだ。

全文はソース元で

引用元 : レアル会長、ロナウド&ベンゼマを一気に放出か!? 来季へ向けて3選手を補強へ (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【レアル、ロナウド&ベンゼマを放出でアザール、デ・ヘア、レヴァンドフスキを狙う】の続きを読む

崩壊寸前のチェルシー…“ある選手”が「モウリーニョのために勝つなら負けた方がマシ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


チェルシーは崩壊寸前!「モウリーニョのために勝つなら負けたほうがマシ」とある選手・・・

31日に行われたプレミアリーグ第11節でリバプールに1-3の逆転負けを喫したチェルシーは、早くも今季6敗目を喫した。勝ち点わずか「11」の15位と開幕から超低空飛行が続いている。  

現地ではジョゼ・モウリーニョ監督の解任報道が過熱しており、イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、後任候補としてフース・ヒディンクやカルロ・アンチェロッティとともに、元イングランド代表監督のファビオ・カペッロの名前も挙がっており、カペッロはシーズン途中での就任に前向きだと伝えられている。  

また『BBC 5 live』のギャリー・リチャードソン記者は番組内で、チェルシーのある選手が「モウリーニョ監督と多くの選手の関係は最悪」と語ったことを伝え、さらにある選手は「監督のために勝つならば負けた方がマシだ」と話したようだ。

全文はソース元で

引用元 : 崩壊寸前のチェルシー…“ある選手”が「モウリーニョのために勝つなら負けた方がマシ」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【チェルシーは崩壊寸前!「モウリーニョのために勝つなら負けたほうがマシ」とある選手・・・】の続きを読む

昨季のプレミア・ベストイレブンが不調? 英紙が11選手を批評 | サッカーキング

昨季のプレミアリーグ・ベストイレブンが軒並み不調?英紙が批評

インターナショナルマッチウィークということで代表戦の話題も多い中、イギリス紙『デイリー・メール』が気になる情報を発信している。それは昨シーズンのプレミアリーグにおけるベストイレブンが不調ということだ。  同紙が指摘しているのはPFA年間ベストイレブンである。これはPFA(プロフットボール選手協会)のメンバーによる投票で選出されるものだ。

2014-15 PFA年間ベストイレブン
▼GK
ダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)
▼DF
ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ(チェルシー)
ガリー・ケーヒル(チェルシー)
ジョン・テリー(チェルシー)
ライアン・バートランド(サウサンプトン)
▼MF
アレクシス・サンチェス(アーセナル)
ネマニャ・マティッチ(チェルシー)
フィリペ・コウチーニョ(リヴァプール)
エデン・アザール(チェルシー)
▼FW
ジエゴ・コスタ(チェルシー)
ハリー・ケイン(トッテナム)

メンバーを見てわかる通り、優勝したチェルシーからの選出が多い。また、全選手が今シーズンも同じクラブに所属しているのが特徴的だ。では、『デイリー・メール』紙が何故彼らを不調としているのか、個別の論評をご紹介していこう。

■ジョン・テリー
 
2014-15シーズンのプレミアリーグにおけるベストDFと称賛され、テリーに国際舞台から引退を撤回し、イングランドへ戻るようにという世論もあった。最も屈強なセンターバックの片方となり、ブルーズをタイトルに導いた。しかし、今シーズンのチェルシーはわずか4試合ですでに9つのゴールを許しており、その多くがテリーのミスによるものだという辛辣な批判に晒されている。チェルシーのキャプテンは敗れたマンチェスター・C戦において前半で下げられており、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦ではサロモン・ロンドンを倒して一発レッドとなっている。

■ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ
 
昨シーズンはみんな“ミスター頼りになる男”、と思っただろう。昨シーズンのイヴァノヴィッチはプレミアリーグで最高の右サイドバックだった。守備はソリッドな一方で、不意に出現すると重要なゴールを決めた。しかし、開幕してからの4試合で平凡に見えるチェルシーのDF陣において、もしかしたらこのセルビア人は最も大きな弱点となっているかもしれない。31歳のイヴァノヴィッチはジェフェルソン・モンテーロ、ラヒーム・スターリング、カラム・マクマナマンのような選手たちに苦しめられている。

■ネマニャ・マティッチ
 
昨シーズンのタイトル制覇においてこのMFが影響を及ぼしたと言っても過言ではないだろう。4バックの前での彼の守備は素晴らしく、モウリーニョ監督の規律の取れたプレースタイルの象徴だった。しかし、今シーズンの序盤、チェルシーの本来は強固な中盤を通り抜け、簡単に沈黙させる方法を対戦相手たちは見つけてしまっている。相方のセスク・ファブレガスがまずい出だしのため、マティッチが助けられていないと言われるに違いないけれども。

■エデン・アザール
 
アザールは昨シーズン、他を圧倒するパフォーマンスを披露した。彼のゴールとアシストはこの5年で初となるチェルシーの王座獲得において鍵となる役割を果たした。アザールのパフォーマンスが彼をPFAプレーヤーオブザイヤーへと導いた。しかし、この24歳は、今シーズンの最初の4試合では並外れた才能の幻影を見ているようである。モウリーニョ監督は決してアザールを“流石”とは思っていないだろう。また、日曜日の夜にはベルギー代表監督のマルク・ヴィルモッツにも批判されている。

■アレクシス・サンチェス
 
昨年の夏にバルセロナからやってきたが、このチリ人はプレミアリーグにきわめて自然に溶け込んだ。サンチェスが見せる全ての動きが完璧にプレミアリーグにフィット。彼は傑出したシーズンを楽しみ、リーグで16ゴールを奪った。しかし、今回は全くのスロースタートだ。サンチェスは今シーズン未だグーナーのためにゴールを決めておらず、得点を決めるための数多くのチャンスを逸している。チリで行われたコパ・アメリカによってトレーニングに戻るのが遅れたが、今もフィジカルコンディションのピークに達していることは注目すべきである。

■ジエゴ・コスタ
 
ブラジル生まれのスペイン代表は2014-15シーズンの前半、目を見張らせるようなプレーでチェルシーを上位に導き、プレミアリーグで自らを確立した。昨シーズンはリーグ戦わずか4試合ですでに7ゴールを奪ったのだ。1年が経過した現在、今シーズンも同じ数の試合をこなしたが、ジエゴ・コスタはわずか1ゴールのみ。チェルシーでのキャリアはまだ序盤だが、まるでプレミアリーグの守備にいじめられているようであり、同じ選手(=ジエゴ・コスタ)のイミテーションのように見える。もちろん、スペインのユニフォームでも彼は批判に直面している。

■ハリー・ケイン
 
それは2014-15シーズンのストーリーだった。ケインのイングランドフットボールにおける台頭はスパーズのストライカーがプレミアリーグで21ゴールを奪ったのと同じくらいの早さだった。今夏、イングランドU-21代表への招集は、トッテナムのストライカー不足と共に、燃え尽き症候群になる恐れを抱かせた。今シーズンの序盤、ケインはゴール前で苦しんでおり、ホワイトハートレーンでエヴァートンの守備から逃げたのは彼の優柔不断さの典型である。

以上が『デイリー・メール』紙による昨シーズンの「PFA年間ベストイレブン」に対する今シーズンの評価だ。



全文はソース元で

引用元 : 昨季のプレミア・ベストイレブンが不調? 英紙が11選手を批評 | サッカーキング

【昨季のプレミアリーグ・ベストイレブンが軒並み不調?英紙が批評】の続きを読む

自身は点取り屋ではないと語るアザール「ロナウドやメッシとは違う」 | サッカーキング

アザール「15~20得点で十分!メッシ、ロナウドとは違ってスコアラーじゃない」

チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザールは、自身がレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドやバルセロナ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのような得点記録を出すことはないだろうと認めた。2日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。  

アザールは昨シーズン、チェルシー移籍後最高となる公式戦52試合出場19得点を記録し、イングランドサッカー選手協会(PFA)年間最優秀選手に選出された。  

「メッシやロナウドのように1シーズンに50ゴールや60ゴールを挙げるために何ができるだろうかと自分自身に問いかけてみた。チャレンジはするけれど、僕は本当の意味でのゴールスコアラーにはならないだろうと悟ったよ。そういうタイプではないんだ。精神的なところが大きい。今でもゴールを決めた後に思うことがある。これで十分だとね」と生来の点取り屋ではないと語った。  

「他の選手のように記録を狙ってはいない。1シーズンで15ゴールから20ゴールを挙げられれば、僕はものすごく満足するよ」とC・ロナウドやメッシとはタイプが違うことを強調。さらに、「今、キャリアのピークを迎えている。でも、毎日もっといい選手になりたいと思っている。僕の頂点はまだ先だ」と選手として今後も成長していくと意気込んだ。

全文はソース元で

引用元 : 自身は点取り屋ではないと語るアザール「ロナウドやメッシとは違う」 | サッカーキング

【アザール「15~20得点で十分!メッシ、ロナウドとは違ってスコアラーじゃない」】の続きを読む

美人女医とモウリーニョの問題に新事実発覚 「アザールは治療を求めていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

アザールは治療を求めていた!モウリーニョと美人女医の問題に新事実

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、2-2の引き分けに終わった開幕戦のスウォンジー戦でメディカルスタッフのエバ・カルネイロ医師がMFエデン・アザールに行った医療行為を公の場で批判した。

英国外にも波紋を広げている美人女医の降格問題で、プレミアリーグをライブ中継するスカイが“新証拠”を提示した。

「新たな映像では、スウォンジー戦のエデン・アザールを巡る問題で選手が治療を求めていることを示している。サポートの要求の存在がチェルシーのメディカルスタッフが彼らの責任の範囲内で業務に当たっていたことを裏付けている」  

そう断じた特集では試合終盤、エースに起きた問題のシーンを再現。アザールはファルカオから敵陣でパスを受けるとドリブルを開始。方向転換し、アシュリー・ウィリアムスをかわしたところでタックルを受け、グラウンドに倒れ込んだ。  

アザールはピッチに顔を向けながら、右側に転がった。鼠径(そけい)部を抑えて痛みを訴え、苦悶(くもん)の表情を浮かべていた。  

数秒間、ピッチに倒れこむアザールに対し、マイク・オリバー主審はウィリアムスにイエローカードを出した後、歩み寄った。会話を交わしており、「治療が必要かアザールに確認したようだ」と指摘。そして、主審はチェルシーのメディカルスタッフにピッチ内で治療することを呼びかけた。スタッフが反応せずにいると、主審は再度、選手の要求により、スタッフにピッチ内に入ることを許可したという。

そこでトレーナーのジョン・ファーン氏がピッチ内にダッシュし、それにカルネイロ医師も続いた、と詳細にリポートされている。

痛みを訴えたアザールの要求により、主審がメディカルスタッフに治療を命じたという事実が発覚した。プレミアリーグのプロトコルによると、選手が倒れた際、レフェリーが選手と会話し、治療が必要か確認するという。
 
だが、モウリーニョ監督はこの治療行為に激怒。治療から戻ってきたチームドクターを怒鳴りつけ、口論するシーンもカメラに抑えられている。

全文はソース元で

引用元 : 美人女医とモウリーニョの問題に新事実発覚 「アザールは治療を求めていた」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【アザールは治療を求めていた!モウリーニョと美人女医の問題に新事実】の続きを読む

モウリーニョ:「昨季のアザールはC・ロナウド以上だった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

モウリーニョ「昨季のアザールはc・ロナウド以上だった」タイトルが重要だと語る

チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は、個人の活躍がチームのタイトル獲得につながったという意味で、昨シーズンのMFエデン・アザールはレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドを上回っていたと主張している。

モウリーニョ監督は、アザールがC・ロナウドおよびバルセロナFWリオネル・メッシとともに「トップ3」の一角を占める選手だと称賛した上で、昨シーズンに限ればC・ロナウドよりも上だったとの見解を示した。イギリス『ガーディアン』が同監督のコメントを伝えている。

「そういうことだと思う。監督であれ選手であれ、チームなくして個人賞を勝ち取るのは好きではない」

「昨シーズンのロナウドは確かにファンタスティックだったし、信じられない数のゴールを決めた。ただ、私の個人的な見方では、チームこそが優先されるべきだということを世界中のどの選手も理解すべきだと思う」

「タイトルのないサッカーには何の意味もない。メッシは3冠を達成した。彼は昨年3つの大会で勝利し、コパ・アメリカ決勝に進んだ。彼自身もチームも素晴らしいシーズンを過ごしていたよ」

全文はソース元で

引用元 : モウリーニョ:「昨季のアザールはC・ロナウド以上だった」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【モウリーニョ「昨季のアザールはc・ロナウド以上だった」タイトルが重要だと語る】の続きを読む

香川真司が選ぶ現役ベストイレブン、バルセロナからメッシら6人選出 | サッカーキング

”リアルマウス”の香川真司が選ぶ現役ベストイレブン!メッシら6人がバルサから選出

ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が、自身が選ぶ現役選手最強イレブンを明らかにした。  

同企画は、エレクトロニック・アーツ株式会社が配信しているFIFA公認モバイルサッカーシミュレーションゲームである『EA SPORTS FIFAワールドクラスサッカー2015』内でのイベントによるもので、香川が監督となり、選んだ選手をユーザーが当てるという内容だった。  

その回答が発表され、香川が選ぶ最強のイレブンが判明。フォーメーションは[4-3-3]となり、2014-15シーズンのチャンピオンズリーグを制したバルセロナから6名が先発に名を連ねた。  

香川の選んだベストイレブンは以下のとおり。

■先発[4-3-3]

▼GK
マヌエル・ノイアー(バイエルン)
▼DF
ダニエウ・アウヴェス(バルセロナ)
ジェラール・ピケ(バルセロナ)
レオナルド・ボヌッチ(ユヴェントス)
ジョルディ・アルバ(バルセロナ)
▼MF
アルトゥーロ・ビダル(ユヴェントス→バイエルン)
ポール・ポグバ(ユヴェントス)
エデン・アザール(チェルシー)
▼FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
ルイス・スアレス(バルセロナ)
ネイマール(バルセロナ)

■サブ
マルク・アンドレ・テア・シュテーゲン(バルセロナ)
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)
セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
アリエン・ロッベン(バイエルン)
クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)
カルロス・テベス(ユヴェントス→ボカ・ジュニアーズ)

全文はソース元で

引用元 : 香川真司が選ぶ現役ベストイレブン、バルセロナからメッシら6人選出 | サッカーキング

【”リアルマウス”の香川真司が選ぶ現役ベストイレブン!メッシら6人がバルサから選出】の続きを読む

チェルシー、ポグバ獲得に向け交渉か…代理人はチーム最高給を要求 | サッカーキング

チェルシー、ポグバの獲得交渉を開始か!?アザール超えの最高給を要求

ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得にチェルシーが乗り出していると23日、イタリアメディア『Sky』が報じた。  

チェルシーが、ポグバの代理人を務めるミーノ・ライオラ氏に接触している模様。そのライオラ氏は、接触の際に、チェルシー側に1000万ユーロ(13億8000万円)の年俸を要求したという。これは、現在チェルシーで最高額の800万ユーロ(約11億円)を上回る額だ。さらに、将来チェルシーに在籍し、移籍することとなった場合に生じる移籍金の20パーセントを得る権利も求め、ポグバの以前の代理人が所有する肖像権を持つことも要求しているという。

全文はソース元で

引用元 : チェルシー、ポグバ獲得に向け交渉か…代理人はチーム最高給を要求 | サッカーキング

【チェルシー、ポグバの獲得交渉を開始か!?アザール超えの最高給を要求】の続きを読む

欧州5大リーグの選手市場価値トップ20を発表 首位メッシの驚きの価値は… (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

メッシの市場価値は”400億円”!!欧州5大リーグトップ20でロナウドは意外にも・・・

393億円でダントツのトップ  スポーツ研究国際センター(CIES)「Football Observatory」は8日、欧州5大リーグ(スペイン、イングランド、イタリア、フランス、ドイツ)における選手の市場価値トップ20を公表した。  

CIES「Football Observatory」が、独自に算出したこのランキングでトップに名を連ねたのは今季UEFAチャンピオンズリーグ、国内リーグ、国内カップの3冠を成し遂げたバルセロナのリオネル・メッシ。その市場価値は2億8080万ユーロ(約393億円)にも及ぶという。

トップ20は、以下の通り。
 
 1位 リオネル・メッシ(バルセロナ) 2億8080万ユーロ(約393億円)
 2位 エデン・アザール(チェルシー) 1億4890万ユーロ(約208億円)
 3位 クリスティアーノ・ロナウド(レアル) 1億2470万ユーロ(約175億円)
 4位 ネイマール(バルセロナ) 9850万ユーロ(約138億円)
 5位 セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C) 8600万ユーロ(約120億円)
 6位 ラヒーム・スターリング(リバプール)8100万ユーロ(約113億円)
 7位 ポール・ポグバ(ユベントス) 7730万ユーロ(約108億円)
 8位 ディエゴ・コスタ(チェルシー) 7690万ユーロ(約107億円)
 9位 アレクシス・サンチェス(アーセナル) 7460万ユーロ(約104億円)
 10位 ハメス・ロドリゲス(レアル) 6880万ユーロ(約96億円)
 11位 ルイス・スアレス(バルセロナ) 6600万ユーロ(約92億円)
 12位 アントワーヌ・グリーズマン(アトレチコ・マドリード) 6490万ユーロ(約90億8000万円)
 13位 セスク・ファブレガス(チェルシー) 6450万ユーロ(約90億3000万円)
 14位 イスコ(レアル) 6290万ユーロ(約88億円)
 15位 ハリー・ケイン(トットナム) 5890万ユーロ(約82億円)
 16位 ギャレス・ベイル(レアル) 5640万ユーロ(約79億円)
 17位 フィリッペ・コウチーニョ(リバプール) 5550万ユーロ(約78億円)
 18位 ティボー・クルトワ(チェルシー) 5530万ユーロ(約77億円)
 19位 オスカル(チェルシー) 5230万ユーロ(約73億円)
 20位 カリム・ベンゼマ(レアル) 4910万ユーロ(約69億円)
 
所属クラブ別で見れば、レアルと、チェルシーがそれぞれ5人選出され、最多となっている。次いでバルセロナの3人、リバプールからは2人が選ばれ、マンC、アーセナル、ユベントス、トットナム、アトレチコからそれぞれ1選手が選ばれた。また、ドイツ、フランスのクラブからは1人も選ばれなかった。

全文はソース元で

引用元 : 欧州5大リーグの選手市場価値トップ20を発表 首位メッシの驚きの価値は… (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【メッシの市場価値は”400億円”!!欧州5大リーグトップ20でロナウドは意外にも・・・】の続きを読む

R・マドリーがチェルシーに超大型トレードを提案? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ベイルとアザールの大型トレード!?レアルがチェルシーに提案か

レアル・マドリーが、超大型トレードに向けて準備を開始したとイギリス『ザ・サン』が報じている。同紙によると、銀河系軍団の次なる標的はチェルシーで10番を背負い、イングランド・プロサッカー選手協会(PFA)が選定する2014-15シーズンの年間最優秀選手賞に輝いたばかりのMFエデン・アザールだという。アザールを獲得するために、レアル・マドリーはMFガレス・ベイルを交代要員にする構えのようだ  

ベイルは、2013年に巨額の移籍金で白い巨人に加わり、「1億ユーロの男」とも呼ばれる。2013-14シーズンには、欧州CL決勝で得点を挙げるなど、クラブの10度目となる欧州制覇にも大きく貢献したが、今シーズンは自己中心的なプレーがマドリディスタから非難されていた。そのため、ベイルにはプレミアリーグのビッグクラブへの移籍報道が耐えない状況となっており、マンチェスターの2クラブやチェルシーが、ベイル獲得に動いていると現地では報じられている。

全文はソース元で

引用元 : R・マドリーがチェルシーに超大型トレードを提案? (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ベイルとアザールの大型トレード!?レアルがチェルシーに提案か】の続きを読む

このページのトップヘ