スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

エデル

インテルに突如出現した「ヨガトモ師匠」 移籍後初得点のイタリア代表FWに「僕がヨガを教える」と腕まくり (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ダルシム長友が出現!”ヨガトモ師匠”としてイタリア代表、香川、清武らのヨガの伝道師になる

インテルの日本代表DF長友佑都が、23日の本拠地ウディネーゼ戦の3-1での勝利に喜びのコメントを語っている。そして、この日移籍後初ゴールを決めたルームメートであるFWエデルに対して、ヨガの伝授を宣言した。チームの公式チャンネル「インテル・チャンネル」に対して試合後に語ったもの。

「この勝利は嬉しいです。簡単なゲームではなく、僕らは苦しんだけれども、集中ができていたしこれを続けていきたいです」

「エデルは僕のルームメートだし、彼のゴールは本当に嬉しいですよ。彼がもっと良いコンディションでプレーできるように、僕はヨガを教えなければいけませんね!」

嬉しい初ゴールを決めたルームメートに対して、長友流のコンディションアップの秘訣であるヨガの伝授を宣言した。長友は持病の腰痛克服のために、明治大学時代から専属トレーナーの木場克己氏に師事。体幹トレーニングを続け、ワールドクラスのフィジカルを作り上げたが、最近は体幹トレーニングに加えてヨガを新しいトレーニング法として導入している。

緊張状態の試合中にも余計な力や雑念を省くためのルーティーンとなっているが、ハリルジャパンでもヨガマスター・長友にハノーバーMF清武弘嗣らがすでに“弟子入り”。後輩に手順を授けるなど、インテル最古参となった「ヨガトモ」はチームでも代表でも周囲に好影響を与えている。

全文はソース元で

引用元 : インテルに突如出現した「ヨガトモ師匠」 移籍後初得点のイタリア代表FWに「僕がヨガを教える」と腕まくり (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ダルシム長友が出現!”ヨガトモ師匠”としてイタリア代表、香川、清武らのヨガの伝道師になる】の続きを読む

インテルの狙いは3対1のトレードか 長友+2人でエデル獲得を目指す? (GOAL) - Yahoo!ニュース

長友、サンプドリアへの移籍が濃厚!?インテルがエデル獲得のためのトレード要員に

日本代表DF長友佑都のサンプドリア移籍が噂になっているが、インテルは長友を手放すと同時にサンプドリアからの補強を画策しているのかもしれない。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、インテルがサンプドリアFWエデルの獲得に動いていると伝えた。

長友はインテルとの契約が2016年までとなっているため、移籍金を手にすることができるこの夏に手放すのではないかと言われている。『gianlucadimarzio.com』は、インテルとサンプドリアが9日に会談を行い、さまざまなテーマについて話し合ったと伝えた。その議題の一つとして、長友の移籍が挙がったと報じている。

一方、『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、インテルは長友をトレード要員に使うことも視野に入れている。ターゲットは今年イタリア代表デビューを飾ったサンプドリアの主力の一人であるエデルだ。インテルはエデルを獲得するため、長友だけでなくDFマルコ・アンドレオッリとFWゲオルゲ・プスカシュを差し出し、3対1のトレードをサンプドリアに提案したようだ。

全文はソース元で

引用元 : インテルの狙いは3対1のトレードか 長友+2人でエデル獲得を目指す? (GOAL) - Yahoo!ニュース

【長友、サンプドリアへの移籍が濃厚!?インテルがエデル獲得のためのトレード要員に】の続きを読む

「イタリア人によるアッズーリ」を求めるマンチーニ 国外生まれは代表に値しない? (GOAL) - Yahoo!ニュース

3-24,15 man

インテルのロベルト・マンチーニ監督は23日、イタリア代表でプレーする選手はイタリア生まれであるべきだとの見解を示した。

「イタリア代表はイタリアでなければいけない。代表でのプレーに値するのはイタリア人の選手であり、イタリアで生まれていない選手は、たとえ親族がいたとしても、代表でプレーするに値しないと思う。あくまで私の意見だがね」

「ドイツはそういう選手たちでワールドカップ(W杯)を制覇した? だが、彼らの選手たちはドイツ生まれだよ」

だが、国外出身選手がイタリア代表でプレーするのは、エデルやバスケスが初めてではない。

優勝した2006年のドイツW杯でも、アルゼンチン出身のマウロ・カモラネージ氏がイタリア代表としてプレーした。ほかにも、FWアマウリやMFチアゴ・モッタ、FWパブロ・オスバルド、DFガブリエル・パレッタといった現役選手たちから、古くはオマル・シボリ氏やジョゼ・アルタフィーニ氏なども、国外出身ながらイタリア代表のユニフォームを着ている。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150324-00000003-goal-socc


【イタリア代表、国外生まれの選手の招集で論争 マンチーニは呼ぶべきではないと語る】の続きを読む

このページのトップヘ