スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ウーゴ・ロリス

英紙が来季マンUの布陣を大胆予想! ベイルら大型補強か (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

マンUの来季は布陣は5人の大型補強で構成!?英紙がベイルらの獲得を予想

現在プレミアリーグ4位で来季のチャンピオンズリーグ出場を目指すマンチェスター・ユナイテッド。今夏も大型補強を行うと報じられているが、英紙『デイリー・メール』が来季の布陣を大胆予想した。  

フォーメーションは4-2-3-1。まずはゴールキーパーだが、ユナイテッドはGKダビド・デ・ヘアと契約延長の交渉を行っているが、合意に至っておらず、レアル・マドリーへの移籍が噂されている。『デイリー・メール』は放出したと考え、トッテナムのフランス代表GKウーゴ・ロリス獲得すると予想した。

1トップにはFWウェイン・ルーニーが入った。『デイリー・メール』はこのような大型補強を予想したが、果たしてユナイテッドは今夏も大型補強を行うのだろうか。
 
以下、ユナイテッド来季の予想布陣

▽GK
ウーゴ・ロリス(トッテナム)
▽DF
ナサニエル・クライン(サウサンプトン)
マッツ・フンメルス(ドルトムント)
クリス・スモーリング
ルーク・ショー
▽MF
ガレス・ベイル(R・マドリー)
メンフィス・デパイ(PSV)
マイケル・キャリック
アンデル・エレーラ
アンヘル・ディ・マリア
▽FW
ウェイン・ルーニー

全文はソース元で

引用元 : 英紙が来季マンUの布陣を大胆予想! ベイルら大型補強か (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【マンUの来季は布陣は5人の大型補強で構成!?英紙がベイルらの獲得を予想】の続きを読む

米スポーツ専門チャンネルが世界のGKトップ10をランキング 1位はあの守護神 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

クルトゥワがNo.1GKに!!米スポーツ専門Chが世界のGKトップ10を発表

チェルシーの若き守護神がトップに  

欧州各国リーグは、今季終盤戦を迎えている。その中で、ESPNは「世界のトップ10ゴールキーパー」というランキング企画を行った。1位には名だたる名手を抑え、今季プレミアリーグ首位を走るチェルシーの22歳の若き守護神であるベルギー代表ティボ・クルトワが選出された。  

以下がESPN選出のGKベスト10だ。  

1位 ベルギー代表クルトワ(チェルシー)  

2位 ドイツ代表GKマヌエル・ノイヤー(バイエルン・ミュンヘン)  

3位 スペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・ユナイテッド)  

4位 イタリア代表ジャンル イジ・ブッフォン(ユベントス)  

5位 フランス代表ウーゴ・ロリス(トットナム)  

6位 チリ代表クラウディオ・ブラーボ(バルセロナ)  

7位 イングランド代表ジョー・ハート(マンチェスター・シティ)  

8位 クロアチア代表GKダニエル・スバシッチ(モナコ)  

9位 ナイジェリア代表ビンセント・エニェアマ(リール)  

10位 スロベニア代表GKサミル・ハンダノビッチ(インテル)

全文はソース元で

引用元 : 米スポーツ専門チャンネルが世界のGKトップ10をランキング 1位はあの守護神 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【クルトゥワがNo.1GKに!!米スポーツ専門Chが世界のGKトップ10を発表】の続きを読む

英紙がGKベスト10を発表…ノイアー、デ・ヘア、クルトワらが選出 – サッカーキング

12-17,14 gk

イギリス紙『デイリーメール』は世界の現役GKベスト10を選出。ランキング形式で15日に発表している。  

同紙によるランキングで、堂々の1位に輝いたのは、バロンドールの最終候補に入っているバイエルンのドイツ代表GKマヌエル・ノイアー。昨シーズンはブンデスリーガとDFBポカールで優勝し、ドイツ代表としても今夏のブラジル・ワールドカップ制覇に貢献している。

同紙によるGKベスト10は以下の通り。

■『デイリーメール』紙によるGKベスト10(カッコ内は代表/所属チーム)
1位 マヌエル・ノイアー(ドイツ代表/バイエルン)
2位 ダビド・デ・ヘア(スペイン代表/マンチェスター・U)
3位 ティボー・クルトワ(ベルギー代表/チェルシー)
4位 ジョー・ハート(イングランド代表/マンチェスター・C)
5位 ジャンルイジ・ブッフォン(イタリア代表/ユヴェントス)
6位 ウーゴ・ロリス(フランス代表/トッテナム)
7位 イケル・カシージャス(スペイン代表/レアル・マドリード)
8位 サルヴァトーレ・シリグ(イタリア代表/パリSG)
9位 サミール・ハンダノヴィッチ(スロヴェニア代表/インテル)
10位 ケイロル・ナバス(コスタリカ代表/レアル・マドリード)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20141217/259862.html

【英紙がGKベスト10を発表。ノイアー、デ・ヘア、クルトゥワらがランクイン◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

プレミアで脳振とうに関する規則変更、意識ない選手は交代 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

8-7,14 pre

【AFP=時事】イングランドサッカー協会(Football Association、FA)は5日、試合中の脳振とうに関する新規則を発表し、意識をなくしている疑いのある選手は交代を義務づけることを明らかにした。

昨シーズンのリーグ戦、またW杯ブラジル大会(2014 World Cup)で、頭部を激しく打った選手がその後もプレーを続行する場面が何度も見られたことを受け、FAは、手続きを厳格化して脳振とうのリスクを減らすことを決めた。

新たなガイドラインは、選手の処置について「一定時間、意識を失っていることが確認された、または疑われた選手は、プレーフィールドから出され、復帰は認められない」と定めている。

「事態の経過について疑問点があれば、審判団やほかの選手から聞き取りを行ってもよい。事態について、ピッチ脇もしくは控室への通路でリプレー映像が見られる場合は、それを使って経過を確認することもある」

「意識を失っていないとみられる場合は、フィールド上もしくはタッチラインの外で確認を行う」
 
プレミアリーグでは、各チームの医療スタッフが脳振とうの兆候を見極める際の補佐として、全試合で「トンネル・ドクター」を通路に配置することが義務づけられる。
 
これまでのFAの規則では、頭部を負傷した選手も「医療資格を有する者が許可した場合、試合に復帰できる」とされていた。
 
脳振とうについては昨シーズン、トッテナム・ホットスパー(Tottenham Hotspur)のGKウーゴ・ロリス(Hugo Lloris)が、11月のエバートン(Everton)戦で、一時的に意識を失っているように見えたにも関わらずプレーを続行したことで、大きな話題となった。
 
フランス代表でもあるロリスは、エバートンのロメルー・ルカク(Romelu Lukaku)の膝蹴りを頭に受け意識がもうろうとしているように見えたが、本人がプレーを続けると主張した。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140806-00000017-jij_afp-socc

【プレミアリーグで脳震とうのルール改定。意識をなくしたら即交代!!以前から問題に◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ