スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

インテル

長友、伊メディアで高評価の嵐!「バレンシアGPの準備万端」と手荒い称賛も (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


2-11,15 naga

現地時間の10月31日に行なわれたセリエA第11節インテル対ローマの一戦で大活躍を収めた日本代表DF長友佑都に称賛が集まっている。  長友は首位ローマとの大一番でフル出場を果たすと、ローマのサラー、ジェルビーニョのウイング陣営に仕事をさせずインテルの無失点に貢献した。また、73分にはキーマンであるMFピラレム・ピャニッチのハンドを誘い退場に追い込んでいる。  

イタリア『スカイ・スポーツ』は同選手にチーム内2番目の高評価となる10段階中「7」の採点を付けた。前回のパレルモ戦では好プレーを見せたにも関わらず酷評を与えた『カルチョメルカート.com』も「ジェルビーニョという簡単でない相手をよく抑えた」と「6,5」の高評価を与えている。  

また、『インテルニュース.it』も長友に「7」と高評価を与えた。見出しには「ユウトはバレンシア・グランプリの準備ができている」と付けている。イタリアでは“バイク”に例えられる同選手の好パフォーマンスを称賛するとともに、バレンシアへの移籍の噂にかけた表現だ。

全文はソース元で

引用元 : 長友、伊メディアで高評価の嵐!「バレンシアGPの準備万端」と手荒い称賛も (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【長友、ローマ戦のプレーを伊メディアが軒並み高評価!バレンシア移籍に向けて良いアピールとも】の続きを読む

ローマとの大一番で先発を勝ち取った長友「努力を続けることが大事」 | サッカーキング


2-11,15 naga2

日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、10月31日に行われたセリエA第11節でローマと対戦し、1-0で勝利を収め、暫定ながら首位に返り咲いた。試合後、フル出場を果たした長友がコメントを残した。  

今シーズンすでに25得点を奪っている強力な攻撃陣を擁するローマとの一戦で、フル出場を果たし勝利に貢献。試合後に今シーズン初めて記者団の取材に応じた長友は、「非常にうれしいです。格別ですね、やはり」と喜ぶと、「チーム全体で前の選手も必死に守備をしてくれたんで、ディフェンス(陣)だけでは絶対に止められない相手だった。みんなで守備ができて本当によかった」とチーム一丸で得た結果に満足感を示した。  

ここまで出場機会が少ない状況が続いたものの、「ここ何カ月か試合に出れない中で自分の長所と短所をしっかり見つめ直して、それを徹底的に練習から120パーセントやっていたんで、それが今のコンディションにつながっていると思う」と好パフォーマンスを見せることができた理由を明言。さらに、「努力をいかに続けられるかが一番大事。こうやってチャンスが来た時につかめるかどうかというのも、その努力をしたかどうかが一番大事だと思う」と、自身を衝き動かす信念を明かした。  また、努力で出場機会を勝ち取ったことから、「モチベーションは上がってきてますよ」と明かすと、「ピンチはチャンスじゃないですけれど、ホントに大きなピッグチャンスだと思ってやっている」と語り、虎視眈々とレギュラー奪還を狙っている模様。  

だがその一方で、監督からの信頼については、「(実感は)全然ないですよ。まだまだアピールしなければいけないし、まだ2試合に出ただけなんで」とコメントし、まだ満足していない様子を明かすと、「明日にでも評価が変わってしまうのがこの世界。とにかく集中して1試合、1試合を全力で、すべてピッチの上で表現したい」と意気込みを語った。

全文はソース元で

引用元 : ローマとの大一番で先発を勝ち取った長友「努力を続けることが大事」 | サッカーキング

【ローマ戦で大活躍のインテル長友、マンチーニも称賛「努力を続けることが大事」【タッチ集動画】】の続きを読む

監督がユーティリティー性を買っている? 長友、冬からインテルと契約延長交渉の可能性も (GOAL) - Yahoo!ニュース

長友佑都、インテルと冬にも契約延長交渉か!?マンチーニはユーティリティー性を評価とも

インテルDF長友佑都はこの夏、去就が騒がれながらもチームに残留した。インテル専門サイト『fcinternews.it』は、長友が冬から契約延長交渉に臨む可能性を伝えている。

長友の共同代理人であるフェデリコ・パストレッロ氏は先日、イタリア国内ではインテル以外でプレーしたくないという長友の希望から、ジェノヴァ勢への移籍は実現しなかったと明かし、今後については契約延長、1月の移籍、シーズン後のフリーでの移籍の3つの可能性について検討していくと述べている。

『fcinternews.it』によると、その3つの可能性のうち、長友とインテルが契約延長を選ぶかもしれないという。ロベルト・マンチーニ監督の構想外と言われていた長友だが、指揮官は次第に長友のユーティリティー性を買うようになってきたそうだ。 ただし、同メディアは、まだ長友サイドとインテルの間にコンタクトはないとも伝えている。12月初旬など、今年終盤に契約延長について話し合われるかもしれないようだ。

全文はソース元で

引用元 : 監督がユーティリティー性を買っている? 長友、冬からインテルと契約延長交渉の可能性も (GOAL) - Yahoo!ニュース

【長友佑都、インテルと冬にも契約延長交渉か!?マンチーニはユーティリティー性を評価とも】の続きを読む

岡崎慎司はメガクラブに到達できる? 識者の目と過去の事例から可能性を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

岡崎慎司は”メガクラブ”に到達できるのか!?インテルとミランなら可能性あり??

プレミアリーグは9月19日に6節が行なわれる。岡崎慎司が所属するレスターは、敵地でストーク・シティと激突。前節のアストン・ビラ戦では前半のみでの交代となった岡崎だが、今節はいかなるパフォーマンスを見せてくれるだろうか。その市場価値がじわじわと高まりつつあるなかで、さらなるステップアップへの可能性を探った。

レスターに加入した岡崎慎司の評価がうなぎ登りだ。プレミアリーグの4節を終えて全試合に出場。2節のウェストハム戦では、斜め後方かのウェストハム戦では、斜め後方からのクロスにボレーで合わせ、一度はGKに弾かれたボールを頭で押し込みプレミア初ゴールと、英国サッカー界にインパクトを与えた。
 
その得点に加えて、識者の目に留まったのが豊富な運動量だ。フル出場した2試合では、いずれも両チームでトップの走行距離を叩き出し、あらゆる局面に顔を出すような働きでチームを活性化させている。
 
岡崎のそうしたプレーを評価したのが、元イングランド代表DFで現在は解説者のガリー・ネビル。英国のサッカー番組に出演した際、 「今夏の市場でベスト・バイは?」と訊かれた彼は「シンジ・オカザキ」と回答し、次のように理由を述べた。

「汚い仕事を厭わず、守備の局面でもハードワークする。普通、10番 (英国では司令塔というよりアタッカーを指す場合が多い)の位置に入った選手はこうしたプレーを嫌がる傾向にあるが、彼は喜んで走る。しかも、チャンスを作ってゴールも決めた。つまり、すべての仕事をやってのけたということだ」

古巣マインツでの実績は申し分ない。在籍2シーズンで、計28ゴール(カップ戦を含む) 。ブンデスリーガで2季続けてふた桁得点をマークするなど、確かな実力を示した。事実、岡崎の市場価値はシュツットガルトに加入した当時(推定3億円)から3倍以上に跳ね上がっている。
 
ここからさらに株を上げるには、英国人が「世界最高」と自負するプレミアリーグでマインツ時代と同等、もしくはそれ以上の結果を残せるかがポイントになる。英国ではブンデスリーガを過小評価する識者が少なくなく、彼らを納得させる意味でもプレミアの舞台で得点力を見せつける必要があるのだ。
 
幸い、岡崎はプレミア特有と言える当たりの激しさを苦にしていない。1対1の競り合いでは、相手に上手く身体を預けるなど――自らのアクションで優位性を保つコツをすでに掴んでいる印象で、飛躍への土台は固まりつつある。

G・ネビルの言葉にもあったように、FWでありながらチェイシングやサポートを厭わない「利他的なメンタリティ」を有している点は、プレミアリーグで希少価値が付く。ゴール、アシストという目に見える結果も重要だが、数字で示しにくい献身性もメガクラブの扉を開けるアピールポイントになるというわけだ。
 
指揮官の戦術志向と現在のスカッド構成から考えると、いずれ移籍の芽が膨らみそうなのは守備に重きを置くACミランとインテルか。
 
懸念事項は、29歳という年齢だ。今季レスターで大活躍したとしても、シーズンオフを迎えた時点で30歳になっている。加入後も成長が見込める22-24歳の若手を優先的に獲得する傾向が拡大の一途を辿るヨーロッパの移籍市場で、その年齢が障壁になる可能性は否定できない。
 
もっとも、一昨季にサウサンプトンで13ゴールを挙げ、その翌年に32歳でリバプールに引き抜かれたリッキー・ランバート(現ウェスト・ブロムウィッチ・アルビオン)の例もある。「結果」と「献身」でアピールを続ければ、岡崎もさらなる高みに到達できるかもしれない。

文:田嶋コウスケ(フリーライター)

全文はソース元で

引用元 : 岡崎慎司はメガクラブに到達できる? 識者の目と過去の事例から可能性を探る (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【岡崎慎司は”メガクラブ”に到達できるのか!?インテルとミランなら可能性あり??】の続きを読む

前戦酷評も…本田、19日パレルモ戦はトップ下か 指揮官示唆 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

ミラン監督ミハイロビッチ、パレルモ戦も本田のトップ下先発を明言!批判に擁護も

ACミランのミハイロビッチ監督が18日の会見で日本代表FW本田を擁護した。インテル・ミラノ戦(13日)は攻撃面で物足りなかったと指摘され「守備に犠牲を払っており、それは他の選手も分かっている」と評価。「精神面で壁を破るきっかけが必要かもしれないが、そのうち技術は表に出てくる」と話した。

全文はソース元で

引用元 : 前戦酷評も…本田、19日パレルモ戦はトップ下か 指揮官示唆 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【ミラン監督ミハイロビッチ、パレルモ戦も本田のトップ下先発を明言!批判に擁護も】の続きを読む

ボールを持たない時は文句なし、持った時には頼りなかった本田… (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

ミラノダービーでの本田は「ボールを持たない時は文句なし、持った時は頼りない」

セリエA第3節、通算で181回目、国内リーグ戦では167回目となる伝統の一戦「ミラノダービー」が行なわれ、1-0でホームチームのインテルがミランを下した。  

これでダービーにおける通算成績は、インテルの67勝56分け58敗(国内リーグ戦では63勝52分け52敗)となった。  

今シーズンより加入した選手は、インテルが5人、ミランが4人。だからというわけではないが、ミランが組織プレーでは若干上回り、インテルは優れた個の力でこれに対抗するという展開となった。  

過去の2戦と大きく違っていたのは、中盤の構成力・展開力である。ナイジェル・デヨングに代わってリッカルド・モントリーボがアンカーに就いたことでボールが上下左右にうまく散り、またユライ・クツカ、ジャコモ・ボナベントゥーラはスペースへの良い飛び出しとドリブル突破で、ミランの攻撃をぶ厚くしていた。  

比較的容易にペナルティエリア手前まで進撃することができたミラン。しかし、インテルはここから人数をかけて厳しいマークを仕掛け、シュートコースをふさいできた。これを破るには、敵を欺くアイデアが必要だ。そんなラストピースをはめるような役割は、本来であればトップ下に求められるところだった。  

ミランのトップ下を務めたのは本田圭佑。セリエAでのダービー先発は今回が初である。代表帰りの彼は、この試合でもピッチを縦横無尽に動き回った。チャンスと見るや長距離を空いたスペースへ全速力で走り、ボールを失うと、MFを追い抜いて自陣に戻っていった。  

ボールを持たない時の本田の動きは、攻撃の選手としては全く問題がなく、さらに守備でも大きく貢献していた。チームにとっては間違いなく重宝する存在だろう。攻撃では、2トップに相手DFの意識がいくのを利用し、必ず空いたスペースへ移動することを怠らなかった。忠実、真面目という言葉がぴったり合う動きである。  

よく動いた本田。が、そこにタイミング良くボールが渡る回数は多くなかった。これは、チームが彼を活かせなかったと言えるだろう。この試合では、後ろ向きでボールを受け、背後から厳しいマークを受ける場面がほとんどだった。  

しかし、トップ下とは周囲が自分を活かしてくれるのを待っているポジションではない。その点で、本田は残念ながらボールを持った時には、相手に脅威を与えることができなかった。シュートを2本放つも確率が高いものでなく、その他のプレーでは効果的なものは皆無。トラップと同時にボールを奪われる場面も少なくなかった。  

ボールを持たない時の動きは文句なしだが、ボールを持った時の迫力が全くなかった本田。ボナベントゥーラがドリブルで仕掛け、スルーパスを通し、シュートも何本も放ち(不正確だったが)、マリオ・バロテッリが久々の試合出場ながら強烈かつきわどいシュートを放ったのを見ると、ボールプレーヤーとしての本田はあまりに物足りなかった。  

守備面での貢献は素晴らしく、チームとしての守備の弱さを彼がカバーしている部分もあるほどだが、攻撃、それも失点してゴールを奪わなければならない場面では、今のままでは頼りない。2トップとの縦横での連係をできるだけ早く熟成させることで、背番号10らしい決定的な仕事を果たすことが望まれる。  

全文はソース元で

引用元 : ボールを持たない時は文句なし、持った時には頼りなかった本田… (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【ミラノダービーでの本田は「ボールを持たない時は文句なし、持った時は頼りない」】の続きを読む

ダービー敗戦のミラン監督記者会見で糾弾される 「何故交代は本田ではなかったのか?」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ミハイロビッチ、本田の交代遅かった件で糾弾され「君はミランの監督ではない」と見解を述べる【ハイライト動画】

13日に行われた伝統のミラノダービーに0-1と敗れたACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督だが、チームのプレー振りには満足しているようだ。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が伝えている。  

結果ではなく、ピッチ上でのプレーに納得しているというミハイロビッチ監督は「今日、私は怒っていない。結果は残念だが、選手たちは良いプレーをした。我々の方がクリエイティブなプレーをしていたし、上回っていたと思っている」とダービーでの痛恨の敗戦にも試合内容への満足感を口にした上で、「もし敗戦の後に喜ぶことが可能なら、私は喜びたい。我々は非常にコンパクトにプレーできた。私のミランを再発見できたと感じている」とチームのパフォーマンスに手応えを示している。  そ

の一方で、2試合ぶりにトップ下で先発しながらも不発に終わった日本代表FW本田圭佑の交代策についてメディアからの追及を受けた。  

本田は0-1でビハインドの後半36分に途中交代。その前に、同16分にコロンビア代表FWカルロス・バッカに代えてリバプールから復帰したFWマリオ・バロテッリを投入していた。  

そのタイミングで本田を交代させるべきだったと主張する記者から「なぜ交代が本田ではなく(カルロス・)バッカだったのか?」とストレートな質問を浴びせられると、「監督は私なので、あなたの意見を発表されても…」と言葉に窮した。

全文はソース元で

引用元 : ダービー敗戦のミラン監督記者会見で糾弾される 「何故交代は本田ではなかったのか?」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミハイロビッチ、本田の交代遅かった件で糾弾され「君はミランの監督ではない」と見解を述べる【ハイライト動画】】の続きを読む

ミハイロビッチ監督が本田を名指しで指摘「もっと攻撃面を活かしてほしい」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ミハイロビッチ監督「本田は汚れ仕事をやってくれていた」と守備面を評価も攻撃面の改善を要求

[9.13 セリエA第3節 インテル1-0ミラン]  

ミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督が、0-1で敗れたインテル戦後の会見でMF本田圭佑について、「もっと攻撃面を活かしてほしい」と不満を語った。  

ミランは13日、インテルとのミラノダービーを戦い、0-1で敗れた。トップ下で先発した本田は前半にミドルシュートを放つなど、積極的なプレーを見せた。ただ決定的な仕事は出来ず、ボールロストも目立ってしまった。  

試合後、テレビインタビューで「私たちは中盤に問題を抱えていた」と話し始めたミハイロビッチ監督は、「本田は守備面ではよくやってくれていたと思うが、攻撃面では鳴りを潜めていた」と名指しで指摘。  

会見でも指摘は続き、公式サイトによると、「本田は汚れ仕事をやってくれていたが、もっと攻撃面で活かしてほしかった。今回、FWジェレミー・メネズを欠いていたことを忘れてはいけない。(途中出場となった)FWマリオ・バロテッリに関しても同じことが言える。彼らが入ればより攻撃的に動くことができるようになるだろう」と、厳しいレギュラー争いが待ち受けていることを強調した。

全文はソース元で

引用元 : ミハイロビッチ監督が本田を名指しで指摘「もっと攻撃面を活かしてほしい」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ミハイロビッチ監督「本田は汚れ仕事をやってくれていた」と守備面を評価も攻撃面の改善を要求】の続きを読む

ダービー不発の本田にイタリアメディア酷評の嵐 「常にセリエAレベルにあらず」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田、ミラノダービーでのプレーに酷評の嵐「セリエAレベルではない」と最低点【タッチ集】

ACミランの日本代表FW本田圭佑は13日に行われたインテルとの伝統のミラノダービーにトップ下としてスタメン出場。しかし、大きな見せ場を作ることができずに後半36分に途中交代でベンチに退いた。試合は0-1でミランが敗れた。

イタリアのサッカー情報サイト「カルチョメルカート・コム」では、本田の採点は「5点」。失点シーンに絡んだDFマッティア・デ・シリオと、開始直後の絶好機を逃したFWルイス・アドリアーノと並び、チーム内で最低評価タイとなった。  

また、トゥットメルカートウェブ・コムでも、DFイニャツィオ・アバーテと並ぶ「5点」とチーム最低点を付けられた。寸評はあまりに厳しいものだった。

「本田、5点。常にセリエAレベルのプレーヤーではないと感じさせる。いつもあまりにも簡単に倒れ込み、ゴールに向かうプレーが少なく、ミランの攻撃に全く影響を与えない。彼を交代させるのは遅すぎた」 代表戦から後半36分まで強行先発も「交代が遅すぎた」  

本田のクオリティを「セリエA以下」と厳しく指摘し、後半36分に交代させたシニシャ・ミハイロビッチ監督の采配が遅すぎたと酷評している。  

また、ミラン専門のニュースサイト「milannews.it」では単独でチーム最低評価となる4.5点。完全な落第点を与えられてしまった。

「本田、4.5点。微妙なプレー。危険を与えることは全くなく、大きなチャンスを作り出すこともない。ミハイロビッチ監督が与えたチャンスを全く生かさなかった」

全文はソース元で

引用元 : ダービー不発の本田にイタリアメディア酷評の嵐 「常にセリエAレベルにあらず」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田、ミラノダービーでのプレーに酷評の嵐「セリエAレベルではない」と最低点【タッチ集】】の続きを読む

ミハイロヴィッチ監督、バロテッリを含めた3トップの採用を示唆か | サッカーキング

ミラン、バロテッリ含めた3トップ、モントリーヴォのアンカーを採用か?インテルとのミラノダービー

日本代表MF本田圭佑が所属するミランのシニシャ・ミハイロヴィッチ監督が3トップの採用を検討しているという。同クラブのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が10日、イタリアメディア『メディアセット』のインタビューで明かした。  

ガッリアーニ副会長は、イタリア人FWマリオ・バロテッリ、コロンビア代表FWカルロス・バッカ、ブラジル代表FWルイス・アドリアーノが並ぶ3トップの採用について、「ミハイロヴィッチ監督の意向によるが、監督は私に『3選手を一緒に起用することをチャンレジする』と言った」と話している。  

また、スピード違反により免許停止になったバロテッリについては、「彼は行動規範を遵守している。免許停止はちょっとしたアクシデント。彼は心理面で変わり、とても素晴らしい振る舞いを見せている。これからも今のように続くことを私は願っている。ミラネッロに到着するのはいつも最初だし、練習を終えるのは最後の一人だ」と話して擁護した。

全文はソース元で

引用元 : ミハイロヴィッチ監督、バロテッリを含めた3トップの採用を示唆か | サッカーキング

【ミラン、バロテッリ含めた3トップ、モントリーヴォのアンカーを採用か?インテルとのミラノダービー】の続きを読む

このページのトップヘ