スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

イルカイ・ギュンドアン

香川所属のドルト、今夏も主力選手が退団へ…CEO「今年は2人」 | サッカーキング

ドルトムント、今夏に2人の主力を放出濃厚だと語る ギュンドアンとフンメルスかロイスが移籍か

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが、今夏の移籍市場で主力選手を2人放出することが濃厚となった。15日付のイギリス紙『Express』が報じている。  

主力選手の移籍も噂されており、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンは2016年6月30日に満了を迎える現行の契約を更新しないことが発表されている。こうなると、これまでも報じられてきた同代表DFマッツ・フンメルスや同MFマルコ・ロイスの移籍も再燃しかねない状況だ。  

ドルトムントのハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは、主力選手の移籍について「チームが大きく解体されるようなことはないだろう」と、基本的には現在のチームを継続していく姿勢を示した。

一方で、「昨シーズン、我々は1人の主力選手を失った」と、バイエルンに移籍したポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキを例に上げ、「今シーズンは恐らくそれが2人になるだろう」と、2人の主力選手の移籍が濃厚であることを明かしている。  

続けて「全ての物事はオープンな状態にある。つまりは変革が起こるということだ。しかし、完全にチームを崩すようなことはしない。ただし、名前を挙げることは出来ないんだ」と、数人の選手の入れ替えを示唆した。

全文はソース元で

引用元 : 香川所属のドルト、今夏も主力選手が退団へ…CEO「今年は2人」 | サッカーキング

【ドルトムント、今夏に2人の主力を放出濃厚だと語る ギュンドアンとフンメルスかロイスが移籍か】の続きを読む

ギュンドアン、夏の移籍を除外せずも「1年残ることだって考えられる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ギュンドアン、来季もドルトムントに残留も「必ずしも今夏に去るとは限らない」

ボルシア・ドルトムントMFイルカイ・ギュンドアンは、2016年までの契約を全うすることも視野に入れているようだ。ドイツ『SID』通信のインタビューで残留の可能性を示唆している。

ドルトムントは先月末、ギュンドアンがクラブとの契約を延長しない決断を下したと発表。この夏の移籍が濃厚とみられ、新天地としてはマンチェスター・ユナイテッドやアーセナル、国内ではバイエルン・ミュンヘンやヴォルフスブルクなどが候補として報じられた。

しかしながら、ギュンドアン本人は移籍先について「一番大事なのは、そのクラブが自分に合うこと」と述べ、具体的には決まっていない様子をうかがわせている。バイエルンに向かう可能性に関しては「今のところ何とも言えないね」と話すにとどまり、ユナイテッド行きの噂は「そうだったとしたら、まず最初に僕が知っているはずだよね?」と返答した。

また、1年間ドルトムントに残る可能性については次のように話している。

「契約を延長しなかったのは、必ずしも今夏に去ることを意味しない」

「強引に移籍を押し通すようなことはしない。もちろん、それがおたがいにとってのベストであれば、1年残ることだって考えられるよ」

「個人的には僕のクラブに見合った代償を受けられることを強く望んでいる」と移籍金を残す希望も示している。そのためには、やはりある程度の金額が得られる今夏のマーケットで移籍することになりそうだ。

契約の延長に合意しなかったことでファンから批判の声も向けられたギュンドアンは、以下のように心境を明かした。

「反応の一部に心を痛めなかったと言えば、?をつくことになる。すべてを読まないように努力しても、もちろん友人からそのような話が伝わってくるんだ」

全文はソース元で

引用元 : ギュンドアン、夏の移籍を除外せずも「1年残ることだって考えられる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ギュンドアン、来季もドルトムントに残留も「必ずしも今夏に去るとは限らない」】の続きを読む

「ギュンドアンはありえない!」 契約延長拒否にファンが怒りの声 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

「ギュンドアンは恩を仇で返すのか!?」契約延長拒否にドルトムントファンが怒りの声を挙げる!!

延長拒否のギュンドアンに憤るファン、SDは擁護

先月30日、ドルトムントに所属するMFイルカイ・ギュンドアンが自身の2016年6月までの契約を延長しない意向を明らかにした。新たな契約は、2019年までの年俸650万ユーロという条件であったが、ステップアップを望むギュンドアンはこのオファーを拒否。今夏に移籍する可能性が高い。

この契約延長拒否について、ドルトムントのファンからは怒りの声が上がった。独『ビルト』がサイト上で行った「ギュンドアンはありえない?」というアンケートには10万5千人から回答が寄せられ、その75%は「はい、彼はありえません」と答えた。

ドルトムントの公式Facebookの同内容の掲示にも、多くのコメントが寄せられた。

「BVB(ドルトムントの愛称)は彼が負傷離脱している14か月の間、彼を支え続けてきた。これがその恩返しってわけだな!」

2013年8月のパラグアイ戦から昨年10月まで背中の怪我で離脱していたギュンドアンに対するクラブのサポートがあったにも関わらず、移籍を決断したことにファンは憤りを露わにした。

クラブSD(スポーツ・ディレクター)のミヒャエル・ツォルク氏は『ビルト』の取材に対し、落胆の表情を見せるとともに、ギュンドアンが負傷離脱していた期間にクラブが俸給を支払っていたわけではないと話して彼に対する誤解を避けようとした。

「先週、イルカイと彼の家族とで契約について話し合ったんだ。彼の決断はもちろん私たちの望んでいたものではなかった。少なくとも今後は、彼が今までドルトムントで悪いプレーをしてこなかったことを重要だと考えることにするよ」

「負傷離脱していた1年2カ月の間、クラブではなく負傷選手の協同組合が彼に給料を支払っていたのだから私は怒っていない」

全文はソース元で

引用元 : 「ギュンドアンはありえない!」 契約延長拒否にファンが怒りの声 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【「ギュンドアンは恩を仇で返すのか!?」契約延長拒否にドルトムントファンが怒りの声を挙げる!!】の続きを読む

アーセナル、香川同僚MFギュンドアンに興味か…マンUへ移籍の噂も | サッカーキング

アーセナルがギュンドアンに興味か!?マンUに移籍の噂のドルトムントMF

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの獲得に、アーセナルが興味を示しているという。4月30日付のイギリス紙『テレグラフ』が報じた。  

ギュンドアンとドルトムントの契約は2016年6月30日までとなっている。先日、その契約を延長しないことがクラブから発表されており、今夏に移籍する場合は2000万ポンド(約36億円)の移籍金が発生すると、同紙は伝えている。

全文はソース元で

引用元 : アーセナル、香川同僚MFギュンドアンに興味か…マンUへ移籍の噂も | サッカーキング

【アーセナルがギュンドアンに興味か!?マンUに移籍の噂のドルトムントMF】の続きを読む

香川同僚のMFギュンドアン、現契約を更新せず…マンU移籍加速か | サッカーキング

ギュンドアン、ドルトムントとの契約を更新しないと発表 マンU移籍が加速か!?

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは30日、ドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが2016年6月30日まで締結している契約を更新しないと発表した。  

現在24歳のギュンドアンはボーフムの下部組織出身。ニュルンベルクでトップチームデビューを果たすと、2011年にドルトムントへと移籍した。2011年にドイツ代表デビューしたが、2014年のブラジル・ワールドカップメンバーには選出されなかった。今シーズン序盤戦はW杯選外の要因となった前年度からの腰痛に苦しみ欠場が続いたが、リーグ戦19試合に出場している。

全文はソース元で

引用元 : 香川同僚のMFギュンドアン、現契約を更新せず…マンU移籍加速か | サッカーキング

【ギュンドアン、ドルトムントとの契約を更新しないと発表 マンU移籍が加速か!?】の続きを読む

ドルトSDはギュンドアン移籍を否定せず「彼の状況は簡単ではない」 | サッカーキング

ドルトムント、ギュンドアンの移籍を否定せず「近いうちに決断」

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンの去就について、同クラブのSD(スポーツ・ディレクター)を務めるミヒャエル・ツォルク氏がコメントした。27日、ドイツ紙『キッカー』が伝えている。  

一方でツォルク氏は、「ギュンドアンの状況は簡単ではない。彼との契約は2016年に満了を迎えてしまう。近いうちに決断が下されるだろう」と、現状を明かしている。

全文はソース元で

引用元 : ドルトSDはギュンドアン移籍を否定せず「彼の状況は簡単ではない」 | サッカーキング

【ドルトムント、ギュンドアンの移籍を否定せず「近いうちに決断」】の続きを読む

ドルトCEOがギュンドアンのマンU移籍合意を否定と独紙報道 | サッカーキング

ギュンドアンのマンUとの移籍合意、ドルトムントCEOが否定

ドイツ紙『ビルト』は、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが移籍目前との噂について、同クラブの最高経営責任者(CEO)であるハンス・ヨアヒム・ヴァツケ氏とマネージャーを務めるミヒャエル・ツォルク氏が否定したと報じている。  

ドイツ紙『Westdeutsche Allgemeine』は24日に、ギュンドアンのマンチェスター・U移籍が目前に迫っていると報道。だが同紙は翌25日に、「移籍はまだ合意に至っていない。イギリス筋からの情報でも、マンチェスター・Uの獲得決定選手の中にギュンドアンは含まれていない」と伝えている。  ギュンドアンの契約は来夏までとなっており、今シーズン終了後の移籍はほぼ既定路線と見られている。

全文はソース元で

引用元 : ドルトCEOがギュンドアンのマンU移籍合意を否定と独紙報道 | サッカーキング

【ギュンドアンのマンUとの移籍合意、ドルトムントCEOが否定】の続きを読む

ユナイテッド移籍が騒がれるギュンドアン、バイエルン入りの報道も (GOAL) - Yahoo!ニュース

ギュンドアン、バイエルンとユヴェントスに移籍の可能性!!

ボルシア・ドルトムントMFイルカイ・ギュンドアンは、来季からマンチェスター・ユナイテッドに移籍すると報じられている。だが『ESPN』は、ライバルのバイエルン・ミュンヘンに移籍する可能性もあると伝えた。

だが『ESPN』は、情報筋の話として、ギュンドアンがドルトムントに夏の移籍希望を伝えたことは確かとしつつ、ユナイテッド移籍の報道は「正しくない」と報じた。『ESPN』は、バイエルンとユヴェントスがギュンドアンに関心を抱く可能性を伝えている。

全文はソース元で

引用元 : ユナイテッド移籍が騒がれるギュンドアン、バイエルン入りの報道も (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ギュンドアン、バイエルンとユヴェントスに移籍の可能性!!】の続きを読む

一つの時代の終わり。名将クロップが育てた10人の選手たち (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

f13b79d6

クロップが育てた10人の選手たち  ユルゲン・クロップ監督の今季限りでのドルトムント退任が決定した。数々の若手を育成し、同クラブを強豪へと蘇らせた指揮官の功績は計り知れない。今回は、そんなクロップ監督が育て上げた10人の選手たちを紹介しよう。

1)ネベン・スボティッチ:26歳  

今回紹介する選手のうち、指揮官と最も付き合いが長い選手がスボティッチだ。2007年、マインツのユース在籍時代、同クラブの監督を務めていたクロップ監督によってブンデスリーガデビューを果たした。当時18歳だった。その後2008年に指揮官とともにドルトムントへ移籍。7年間に渡りチームの主軸であり続けた。

2)ヌリ・シャヒン:26歳  

2008年、19歳でレンタル先のフェイエノールトからドルトムントに帰還した。クロップ監督のもと類まれなるゲームメイク能力を発揮、9シーズンぶりのブンデスリーガ優勝に貢献した。2011年にレアル・マドリーに移籍したものの出場機会を得られず、リバプールを経由して2013年にドルトムントに復帰している。 3)マッツ・フンメルス:26歳  バイエルン・ミュンヘンの下部組織出身ながら、同クラブで出場機会を得られずに19歳でドルトムントへ移籍した。レンタルを経て2009年に完全移籍を果たすと、正確なフィードを武器に現代的センターバックの地位を確立。世界屈指のディフェンダーへと成長した。

6)マリオ・ゲッツェ:22歳

2009年にドルトムントユースから、クロップ監督が17歳の若さでブンデスリーガでデビューさせた。以降、攻撃陣の中心としてリーグ優勝に貢献。チームをチャンピオンズリーグ決勝まで押し上げた。2013年にバイエルンに移籍。現在は市場価値64億円のアタッカーに成長している。

7)ロベルト・レバンドフスキ:26歳
 
2010年に21歳でポーランドのレフ・ポズナンから加入した。加入当初はトップ下を担い、リーグ優勝に大きく貢献した。その後、指揮官のもとで「得点力」「巧みなポスト」「献身的な守備」と全てを兼ね備えたアタッカーへと成長した。2014年、契約満了とともにバイエルンに移籍している。

10)香川真司:26歳

2010年に21歳でセレッソ大阪からドイツの地に活躍の場を移した。クロップ監督のもと「期待の若手」から「日本の10番」へと成長を遂げた。2011年、2012年のブンデスリーガ2連覇の立役者として、ファンから最も愛される選手の一人となった。

全文はソース元で

引用元 : 一つの時代の終わり。名将クロップが育てた10人の選手たち (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【まさに”名将”クロップ!!香川をはじめ育てた10人の選手たち】の続きを読む

ドルトムント、ギュンドアンに年俸9億円の最終オファーを提示 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

4-12,15 gyu

ボルシア・ドルトムントは、MFイルカイ・ギュンドアンに対し、最終契約延長オファーを提示したようだ。現地時間10日のドイツ紙『ビルド+』が報じている。  

ギュンドアンとドルトムントの契約は2016年までとなっており、今季終了後の移籍を逃せば移籍金を獲得することが出来ない。ドルトムント側はもちろん同選手を貴重な戦力と考えており、売却するつもりは無く、契約延長を希望している。  

しかし、今季の不調で来季のチャンピオンズリーグ(CL)出場は絶望的。ギュンドアン自身も将来的に、イングランドかスペインでプレーすることが夢だと語っていたこともあり、いまだ契約延長はされていない。  

契約延長交渉中のドルトムントは年俸650万ユーロ(約9億円)で2019年までの3年契約延長を提示。これが最終オファーになるようで、失敗に終わった場合、今夏ギュンドアンの売却はやむを得ないと考えているようだ。  

契約延長交渉に関して、ハンス=ヨアヒム・ヴァツケCEOは「我々は間もなく決まると期待している」と楽観視。  

しかし、ミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は「進展は何もない」と9日の段階で同紙に明かしている。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント、ギュンドアンに年俸9億円の最終オファーを提示 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ドルトムント、ギュンドアンに年俸9億円の最終オファーを提示】の続きを読む

このページのトップヘ