スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

イルカイ・ギュンドアン

ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース



no title


日本代表FW香川真司が所属するボルシア・ドルトムントの“解体”が止まらない。  

今夏既に主将DFマッツ・フンメルスと司令塔MFイルカイ・ギュンドアンの退団が決定しているドルトムント。フンメルスは宿敵バイエルン・ミュンヘンへ、ギュンドアンはマンチェスター・シティへの移籍が決定している。しかし、さらに2選手の退団が決定的となった。

イタリア『ジャンルカ・ディマルツィオ』は26日、ドルトムントの背番号10番を背負うヘンリク・ムヒタリアンが移籍金3800万ユーロ(約43億円)でマンチェスター・ユナイテッド移籍で基本合意に至ったと報じている。さらには守備の要であるDFネベン・スボティッチは自身のFacbookページにて今年限りでドルトムントを退団する意向を発表した。  

全文はソース元で

引用元 : ドルト“解体”が止まらない。主将、司令塔、10番、守備の要が退団へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【クロップのドルトムントは”解体” ムヒタリアン、スボティッチも退団!オーバメヤンも】の続きを読む

香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出

近年ドルトムントで育った選手がバイエルンに流れるケースが続いているものの、そのたびに穴を的確に埋めてくるドルトムントの補強は目を見張るものがある。特にユルゲン・クロップが率いていた際にはまだブレイクしていない若手選手を安価で獲得し、トップレベルの選手へと成長させるモデルが完璧に出来上がっていた。

そこで米『Breacher Report』は、過去10年間ドルトムントが夏に行った補強で大ヒットした選手をランキング化。ほとんどが最近までドルトムントでプレイしていた選手で構成されており、その中にはセレッソ大阪から引き抜かれた香川真司の名前も入っている。

6位 香川真司(セレッソ大阪→ドルトムント 2010年 35万ユーロ)
5位 イルカイ・ギュンドアン(ニュルンベルク→ドルトムント 2011年 550万ユーロ)
4位 マルコ・ロイス(ボルシアMG→ドルトムント 2012年 1710万ユーロ)
3位 マッツ・フンメルス(バイエルン→ドルトムント 2009年 420万ユーロ)
2位 ピエール・エメリク・オバメヤン(サンテティエンヌ→ドルトムント 2013年 1300万ユーロ)
1位 ロベルト・レヴァンドフスキ(レフ・ポズナン→ドルトムント 2010年 475万ユーロ)

6位に選ばれた香川は、ドルトムントの素晴らしいモデルを象徴する選手として取り上げられている。同メディアは香川を今やブンデスリーガのベストプレイヤーの1人になったと称賛しており、その香川をここまで育て上げたクロップの手腕も高く評価されている。

全文はソース元で

引用元 : 香川はドルトムントの象徴と呼ぶべき選手に! 過去10年のドルトムント・ベスト移籍ランキング夏VerでTOP10に堂々選出 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【香川真司は大発掘の「理想的モデル」ドルトムントのベスト移籍ランキングTOP10に選出】の続きを読む

ドルトムント司令塔の移籍は不可避か…マンCが5年契約のオファー提示 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース


no title


マンチェスター・シティが、ドルトムントに所属するドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン獲得に向けてオファーを提示したようだ。18日に英紙『デイリー・メール』が報じている。  

同紙によると、シティはギュンドアンに対して5年契約を提示し、ドルトムントに対しては移籍金2300万ポンド(約35億8000万円)のオファーを提示したとのこと。来季シティの指揮官に就任する予定のジョゼップ・グアルディオラ監督が獲得を熱望しているようだ。

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント司令塔の移籍は不可避か…マンCが5年契約のオファー提示 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【マンC、ギュンドアンに5年契約、36億円の移籍金で獲得オファー ドルトムント退団は決定的か】の続きを読む

BILD-Kommentar von Joachim Schuth | Der Weg für Götze ist frei - Bundesliga Saison 2015/16 - Bild.de

ゲッツェがドルトムントに帰ってくる!?ギュンドアン放出で移籍金を確保

Gündogan verlässt Borussia – Gott sei Dank… Nicht etwa, weil Dortmund auf die Künste seines Mittelfeld-Strategen leicht verzichten kann. Definitiv nicht!

要約:ドルトムントのMFイルカイ・ギュンドアンが来シーズン、プレミアリーグのマンチェスター・シティに移籍することでバイエルン・ミュンヘンへ移籍したマリオ・ゲッツェが古巣ドルトムントへの復帰する可能性があるとの示唆。

全文はソース元で

引用元 : BILD-Kommentar von Joachim Schuth | Der Weg für Götze ist frei - Bundesliga Saison 2015/16 - Bild.de

【ゲッツェがドルトムントに帰ってくる!?ギュンドアン放出で移籍金を確保】の続きを読む

ギュンドアンの移籍金が鍵? ドルトムント、史上最高額でのルカク獲得に本腰か (ISM) - Yahoo!ニュース

ドルトムントがルカクの獲得に史上最高額提示の本気 ギュンドアンの移籍金が鍵に

ドルトムント(ドイツ)がMFイルカイ・ギュンドアンの退団を見据え、エヴァートン(イングランド)FWロメル・ルカクの獲得に本腰を入れ始めたようだ。ギュンドアンについてドルトムント側は公式見解を発表していないが、マンチェスターC(イングランド)への移籍は避けられないものと思われる。  

こうしたなか、お膝元の『ルール・ナッハリヒテン』(電子版)は18日、「ハンブルガーSVとの試合に勝ったBVB(ドルトムントの略称)だが、ギュンドアンを巡るレースには敗れた」「移籍実現の可否は、両クラブが移籍金で合意できるかどうかにかかっている」「契約期間の残りを考慮すれば、2500万ユーロから3000万ユーロ(約31億円から37億円)だろう」と推測した。  

同紙はさらに「ブンデスリーガでバイエルンと張り合い、各大会でタイトルをねらうには、パズルのピースが2、3個欠けている。そのうちの1ピースがルカクを意味しているように思われる」と続け、「我々の掴んだ情報によれば、BVBはこれまで以上にルカクに関心を寄せている。ただし、市場価格約3500万ユーロ(約43億円)の同選手については、財力のある欧州の数クラブがすでにねらいを定めている」と、厳しい争奪戦になるとの見解を記した。  

その“財力のある”クラブだが、ルカクの父親、ロジェ・ルカク氏は3月にベルギー『Het Laatste Nieuws』に対し、「「アトレティコ・マドリー(スペイン)、バイエルン、ユヴェントス(イタリア)、チェルシー、マンチェスターU(以上イングランド)が関心を示していることは知っている」とコメントしている。

全文はソース元で

引用元 : ギュンドアンの移籍金が鍵? ドルトムント、史上最高額でのルカク獲得に本腰か (ISM) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントがルカクの獲得に史上最高額提示の本気 ギュンドアンの移籍金が鍵に】の続きを読む

【独占インタビュー】香川真司、“親友”のプレーに感嘆「ギュンドアンのプレーを勉強」 | サッカーキング


香川のリアルマウス炸裂「丸岡は今のままじゃ僕を超えることは無理かな」ドルトムントのチームメイトを語る

ブンデスリーガ第12節終了時点まで全試合に出場して3得点、チームトップタイの5アシストと、今シーズン好調のドルトムントの爆発的な攻撃陣の一翼を担う香川真司。  

短期集中の全5回でお送りする連載第4回のテーマは『同僚やチーム』について。特に仲良しとして知られているドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンとの関係や、チームの雰囲気、夏に実施したジャパンツアーのときの思い出を振り返ってくれている。

―――好調なチームの雰囲気や同僚についてお聞かせください。ドルトムントは選手同士の仲が良い印象があります。香川選手も、特にギュンドアンとはSNSで写真も定期的にあがっていて、親しい関係がうかがえます。彼とのエピソードはありますか? 『サッカーキング』のニコ生に出演してもらったときの数字が歴代1位になるなど、日本でもすごく人気があるんです。

香川 本当ですか! それはうれしいですね。

―――彼はどんなキャラクターですか?

香川 誰に対しても優しいです。あとは、自分をすごく持っていますね。それはサッカーに対してもそうですし、プライベートがマイペースなところからもうかがえます。人に操られないキャラクターですけど、冗談も言いますよ。

―――節々に感じますか?

香川 サッカーにおいては、自分に対して相当な自信を持っています。だからこそどんな状況でも自分のプレーがブレないと感じますね。

―――低い位置でリスキーなプレーをしないですし、すごく落ち着きがあります。

香川 そうですね。積極性など、肝が据わっています。

―――(元バルセロナの)シャビと似ていますね。

香川 バルセロナでもやれる雰囲気はありますし、実際、評価もとても高いと思います。

―――香川選手から見ても精度は高いですか?

香川 インサイドのキックやトラップは特にうまいです。

―――丸岡満選手(1996年1月生まれ)はアドナン・ヤヌザイ(1995年2月生まれ)と年齢が近いので「刺激になる」と言っていました。

香川 彼(丸岡選手)はもっと刺激を得て、その刺激を行動に移さないとダメです。刺激があり過ぎる環境にいるわけですから、それをモノにできる行動をちゃんとしないとダメですね。

―――「香川真司を超える」と言っていました。

香川 現状を見ているとキツイかな(笑)。

―――先輩からの叱咤激励ですね。今夏にはジャパンツアーがありました。その時に日本についてチームメートが口にした印象に残っている言葉はありますか?

香川 「本当にお前はベッカムだな」って(笑)。

―――日本の特長については、みんな何か言ってました?

香川 2泊しか滞在できませんでしたけど、みんな、寿司は大好きですね。海外での寿司はロール巻きみたいなイメージだと思いますけど、そういう“勘違いの寿司”がみんな好きです。むしろ、“本物の寿司”はあまり好きじゃないと思います(苦笑)。

全文はソース元で

引用元 : 【独占インタビュー】香川真司、“親友”のプレーに感嘆「ギュンドアンのプレーを勉強」 | サッカーキング

【香川のリアルマウス炸裂「丸岡は今のままじゃ僕を超えることは無理かな」ドルトムントのチームメイトを語る】の続きを読む

ドルトムントを支える香川ら“魔法のカルテット”の周辺で囁かれ始めた去就の噂 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース


ドルトムントのファンタスティック・フォーは今季限りで解散!?

ドルトムントは今シーズンの公式戦20試合で64得点を記録している。これは1試合平均3ゴール以上を奪っている計算で、驚異的な数字である。  

圧倒的な攻撃力を支えているのが、香川真司、ヘンリク・ムヒタリアン、マルコ・ロイス、そしてピエール=エメリク・オーバメヤンの4人。

4人のなかでもっとも好調なのは、公式戦18試合で20得点を決めているオーバメヤンだ。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのガボン代表FWには、こんな噂が飛び交いはじめている。「バルセロナのスカウトが何度か視察に訪れ、ブレーメン戦でもその姿が目撃された」と。  

はたして、その噂は真実だろうか? 確かにオーバメヤンは目ざましい進歩を遂げ、ユルゲン・クロップ前政権時よりもコンビネーションプレーにうまく絡んでいる。とはいえ、ボールポゼッションに重きを置くバルサのスタイルにフィットするとは思えない。  

ドルトムントとしても、この夏に2020年夏まで契約を延長したエースのオーバメヤンを簡単に手放す気はない。ハンス・ヨアヒム・ヴァツケCEOは先頃、「どのクラブも、我々とオーバメヤンの契約状況を知っているはずだ」とコメントしている。  

香川も同様だ。今のところ移籍の噂はまったくない。今夏にバルサやマンチェスター・U行きが取り沙汰されたロイスも移籍の現実味は薄く、契約は19年夏まで残っている。
 
対して、トーマス・トゥヘル新監督の下でハイパフォーマンスを披露しているムヒタリアンは去就不透明だ。17年夏で契約が切れるものの、延長交渉はいまだ行なわれていない。しかも背後には、これまで数々のビッグディールを成立させてきた敏腕代理人のミーノ・ライオラがいる。なにが起きても不思議はないだろう。

文:マルクス・バーク
翻訳:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : ドルトムントを支える香川ら“魔法のカルテット”の周辺で囁かれ始めた去就の噂 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【ドルトムントのファンタスティック・フォーは今季限りで解散!?】の続きを読む

バルセロナ強化責任者がドルトムント戦を緊急視察! 補強候補に香川の名前は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


2-11,15 dor

バルセロナのスポーツディレクターを務めるアリエド・ブライダ氏が、10月31日のブレーメン対ドルトムント戦をスタンドで視察していたことが発覚。ドイツ地元紙「ビルト」が「スペインのチームはどのスターを欲しいんだ? バルサがBVBの勝利をスパイ」と報じている。 【

ビルト紙はバルセロナの獲得候補に、ブレーメン戦で2得点を決めたドイツ代表MFマルコ・ロイス、今夏の移籍市場で一度バルセロナ移籍で合意に達したと報じられたドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアン、ドイツ代表DFマッツ・フンメルスに続き、若きボランチのユリアン・バイグルが補強候補と分析している。そして「自分の夢はスペインでプレーすること」と語っているガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンもその候補と予想している。  

この日はゴールに絡むことのなかった日本代表MF香川真司も、常々バルセロナのサッカーへの愛情を明かしている。

全文はソース元で

引用元 : バルセロナ強化責任者がドルトムント戦を緊急視察! 補強候補に香川の名前は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【バルサの強化責任者がドルトムント戦を緊急視察!香川らに食指!?】の続きを読む

バルササポーターに聞いた! 冬に誰を獲得して欲しい? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

バルササポーター、今冬にギュンドアンの獲得を大半が望む!

ラフィーニャの負傷で冬の市場で新戦力確保へ動くことが予想されているバルセロナは、現在アーセナルのテオ・ウォルコットや、マンチェスター・シティのへスス・ナバスといったアタッカーを複数人リストアップしている。

『スポルト』が行ったアンケートによると、サポーターの9割が補強を望んでおり、その点はクラブと一致している。

アンケートの結果、最も人気を集めたのはドルトムントMFイルカイ・ギュンドアンで、半数以上の55%の人が獲得を望んでいる。

次いで2位が19%でセルタに所属するFWノリートだ。こちらは完全なアタッカーで、MSNのバックアッパー要員として考えられている。3位は14%でビジャレアルのMFデニス・スアレスだ。ノリートとスアレスはかつてバルセロナに所属していた経験があり、そのことも人気を集めている理由なのかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : バルササポーターに聞いた! 冬に誰を獲得して欲しい? (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【バルササポーター、今冬にギュンドアンの獲得を大半が望む!】の続きを読む

現地記者が香川真司を密着「多くの選手が減量に成功。好調の一因にシェフ交代も!?」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

香川らドルトムントの好調の要因は”専属スターシェフ”の”健康的で美味しい料理”

ブンデスリーガ開幕を特集したどの雑誌を見ても、彼の名前は載っていなかった。しかし、デニス・ローターはもしかすると、今シーズンのドルトムントにとって最も重要な“ニューフェイス”かもしれない。 キラっと光る個性派集団! 

ローターは選手でも監督でもなく、一流のコックだ。ドイツの料理界では若きスターと持て囃され、首都ベルリンのブランデンブルク門近くにある高級ホテル「アドロン」のシェフを務めた経歴を持つ。  

昨夏まではドルトムントがホームゲームに前泊する際のホテルに出向いて料理を振る舞っていたが、今シーズンからはクラブの専属シェフとして従事。開幕からここまでのドルトムントの成功が、ローターのおかげと言っても過言ではない。  

ユルゲン・クロップ前監督が率いていた頃、午前練習後の食事はデリバリーサービスで済ませることが多かった。料理を作っていたのはイタリア人のトニ・ペースで、ソースがたっぷりかかったパスタが看板メニューだった。  

だがトゥヘルが監督に就任するや否や、ペースは契約を打ち切られた。あまりに突然の通達に彼は激怒し、「私のパスタソースでドルトムントは3度マイスターになれたし、チャンピオンズ・リーグでも優勝したのに」と唇を噛んだ。  

こうして、小麦粉が主成分のパスタと糖分がたっぷり含まれたソースは過去のものとなった。この“食事改革”は功を奏し、多くの選手が減量に成功している。マッツ・フンメルスは「4キロは体重が減った」と語っているし、イルカイ・ギュンドアンもかなりスマートになった。香川もおそらくそうで、プレーが非常に軽やかになった印象を受けるのだ。

新たにドルトムントのシェフとして招かれたローターは、クラブのトレーニング施設内で選手に提供する食事を作っている。トップチームはもちろん、U-19やU-17世代の調理も担当している。
 
メニューの多くは糖分と油分が控えめで、食物繊維が豊富な全粒穀物や細胞の機能性を高めるオメガ3脂肪酸が含まれている。「総合的栄養構造」と呼ばれるこの食事プランは、フィットネス向上、疲労回復、怪我のリスク低下などの効果が期待できるという。
 
選手たちはローターが作る料理に夢中だが、公の場で口に出してはいない。メディアに「クロップの時はどうだったのか?」と指摘される余地を与えないためだ。スポーツディレクターのミヒャエル・ツォルクが食事について問われた時はこう擁護している。

文:マルクス・バーク
翻訳:円賀貴子

全文はソース元で

引用元 : 現地記者が香川真司を密着「多くの選手が減量に成功。好調の一因にシェフ交代も!?」 (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

【香川らドルトムントの好調の要因は”専属スターシェフ”の”健康的で美味しい料理”】の続きを読む

このページのトップヘ