スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アンドレス・イニエスタ

イニエスタが三たび“翼くん状態”に… スペイン紙がEUROチェコ戦で7人に囲まれる瞬間を激写! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

イニエスタ、EUROでまた”キャプ翼”状態に!チェコ戦で7人に囲まれる

スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、三たび“翼くん状態”になった。現地時間13日の欧州選手権(EURO)グループリーグ初戦のチェコ戦終盤に殊勲の決勝アシストをマークしたが、7人もの相手に囲まれる写真をスペイン紙「マルカ」が掲載し、過去のイニエスタの写真と大人気サッカー漫画「キャプテン翼」と比較している。

薄氷の展開で勝ち点3を得たスペインだが、中盤に君臨するイニエスタは冷静にゲームをコントロールしきった。対戦相手のチェコも稀代のプレーメーカーに最大級の警戒を払ったが、同紙のカメラマンはこの一戦で決定的瞬間を収めたという。それはイニエスタがペナルティーエリア内に進入した際のこと。ラストパスを許したくないチェコ守備陣はMFトーマス・ロシツキーを含めた計7人でマークし、必死に阻止しようとした。同紙はこの状況に「イニエスタ、キャプテン翼を模倣する」とのタイトルを打った。  

キャプテン翼はスペインでも「オリベル&ベンジ」というタイトルで放映されていて、主人公の大空翼は「オリベル・アトム」という名前でプレー。サッカー少年の憧れとなっている。アニメの有名なワンシーンでは、オリベルこと翼が相手チームのマーカー7人に囲まれるものがあり、チェコ戦のイニエスタが置かれたシチュエーションと似たような状況だった。

そんな「キャプ翼」状態を、イニエスタは過去にも経験している。前回のEURO2012では、グループリーグ初戦のイタリア戦でDFジョルジョ・キエッリーニら5人もの相手マーカーに囲い込まれる写真が全世界に発信され、同第3戦のクロアチア戦でもMFルカ・モドリッチら6人に挟み込まれる写真が話題になった。つまり4年の時を経て、またしても似た構図の写真が撮影されたことになる。

全文はソース元で

引用元 : イニエスタが三たび“翼くん状態”に… スペイン紙がEUROチェコ戦で7人に囲まれる瞬間を激写! (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【イニエスタ、EUROでまた”キャプ翼”状態に!チェコ戦で7人に囲まれる】の続きを読む

『スラムダンク』は今でも人気で『キャプテン翼』は拒絶されたワケ(慎武宏) - 個人 - Yahoo!ニュース


no title


スポーツ漫画大国と言える日本。そんな日本のスポーツ漫画がお隣・韓国でも人気を呼んでいることをご存知だろうか。そもそも韓国の漫画市場の年間売り上げは約7400億ウォン(約740億円)をも超えるとされており、そのうちの30%が日本作品で占めると言われている。最近は“webtoon(ウェブトゥーン)”と呼ばれるネット媒体限定のウェブマンガも人気だが、『ONE PIECE』など日本漫画の人気は依然として高いらしい。日本の漫画は売り上げランキングでも、韓国作家の作品を追い抜いて常に上位にランクインしているほどだ。

そんな日本の漫画の中でもスポーツ漫画として今でも根強い人気を誇るのが、『スラムダンク』だ。日本では1990年代に人気を博し、韓国でも翻訳版が出版されると人気爆発。韓国では1997年に男子プロバスケットボールリーグのKBLがスタートしているが、その背景には『スラムダンク』の影響もあったと言われている。

もっとも、日本でヒットしたスポ根漫画がすべて韓国でヒットしているとも限られない。例えばサッカー漫画の不朽の名作『キャプテン翼』である。日本のサッカーブームの火付け役となり、日本代表やJリーガーたちはもちろん、ジネディーヌ・ジダン、アレッサンドロ・デルピエーロ、リオネル・メッシ、アンドレス・イニエスタなど世代を超えた世界のスーパースターたちが“キャプ翼”のファンであることを公言しているが、どういうわけか韓国ではあまり認知度が高くない。以前、某雑誌から「“キャプ翼”を愛読していた韓国人選手を探して取材してほしい」と依頼を受けたこともあったが、なかなか選手が見つからなかった。

『キャプテン翼』が韓国で出版されなかったわけではない。『ナルアラ(翔べ)キャプテン』というタイトルで、1996~1998年にソウル文化社から翻訳出版されている。ただ、37巻までで、南葛中学を率いた大空翼が日向小次郎率いる東邦学園と両校同時優勝するまでで終わっている。ジュニアユース編も、その後に続くワールドユース編などは翻訳出版されなかったというのだ。韓国の漫画事情に詳しい関係者に聞いてみると、思いがけない答えが返ってきた。

「小学校、中学校の全国大会優勝を目指すまでは良いのですが、日本代表になって世界と戦う大空翼に共感する韓国人はいない。韓国でサッカー日本代表の躍進を読みたがる人はいませんから、中学編で終わったのでしょう」

つまり、サッカーでは日本に負けないという韓国のプライドが『キャプテン翼』を許さなかったわけか。ちなみに翻訳版では大空翼の名前が、「ハン(韓)・ナルゲ(翼という意味)」だったらしい。

全文はソース元で

引用元 : 『スラムダンク』は今でも人気で『キャプテン翼』は拒絶されたワケ(慎武宏) - 個人 - Yahoo!ニュース

【韓国では「スラムダンク」は未だに人気だが「キャプテン翼」は拒絶された その理由とは…】の続きを読む

PK、レッドカード、出場停止…“三重罪”が6月から軽減へ (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


サッカーでPKとレッドカードは同時に罰さない方針 リオ五輪、W杯アジア予選でも適用

日本サッカー協会(JFA)は14日、理事会を開催し、3月の国際サッカー評議会(IFAB)で承認された改正ルールが報告された。  

これまで、ペナルティーエリア内で「決定的な得点の機会の阻止」をした競技者は、その反則の内容にかかわらず退場となり、次の試合には出場停止が科せられ、さらに相手チームにPKが与えられていた。

この「三重罪」が反則の内容によって、懲戒罰の程度が「退場」ではなく「警告」に軽減されることになった。もちろん、著しいファウルなどについてはこれまで通り退場が命じられる。

全文はソース元で

引用元 : PK、レッドカード、出場停止…“三重罪”が6月から軽減へ (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【サッカーでPKとレッドカードは同時に罰さない方針 リオ五輪、W杯アジア予選でも適用】の続きを読む

ペドロの残留を希望するイニエスタとブスケッツ 「ふさわしい出場機会に恵まれていない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

ペドロのバルサ残留を願うイニエスタとブスケツ「もっと試合に出るべき」

バルセロナMFアンドレス・イニエスタやセルジ・ブスケッツが、チームメートのFWペドロ・ロドリゲスの残留を強く願っている。

さらに試合前にはクラブ幹部のロベルト・フェルナンデス氏が「ペドロは私に移籍したいと言ってきた」と選手の移籍希望を明かしていた。

ペドロはセビージャ戦で途中出場すると、延長戦に突入した試合を決定づけるゴールを決めた。そして試合後に「退団を求めているか? ノーだ」と述べ、「フェルナンデスのコメントは非常に残念」とクラブの動きに落胆を示した。

イニエスタは、5-4でセビージャを下した試合後、ペドロについて次のように話している。

「ペドロはこういう瞬間に値する。あのゴールに、祝福の歓喜…。これからも長く僕たちを助け続けてほしい。彼が出している結果は本当に素晴らしいよ」

一方、ブスケッツはペドロがもっとバルセロナで試合に出るべきだと考えているようだ。

「バルサにいたとしても、どこかに行ったとしてもペドロに最大の幸運が訪れるように祈っている。彼が望む、また僕が考えるに彼にふさわしい出場機会に恵まれていない」

全文はソース元で

引用元 : ペドロの残留を希望するイニエスタとブスケッツ 「ふさわしい出場機会に恵まれていない」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ペドロのバルサ残留を願うイニエスタとブスケツ「もっと試合に出るべき」】の続きを読む

CL決勝でイニエスタが達成した史上初の記録…改めて証明された大一番での勝負強さ | サッカーキング

イニエスタ、前人未到の史上初の記録を樹立!!

6日に行われたチャンピオンズリーグ決勝でユヴェントスを3-1で下し、4年ぶり5度目の欧州制覇を成し遂げたバルセロナ。史上初となる2度目の3冠を達成したことは大きな話題となったが、実はこの試合で、MFアンドレス・イニエスタが前人未到の記録を達成していた。  

ゲームキャプテンを務め、イヴァン・ラキティッチの先制点をアシストしたイニエスタは、CL決勝のMOM(マン・オブ・ザ・マッチ)に選出された。イギリス紙『デイリーメール』によれば、2010年のワールドカップ、2012年のユーロに続き、異なる3つの国際大会の決勝でMOMを獲得した、史上初めての選手になるという。  

また、2005-06シーズンのパリ、08-09シーズンのローマ、10-11シーズンのロンドンに続き、CL決勝に通算4度出場、さらにその4回ともに優勝を果たしたのも、バルセロナの選手としては史上初めてのことだったと、スペイン紙『スポルト』は伝えている。過去を紐解いてみても、CLで4回優勝したのは、元オランダ代表MFクラレンス・セードルフしかいない。(アヤックス在籍時代の94-95シーズン、レアル・マドリード在籍時代の97-98シーズン、ミラン在籍時代の02-03、06-07シーズン)  

もっとも、イニエスタにとって、今シーズンは順風満帆とは言い難い1年だった。公式戦42試合の出場は、ここ11年間で09-10シーズンと並ぶ自己最低。アシスト数もここ5年間では最少、11-12シーズンと並ぶ8に留まった。さらに、リーグ戦でノーゴールは、05-06シーズン以来、実に9シーズンぶりのことになる。  

ルイス・エンリケ新体制となってから、チームのストロングポイントは“中盤のパス回し”から、リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールで構成される南米3トップの“MSN”へと変化。そこでイニエスタに求められたのは、素早く前線にパスを送ることであり、間延びした中盤で汗かき役となることだった。それは、小刻みなパス回しから、抜群のひらめきとテクニックで決定的なチャンスを演出する彼本来のスタイルとは相反するものと言っていい。  

しかし、先月11日で31歳になった小柄なMFは、持ち前の知性と洞察力、また10年以上に渡るプロキャリアで培った経験値を武器に、新チームのなかで徐々に存在感を発揮。そして迎えたCL決勝では、開始4分でチームを勢いづける先制点を演出すると、78分にMFシャビと交代するまでピッチ中央で素晴らしい働きを披露した。試合後のMOMの選出は、その何よりの証だろう。

全文はソース元で

引用元 : CL決勝でイニエスタが達成した史上初の記録…改めて証明された大一番での勝負強さ | サッカーキング

【イニエスタ、前人未到の史上初の記録を樹立!!】の続きを読む

イニエスタがCL決勝欠場の可能性も…指揮官「違和感を感じていた」 | サッカーキング

イニエスタ、負傷でCL決勝欠場の可能性・・・ 足に違和感か

バルセロナに所属するスペイン代表MFアンドレス・イニエスタが、チャンピオンズリーグ(CL)決勝を欠場する可能性が浮上した。5月31日付のスペイン紙『アス』が報じている。  

イニエスタは5月30日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝に先発したものの、55分に元スペイン代表MFシャビと交代。直後にふくらはぎをアイシングしていた。  

チームを率いるルイス・エンリケ監督は試合後の会見で、イニエスタが「違和感を感じていた」と明かし、「彼の状態は深刻ではなくベルリンでプレーできることを願う」と、語った。  

一方、イニエスタが周囲を安心させるシーンもあったようだ。L・エンリケ監督は「カップ優勝セレモニーの時に彼が飛び跳ねているのを見たんだ」と口にしており、欠場の可能性は低そうだ。

全文はソース元で

引用元 : イニエスタがCL決勝欠場の可能性も…指揮官「違和感を感じていた」 | サッカーキング

【イニエスタ、負傷でCL決勝欠場の可能性・・・ 足に違和感か】の続きを読む

ネイマール2発でパリSGを撃破…バルサが昨季逃したCL準決勝に進出決定 | サッカーキング

バルサ、ネイマール2発でPSGを完封!!CL準決勝進出【ハイライト動画】

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝セカンドレグが21日に行われ、バルセロナとパリ・サンジェルマンが対戦した。  

15日にパリSGのホームであるパルク・デ・プランスで行われたファーストレグは、バルセロナが3-1で先勝。セカンドレグはバルセロナのホームであるカンプ・ノウで開催された。  

バルセロナはリオネル・メッシ、ネイマール、ルイス・スアレスの南米トリオが3トップで先発。パリSGは、出場停止処分でファーストレグを欠場したズラタン・イブラヒモヴィッチとマルコ・ヴェッラッティがスタメン入りするも、キャプテンを務めるDFチアゴ・シウヴァは負傷欠場している。

後半アディショナルタイムに入って、ペドロ・ロドリゲスの落としを受けたメッシが、エリア手前から左足を振り抜くが、シュートは枠の左に外れた。
 
試合はこのままタイムアップを迎え、ホームのバルセロナが2-0でパリSGに勝利。2試合合計を5-1としたバルセロナが、昨シーズンはアトレティコ・マドリードに敗れて逃したベスト4進出を決めた。一方のパリSGは、1994ー95シーズン以来となるクラブ史上2度目のチャンピオンズリーグ準決勝進出を果たせなかった。
 
準決勝のファーストレグは5月の5、6日に、セカンドレグは同月の12、13日に行われる。

【スコア】
バルセロナ 2-0(2試合合計:5-1) パリ・サンジェルマン
【得点者】
1-0 14分 ネイマール(バルセロナ)
2-0 34分 ネイマール(バルセロナ)


全文はソース元で

引用元 : ネイマール2発でパリSGを撃破…バルサが昨季逃したCL準決勝に進出決定 | サッカーキング

【バルサ、ネイマール2発でPSGを完封!!CL準決勝進出【ハイライト動画】】の続きを読む

カカがベスト11を選出…古巣ミラン同僚やブラジル代表の名前がズラリ | サッカーキング

3-26,15 kaka

MLS(メジャーリーグサッカー)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表MFカカが、イギリス紙『デイリーメール』のインタビューに応え、元チームメイトあるいはこれまで対戦したチームの選手からベストイレブンを選出した。

カカのドリームイレブンは以下の通り。

▼フォーメーション
4-3-3
▼GK
ジーダ(元ブラジル代表)
▼DF
カフー(元ブラジル代表)
パオロ・マルディーニ(元イタリア代表)
アレッサンドロ・ネスタ(元イタリア代表)
ロベルト・カルロス(元ブラジル代表)
▼MF
アンドレス・イニエスタ(スペイン代表)
ジネディーヌ・ジダン(元フランス代表)
アンドレア・ピルロ(イタリア代表)
▼FW
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表)
ロナウド(元ブラジル代表)
ロナウジーニョ(元ブラジル代表)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150325/295047.html

【カカのベスト11の3トップは全員”ロナウド”!!古巣ミランやブラジル代表から選出】の続きを読む

デポルティボ対バルセロナ 試合データ 15/01/19 エスパニョーラ - Goal.com

1-19,15 messi

アウェーで4-0

18日に行われたリーガエスパニョーラ第19節、デポルティボ対バルセロナの一戦は、アウェーのバルセロナが4-0で勝利している。

バルセロナのルイス・エンリケ監督は、今季これまで公式戦28試合を戦い一度も同じスターティングメンバーを起用してこなかったが、29試合目にして初めて同じスタメンが名を連ねた。そのメンバーは、前節アトレティコ・マドリーに3-1と勝利した試合と同じ選手たちだった。また、この試合でイニエスタがリーガ通算350試合出場を達成している。

3点のリードを奪ったことで、L・エンリケ監督はブスケッツ、イニエスタ、ネイマールを下げてバルトラ、ラフィーニャ、ペドロを次々に投入する。すると82分、D・アウベスのクロスがOGを誘発してダメ押しの4点目が入った。

バルセロナは、メッシの今季4度目(アヤックス戦、セビージャ戦、エスパニョール戦)のハットトリックで快勝した。消化試合の1試合少ない首位レアル・マドリーとの勝ち点差を1としている。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/match/%E3%83%87%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%9C-vs-%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%8A/1821699/report

【メッシが30回目のハットトリックでバルサがデポルに快勝[ハイライト動画]】の続きを読む

バルサ、キャプテンたちがメッシと話し合いか - Goal.com

1-7,15 bar

『スポルト』が報じる

FWリオネル・メッシとルイス・エンリケ監督の確執報道に揺れるバルセロナだが、同チームのキャプテンたちが事態の鎮静化に動き始めたという。スペイン『スポルト』が報じている。

この状況を危惧したバルセロナのキャプテンたち、MFシャビ・エルナンデス、MFアンドレス・イニエスタ、MFセルジ・ブスケッツ(メッシは第4キャプテン)は、7日の午前に行われる練習を前にアルゼンチン代表FWと話し合う予定という。成功を手にする土台としてチームの団結が不可欠と考える彼らは、ロッカールームに平穏をもたらすことを目的に、メッシ本人からここ数日の出来事に関する意見や不満を聞き、事態の収束を目指すようだ。

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2015/01/06/7709772/%E3%83%90%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%97%E3%83%86%E3%83%B3%E3%81%9F%E3%81%A1%E3%81%8C%E3%83%A1%E3%83%83%E3%82%B7%E3%81%A8%E8%A9%B1%E3%81%97%E5%90%88%E3%81%84%E3%81%8B?ICID=HP_BN_3

【バルサのキャプテンたちがメッシと監督との確執問題を話し合いか】の続きを読む

このページのトップヘ