スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アンドレア・ピルロ

インテルがまさかのピルロ復帰を狙う? マンチーニが「電話攻撃」と報道 (GOAL) - Yahoo!ニュース


インテルにピルロが電撃復帰か!?マンチーニがラブコールの嵐

イタリア『スポーツ・メディアセット』が3日、驚きのニュースを報じた。インテルのロベルト・マンチーニ監督が、ニューヨーク・シティMFアンドレア・ピルロの獲得に動いているという。

ピルロは1998年から3年にわたってインテルに在籍。だが、出場機会に恵まれず、レッジーナやブレッシァにレンタル移籍し、2001年にライバルのミランに移籍した。以降のキャリアは、記すまでもないだろう。

マンチーニ監督は、そのピルロのインテル復帰を狙っているという。電話で誘っているそうだ。マンチーニ監督の「電話攻撃」は、この夏もMFジェフリー・コンドグビアらの獲得につながっている。

カリスマ指揮官が狙うのは、かつてミランにレンタル移籍した元イングランド代表のデイビッド・ベッカム氏のような、MLSのシーズンオフを生かした欧州への短期レンタル移籍だ。だが、ピルロ本人はMLSのシーズン終了時、「欧州に戻ることはない」と話している。

全文はソース元で

引用元 : インテルがまさかのピルロ復帰を狙う? マンチーニが「電話攻撃」と報道 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【インテルにピルロが電撃復帰か!?マンチーニがラブコールの嵐】の続きを読む

逃した魚は大きかった!? ミラン退団後に活躍した選手を英メディアが紹介 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース



no title


若くしてビッグクラブ移籍を勝ち取った才能も、そのすべてが将来を約束されるわけではない。成功できずにクラブを去っていく者、定位置を争い切磋琢磨を続ける者など、その境遇は様々あるが、後に移籍したクラブで才能を開花させた例もある。

セリエAの名門ACミランは、世界有数のメガクラブとして知られ、これまでに数々の才能あるタレントを獲得してきたクラブの一つだ。当然、中にはミランで大成できず、新天地を求めた選手もいる。英サッカー情報サイト「Squawka」は、過去にミランに在籍したタレントの中で「ミランが手放すには早すぎた選手たち」と題して特集。ミラン退団後に名を馳せた選手を紹介している。
 
その中で、今最も旬な選手なのが、ドルトムントのFWピエール=エメリク・オーバメヤンだろう。今季、ブンデスリーガで開幕8試合連続ゴールの新記録を樹立するなど得点を量産するこの韋駄天ストライカーは、将来を嘱望され、2007年にミランユースに加入した。しかし、出番がないままフランスのクラブへレンタル移籍を繰り返した。12年にはサンテティエンヌへ完全移籍。そこでの最終年に19得点を挙げて大ブレイクし、13年にドルトムント移籍を果たした。ミランが彼を手放した際、受け取った移籍金はわずか100万ユーロ(約1億3000万円)。逃した魚は大きかった。
 
ドルトムントではもう一人、センターバックのDFソクラティス・パパスタソプーロスもミランでのプレー経験を持つ一人だ。10年にジェノアから共同保有の形でミランへ移籍。しかし、当時はブラジル代表DFチアゴ・シウバや元イタリア代表アレッサンドロ・ネスタが君臨しており、出番は限られていた。

今季からマンチェスター・ユナイテッドでプレーするDFマッテオ・ダルミアンもミランの出身選手。06年に16歳でトップデビューを飾ったが、定位置は奪えず09年に退団した。

07年にインテルナシオナルから獲得したFWアレシャンドレ・パトも、早すぎた退団としてその存在を惜しまれている。ミランでは117試合に出場したが、度重なる故障でその才能を最大限に発揮したとは言いがたい。ブラジルに帰国し、現在はサンパウロでプレーするが、移籍マーケットで再び欧州クラブからの関心が伝えられるなど、再び注目を集めている。
 
アーセナルやインテル、そしてフランス代表でタイトルを獲得した元フランス代表パトリック・ヴィエラも、17歳で加入したミランでは苦しんだ。

また、イタリア代表のアンドレア・ピルロもこの特集に名を連ねた。ミランで2度のスクデットとUEFAチャンピオンズリーグ優勝を経験するなど一時代を築いたが、その後に加入したユベントスをリーグ4連覇に導いたことを考えれば、手放すのがあまりに早かったということだろう。

全文はソース元で

引用元 : 逃した魚は大きかった!? ミラン退団後に活躍した選手を英メディアが紹介 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミラン退団後に活躍した選手たち ドルトムントのあの選手たちも実は・・・】の続きを読む

お金をかけるだけが補強じゃない! 0円移籍で活躍した選手ランキング (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

「0円移籍」で活躍してきた名選手ランキングトップ10 1位は・・・

0円でも豪華な陣容を作ることは可能?

以下のランキングは、『テレグラフ』が移籍金ゼロで加入した選手の中で、最も活躍したと思える選手をピックアップしたものだ。中には次の“就職先”がほぼ内定していたパターンもあるが、錚々たる選手たちが「0円移籍」をしていることに驚く。

10位:ジェームズ・ミルナー(マンC→リバプール)

9位:ラウール(レアル・マドリード→シャルケ)

レアル・マドリードで16年間プレイしたラウールは、新たな挑戦の場にシャルケを選んだ。33歳とピークを過ぎたように思える年齢だったが、シャルケに在籍した2シーズンで通算40ゴールを記録。欧州カップ戦での得点記録も塗り替え、改めてトップレベルのストライカーであることを証明した。ラウール在籍時のシャルケは、11-12シーズンにクラブ初のチャンピオンズリーグベスト4入りを果たすなど、欧州の舞台でも好成績を残した。

8位:ロベルト・バッジョ(ミラン→ボローニャ、インテル→ブレシア)

ミランでファビオ・カペッロ監督の構想外となったバッジョは、自慢のポニーテールを切り落としてボローニャへ移籍。当時30歳のバッジョはセリエAで22ゴールを挙げ、1998フランスワールドカップのメンバーにも選ばれた。その後インテルに移籍したが、2000年に再びフリーでブレシアに加入。ブレシアでも95試合に出場して45ゴールを挙げる活躍を見せた。バッジョが着けた背番号10は永久欠番となっている。

7位:ヘンリク・ラーション(セルティック→バルセロナ)

6位:エステバン・カンビアッソ(レアル・マドリード→インテル→レスター)

カンビアッソは2004年にレアル・マドリードを退団し、0円でインテルに加入。その後2014年にも同様に0円でレスターに加入。これほどの名選手ながら、移籍金が発生していない珍しいキャリアを歩んでいる。レスターでもベテランとしてチームを引っ張り、クラブの年間最優秀選手賞にも選ばれた。

5位:ソル・キャンベル(トッテナム→アーセナル) 

4位:ロベルト・レヴァンドフスキ(ドルトムント→バイエルン)

ドルトムントで74ゴールを挙げ、世界的に有名となったレヴァンドフスキは2014年にバイエルンへフリーで加入。その前年からバイエルン移籍の噂は絶えなかったが、1年間ドルトムントに残留し、0円で移籍した。チームとしてのタイトル獲得数や得点王の個人タイトルの面でもドルトムント時代の方が優秀に見えるが、同選手はバイエルンにとって欠かせない選手となっている。

3位:ポール・ポグバ(マンU→ユヴェントス)

ファーガソンのためらいはユヴェントスの進歩を手助けすることになってしまった。「僕はイライラを感じていた。ファーガソンへの敬意を欠いたことはないが、彼は僕を起用しなかった」との手厳しい言葉を残し、マンUで3試合しか出場しせずにユヴェントスへ移籍。そして今や世界で最も高価なMFとなった。マンUが再びポグバを取り戻すには6000万ポンドは必要になる。

2位:スティーブ・マクマナマン(リバプール→レアル・マドリード) 

1999 リバプールでウインガーとして活躍したマクマナマンはFAカップ、フットボールリーグカップ優勝を経験し、自身もアシスト王を獲得した。一時はバルセロナに1200万ポンドの移籍金で売却する話もあったが、結局合意できず、1999年にフリーでレアル・マドリードに加入。レアルではチャンピオンズリーグ決勝のバレンシア戦で得意のボレーシュートを決め、チームの優勝に貢献。在籍した4年間でチャンピオンズリーグを2回、国内リーグを2回制覇した。イングランドからスペインに渡った選手で最も成功した事例といわれている。

1位:アンドレア・ピルロ(ミラン→ユヴェントス) 

2011 2011年にミランとの契約延長を断ってユヴェントスへ加入したピルロは、キャリアの下降線にあるある選手と思われながらもセリエA4連覇に大きく貢献し、チームに欠かせない選手となった。一方でピルロがいなくなったミランは欧州の舞台から遠ざかってしまっている。今夏にMLSへ渡ったが、まだ彼を老人と判断するのは早いかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : お金をかけるだけが補強じゃない! 0円移籍で活躍した選手ランキング (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【「0円移籍」で活躍してきた名選手ランキングトップ10 1位は・・・】の続きを読む

欧州最優秀選手賞候補10名発表…ユベントスからはピルロも含め最多5名 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

UEFA欧州最優秀選手賞候補10名を発表 メッシら選出 ユーヴェが最多5名

欧州サッカー連盟(UEFA)は16日、2014-15シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞候補の10名を発表した。昨季はレアル・マドリーのFWクリスティアーノ・ロナウドが受賞している。  

同賞の選考はUEFA加盟国のジャーナリストによって行われ、候補者の中から5名を選んで1位から5位までランクづけ。1位の選手には5点、2位の選手には4点と、順位によって得点が加算される。10位までに入った選手は2度目の選考へ進む。8月12日には最終候補者3名が明らかにされ、8月28日にモナコで行われる欧州CLグループリーグ組み合わせ抽選会で最後の一人が発表される。

候補者は以下のとおり

GKジャン・ルイジ・ブッフォン(ユベントス)
MFエデン・アザール(チェルシー)
FWリオネル・メッシ(バルセロナ)
FWネイマール(バルセロナ)
MFポール・ポグバ(ユベントス)
MFアンドレア・ピルロ(ユベントス→NYシティ)
FWクリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)
FWルイス・スアレス(バルセロナ)
FWカルロス・テベス(ユベントス)
MFアルトゥーロ・ビダル(ユベントス)

全文はソース元で

引用元 : 欧州最優秀選手賞候補10名発表…ユベントスからはピルロも含め最多5名 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【UEFA欧州最優秀選手賞候補10名を発表 メッシら選出 ユーヴェが最多5名】の続きを読む

ユーヴェMFピルロのニューヨーク移籍が決定…ランパードらの同僚に | サッカーキング

ピルロがニューヨーク・シティ移籍、ユーヴェ退団を発表!水色ユニを身に纏う

ユヴェントスに所属するイタリア代表MFアンドレア・ピルロが、MLS(メジャーリーグ・サッカー)のニューヨーク・シティへ移籍することが決定した。6日、ユヴェントスの公式HPが発表している。  

現在36歳のピルロは、1995年に地元ブレシアでプロデビューを遂げた。その後、インテル、レッジーナなどでプレーし、2001年にミランへ移籍する。当時チームを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督の下、2002-03シーズンにチャンピオンズリーグを制覇。翌2003-04シーズンにはセリエA優勝も経験した。  

2011年夏にユヴェントスへ移籍すると、初年度からチームのセリエA優勝に大きく貢献。現在までの4年間で4連覇を達成したチームの中心選手として君臨し続けた。また、イタリア代表としては2006年にドイツ・ワールドカップ優勝も果たしている。  

発表に併せてユヴェントスは同選手の偉大な功績を振り返り、「今までありがとう、マエストロ」と、感謝の気持ちを表明した。

全文はソース元で

引用元 : ユーヴェMFピルロのニューヨーク移籍が決定…ランパードらの同僚に | サッカーキング

【ピルロがニューヨーク・シティ移籍、ユーヴェ退団を発表!水色ユニを身に纏う】の続きを読む

ピルロ、ニューヨーク行きが決定? 公式HPにプロフィールが出現 | サッカーキング

ピルロ、ニューヨーク・シティの公式HPにプロフィールが掲載 移籍は決定済み?

ニューヨーク・シティFCの公式HPキャプチャー画像

ユヴェントスに所属するイタリア代表MFアンドレア・ピルロが、MLS(メジャー・リーグサッカー)のニューヨーク・シティFCへ移籍することが決定的になったようだ。  

ニューヨーク・シティFCの公式HPにある選手プロフィールのページ上で、35人目の選手として「# 21 Andrea PIRLO」のページが出現。すでに公式発表に向けて、選手ページが用意されているようだ。なお、現在当該ページは非公開になっている模様。  

現在36歳のピルロは、1995年に地元のブレシアでプロデビュー。その後、インテル、レッジーナなどでプレーし、2001年にミランへ移籍する。当時チームを率いていたカルロ・アンチェロッティ監督の下、2002-03シーズンにチャンピオンズリーグを制覇。翌03-04シーズンにはセリエA優勝も経験した。

全文はソース元で

引用元 : ピルロ、ニューヨーク行きが決定? 公式HPにプロフィールが出現 | サッカーキング

【ピルロ、ニューヨーク・シティの公式HPにプロフィールが掲載 移籍は決定済み?】の続きを読む

テベスとピルロ。ユーベ躍進の立役者2選手退団が決定へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

テベスとピルロ、ユヴェントス退団が決定的に

ユベントス躍進を支えた2人の立役者の退団が迫っている。23日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。  

同紙によれば、ユベントスのジュゼッペ・マロッタSDはついにFWカルロス・テベスの古巣クラブであるボカ・ジュニオルスと合意に達するようだ。同選手の移籍金は500万ユーロ(約7億円)とみられている。  

一方で、MFアンドレア・ピルロはメジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティ移籍を決断したことをユベントスに伝えたと報じられている。ニューヨーク・シティは元チェルシーのMFフランク・ランパードが来季からプレーするクラブでもある。

全文はソース元で

引用元 : テベスとピルロ。ユーベ躍進の立役者2選手退団が決定へ (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【テベスとピルロ、ユヴェントス退団が決定的に】の続きを読む

ピルロのMLS移籍、今週末にも発表か…本人はヤンキースタジアムなどNY満喫 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

ピルロ、MLSに移籍を今週末にも発表か!?NYシティでビジャ、ランパードとプレーの可能性

via:instagram alesbroken

イタリア代表MFアンドレア・ピルロ(ユベントス)のアメリカ移籍が現実味を帯びてきた。『ニューヨーク・タイムズ』は今週末にもピルロのニューヨーク・シティFC入りが発表されると報じている。  

ピルロは5月に36歳を迎えた現役イタリア代表MF。プロデビューからイタリア一筋でプレーし、ミランやユベントスなどビッグクラブでキャリアを重ねている。

全文はソース元で

引用元 : ピルロのMLS移籍、今週末にも発表か…本人はヤンキースタジアムなどNY満喫 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【ピルロ、MLSに移籍を今週末にも発表か!?NYシティでビジャ、ランパードとプレーの可能性】の続きを読む

日本の複数クラブがピルロ獲得に興味か…去就に注目集まる36歳MF | サッカーキング

複数のJリーグクラブがピルロ獲得に興味!!イタリアメディアが報道

ユヴェントスに所属するイタリア代表MFアンドレア・ピルロの獲得に、日本の複数クラブが関心を示しているという。11日、イタリアメディア『ilsussidiario.net』が報じた。  

その後、残留を示唆する発言をしていた同選手だが、アメリカのニューヨーク・シティや、元スペイン代表MFシャビが加入したカタールのアル・サッドへの移籍が噂されている。  

そして同メディアによると、オーストラリアのシドニーFCに加え、チーム名は明かされていないが日本の複数クラブがピルロ獲得に興味を持っていると伝えた。

全文はソース元で

引用元 : 日本の複数クラブがピルロ獲得に興味か…去就に注目集まる36歳MF | サッカーキング

【複数のJリーグクラブが”ピルロ獲得”に興味!!イタリアメディアが報道】の続きを読む

CL決勝の走行距離トップ5を発表 最も走った選手は意外なあの人物 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

CL決勝の走行距離トップ5、1位は意外にも?ピルロ

ユベントスは6日、ベルリンのオリンピア・シュタディオンで、バルセロナとUEFAチャンピオンズリーグ決勝戦を戦い、1-3で敗れた。  この日、ベルリンのピッチに立った両チームの選手の中で、最年長のフィールドプレーヤーが誰よりも多くの汗を流していた。  

以下が、トラッキングデータにより発表された、この試合での走行距離トップ5である。

1位 MFアンドレア・ピルロ(ユベントス) 11.75km

2位 DFジョルディ・アルバ(バルセロナ) 11.61km

3位 MFクラウディオ・マルキージオ(ユベントス) 11.47km

4位 MFセルヒオ・ブスケツ(バルセロナ) 11. 43km

5位 DFダニエル・アウベス(バルセロナ) 11.42km  

1位に輝いたのは、中盤の底を担う36歳のマエストロだった。

バルセロナはポゼッション率で68%を記録。パス本数は、ユベントスの284本を倍近く上回る504本となった。クラブの礎を築いたヨハン・クライフ氏の「ボールは疲れない」を実践し、 勝利を手繰り寄せた。
 
ユベントスがバルセロナを上回ったのは走行距離だけだった。バルセロナの111.98kmに対し、ユベントスは114.25km。ピルロを守備に奔走させたバルセロナの勝利を裏付けるデータとも言えるだろう。

全文はソース元で

引用元 : CL決勝の走行距離トップ5を発表 最も走った選手は意外なあの人物 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【CL決勝の走行距離トップ5、1位は意外にも?ピルロ】の続きを読む

このページのトップヘ