スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アレッシオ・チェルチ

ミラン本田に迫り来る粛清の嵐 新指揮官のブロックリストにその名前は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田はミランの放出候補に 新指揮官のブロックリストに入らず・・・

ACミランのシニシャ・ミハイロビッチ監督は、日本代表FW本田圭佑と同じ攻撃的なポジションのライバル3人を移籍リストから除外し、残留させる方針を固めたと、イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。ミラン残留を熱望する本田だが、いよいよ厳しい状況に直面することになりそうだ。  移籍市場閉幕まで残り40日となった。この段階で、シニシャ・ミハイロビッチ新監督は、ある決断を下したという。    

記事によると、「ニアングとスソ、チェルチを移籍市場(の放出リスト)から外した。ミハイロビッチはこの3人に懸けている」と伝えている。  

ミハイロビッチ監督のブロックリストには、本田の名前は出てこなかった。ニアングはイタリア衛星放送に出演し、2019年シーズンまで契約を延長した事実を公表。自らの残留を断言しており、ミハイロビッチの構想内であることに自信を深めていた。スソ、チェルチも指揮官の構想内となれば、アタッカー陣の枠は極めて限定されたことになる。

今季のセリエAには、登録選手枠で厳しい規制が設けられている。本田は、そのあお りを受ける可能性が高まった。現在トップチームの人数は31人だが、登録メンバーは25人。そして、その中にはイタリア人選手8人を入れなければいけない。また4人は所属クラブの下部組織出身選手で、他の4人はイタリア国内クラブの下部組織出身選手。イタリア代表強化策の一環として、生え抜き選手を大事にしなければいけない状況になっている。外国籍選手には、不利な環境となってしまった。

全文はソース元で

引用元 : ミラン本田に迫り来る粛清の嵐 新指揮官のブロックリストにその名前は? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田はミランの放出候補に 新指揮官のブロックリストに入らず・・・】の続きを読む

ミランとインテル、宿敵同士で電撃トレード移籍急浮上 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ミランとインテル、チェルチとグアリンを電撃トレードに批判の声

イタリアのミラノを本拠地とするACミランとインテルの間で、大型トレードが実現するかもしれない。伊地元紙「トゥットスポルト」は、ミランがインテルからコロンビア代表MFフレディ・グアリンを、インテルはミランからイタリア代表FWアレッシオ・チェルチの獲得をそれぞれ狙っていると報じている。  

記事によれば、19日には両クラブによる交渉が行われると伝えられている。

インテルにとってチェルチは以前から獲得を狙っていたタレントの一人。今年1月にもアトレチコ・マドリードで出番のなかったレフティーの獲得に動いたが、チェルチは最終的に宿敵ミランへの移籍を選択した経緯があった。  

一方のグアリンは、今夏元ブラジル代表MFフィリペ・メロ獲得の交換要員としてガラタサライ移籍が取り沙汰され、退団に向かっているとの見方が強まっている。インテルとしては、トルコへの放出は避け、ミランとの交渉に含ませたい考えのようだ。  

ミランで本田とポジションを争うチェルチ、グアリンは共に1年間の期限付きの条件となるようだ。


全文はソース元で

引用元 : ミランとインテル、宿敵同士で電撃トレード移籍急浮上 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミランとインテル、チェルチとグアリンを電撃トレードに批判の声】の続きを読む

ミラン本田のライバルは半年間で再レンタルへ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田のライバルのチェルチ、ミランはわずか半年間で再レンタルへ 古巣トリノへ移籍か

ACミランのイタリア代表MFアレッシオ・チェルチが今季終了後、他クラブに再レンタルで放出される可能性が浮上している。衛星放送「スカイ・イタリア」が報じている。  

しかし、アトレチコでの出場機会を失ったチェルチは実戦感覚を取り戻すことに四苦八苦し、リーグ戦では1得点3アシストに終わった。アシスト数では半年間の本田と並んだが、起用法を巡ってフィリッポ・インザーギ監督との確執が表面化。婚約者もテレビ番組で指揮官のチェルチ起用法を批判するなど、ピッチ内外での素行で物議を醸していた。  

ミランのアドリアーノ・ガリアーニCEOは、マドリードでアトレチコ幹部と会談。チェルチの再レンタルの許可を得て、引き取り先を探すように言われたという。チェルチの放出先を見つけることができれば、チェルチの年俸を削減できる。  

ナポリと古巣トリノがチェルチ獲得に興味を示していると報じられ、本田のライバ ルと期待された男はわずか半年間でミラノから去ることになりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : ミラン本田のライバルは半年間で再レンタルへ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田のライバルのチェルチ、ミランはわずか半年間で再レンタルへ 古巣トリノへ移籍か】の続きを読む

ミラン本田、ジェノア戦で5試合ぶりの先発出場へ 救世主となれるか (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ミランの本田、次節ジェノア戦で5試合ぶりのスタメン出場か!?

空中分解寸前の名門  ACミランの日本代表FW本田圭佑が、29日のジェノア戦で5試合ぶりに先発復帰する可能性が浮上している。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じている。

重度の左足首のねんざから復調した本田は、ウディネーゼ戦でベンチを温め続けた。だが、危機的状 況で迎えるジェノア戦では、先発する可能性が浮上している。
 
インザーギ監督は「これからは、ミランを誇りに思っている選手だけがプレーする」と語っており、本田はかつての名門に対する誇りを常々口にしてきた。

スソはベンチか

記事では「インテルとのダービーで目覚ましい活躍の後、スソはウディネーゼのホームで孤立していたように見えた。その理由から、ベンチに行くことになるだろう。ジェノア戦は、おそらく本田か、(アレッシオ・)チェルチを再度起用することになる。本田はシーズン初めの素晴らしい道を続けて歩むことはできていないが、サムライらしい懸命さをよく示している。対照的にチェルチは相手のあまりカバーに行かないと非難されている。だが、週末に唯 一良かったパッツィーニのゴールへのアシストをした」と指摘している。
 
ウディネーゼ戦で不発だったU-21スペイン代表MFスソは、右ウイングの先発から外れ、献身性を武器とする本田か、ウディネーゼ戦で途中出場ながらアシストを決めたチェルチが先発することになるという。

全文はソース元で

引用元 : ミラン本田、ジェノア戦で5試合ぶりの先発出場へ 救世主となれるか (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ミランの本田、次節ジェノア戦で5試合ぶりのスタメン出場か!?】の続きを読む

ミラン連勝!! 欠場の本田はポジション争いで後れをとった!? (SOCCER DIGEST Web) - Yahoo!ニュース

4-5,15 hon

セリエA第29節、ミランは敵地でパレルモを2-1で下し、今シーズン3度目の2連勝を果たした。  

過去2度の連勝では、本田圭佑が4試合全てでゴールを挙げて(全5得点)勝利に大貢献したが、今回の連勝においては、前節カリアリ戦ではブーイングを浴びながら途中交代、そして今節は足首のねん挫で欠場と、喜びの中心に身を置くことはできなかった。  

クラブの株式売却や、主力選手の出場ボイコットともいうべき招集拒否など、現場の集中力を削ぐようなニュースが多いなか、いったんは同点に追いつかれながらも勝ち越した今節のミランに対しては、ある程度の評価を与えることができる。  

アレッシオ・チェルチによる37分の先制ゴールは、速攻からのイグナツィオ・アバーテとマルコ・ファン・ヒンケルの右サイドにおけるスムーズなコンビプレーから生まれた。クロスボールは相手GKが先に触ったものの、こぼれたところでチェルチの膝に当たってゴールラインを割った。

この試合、パレルモ守備陣が広大なスペースと時間的余裕を与えてくれたことで、とりわけチェルチとジェレミー・メネーズがスピーディーな突破力を披露する機会に恵まれた。
 
とはいえ、その与えられたチャンスを効率よく活用していたとは言い難い。メネーズ、チェルチが良いかたちでボールを得てドリブルを開始しても、これにMFやSBがタイミング良く絡んでぶ厚い攻撃を構成できた時間帯はほんのわずか。2選手は孤立し、無理にCFのマッティア・デストロに出そうとして簡単にカットされることも多かった。
 
守備は相変わらずの脆弱ぶり。中盤よりも前ではマークを絞ることができず、簡単に自陣のペナルティエリア手前まで侵入されてしまう。この位置での攻撃のバリエーションはパレルモの方がはるかに多く、ミランDF陣はパスワークで翻弄されることが少なくなかった。

では、果たしてこれでミランは勢いを掴めるだろうか。わずかに可能性を残す欧州カップ出場権を得るためには、残り試合で勝ち続けるしかないが、この時期になっても組織力の脆弱なチームとしては、カウンターと個人の力に頼るしかないだろう。
 
その点で、パレルモ戦ではこれまで以上に伸び伸びとプレーしていたチェルチ(コンビネーションではデストロになかなかパスが繋がらず互いに不穏なムードが漂っていたが)の存在がこの先は脚光を浴びるかもしれない。
 
本田の怪我は全治2週間といわれている。インザーギ監督は本田の献身的なプレーと繋ぎ役としての働きを高く評価しているが、チームとして組織が構築されていないなかで、シーズン中盤以降は決定的な仕事が全くできないでいる。

守備の貢献云々がいわれるものの、それもミランの失点の減少や敗戦回避に結びついているわけでなく、目に見える貢献を果たせていないことでメディアやサポーターからの風当たりは強くなる一方である。

パレルモ戦のチェルチが抜群に良かったわけではないが、不格好ながらも貴重な先制点を挙げるという目に見える結果を残し、いくつかチャンスも生み出した。ミランの現状を踏まえると、前線右サイドのポジション争いにおいて本田は後れをとったと言えるかもしれない。果たして、インザーギ監督の心の内はどうであろうか。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150405-00010001-sdigestw-socc

【本田圭佑、ミラン連勝でチェルチにポジション争いで遅れを取る!?】の続きを読む

ミラン合流の本田、次節は3試合ぶりに先発落ち? (GOAL) - Yahoo!ニュース

4-2,15 hon

ミランMF本田圭佑が代表戦を終えてチームに再合流した。一部のイタリアメディアは、同選手が4日のセリエA第29節パレルモ戦でスタメンから外れる見込みと報じている。

ヴァイッド・ハリルホジッチ新監督が率いる日本代表の2試合をこなした本田は、イタリアに戻ってすぐにトレーニングを再開した。クラブの公式ウェブサイトは、チーム合流は2日になるものの、本田がミランの練習場ミラネッロに寄ったと伝えている。 だが、インターナショナルウィークの影響から、本田は3試合ぶりに先発を外れるのではないかとみられている。

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』や『acmilannews.it』は、前線の3トップがMFジェレミー・メネス、FWマッティア・デストロ、MFアレッシオ・チェルチになると報じた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150402-00000001-goal-socc

【本田、ミラン合流もパレルモ戦は3試合ぶりにベンチスタートか!?】の続きを読む

本田圭佑に浴びせた厳しいブーイングに地元記者も困惑。怒れるサポーター、その理由とは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

3-22,15 hon2

本田に厳しいブーイング 

ミランは21日、残留を争う18位カリアリとホームで対戦し、3-1で勝利を収めた。ミランにとっては4試合ぶりの白星となり、暫定ながら順位も7位に上げた。しかし、サン・シーロのファンは本田圭佑に対して厳しいブーイングを浴びせたのである。

―――――――――  後半25分、交代準備の整ったチェルチがセンターラインの脇に立った時、サン・シーロの観客は湧いた。そして第四審判が示したボードは、“10アウト、22イン”。約3万人(ゴール裏のサポーターは応援をボイコットしていたため見た目よりは多い)の観客は、本田圭祐に痛烈なブーイングを浴びせた。  

いや、もっと言えば試合中からだった。シュートやクロスをミスしたり、FKを壁に当てたり、ボールをロストしたりなどの目立ったミスもあったから、それを考えれば仕方のないものだろう。ただこの日は、他のプレイにも及んでいた。味方の上がる時間を稼ぐためにタメを作ってキープをしようものならブーイング、出し手のミスパスでも取れなければブーイング。  

それは辛口の地元記者たちも、解釈に戸惑うものだった。試合後のプレスルームではこんな雑談が起こっていた。

「落胆するようなパフォーマンスじゃなかっただろう。本田に対してなんなんだ、あれは」、「確かに今日の彼はミスをしてた。でもそこまで悪かったとは思えないわ」、「絶対あれでモチベーションを落としたよな。プレイに出てた」

「今日ばかりはブーイングした奴らが愚かだよ」。レプッブリカ紙のステファノ・スカッキ記者はこう語った。断っておくが、選手を批判すべき時には厳しく批判することのできる冷静な記者だ。

「あの前線のメンツの中ではただ一人、ボールをキープする術を知っている選手だ。今日だって正確にボールをつないで全体のキープを助けていたじゃないか。確かにゴール前ではミスもあったから、良いパフォーマンスだったとはもちろん言えない。ただ、あれはない」

しかしながら、ファンはそのボールキープという行為に対して怒っている。「それが意味不明なんだ」とスカッキ記者は言う。

「だいたいミランが後半になっていつも逆転を喰らうのは、チームとしてボールポゼッションが出来ないからなんだ。フィオレンティーナ戦がもろにそうだったじゃないか。本田は少なくともそのクオリティをチームにもたらすことが出来る選手で、そういう意味では今日も自分の役割は果たしていたのではないかと思う」

もっとも記者の中には、この日の本田に対して厳しい目を向けるものも多くいたことは併記しておく。ある女性記者からは「今日のあんなパフォーマンスから、何をどうやって書くというの?」という率直な疑問をぶつけられた。「申し訳ないが、あいつ(本田)は好きじゃない」と言ったベテラン記者もいた。

「ファンからの信頼を取り戻すには、ピッチ上での行動で示すより他に方法がない」。サポーターが抗議行動を起こす状況に対し、試合後インザーギ監督はそう語った。10番として認められるためには、本田も実績を残していくほかはない。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150322-00010013-footballc-socc&pos=2

【本田とメネズの”ドリブル突破”を比べたら・・・ 厳しいブーイングに地元記者も困惑】の続きを読む

【現地記者直送コラム】インザーギの本田交代は、明らかなミスだった - Goal.com

1099002_heroa

ミランのフィジカル面の状態について、フィリッポ・インザーギ監督とスタッフが変えたいものがあったのは確かだ。先週の練習は、これまで以上にハードだった。そして、少しはうまくいった。

本田圭佑に関しても、ほぼ完全に体は復調したようだ。フィオレンティーナ戦でも先発し、チーム最初のチャンスも彼の足から生まれた。しかも、利き足ではない右足で。本田のシュートは良いポジションにいたネトに当たって、CKになった。

だが80分に、インザーギは本田とアレッシオ・チェルチを交代させる決断をした。指揮官は本田がやや疲れていて、チェルチがチームに2点目を取るためのさらなる力になり得ると考えたのだろう。これはインザーギの新たなミスだった。

本当に疲れていたとしても、このようなリードを守らねばならない状況で、自身のベストを尽くせるのが本田であったはずだ。ボール保持者に対しての守備もできるし、相手のスピードを落とさせることもできる。試合を1-2の逆転負けで落としたとなれば、インザーギに対して残り10分での交代に批判のほぼすべてが集中するのも当然のことだった。

代わって入ったチェルチのフィールド上でのインパクトは、散々なものだった。間違いなく、本田の方がチームにとって有益だったはずなのだ。 フィオレンティーナは本田のいない終盤のピッチで2点を挙げた。確かに偶然だったかもしれない。だが、世間は明らかに、本田がいたらミランは違う結果を手にしていたかもしれないと考えている。

いずれにせよ、調子は上がってきていると本田が感じていて、2015年初ゴールは近いと思えるならば、それは朗報だ。間違いが起きなければ、本田は来週のカリアリ戦でも先発するだろう。ミランとインザーギの未来が、さらにはっきりしてくる、その一戦で。

文/ガイア・ブルネッリ

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/4131/%E4%BC%8A%E5%A4%AA%E5%88%A9%E4%BA%9C%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0/2015/03/17/9900902/%E7%8F%BE%E5%9C%B0%E8%A8%98%E8%80%85%E7%9B%B4%E9%80%81%E3%82%B3%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%82%AE%E3%81%AE%E6%9C%AC%E7%94%B0%E4%BA%A4%E4%BB%A3%E3%81%AF%E6%98%8E%E3%82%89%E3%81%8B%E3%81%AA%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%81%A0%E3%81%A3%E3%81%9F

【現地記者「インザーギの本田交代は明らかなミスだった」ミランは交代後2失点で敗戦】の続きを読む

本田、次節フィオレンティーナ戦で4試合ぶりに先発か 伊紙が報じる (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

3-10,15 hon

解任危機のインザーギ監督を救えるか ACミランの日本代表FW本田圭佑が16日の敵地フィオレンティーナ戦で4試合ぶりに先発復帰を果たす可能性が浮上した。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」が報じた。  

本田は10月19日のベローナ戦以降、得点やアシストから遠ざかっており、ここ3試合は先発から外れていた。しかし、ついに復帰の瞬間を迎えようとしている。  

記事では「攻撃はみんな元気のようだ。デストロとメネズはチェルチと本田と交代するようだ。フィオレンティーナ戦は戦術的な試合になるために、この日本人は少し有利。本田は後半戦で全くゴールを決めていない。ミランはネガティブな時間は終わったと希望を持っている」と報じている。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150310-00010008-soccermzw-socc

【本田、次節フィオレンティーナ戦で4試合ぶりに先発か 「戦術的な試合になる」】の続きを読む

地元メディアが今冬のセリエAワースト補強に本田のライバルを選出 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

3-6,15 mila

2位のポドルスキーに大きく差をつけての選出 イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のテレビ番組「ガゼッタTV」が、1月の移籍市場でACミランに加入したイタリア代表MFアレッシオ・チェルチを今冬の「リーグ最大の失敗補強選手」に選出した。  

視聴者から最多の得票数を集めたのは、日本代表FW本田圭佑のライバルと目されていたアトレチコ・マドリードから期限付き移籍で加入したチェルチだった。44.7パーセントもの視聴者が、補強失敗に同意した。これは2位のアーセナルからインテルに期限付き移籍加入したドイツ代表FWルーカス・ポドルスキーの35.5パーセントに大きく差をつけてダント ツ。不名誉な選出となった。  

チェルチは昨季、トリノで13ゴールを決め、昨夏の移籍市場の目玉となっていた。だが、移籍したスペイン王者アトレチコで、ディエゴ・シメオネ監督の信頼を得られず。公式戦で、わずか1得点しか挙げられていなかった。  

チェルチは、ここまで無得点ながら3アシストと結果を出していたが、アトレチコ時代に出場機会を激減させた影響からか、指揮官にたびたびコンディション不良を指摘されてきた。ここ最近の試合では、試合終了間 際の途中出場が多く、不満を爆発させていた。

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150305-00010005-soccermzw-socc

【イタリアメディアが今冬のセリエAワースト補強に本田のライバルを選出】の続きを読む

このページのトップヘ