スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アレックス・ファーガソン

ジェラードが、宿敵ファーガソンに尋ねたいこと 「僕は本当に平均的だったの?」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ジェラード、ファーガソンに「本心で僕はトップ選手ではないと思ったのか」と尋ねたいと明かす

LAギャラクシーのMFスティーブン・ジェラードには、マンチェスター・ユナイテッドを率いたサー・アレックス・ファーガソン氏に尋ねたいことがあるという。英地元紙「デイリー・メール」が報じている。  

さらに、「スポーツに携わる人物に1つだけ質問できるとするならば、誰にどのような質問をしたいか」と問われた。ジェラードは、かつての宿敵で、今や伝説となった人物とのエピソードを交えて答えた。

「アレックス・ファーガソンに尋ねたい。『あなたの目から見て、本心のところで、僕は平均的な選手だったの?』とね」  

マンUを率いていた当時のファーガソン氏に「トップ・オブ・トップの選手ではない」と言い放たれた経緯があった。その発言が、今でもしこりとして心の中に残っているのかもしれない。

全文はソース元で

引用元 : ジェラードが、宿敵ファーガソンに尋ねたいこと 「僕は本当に平均的だったの?」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ジェラード、ファーガソンに「本心で僕はトップ選手ではないと思ったのか」と尋ねたいと明かす】の続きを読む

モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身の後継者として、デイヴィッド・モイーズ監督(現レアル・ソシエダ/スペイン)ではなく、ペップ・グアルディオラ監督(現バイエルン/ドイツ)の招聘を望んでいたことなどを明かした。  

ファーガソン氏は同書の中で「ペップに、他クラブからのオファーを引き受ける前に私に電話してほしいと伝えたが、彼はそれをせず、2013年7月にバイエルンの指揮官に就任した」と当時の経緯を明かしている。  

ファーガソン氏が27年間務めたマンUの指揮官からの退任を発表したのは2013年5月のことだが、妻の姉妹が亡くなったのちの2012年12月には、そのことを決断していたという。(マンUの本拠地)オールド・トラフォードにおける後任者探しは、ファーガソン氏が決断をグレイザー一家に伝えた2013年3月から、水面下で開始された。  

同氏は「ジョゼ・モウリーニョ監督(現チェルシー/イングランド)はチェルシーへの復帰希望を、オーナーのロマン・アブラモヴィッチ氏に伝えたということが明らかになった。カルロ・アンチェロッティ監督はモウリーニョ監督の後任として、レアル・マドリー(スペイン)にいくことも分かった」「また、ユルゲン・クロップ監督はドルトムント(ドイツ)で満足しており、新契約にサインすることも知った。その間、ルイス・ファン・ハール監督はオランダ代表を率いて2014年W杯への準備を進めていた」と綴った。  

結局、マンUは望んでいた候補者と契約することができず、新指揮官にモイーズ監督を指名。


全文はソース元で

引用元 : モイーズ監督の招聘は“消去法”だった? ファーガソン氏が明かす (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、モイーズのマンU監督就任はペップらに断られて”仕方なく”と消去法で選出したと明かす】の続きを読む

ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ

元マンチェスターU(イングランド)指揮官のアレックス・ファーガソン氏が現地時間21日、書籍『Leading』の出版イベントに出席。自身が指導した選手の中で「ワールドクラス」と呼べる選手は、4人だけだと述べた。  

ファーガソン氏は1986年からマンUで指揮をとり、38の主要タイトルをクラブにもたらし、2013年に勇退。その間、多くのスター選手を指導してきたが、その中でも真の「ワールドクラス」と呼べるのは、元フランス代表FWエリック・カントナ氏、元ウェールズ代表MFライアン・ギグス氏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(現レアル・マドリー/スペイン)、元イングランド代表MFポール・スコールズ氏の4名だとした。

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン氏、27年間のマンU指導で「ワールドクラスは4名だけ」 (ISM) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、ルーニーとベッカムはワールドクラスと認めず?27年間のマンU指揮で4名だけ】の続きを読む

ファーガソン引退の真実 赤い悪魔と別れを告げた本当の理由とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、マンUの指揮官を引退した理由を明かす

マンチェスター・ユナイテッド前監督のサー・アレックス・ファーガソン氏が、オールド・トラフォードに別れを告げた本当の理由を明かした。英地元紙「デイリー・テレグラフ」が報じている。

リーグ優勝を果たした2012-13シーズンを最後に引退。現役から身を引いた理由として、当時は「可能な限り最高のチーム状態で後任に引き継がせるため」と語っていた。  

「正直、私はもっと続けるつもりだったんだ。だが、ある日の夜、私は偶然、テレビを見ていた妻を眺めていた。しかし、彼女はテレビから視線を逸らし、部屋の天井を虚しそうに見上げていた。その時に気づいたんだ。私は、彼女を孤独にさせていたことに」  

自著「牽引 マネジメントの芸術」の出版に際して、インタビューに応じた名将はこう語った。キャシー夫人は双子だった。姉妹のブリジット・ロバートソンさんが2012年10月に亡くなったことでキャシーさんは孤独感を強めていたという。

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン引退の真実 赤い悪魔と別れを告げた本当の理由とは (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、マンUの指揮官を引退した理由を明かす】の続きを読む

ファーガソン、若手を使わないファン・ハールに苦言呈す (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ファーガソンがファン・ハールに苦言!マンUユースの若手を起用しない将来性の無さを危惧

マンチェスター・ユナイテッドの伝説であるサー・アレックス・ファーガソンがファン・ハール監督のやり方に異議を唱えた。 新たに「Leading」という本を出版するアレックス・ファーガソン氏は、マンUの公式Facebookを使って宣伝を行った。

その中で、同氏は若手の教育を重視していたと述べている。これは今夏に大型補強を行ったクラブとファン・ハールのやり方を批判したものであり、『デイリー・スター』が同氏の言葉を紹介している。

マンUは前節のスウォンジー戦にアカデミー出身者を1人も起用しておらず、ベンチにGKサム・ジョンストンとDFバディ・マクネアがベンチに入ったのみであり、スタメンは豪華なメンバーで占められている。 「どんな組織を作るにしても、将来を見据えていかないといけない。私がマンUの指揮官に就任して初めにしたことは、ユースシステムを構築することだった。

すべての試合で先発の11人と7人のベンチプレイヤーが必要で、そのすべての枠をアカデミーから賄うことを考えた。私は常に3年後に完成させたいチームを考えて動く。そのために若手を育て、成長の手助けをし、そして成功への道を用意してあげれば、より簡単に高性能な組織を形成することができるんだよ」

「若手の選手は組織にファンタスティックなスピリットを注入できるし、若手は最初にチャンスを与えてくれた人や指揮官を忘れることはない。そこにクラブや指揮官への忠誠心が生まれるんだ」

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン、若手を使わないファン・ハールに苦言呈す (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ファーガソンがファン・ハールに苦言!マンUユースの若手を起用しない将来性の無さを危惧】の続きを読む

元マンU監督ファーガソン氏、規律を重んじ過ぎて「優勝逃した」 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

ファーガソン、マンUでは「規律を重んじすぎてタイトルを逃したかも」

【AFP=時事】

イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)で、監督として数々の栄光を勝ち取ったアレックス・ファーガソン(Alex Ferguson)氏が、今月発売される最新著作のなかで、あまりにも厳格に規律を求めすぎたかもしれないと認めている。 ファーガソン氏が自伝発表、ベッカム氏やルーニーらについて明かす  

ユナイテッドを率いた27年で、並外れた栄光を勝ち取ってきたファーガソン氏は、9月22日に刊行される新作『Leading』の中で、別のやり方をしていれば、さらに多くのタイトルを獲得できていたかもしれないと話している。  

クラブに13回のリーグ優勝などをもたらしたファーガソン氏だが、同氏の政権では同時に、ポール・インス(Paul Ince)氏、デビッド・ベッカム(David Beckham)氏、ロイ・キーン(Roy Keane)氏、ヤープ・スタム(Jaap Stam)氏、ルート・ファンニステルローイ(Ruud van Nistelrooy)氏など、実績十分の選手たちとファーガソン氏との確執が表面化し、その結果、主力選手が同氏の下を離れていった。  

この点について、ファーガソン氏は新作のなかで、「指揮官には、鞭を振るう機会が存分に訪れる。だからこそ、振るう瞬間はしっかり吟味しなくてはならない。全員がメッセージを受け取る前に、やたらと罰を与えてはならないのだ」と話した。

「私は何よりも規律を重んじる。その姿勢のせいで、いくつかのタイトルを逃してきたのかもしれない。しかし、もう一度同じ場面に直面したら、私はまったく同じ行動を取るだろう。なぜなら、規律はほかのすべてに先立つべきであるからだ」  

そしてファン・ニステルローイは、リーグカップ決勝で起用しない旨を言い渡されたことに腹を立て、ファーガソン氏を批判。するとその後はわずか5試合しか先発で起用されず、ユナイテッドでも得点を量産した点取り屋は、結局スペインの強豪レアル・マドリード(Real Madrid)へ売り渡された。

【翻訳編集】 AFPBB News

全文はソース元で

引用元 : 元マンU監督ファーガソン氏、規律を重んじ過ぎて「優勝逃した」 (AFP=時事) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン、マンUでは「規律を重んじすぎてタイトルを逃したかも」】の続きを読む

2年で変わりすぎ! マンUからファーガソンを知る選手が続々消える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

マンUが2年で激変!ファーガソン時代の優勝メンバーが9名しか残っていない

ファーガソンの築いたものは遠い過去 チームはたった2年でここまで変わるものなのだろうか。マンチェスター・ユナイテッドは今夏の大型補強でスタメンの顔ぶれが大きく変わり、それに合わせて余剰人員は放出された。これはビッグクラブとして当然の流れだが、2年前にマンUの監督を退いたサー・アレックス・ファーガソンの作ったチームの面影は確認しづらくなっている。

DFジョニー・エヴァンス WBAへ移籍
FWロビン・ファン・ペルシー フェネルバフチェへ移籍
DFリオ・ファーディナンド QPRを経て、現役引退
DFネマニャ・ビディッチ インテルへ移籍
FWナニ フェネルバフチェへ移籍
MF香川真司 ドルトムントへ移籍
FWダニー・ウェルベック アーセナルへ移籍
MFダレン・フレッチャー WBAへ移籍
GKアンデルス・リンデゴーア WBAへ移籍
DFラファエル リヨンへ移籍
FWハビエル・エルナンデス レヴァークーゼンへ移籍
DFパトリス・エヴラ ユヴェントスへ移籍
MFアドナン・ヤヌザイ ドルトムントへ移籍
MFトム・クレヴァリー エヴァートンへ移籍
FWベベ ベンフィカへ移籍
FWフェデリコ・マケダ カーディフへ移籍
FWアンジェロ・エンリケス ディナモ・ザグレブへ移籍
DFアレクサンドル・ビュットネル ディナモ・モスクワへ移籍
MFアンデルソン インテルナシオナウへ移籍
MFポール・スコールズ 引退

(※期限付き移籍の選手も含む)

こう見ると2年間で驚異的な数の選手がチームを離れている。主要選手で残っているのはウェイン・ルーニー、アントニオ・バレンシア、クリス・スモーリング、フィル・ジョーンズ、アシュリー・ヤング、マイケル・キャリック、そしてダビド・デ・ヘアといったところか。

全文はソース元で

引用元 : 2年で変わりすぎ! マンUからファーガソンを知る選手が続々消える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【マンUが2年で激変!ファーガソン時代の優勝メンバーが9名しか残っていない】の続きを読む

過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表

サッカー監督の中で、補強に最もお金を使った人物は一体誰なのだろうか?  イタリアメディア『ユーロスポーツ』がそのランキングを紹介している。

1位:ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー、インテル、レアル・マドリード)
9億300万ユーロ(約1233億円)

2位:カルロ・アンチェロッティ(ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリード)
8億8100万ユーロ(約1203億円)

3位:ロベルト・マンチーニ(インテル、マンチェスター・C、ガラタサライ)
6億6700万ユーロ(約911億円)

4位:マヌエル・ペジェグリーニ(ビジャレアル、レアル・マドリード、マラガ、マンチェスター・C)
6億4500万ユーロ(約881億円)

5位:アレックス・ファーガソン(マンチェスター・U)
4億6500万ユーロ(約635億円)

6位:アーセン・ヴェンゲル(アーセナル)
4億2800万ユーロ(約585億円)

7位:ジョゼップ・グアルディオラ(バルセロナB、バルセロナ、バイエルン)
3億9100万ユーロ(約534億円)

8位:ディエゴ・シメオネ(ラシン・クラブ、エストゥディアンテス、リーベル・プレート、サン・ロレンソ、カターニア、アトレティコ・マドリード)
2億4600万ユーロ(約336億円)

9位:ルイ・ファン・ハール(AZ、バイエルン、マンチェスター・U)
2億4000万ユーロ(約328億円)

10位:ユルゲン・クロップ(マインツ、ドルトムント)
1億8100万ユーロ(約247億円)

全文はソース元で

引用元 : 過去10年の補強で最もお金を使った監督が判明…その額は約1233億円 | サッカーキング

【10年間で「1233億円」の補強費を使った監督 伊紙がランキングを発表】の続きを読む

世界最高の2人。ファーガソン氏が語るメッシとCR7の違いとは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ファーガソン「C・ロナウドはメッシより上。どこのクラブでも活躍できる」

レアル・マドリーのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとバルセロナのアルゼンチン代表リオネル・メッシ。世界のトップを走り続ける2人だが、それゆえにどちらがNo.1かという議論も絶えない。  

イギリスBBCは26日、ロナウドをマンチェスター・ユナイテッド時代に指導したサー・アレックス・ファーガソン氏のコメントを紹介した。  

ファーガソン氏は世界最高のプレーヤーについて「多くの人はメッシと答えるね。そして誰も反論することはできない」とメッシの素晴らしさを認めている。しかしながら、同氏は「メッシはバルセロナのプレーヤーと感じるんだ」と、同選手の置かれた環境について言及した。

「しかし、ロナウドはミルウォールFC、クイーンズ・パーク・レンジャーズ、ドンカスター・ローヴァーズFC、どこででもプレーすることができる。そして、彼はどこでもハットトリックを決めるだろうね。メッシが同じことをできるとは私は思わない」

「ロナウドは両足を使うことができる。そして早く、空中戦も強い。勇気もあるね。もちろんメッシだって勇敢だ。ただ、私は彼をバルセロナの選手と考えてしまうんだ」

全文はソース元で

引用元 : 世界最高の2人。ファーガソン氏が語るメッシとCR7の違いとは? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ファーガソン「C・ロナウドはメッシより上。どこのクラブでも活躍できる」】の続きを読む

ファーガソン:「メッシとC・ロナウドに続く選手は…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

4-4,15 ney

元マンチェスター・ユナイテッド監督のサー・アレックス・ファーガソン氏は、バルセロナFWリオネル・メッシとレアル・マドリーFWクリスティアーノ・ロナウドに続くサッカー界のスター選手が誰になるのかは現時点でまだ予想できないと考えているようだ。

過去7年間のFIFAバロンドールを2人で独占するなど、スペイン2強のエースはサッカー界を代表する選手として君臨し続けている。いつか両者が衰えるときが来るとすれば、その後に続いてトップに立つ選手が誰になるのかも注目されるところだ。

メッシとチームメートのFWネイマールはその候補の一人かもしれないが、ファーガソン氏はどう見ているのだろうか。『SiriusXM FC』によるインタビューで次のように語ったとしてイギリス複数メディアが伝えている。

「そういう選手を生み出すチームとしては、いつもバイエルン・ミュンヘンやバルセロナ、レアル・マドリー、マンチェスター・ユナイテッドなどのようなクラブに目が向けられるものだ。だが正直に言って、今は突出した選手がいるのかどうか定かではない」

「ネイマールはポテンシャルがあるとして盛んに騒がれているが、まだ分からないと思う。まだ存分に力を発揮したわけではない。もちろん、誰と話をしてもほとんどは彼のことを高く評価しているがね。我々が今メッシやロナウドを見ているように、次に才能を発揮してくれる選手になることを期待しているよ」

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150403-00000018-goal-socc

【ファーガソン「ネイマールはメッシ、C・ロナウドに続くかはまだ分からない」】の続きを読む

このページのトップヘ