スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アルゼンチン代表

トットナム本田獲りに本気モード アルゼンチン代表MFをトレード要員で供出へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

トッテナム、本田獲得に本気!アルゼンチン代表ラメラをトレード要員に

プレミアリーグのトットナムがACミランの日本代表FW本田圭佑を獲得するために、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラをトレード要員として供出する可能性が浮上している。ミラン専門のニュースサイト「 milannews.it」が伝えている。  

記事では、「本田はミランの出口にいる選手の一人」という厳しい書き出しで始まり、同じセリエAのジェノアに加え、英プレミアリーグのトットナム、エバートンの2クラブが獲得に興味を示しているとしている。その上で、トットナムは具体的にオファーの準備に突入しているという。  

トットナムは近日中にアルゼンチン代表FWエリク・ラメラをトレード要員に含めたオファーを提示すると報じている。トットナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督は本田を高く評価しているという。ASローマでのプレー経験がありセリエAでの実績があるラメラをミランに提示することで交渉をまとめやすくする狙いがあるとしている。  

全文はソース元で

引用元 : トットナム本田獲りに本気モード アルゼンチン代表MFをトレード要員で供出へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【トッテナム、本田の獲得にラメラをトレードを要員にする本気の姿勢】の続きを読む

ディ・マリア移籍でレアルは濡れ手に粟 6億円以上の収入を手に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

レアル、ディ・マリアのPSG移籍でマンUから6億円以上徴収!

マンチェスター・ユナイテッドがアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアをフランス王者パリ・サンジェルマンに放出したと発表したが、このディールでさらに収益を上げるビッグクラブが存在するという。昨年夏に当時の英国史上最高額の移籍金5000万ポンド(約116億円)でユナイテッドに売却したレアル・マドリードが、今回の移籍金の8パーセントをさらに手にすると、スペインラジオ局「カデナ・コペ」が報じている。  

ディ・マリアは昨夏の移籍市場で約116億円という超高額の移籍金とともにでレアル・マドリードから加入したばかり。地元メディアではパリ・サンジェルマンへの移籍金は4300万ポンド(約83億円)と報じられている。大きな期待を集めた天才ドリブラーは、加入時の5年契約のうちわずか1シーズンのみのプレーでオールド・トラッフォードを去ることになった。  

潤沢な資金力を誇るユナイテッドにとって、1年間で約33億円の減価償却など大事ではないが、移籍金収入の一部を白い巨人がまたしても赤い悪魔から吸い上げるという。  

昨年のディ・マリア売却時の契約で、レアルは次にディマリアが移籍する際に、その移籍金の8パーセントを受け取るという契約になっていたという。このため、レアルはユナイテッドのわずか1年での損切りにより、契約上は約6億6400万円もの収益を手にすることになる。まさに濡れ手に粟という状況がレポートされている。

全文はソース元で

引用元 : ディ・マリア移籍でレアルは濡れ手に粟 6億円以上の収入を手に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【レアル、ディ・マリアのPSG移籍でマンUから6億円以上徴収!】の続きを読む

マスチェラーノの希望はイタリア行き? 「セリエAのクラブを探すよう頼まれた」と代理人の一人が主張 (GOAL) - Yahoo!ニュース

マスチェラーノ、セリエA移籍を希望と代理人!バルサ退団も視野に?

バルセロナMFハビエル・マスチェラーノは、ヨーロッパでのキャリアの最後にイタリアでプレーすることを望んでいるようだ。代理人のグスタボ・マスカルディ氏が、選手本人と話をしたとしてイタリア『トゥットスポルト』にそう語った。

マスチェラーノの代理人であるワルテル・タメル氏およびアドリアン・アレハンドロ・バルビーニ氏にとってイタリアでの相談役であるというマスカルディ氏は、次のように明かしている。

「最近数週間にマスチェラーノや、彼の代理人の一人であるタメルと話をした。彼らは私に、イタリアのビッグクラブを探してみるように頼んできたんだ。ハビエルはイタリアのクラブで勝利を収めて欧州でのキャリアを終えたいと思っているからだ」

「バルセロナとの間に問題があるわけではない。むしろ、リーダーの一人だ。単純にマスチェラーノは、ほかの同世代のアルゼンチン人の多くと同じように、イタリアのリーグを見ながら育ったんだ。イングランドでプレーし、スペインですべてを勝ち取ったあと、今度はイタリアでの挑戦に魅力を感じているようだ」

ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長はイタリアへの移籍を認めてくれるとマスチェラーノは考えているのだという。

「ハビエルはバルセロナの会長と素晴らしい関係にある。だからこそ、セリエAから確かなオファーがあったとすれば、移籍を妨げられることはないと信じている。バルサですべてを尽くしてきたからだ。そうならなければ、今までどおりにバルサで戦い続けるだろう」

「金銭的な問題ではない。彼はすでに、プレミアリーグやリーグアンからの高額のオファーを断ったからね」

全文はソース元で

引用元 : マスチェラーノの希望はイタリア行き? 「セリエAのクラブを探すよう頼まれた」と代理人の一人が主張 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【マスチェラーノ、セリエA移籍を希望と代理人!バルサ退団も視野に?】の続きを読む

PSG、ディ・マリア獲得を正式発表 2019年までの契約を結ぶ (GOAL) - Yahoo!ニュース

PSG、ディ・マリア獲得を正式発表!2019年までの契約

via@PSG_inside

パリ・サンジェルマン(PSG)は、マンチェスター・ユナイテッドからMFアンヘル・ディ・マリア(27)を獲得したことを正式に発表している。 PSGは、6日にクラブ公式サイトを通じてディ・マリア獲得を伝えている。契約期間は4年。移籍金の詳細は明らかにされていない。

ディ・マリアは、移籍に際して次のようにコメントしている。

「PSGの色を身に着けられることを誇りに思う。フランスとヨーロッパの大会で成功を勝ち取りたい。僕はもう一度チャンピオンズリーグで優勝したいんと思っている。それはすべてのサッカー選手にとっての夢でもある」

全文はソース元で

引用元 : PSG、ディ・マリア獲得を正式発表 2019年までの契約を結ぶ (GOAL) - Yahoo!ニュース

【PSG、ディ・マリア獲得を正式発表!2019年までの契約】の続きを読む

アルゼンチンまさか…“メッシがいないから”親善試合ドタキャンされた (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

メッシの影響力凄すぎ!!親善試合を不参加で日程が変わる!相手国がドタキャン

ホンジュラスとメキシコの両サッカー連盟は9月に予定していたアルゼンチンとの親善試合を“ドタキャン”した。イタリア紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」など各メディアによると、アルゼンチンのエースFWリオネル・メッシ(28=バルセロナ)の代表不参加が確定したため、対戦を取りやめたという。  

メッシは準優勝に終わった7月の南米選手権後、タイトルを逃した“戦犯”として国内で激しいバッシングを受けた。これに心を痛めたエースはしばらくの間、代表に参加しないことを決断。同国のヘラルド・マルティーノ監督(52)もエースの要請を受け入れたが、メッシとの対戦を熱望していた両国が反発した格好だ。  

アルゼンチンサッカー協会は対戦報酬100万ドル(約1億2000万円)を受け取ることでホンジュラス、メキシコの両連盟と合意していた。だが、メッシの欠場を受けて両国は契約のキャンセルを要望。アルゼンチン側はギャランティーを50万ドル(約6000万円)に下げて再交渉したが、固辞された。  

メッシには代表戦1試合で少なくとも50万ドル以上の価値があるわけだが、対戦を拒否されたアルゼンチンは新たなマッチメークに奔走。報酬45万ドル(約5400万円)で9月5日に米国ニュージャージーでのボリビア戦が内定したものの、同8日の試合の相手はまだ決まっていない。

全文はソース元で

引用元 : アルゼンチンまさか…“メッシがいないから”親善試合ドタキャンされた (東スポWeb) - Yahoo!ニュース

【メッシの影響力凄すぎ!!親善試合を不参加で日程が変わる!相手国がドタキャン】の続きを読む

移籍確実に…ディ・マリアがフライング発言「PSGに加入できて嬉しい」 | サッカーキング

ディ・マリア、PSG移籍をフライング報告「加入できて嬉しい」

アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが4日、ドーハで行ったパリ・サンジェルマンのメディカルチェック完了後、大手メディア『beIN Sports』のインタビューに応じた。  

マンチェスター・UもパリSGも公式発表を行なっていない段階だが、ディ・マリアの移籍は確実になったようだ。同選手はメディカルチェック終了後、「パリSGに加入できて嬉しい。パリSGは昨シーズン、フランスですべてのタイトルを獲得した、非常に重要なクラブだ」と喜びのコメント。  

また、「パリSGはチャンピオンズリーグで準々決勝に進出した。しかし、過去2シーズン連続で、そこで敗退している。準々決勝を突破するという大きな目標があるので、手助けをしたい。クラブが目標を達成し、チャンピオンズリーグの決勝に進出できるようベストを尽くす」と意気込みを語っている。  


全文はソース元で

引用元 : 移籍確実に…ディ・マリアがフライング発言「PSGに加入できて嬉しい」 | サッカーキング

【ディ・マリア、PSG移籍をフライング報告「加入できて嬉しい」】の続きを読む

PSGのメディカルチェックを終えたディ・マリア「本当に幸せ」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ディ・マリア、PSGのメディカルチェックを終える「本当に幸せ」

ドーハでパリ・サンジェルマン(PSG)のメディカルチェックを終えたアンヘル・ディ・マリアは4日、地元テレビ局『beINスポーツ』のインタビューに応じ、移籍前の心境を語った。

「PSGに加われて本当に幸せだ。昨季フランスで獲得可能な全てのタイトルを勝ち取ったことは知っている。重要なことだね」  

「チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の壁を乗り越えることを求められているのはよくわかっている。僕はチームを助けるために全力を尽くすよ」と語り、悲願のCL優勝を目標に掲げた。  

なお、ディ・マリアの移籍はまもなく正式発表となる見込み。事前の報道通りであれば移籍金は6300万ユーロ(約86億円)で、これはチームメイトになるエディンソン・カバーニやダビド・ルイスらがPSGに加入した際の額とほぼ同じだ。

全文はソース元で

引用元 : PSGのメディカルチェックを終えたディ・マリア「本当に幸せ」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ディ・マリア、PSGのメディカルチェックを終える「本当に幸せ」】の続きを読む

ユーベ、負傷ケディラの代役にマスチェラーノ獲得へ。本人はセリエAで引退希望 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ユーヴェ、バルサのマスチェラーノをケディラの代役として獲得へ!移籍金は驚きの額

イタリア・セリエAのユベントスが、バルセロナに所属するアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ(31)の獲得に乗り出すようだ。  

伊紙『トゥット・スポルト』によれば、これまでプレミアリーグやリーガエスパニョーラでプレーしてきたマスチェラーノは、セリエAでキャリアを終えることを望んでいるという。  

ユベントスは現在、アンドレア・バルザーリとジョルジョ・キエッリーニのイタリア代表CBコンビが相次いで怪我を負い、新シーズンに向けた守備の選手層に不安を抱えている。また、今夏にレアル・マドリーから加入したMFサミ・ケディラが、今月1日に行われたマルセイユとの親善試合で太ももの筋肉を痛め、1~2ヶ月の離脱になると報じられている。  

ユベントスはマスチェラーノ獲得に移籍金1000~1500万ユーロ(約14億~20億円)を用意する見通しだが、バルセロナが来年1月までFIFAの条項違反による処罰で選手を補強できないため、交渉は難航すると見られている。

そのため、バイエルン・ミュンヘンに所属するモロッコ代表のDFメハディ・ベナティアや、ゼニトに所属するベルギー代表のMFアクセル・ヴィツェルにも関心を示しており、前者に2600万ユーロ(約36億円)、後者には4000万ユーロ(約55億円)のオファーを準備しているようだ。

全文はソース元で

引用元 : ユーベ、負傷ケディラの代役にマスチェラーノ獲得へ。本人はセリエAで引退希望 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【マスチェラーノをケディラの代役としてユーヴェが獲得へ!移籍金は15億円】の続きを読む

ディ・マリア移籍でPSGとマンUがクラブ間合意か。移籍金86億円で3日にも発表 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ディ・マリア、PSG移籍でマンUとクラブ間合意!移籍金86億円と一斉報道

アルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアの移籍でマンチェスター・ユナイテッドとパリ・サンジェルマン(PSG)が合意に至ったようだ。英紙『テレグラフ』など複数メディアが一斉に伝えている。  

すでに2日にもカタールのドーハでメディカルチェックを受けると報道されていたディ・マリアだが、そこで何も問題が発生しなければ3日にも正式発表となる見込みだ。  

なお、移籍金は6300万ユーロ(約86億円)で、昨年マンチェスター・ユナイテッドに加入した際の金額より30億円近く値下がりしたことになる。  

全文はソース元で

引用元 : ディ・マリア移籍でPSGとマンUがクラブ間合意か。移籍金86億円で3日にも発表 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ディ・マリア、PSG移籍でマンUとクラブ間合意!移籍金86億円と一斉報道】の続きを読む

イブラを超越! サッカー界史上最高の移籍金総額256億円男とは!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

イブラ超え!!移籍金総額256億円のサッカー史上最高の男が誕生か!?

マンチェスター・ユナイテッドのアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアは、間もなく世界で最も多くの金額を動かしたフットボーラーになると、英地元紙「デイリー・メール」が報じている。    

ディ・マリアは今夏、移籍金推定4400万ポンド(約85億円)でパリ・サンジェルマン(PSG)へ移籍することが決定的と見られてる。母国アルゼンチンのロサリオでキャリアをスタートさせたレフティーはその後、ベンフィカ、レアル・マドリードを経て、昨年5970万ポンド(約115億円)という英国史上最高額の移籍金でマンチェスター・ユナイテッドに加入していた。そして 今夏、PSGへの移籍が決定すれば通算4度目の移籍で、移籍金総額が1億3260万ポンド(約256億円)に上り、史上最高額になると伝えられている。  

これに続くのはディ・マリアの新天地となりそうなPSGの看板選手でもあるFWズラタン・イブラヒモビッチ。母国マルメでキャリアをスタートさせたカリスマは、その後アヤックス、ユベントス、インテル、バルセロナ、ミランと名門を渡り歩いた。PSGを含めた過去6度の移籍で1億2670万ポンド(約246億円)という金額を動かしてきた。  

全文はソース元で

引用元 : イブラを超越! サッカー界史上最高の移籍金総額256億円男とは!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【イブラ超え!!移籍金総額256億円のサッカー史上最高の男が誕生か!?】の続きを読む

このページのトップヘ