スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アルゼンチン代表

メッシ、南米すべての国から得点 これまでジーコら3選手が達成 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

メッシ、すべての南米の国からゴールを挙げる!ジーコらに続き4人目【ボリビア戦ハイライト動画】

サッカーのアルゼンチン代表FWメッシが、南米サッカー連盟(CONMEBOL)所属のすべての国から得点を挙げた。  

4日(日本時間5日)の国際親善試合・ボリビア戦(米ヒューストン)での2ゴールで達成。1981年の元ブラジル代表MFジーコらこれまで3選手しか達成していないもので、代表歴10年でたどり着いた。試合は7-0でアルゼンチンが大勝した。

全文はソース元で

引用元 : メッシ、南米すべての国から得点 これまでジーコら3選手が達成 (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

【メッシ、すべての南米の国からゴールを挙げる!ジーコらに続き4人目【ボリビア戦ハイライト動画】】の続きを読む

マンU退団は監督との確執が原因…ディ・マリア「何度か衝突した」 | サッカーキング

ディマリア、ファン・ハールとの衝突がマンU退団理由と告白

パリ・サンジェルマンに所属するアルゼンチン代表MFアンヘル・ディ・マリアが、昨シーズン在籍したマンチェスター・Uのルイ・ファン・ハール監督について、母国の『ESPN Radio』のインタビューで語った。イギリスメディア『スカイスポーツ』が8月31日に伝えている。  

同選手は、「マンチェスター・Uでいいプレーをしていたが、負傷をしてしまった。すべての事がうまく行かなくなったんだ。それに自分のポジションも変わった。決めたのは監督だ。最終的には試合に出るよりベンチに座ることが多くなった」と昨シーズンの不調理由を明言。

「ファン・ハール監督のやり方に合わせるのが難しかった。自分の哲学に従わせようとしたからだ。誰もが彼が望んでいることや行なっていることに従わなければならないんだ」と続けると、「最初は監督との間に問題はなかったが、その後、何度か衝突してしまった。それで、関係が悪くなった。そういうことは選手の気持ちに影響する」と、同監督との間に確執があたっため、移籍したいと思うようになったという。

全文はソース元で

引用元 : マンU退団は監督との確執が原因…ディ・マリア「何度か衝突した」 | サッカーキング

【ディマリア、ファン・ハールとの衝突がマンU退団理由と告白】の続きを読む

リーガに異常事態? メッシとC・ロナウド、2節終了時点で無得点は史上初 | サッカーキング

史上初!メッシとC・ロナウドが2節終了時点で無得点 CR7はチームの中心になれず

リーガ・エスパニョーラが2節を終え、普通ではないことが起こっているとスペイン紙『マルカ』は伝えている。  

まず第1節の10試合で12得点しか生まれなかった。リーガには世界有数のアタッカーが揃うが、彼らの才能に見合う得点数ではない。あまりにも少なく、普通ではない。  

最も普通ではないのは、世界をけん引する2人の偉大なストライカーがいまだにゴールを決めていないことだ。言わずと知れたバルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとレアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドだ。彼ら2人が第2節終了時点で得点を決めていないのは史上初めてのことだ。  

スペイン紙『アス』は、C・ロナウドが決して良い時期を過ごしていないことは数字でも証明されていると伝えている。  

C・ロナウドは第1節スポルティング・ヒホン戦、第2節ベティス戦での2試合で、69本のパスをして、115回ボールに触れた。  

だが、ウェールズ代表MFガレス・ベイルは2試合で85本のパスをしている。コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスはベティス戦だけで90本のパスをした。中盤でゲームメイクするドイツ代表MFトニ・クロースは165本、クロアチア代表MFルカ・モドリッチは153本だ。  

またボールに触った回数はチームで2番目に少ない。最も少ないのは112回で、フランス人センターバックのラファエル・ヴァランだった。

全文はソース元で

引用元 : リーガに異常事態? メッシとC・ロナウド、2節終了時点で無得点は史上初 | サッカーキング

【史上初!メッシとC・ロナウドが2節終了時点で無得点 CR7はチームの中心になれず】の続きを読む

インテル復権へ終わらぬ大補強 アルゼンチン代表の稲妻ストライカーを獲得へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

インテル、アルゼンチン代表ラベッシを獲得へ!!ペリシッチの代役に

今オフに大型補強を続けているインテルが、パリ・サンジェルマンのアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシを1200万ユーロ(16億円)で緊急補強する可能性が浮上している。  

衛星放送「スカイ・イタリア」によると、ラベッシの代理人はミラノ入りし、インテルと交渉を行っているという。 PSGは16億円の移籍金を求めているが、インテルはUEFAの規定するファイナンシャルフェアプレーへの抵触を避けるために、買い取りオプション付きのレンタル移籍を求めているという。  

全文はソース元で

引用元 : インテル復権へ終わらぬ大補強 アルゼンチン代表の稲妻ストライカーを獲得へ (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【インテル、アルゼンチン代表ラベッシを獲得へ!!ペリシッチの代役に】の続きを読む

アルゼンチン国民のメッシ叩きにテベスが激怒 「地獄に落ちろ!」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

テベス、メッシを庇い「地獄へ落ちろ!」とアルゼンチン国民、メディアに激怒

アルゼンチン代表のFWカルロス・テベスが、今夏の南米選手権チリ大会で準優勝に終わり、国民から批判を浴びているFWリオネル・メッシ(バルセロナ)を擁護。エースを中傷するメディアやサポーターに「地獄に落ちろ!」と言い放っている。スペイン地元紙「スポルト」が報じた。  

後輩の現状に、ユベントスから古巣ボカ・ジュニアーズに復帰したテベスも心を痛めている。

「メッシは多くの批判を受けて苦しんでいる。耐え難いものだろうね。彼は個人的にこうした批判を受けているんだ」  

メッシは所属するバルセロナで、これまでに7度のリーグ優勝をはじめ、欧州チャンピオンズリーグを4度、国王杯3度、FIFAクラブワールドカップも2度制覇など栄光に満ちたキャリアを送ってきた。アルゼンチン代表での活躍についても過度に期待が高まる一方、メッシはその責任と重圧を背負ってきた。テベスは同情のあまりに、苛烈なバッシングを続けるサポーターとメディアに罵詈雑言を放っている。

「国民やマスコミはメッシを傷付けた。もし自分がメッシの立場だったら、『地獄に落ちろ』と言ってやりたい気分だろう。そして、代表では2度とプレーしないだろう」

全文はソース元で

引用元 : アルゼンチン国民のメッシ叩きにテベスが激怒 「地獄に落ちろ!」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【テベス、メッシを庇い「地獄へ落ちろ!」とアルゼンチン国民、メディアに激怒】の続きを読む

シティがオタメンディ獲得を正式発表 「昨季リーガ最高のDFだった」とペジェグリーニも歓迎 (GOAL) - Yahoo!ニュース

マンC、オタメンディ獲得を正式発表!移籍金は62億円

マンチェスター・シティは20日、バレンシアからDFニコラス・オタメンディ(27)の獲得が決定したことをクラブ公式サイトで発表した。

オタメンディとシティとの契約は5年間、背番号は30となる。移籍金は公表されていないが、事前の報道によれば両クラブは4500万ユーロ(約62億円)で合意していたようだ。

オタメンディは次のように新天地での意気込みを口にしている。

「自分のベストを尽くし、毎試合戦って、シティをできるだけ長く最高の高みに押し上げるためにここに来た。チームがいくつかのカップやタイトルを勝ち取れることを期待している。それが何よりも重要なことだ」

マヌエル・ペジェグリーニ監督は新戦力を歓迎して次のように述べた。

「ニコラス・オタメンディはおそらく、昨シーズンのリーガで最高のDFだった。だからもちろん私は彼ほどのクオリティーの選手を加えられたことをうれしく思っている」

「サッカー選手として、ニコラスはプレミアリーグで成功できるためのすべての能力を兼ね備えている。力強く、タックルを得意とし、技術面でも非常に優れている。もう1人の新たなアルゼンチン人選手として、ファンを楽しませる選手となってくれるはずだ」

全文はソース元で

引用元 : シティがオタメンディ獲得を正式発表 「昨季リーガ最高のDFだった」とペジェグリーニも歓迎 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【マンC、オタメンディ獲得を正式発表!移籍金は62億円】の続きを読む

シティ王座奪回へ! リーガ最強ストッパーを54億円+マンガラで緊急補強 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

マンC、オタメンディ獲得でプレミア最強DFライン形成か?マンガラを放出も

昨季王者のチェルシーを3-0で下し、プレミアリーグ開幕2連勝を飾ったマンチェスター・シティ。昨季2位でタイトル奪還に燃える一昨季のプレミアリーグ王者は、バレンシアの堅守を支えるアルゼンチン代表DFニコラス・オタメンディ獲得が間近に迫っているという。英衛星放送局「スカイ・スポーツ」が報じている。  

リーガ最強ストッパーの呼び声高い、オタメンディに対してはバレンシアが設定する違約金5000万ユーロ(約70億円)という高いハードルが存在する。バレンシアも2019年まで契約を交わす中心選手を簡単に手放すつもりは毛頭ないはずだった。  

しかし、シティはオタメンディ獲得で合意に近づいているとレポートされている。同じマンチェスターを本拠地とするマンチェスター・ユナイテッドも獲得に乗り出していたが、シティは移籍金に加え、実質的なトレード要員としてフランス代表DFエリアキム・マンガラをバレンシアへ期限付き移籍させる方針で、オタメンディ争奪戦を制する勢いだ。  

スペイン地元紙「アス」ではシティが移籍金2800万ポンド(約54億円)を支払い、マンガラを期限付き移籍させることにより、オタメンディがシティに加入すると伝えている。  

24歳のマンガラは昨季ポルトから3200万ポンド(約62億円)という破格の移籍金でシティに加入していた大型センターバック。しかし、1年目はその金額に見合う活躍を披露したとは言い難く、ベテランのDFマルティン・デミチェリスとの競争に敗れていた。3-0で快勝のチェルシー戦では勝利に貢献したが、どうやらオタメンディ獲得の交渉に含まれ、今季はスペインでプレーすることになりそうだ。

全文はソース元で

引用元 : シティ王座奪回へ! リーガ最強ストッパーを54億円+マンガラで緊急補強 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンC、オタメンディ獲得でプレミア最強DFライン形成か?マンガラを放出も】の続きを読む

グアルディオラ監督が世界最高の選手と認めるメッシ「命令無視を許可する」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ペップ「私の命令を無視できるのはメッシだけ。他の選手は走らなければならない」

バイエルン・ミュンヘンのペップ・グアルディオラ監督が世界中で唯一、バルセロナ時代に指導したアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのみ「命令無視を許可する」と語り、世界最高選手に対する特別待遇を強調している。ドイツ地元紙「ビルト」で語ったもの。

「今年に関しては私が望むように誰もが走らなければいけない。これが私のやり方だ。これには従わなければいけない。世界中でたった一人だけ必要のない選手がいる。それはメッシだ」

全文はソース元で

引用元 : グアルディオラ監督が世界最高の選手と認めるメッシ「命令無視を許可する」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ペップ「私の命令を無視できるのはメッシだけ。他の選手は走らなければならない」】の続きを読む

メッシ、C・ロナ、スアレス…数字で見るUEFA欧州最優秀選手賞候補 | サッカーキング

メッシ、C・ロナウド、スアレスが残した”数字” UEFA欧州最優秀選手賞候補

UEFA(欧州サッカー連盟)が12日に、2014-15シーズンのUEFA欧州最優秀選手賞候補の3名を発表した。  

最終候補にはバルセロナからアルゼンチン代表FWリオネル・メッシとウルグアイ代表FWルイス・スアレス、そしてレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが選出された。

メッシは2014-15シーズン、バルセロナで公式戦57試合出場し、58得点31アシスト。リーガ・エスパニョーラでは38試合全試合に出場し、43得点。チャンピオンズリーグでは10得点。コパ・デル・レイでは5ゴールを記録した。  

C・ロナウドは昨シーズン、54試合出場し、61得点22アシストを記録。リーグ戦では35試合出場し、48得点を決めて得点王に輝いた。チャンピオンズリーグでは12試合10得点。さらにUEFAスーパーカップで2得点、コパ・デル・レイでは1得点を決めている。  

スアレスは昨シーズン、10月25日から公式戦でプレー。C・ロナウドと比較すると約2カ月半後に公式戦に出場し始めたが、シーズンを通して、25得点24アシストを記録した。リーグ戦では27試合で16得点、コパ・デル・レイでは2ゴール、チャンピオンズリーグでは7得点を決めている。

全文はソース元で

引用元 : メッシ、C・ロナ、スアレス…数字で見るUEFA欧州最優秀選手賞候補 | サッカーキング

【メッシ、ロナウド、スアレスが残した”数字” UEFA欧州最優秀選手賞候補】の続きを読む

トッテナム、ミラン本田に正式オファー。岡崎&吉田と日本人対決も? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

トッテナム、本田圭佑に正式オファー!ファンは後押し、ミランも前向きか

プレミアリーグのトッテナムが、ミランに所属する日本代表MF本田圭佑の獲得に向けてオファーを提示した。11日のイタリア『トゥットメルカートウェブ』が報じている。  

本田は先日、トッテナムとエバートンが獲得に関心を示していると報じられていた。同紙によると、そのうちのトッテナムが正式にオファーを提示して獲得に乗り出したとしている。

シニシャ・ミハイロビッチ監督はトップ下のポジションにイタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラを好む傾向にあり、本田の出場機会の減少が危惧されていた。本人もミランでの待遇に不満を示しているといわれている。  

また、トッテナムはアルゼンチン代表FWエリック・ラメラとのトレードを画策しており、移籍金と合わせて交渉条件に組み込む可能性もありそうだ。本田の移籍金は400万ユーロ(5億4000万円)程度とみられており、ミランとしては格安でラメラを獲得するチャンスでもある。  

プレミアリーグでは通算43試合2得点という結果のラメラだが、2011年7月から2年間在籍したローマでは62試合19得点を挙げており、イタリアでの評価は高い。  


全文はソース元で

引用元 : トッテナム、ミラン本田に正式オファー。岡崎&吉田と日本人対決も? (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【トッテナム、本田圭佑に正式オファー!ファンは後押し、ミランも前向きか】の続きを読む

このページのトップヘ