スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アトレティコ・マドリード

もはやポゼッションは不要なのか アトレティコがバルサとバイエルン相手に記録した低支配率 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ポゼッションは時代遅れ!?アトレティコやレスターの低支配率戦術がトレンドに??

ジョゼップ・グアルディオラがバルセロナで成功して以来、サッカー界ではポゼッション率に必要以上にこだわる習慣が身についていた。しかし、ポゼッション率を高めたから試合を有利に進められるとの考えはもう古い。

今季プレミアリーグで快進撃を見せるレスター・シティも低いポゼッション率を武器に戦っているが、27日に行われたチャンピオンズリーグ準決勝1stレグでバイエルン相手に1-0の勝利を収めたアトレティコ・マドリードもそうだ。

アトレティコはサウール・ニゲスのスーパーゴールで早い時間帯に先制点を奪い、そこから安定感ある試合を見せていたが、ポゼッション率は26%だった。これは今季チャンピオンズリーグで勝利を収めたチームの中で2番目に低い数字だ。 1番低い数字を叩きだしたのもアトレティコだ。

全文はソース元で

引用元 : もはやポゼッションは不要なのか アトレティコがバルサとバイエルン相手に記録した低支配率 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ポゼッションは時代遅れ!?アトレティコやレスターの低支配率戦術がトレンドに??】の続きを読む

シメオネ、古巣への愛情変わらず 「いつかインテルの監督になる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

シメオネ「いつかインテルの監督になるのが目標だ」古巣で指揮するのはいつになるのか…

アトレティコ・マドリーのディエゴ・シメオネ監督は、現役時代にプレーした古巣インテルへの愛情を変わらずに抱いている。チャンピオンズリーグ(CL)の大一番を前に、いつかインテルに戻ると述べた。

以前からインテル監督就任の可能性に前向きな姿勢を見せていたシメオネ監督は、イタリア『メディアセット』で次のように述べた。

「ハビエル(・サネッティ副会長)とは電話で連絡を取っているよ。それを公にすることは別に怖くない。私はいつかインテルに戻る。選手時代の素晴らしい思い出があるからだ。あそこで指揮を執るという目標がある」

全文はソース元で

引用元 : シメオネ、古巣への愛情変わらず 「いつかインテルの監督になる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【シメオネ「いつかインテルの監督になるのが目標だ」古巣で指揮するのはいつになるのか…】の続きを読む

過去6大会の4強入りクラブ…最多6度のレアルらスペイン勢の強さが際立つ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

リーガが欧州にて最強!CL過去6大会でベスト4入りクラブはスペイン勢が圧倒

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグの2試合が13日に行われ、準決勝進出4クラブが出揃った。  

4強入りを果たしたのは、レアル・マドリード(スペイン)、アトレティコ・マドリード(スペイン)、バイエルン(ドイツ)、マンチェスター・C(イングランド)。

過去6大会のベスト4進出クラブの顔ぶれを振り返ると、レアル・マドリードが最多6度の4強入り。同5回のバイエルンと同4回のバルセロナがこれに続いた。その他は2回でアトレティコ・マドリードとチェルシー(イングランド)が並び、ユヴェントス(イタリア)、ドルトムント(ドイツ)、シャルケ(ドイツ)、マンチェスター・Cがそれぞれ1度ずつ準決勝に進んだ。また、国別ではスペインが12回、ドイツが7回、イングランドが4回、イタリアが1回となっている。  

なお、このうち優勝クラブは2回のバルセロナが最多で、レアル・マドリード、バイエルン、チェルシーがそれぞれ1度ずつ優勝している。

全文はソース元で

引用元 : 過去6大会の4強入りクラブ…最多6度のレアルらスペイン勢の強さが際立つ (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【リーガが欧州にて最強!CL過去6大会でベスト4入りクラブはスペイン勢が圧倒】の続きを読む

CLベスト4組み合わせ決定…マンC対レアル、アトレティコ対バイエルン (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

CLベスト4組み合わせ マンCvsレアル、アトレティコvsバイエルン 4月26日~

2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ(CL)準決勝の組み合わせ抽選会が15日に行われた。  バルセロナ

準決勝のファーストレグは4月26、27日、セカンドレグは5月3、4日に開催。決勝は5月28日にイタリア・ミラノで行われる。なお、決勝ではマンチェスター・Cとレアル・マドリードの勝者がホーム扱いとなる。  

CLベスト4の組み合わせは以下のとおり。

(左がファーストレグホーム)

マンチェスター・C(イングランド) vs レアル・マドリード(スペイン)

アトレティコ・マドリード(スペイン) vs バイエルン(ドイツ)

全文はソース元で

引用元 : CLベスト4組み合わせ決定…マンC対レアル、アトレティコ対バイエルン (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【CLベスト4組み合わせ マンCvsレアル、アトレティコvsバイエルン 4月26日~】の続きを読む

アトレティコが完封勝利で逆転突破、CLベスト4へ…バルサの連覇ならず (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】バルサCL連覇ならず アトレティコが完封勝利で逆転ベスト4入り【スタッツ】

チャンピオンズリーグ準々決勝セカンドレグが13日に行われ、アトレティコ・マドリードとバルセロナが対戦した。  

5日に行われたファーストレグではアトレティコ・マドリードがアウェーで先制したが、バルセロナが2-1と逆転勝利を収めた。ホームに帰還して逆転での準決勝進出を目指すアトレティコ・マドリードは、4日前のリーガ・エスパニョーラ第32節エスパニョール戦で3-1と快勝。首位バルセロナとの勝ち点差を「3」に縮め、勢いに乗ってセカンドレグへ臨む。ディエゴ・シメオネ監督はファーストレグから先発メンバーを1名変更。同試合で退場処分となり、出場停止のスペイン代表FWフェルナンド・トーレスを欠く中、アルゼンチン代表MFアウグスト・フェルナンデスを中盤に起用し、ベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコを前線に配した。  

最後尾にはスロヴェニア代表GKヤン・オブラク、最終ラインは右からスペイン代表DFフアンフラン、U-19フランス代表DFリュカ・エルナンデス、ウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン、ブラジル代表DFフィリペ・ルイスが並び、中盤はスペイン代表MFコケとスペイン人MFガビ、U-21スペイン代表MFサウール・ニゲス、A・フェルナンデスが入る。そして前線ではフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンとカラスコがコンビを組んだ。  

一方、リーガ・エスパニョーラ首位のバルセロナだが、4日前の第32節レアル・ソシエダ戦では0-1と完封負け。リーグ戦では最近3試合勝ちなしと苦しんでいる。中3日で迎えるアウェーでのセカンドレグでは、ルイス・エンリケ監督はファーストレグと同じ先発11名を起用した。

試合は2-0で終了。2試合合計3-2、アトレティコ・マドリードがホームで逆転を果たし、2大会ぶりの準決勝進出を決めた。敗退が決まったバルセロナは、連覇の夢は叶わなかった。
 
なお、バルセロナの次戦は17日、リーガ・エスパニョーラ第33節でバレンシアとホームで対戦。一方のアトレティコ・マドリードは17日、グラナダをホームに迎える。

【スコア】
アトレティコ・マドリード 2-0(2試合合計:3-2)バルセロナ
【得点者】
1-0 36分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)
2-0 88分 アントワーヌ・グリエスマン(アトレティコ・マドリード)


全文はソース元で

引用元 : アトレティコが完封勝利で逆転突破、CLベスト4へ…バルサの連覇ならず (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】バルサCL連覇ならず アトレティコが完封勝利で逆転ベスト4入り【スタッツ】】の続きを読む

アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分の可能性…スペイン紙報道 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース


アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分か!?レアル、アトレティコと4クラブが対象に

アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分が下る可能性が出てきているようだ。スペイン『アス』の報道をもとに、『メトロ』などイングランドメディアも報じている。  

今回の報道は2チームに加えて、アーセナルとチェルシーにも同じ処分が検討されているようだとするもの。同じ処分を受けたバルセロナが2度の移籍市場で補強を禁止されたことから、4チームにも同様の処分が下る可能性があるという。

全文はソース元で

引用元 : アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分の可能性…スペイン紙報道 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【アーセナルとチェルシーにも補強禁止処分か!?レアル、アトレティコと4クラブが対象に】の続きを読む

レアル&アトレティコも補強禁止処分へ…未成年者の移籍でルール違反か | サッカーキング


レアルとアトレティコが補強禁止に!バルサ同様未成年者の移籍でルール違反

FIFA(国際サッカー連盟)がレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードに対して、移籍に関してルール違反があったとして、処分を下すことが濃厚だとわかった。27日付のスペイン紙『アス』など各紙が報じている。  

同紙によると、レアル・マドリードとアトレティコ・マドリードは、18歳以下の選手の移籍に関してルール違反を犯したと見られている。FIFAの規律委員会は9月に両クラブに関する調査を終え、すでに何らかの処分が下されることは決定していたという。しかし、最終決定が下される前の9月17日に、FIFA事務局長のジェローム・ヴァルケ氏がワールドカップ・チケットを不正に販売した疑いで無期限の停職処分を受けたため、現在は両クラブの処分が延期されているようだ。  


全文はソース元で

引用元 : レアル&アトレティコも補強禁止処分へ…未成年者の移籍でルール違反か | サッカーキング

【レアルとアトレティコが補強禁止に!バルサ同様未成年者の移籍でルール違反】の続きを読む

メッシに第二子「マテオ君」が誕生か…家族の事情で11日の練習欠席 | サッカーキング

メッシ2世がまた誕生♪名前は「マテオ・メッシ」

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに第二子となる男の子が誕生することが明らかになった。11日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。  

メッシは11日の練習を欠席している。バルセロナ側は「家族の事情」と発表しており、同紙はこれを出産に立ち会うためであると伝えた。  

なお、同紙によると子どもの名前はマテオ・メッシ君に決定した模様となっている。

全文はソース元で

引用元 : メッシに第二子「マテオ君」が誕生か…家族の事情で11日の練習欠席 | サッカーキング

【メッシ2世がまた誕生♪名前は「マテオ・メッシ」】の続きを読む

スペイン勢がCL史上初の快挙…バルサ、レアルら5クラブが本戦出場 | サッカーキング

リーガ勢、CL史上初の5クラブが本戦出場の快挙!バレンシアが進出

チャンピオンズリーグ(CL)予選プレーオフ・セカンドレグが25日に行われ、モナコと対戦したバレンシアが2試合合計4-3とし、本戦出場を決めた。これにより、グループステージに出場するスペイン勢は、CL史上初の5クラブとなった。  

スペインからは、昨シーズンのCL覇者バルセロナに加え、リーガ・エスパニョーラ2位、3位のレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードがグループステージから登場。さらに、セビージャは昨シーズンのヨーロッパリーグを制したため、本戦からの出場権を獲得していた。  

これら4チームに加え、バレンシアが本戦へと駒を進めたため、CL史上初となる、1シーズンで1カ国から5クラブがグループステージに参戦することとなった。

全文はソース元で

引用元 : スペイン勢がCL史上初の快挙…バルサ、レアルら5クラブが本戦出場 | サッカーキング

【リーガ勢、CL史上初の5クラブが本戦出場の快挙!バレンシアが進出】の続きを読む

アトレティコ、総額270億円の巨額オファー断る…狙われた4人とは? | サッカーキング

アトレティコ・マドリード、4人総額270億円のオファーを拒否!

欧州主要リーグも徐々に新シーズンの開幕を迎えており、移籍市場も活況にある。  

スペイン紙『マルカ』によると、アトレティコ・マドリードに関連する移籍の噂は特に多かったという。今夏の移籍市場でアトレティコ・マドリードには高額なオファーが絶えず届いており、オフィスは忙しかったとのこと。主力選手に対するオファーは総額2億ユーロ(約272億円4000万円)以上にもなったというが、それらすべてを固辞した模様だ。  

巨額なオファーで狙われたのは以下の4選手。  

まずは、スロヴェニア代表GKヤン・オブラクに対して3500万ユーロ(約47億6000万円)のオファーがあったようだ。スペイン代表GKダビド・デ・ヘアに退団の可能性があるマンチェスター・UはGKを探しており、リストのトップに来ていたのがオブラクだったという。

次は、フランス代表FWアントワーヌ・グリエズマン。スカッド強化のためにパリ・サンジェルマンが6000万ユーロ(約81億7000万円)でオファーを持ちかけたものの、アトレティコの答えはNOだったとのこと。

3人目はスペイン代表MFコケで、オファー額は6500万ユーロ(約88億5000万円)。ジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーやジョゼップ・グアルディオラ監督率いるバイエルンなどのいくつかのクラブが、コケに興味を示しているそう。すでにバイアウト額である6000万ユーロ(約81億7000万円)を超えるオファーがあったというが、コケ自身がクラブへの忠誠を貫き続けているということだ。  

最後はウルグアイ代表DFディエゴ・ゴディン。マンチェスター・Cは、今夏の移籍市場でゴディンの獲得に攻勢を強めていたという。アトレティコ・マドリードに対して4000万ユーロ(約54億4000万円)という


全文はソース元で

引用元 : アトレティコ、総額270億円の巨額オファー断る…狙われた4人とは? | サッカーキング

【アトレティコ・マドリード、4人総額270億円のオファーを拒否!】の続きを読む

このページのトップヘ