スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

アウディ・カップ

バイエルン、レアル・マドリーを下してアウディカップを制す (GOAL) - Yahoo!ニュース

バイエルン、レアルに競り勝ちアウディ・カップ制覇【ハイライト動画】

序盤から主導権を握ったのは、前日の試合でミランに完勝したバイエルン。トッテナムを下して決勝に進んだマドリーは、押し込まれる時間が長かった。マドリーは16分、ペペに問題が発生したようで早くもナチョと交代する。

試合は0-0のまま進んでいくが88分、ついに均衡が破れた。右サイドからのセットプレーでドグラス・コスタが鋭いボールを入れると、セルヒオ・ラモスの頭上を越えたボールをレヴァンドフスキがGKの前で足に当ててゴール。バイエルンが土壇場で先制してアウディカップ優勝を決めた。

全文はソース元で

引用元 : バイエルン、レアル・マドリーを下してアウディカップを制す (GOAL) - Yahoo!ニュース

【バイエルン、レアルに競り勝ちアウディ・カップ制覇【ハイライト動画】】の続きを読む

ミラン、トッテナムにも敗北 本田は途中出場 (GOAL) - Yahoo!ニュース

本田途中出場のミラン、トッテナムに破れアウディ・カップ最下位【タッチ集・ハイライト動画】

5日に行われたアウディカップ3位決定戦でミランはトッテナムと対戦し、0-2で敗れた。MF本田圭佑は77分から出場している。

アウディカップは2日連続で試合を行うため、両チームとも前日とは大幅に異なるメンバーでスタートする。バイエルン・ミュンヘン戦で先発した本田も、ベンチスタートとなった。

ミランは77分に本田らを投入して挽回を目指すが、試合自体がトーンダウン。終盤は大きな動きがないまま時間が過ぎ、トッテナムが2-0で勝利した。

全文はソース元で

引用元 : ミラン、トッテナムにも敗北 本田は途中出場 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【本田途中出場のミラン、トッテナムに破れアウディ・カップ最下位【タッチ集・ハイライト動画】】の続きを読む

試練のミラン本田 バイエルンとの親善試合でワースト3選手に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

本田、バイエルン戦のプレーに伊紙が酷評 ワースト3にも

ミランの日本代表FW本田圭佑は、4日のアウディカップのバイエルン・ミュンヘン戦で後半30分までトップ下でプレーした。だが、0-3で敗れたチームと同様に個人としての評価も厳しいものとなった。ミラン専門のニュースサイトである「milannews.it」は、この試合におけるワースト選手3人のうち1人に、本田の名前を記した。

「先発の選手としてピッチに送り出された。しかし、機能は十分ではなかった。ミハイロビッチ監督の戦術下では、もっとスピードが必要だ。バイエルンの中盤は、いつも彼からボールを奪い取った」  

本田は、酷評ともいえる内容で批判を受けている。前半7分、ファウルで相手にFKのチャンスを与えると、32分には本田のボールロストからシュートに持ち込まれた。先日のインターナショナル・チャンピオンズカップのレアル・マドリード戦では献身的な守備を評価されたが、この日は攻守ともにブレーキとなった。  

同じくワースト3の1人には、新加入のブラジル代表FWルイス・アドリアーノも名を連ねた。

「チームに勢いを与えなかった。本来は、そうすべきだった」と、手厳しい評価を下されている。また、ワースト3最後の1人には本田とトップ下のポジションを争うことが予想される、イタリア代表MFジャコモ・ボナベントゥーラの名前が記された。この日は3ボランチの右として本田と同じく後半30分までプレーしたが「メッザーラ(中盤のサイド)のプレーを学ぶ必要がある。トップ下でプレーさせた方が間違いなく良い」と評価され、あくまでもトップ下でプレーさせるべきだと論じている。

全文はソース元で

引用元 : 試練のミラン本田 バイエルンとの親善試合でワースト3選手に (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【本田、バイエルン戦のプレーに伊紙が酷評 ワースト3にも】の続きを読む

ミラン、Bミュンヘンに完敗本田「成熟度足りない」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

本田、バイエルンに完敗で「成熟度が足りない。ポゼッションで戦ったのが敗因」

<アウディ杯:Bミュンヘン3-0ACミラン>◇第1日◇4日◇ミュンヘン  

欧州の強豪4クラブによるプレシーズンの国際大会が開幕し、MF本田圭佑が所属するACミラン(イタリア)が0-3でBミュンヘン(ドイツ)に敗れた。

本田は「向こうの土俵で戦おうとしたところが完敗の原因。ポジションサッカーでこっちもつなごうとした時に、向こうのプレスの餌食にずっとなっていたというのが決定的な向こうとの技術の差。逆にいい勉強になった。バイエルンを押し込めるのは、今ではバルセロナだけなんじゃないかなって思う。チームの成熟度が足りない。ただ、ある程度向こうが上なので、バイエルンがセリエAにいなくてよかったなくらいのあっさりした感覚。我々はセリエAでチャンスがあると信じて、これから準備していこうと思います」と話した。

全文はソース元で

引用元 : ミラン、Bミュンヘンに完敗本田「成熟度足りない」 (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【本田、バイエルンに完敗で「成熟度が足りない。ポゼッションで戦ったのが敗因」】の続きを読む

本田がトップ下先発もFKは壁…ミランは“バイエルン2軍”に完敗 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

本田が先発のミラン、孤軍奮闘もバイエルン2軍に完敗・・・【タッチ集・ハイライト動画】

[8.4 アウディ杯 バイエルン3-0ミラン]  

プレシーズンマッチのアウディ杯でバイエルン(ドイツ)がミラン(イタリア)を3-0で下した。ミランに所属する日本代表MF本田圭佑は後半28分まで出場した。   

連日、試合が開催されるということもあり、バイエルンは主力メンバーを温存。DFフィリップ・ラームや新加入のMFアルトゥーロ・ビダルが先発したが、ほぼ“2軍”と言ってもいいメンバーがスタメンに並んだ。対するミランは4-3-1-2を採用。本田をトップ下に、2トップは新加入コンビのFWカルロス・バッカとFWルイス・アドリアーノを並べた。  

開幕時期の半月の違いは言い訳になるだろうか。前半23分にDFファン・ベルナトのシュートがDFクリスティアン・サパタに当たってコースが変わる不運な失点で先制を許したミランは、その後も防戦一方となる。同28分にはMFピエール・エミール・ホイビュルクに胸で押し込まれるとポストを直撃。さらには同36分にもビダルに決定的なヘディングシュートを打たれるが、クロスバーに救われ、追加点は阻止したが、苦しい展開を強いられた。  

この試合の前に行われた試合ではレアル・マドリーがトッテナムに2-0で勝利。この結果、5日に行う決勝戦はバイエルン対レアル、3位決定戦はトッテナム対ミランの組み合わせになった。

全文はソース元で

引用元 : 本田がトップ下先発もFKは壁…ミランは“バイエルン2軍”に完敗 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

【本田が先発のミラン、孤軍奮闘もバイエルン2軍に完敗・・・【タッチ集・ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ