スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

塩谷司

塩谷の肩の力を抜いたキャプテン本田の言葉 「できていることを100とすれば、そのちょっと下でいい」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

honda by calciostreaming

by calciostreaming

デビュー戦直前の会話 日本代表MF本田圭佑(ACミラン)が、キャプテンとして影ながらチームを支えていることが分かった。10日のジャマイカ戦の安定したプレーでDF塩谷司(広島)は、アギーレ・ジャパンのディフェンスラインの主軸候補に急浮上した。その活躍の裏には、本田の細やかな気遣いがあった。  

11日夜にシンガポール入りし、12日午前、チームは気温30度を超える暑さの中、約1時間の練習を行った。守備時の連動の練習以外は負荷の軽いメニューとなる中、ひときわ目立つ金髪の2人がピッチ上で会話を重ねていた。10日のジャマイカ戦でデビューした塩谷と本田だった。  塩谷は本田との会話をこう振り返った。  

「海外の話とかですね。生活とか」と言うと、2日前のことを思い出して「(デビュー戦となったジャマイカ戦の)試合前にも話しかけてきてくれて、それで緊張がなくなった。リラックスできた」と続けた。  サウサンプトンDF吉田麻也の負傷欠場で、巡ってきたジャマイカ戦での先発のチャンス。塩谷は緊張するはずの初戦で、ピッチ上で最も輝きを放った。先輩のDF森重真人のカバーリングや、前線の動きだしを待ちながらスペースにロングパスを送り込んだ場面もあった。長旅でコンディション不良のジャマイカながら、堂々とした振る舞いを見せた。

「塩谷は完璧だった」  

アギーレ監督もそう激賞した、ジャマイカ戦開始前、本田は塩谷にこう語りかけたという。 「普段持っていること、できていることを100とすれば、きょうはそのもうちょっと下でもいい。硬くならずに普段やっていることをやればいいから」

全文はソース元で


引用元 : http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20141012-00010001-soccermzw-socc

風貌ソックリ!“金狼兄弟”本田&塩谷、サッカー王国撃破へ! (1/3ページ) - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

10-13,14 hon2

サッカー日本代表・シンガポール遠征(12日、シンガポール)14日の国際親善試合・ブラジル戦に向けて、当地で初練習を行った。午前中はFW本田圭佑(28)=ACミラン=がDF塩谷司(25)=広島=と青空会談し、右サイドの連係を確認。金髪ホットラインでサッカー王国を撃破するつもりだ。脳振とうで離脱したMF香川真司(25)=ドルトムント=に代わり、左MFは田中順也(27)=スポルティング=の先発が濃厚となった。午後は雷雨のため室内で調整した。

全文はソース元で


引用元 : http://www.sanspo.com/soccer/news/20141013/jpn14101305030003-n1.html

【本田、”金狼兄弟”の塩谷に日本代表キャプテンとしての気遣い「硬くならずに普段やっていることをやればいい」◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

日本代表デビュー飾ったDF塩谷司「継続していくことが課題」 – サッカーキング

10-11,14 sio2

キリンチャレンジカップ2014が10日に行われ、日本代表とジャマイカ代表が対戦。16分に記録されたオウンゴールが決勝点となり、1-0で日本が勝利を収めた。ハビエル・アギーレ監督下での初勝利となった。  

サンフレッチェ広島に所属するDF塩谷司は、初招集で初先発となった同試合は「試合に入るまでは緊張もありました」とするも「いざ笛が鳴って試合が始まってみると思ったより緊張もなくて、前半はちょっとまだ硬かったと思いますけど、後半は縦パスだったり良さを出せたと思います」とコメントした。  

初めて代表でのプレーを経験し「球際の強さだったりゲーム全体のスピードとかはやっぱり今まで経験したことないレベルだった」と振り返った。その中でも安定したプレーを見せた塩谷だが「1試合だけでは、自分の評価にはつながらないと思うんで、これを継続してどれだけ続けて行けるかが、自分のこれからの課題だと思いました」と代表定着に意欲を見せている。  

守備については、持ち前の攻撃参加を抑えて「守備のバランスっていうのをイメージしていた」と明かしており「前の選手がプレッシャーにいってたんで、くさびのボールが狙いやすかった」と感想を語った。さらに、スピードのあるジャマイカの選手との対戦で負けるシーンがなく「手ごたえはあったと思います」とコメント。しかし「これが世界のトップレベルって訳ではない」として「まだまだ満足せずにもっともっと上の世界に出てやっていきたいと思いました」と意気込んでいる。  

後半には攻撃参加ができた場面もあり、塩谷は「ああいうところをもっと試合中に出して行けたらなと思った」と振り返っており、「あの場面ぐらいだったかな。そういうのをもっともっと増やせれたらいいと思います」と持ち味を出すことを誓った。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20141011/240724.html?view=more

【アギーレ、日本代表デビューのDF塩谷に「パーフェクトだった」とジャマイカ代表戦完封に貢献を賞賛!!中盤でのプレーもみたい◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ