スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

EURO

悪夢のEURO16強敗退のイングランド代表14選手を英メディアが酷評 「最悪の夜」「代表の格なし」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


EUROベスト16で敗退のイングランド代表選手を英紙が酷評「代表の格ナシ」

イングランド代表は欧州選手権(EURO)フランス大会の16強で、伏兵アイスランドに1-2でまさかの敗戦を喫した。英公共放送「BBC」では、屈辱を味わったチームを採点し、全員に落第点を与えた。「完全なる悪夢」「とんでもない大会」「代表選手の格なし」などと酷評のオンパレードで、不発のチームを一刀両断にしている。

出場選手はプレー時間の短さから評価なしになったマンチェスター・ユナイテッドFWマーカス・ラッシュフォード以外は、全員が落第点の「4点」で並んだ。そして各選手の寸評では、滅多斬りにされている。

今大会活躍したボランチのMFエリック・ダイアー(トットナム)については、「いいトーナメントだった。4試合に先発した4選手の1人だったが、月曜日はスピードについていけず。ハーフタイムに交代になったが、復活するだろう」と、アイスランド戦では不振により落第点になったが、将来は有望と初めて前向きな評価が書かれていた。
 
大会前から次代のスター候補として期待されていた20歳MFデレ・アリ(トットナム)は、「この試合でインパクトを残せずに苦しんだ。実際のところ、EURO2016でインパクトを残せなかった」とバッサリ。
 
中盤に入った主将のMFウェイン・ルーニー(マンチェスター・ユナイテッド)は「これまでは好プレーを見せていたが、代表で最悪のパフォーマンス。後半ここまで多くのパスミスは見たことがなかった」と厳しく批判している。
 
今大会あまりの不振によってイングランドサポーターからも罵詈雑言を浴びていたFWラヒーム・スターリング(マンチェスター・シティ)は、「彼の自信に疑問があるにもかかわらず、驚きの先発復帰だった。ペナルティーを獲得したが、自信なさげに見えた。途中交代に」と、驚きの先発にもある程度応えたと評価されている。

全文はソース元で

引用元 : 悪夢のEURO16強敗退のイングランド代表14選手を英メディアが酷評 「最悪の夜」「代表の格なし」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【EUROベスト16で敗退のイングランド代表選手を英紙が酷評「代表の格ナシ」】の続きを読む

死の組み合わせ! スペイン、イタリア、フランス、イングランドらが決勝Tで同じ山に (GOAL) - Yahoo!ニュース


EUROの決勝Tは激アツ!スペイン、イタリア、フランス、イングランドが同じ山に

史上初のユーロ3連覇を目指すスペイン代表は、厳しい戦いが待っている。

2位通過となったスペインが決勝トーナメント1回戦で当たるのは、ユーロ2012決勝の相手イタリアだ。グループステージで良いプレーを見せていただけに、簡単な試合にはならないことが予想される。

仮に4年前と同じ結果になったとしても、3連覇への道は険しい。準々決勝の相手は、2年前にワールドカップを制したドイツになる可能性が高そうだ。

さらに、ここでも勝つと想定すると、準決勝の相手は現時点で開催国フランスかイングランドのどちらか。タフな戦いが続く。
全文はソース元で

引用元 : 死の組み合わせ! スペイン、イタリア、フランス、イングランドらが決勝Tで同じ山に (GOAL) - Yahoo!ニュース

【EUROの決勝Tは激アツ!スペイン、イタリア、フランス、イングランドが同じ山に】の続きを読む

アイスランドがC・ロナウドに反論 「だからメッシが常に一歩前にいる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース


だからC・ロナウドはメッシに常に負けているんだよ!アイスランドが負け惜しみ批判に反論

ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは、ユーロ2016初戦を引き分けで終え、アイスランドの戦い方を批判した。だが、アイスランドDFカウリ・アウルナソンはC・ロナウドに反論している。

「彼がバッドルーザーというのは、さらに勝利の味が格別なものになるね。僕らは大西洋の小さな島国だ。その僕らが彼らと引き分けたんだよ」 アルナソンはC・ロナウドが「ファンタスティックな選手」だと称賛しつつ、

「潔い人ではない」と辛らつなコメントを残している。さらには、C・ロナウドのライバルと言われるバルセロナFWリオネル・メッシの名前も出した。

「彼(C・ロナウド)のコメントこそ、メッシが常に彼の一歩前にいる理由だね」

全文はソース元で

引用元 : アイスランドがC・ロナウドに反論 「だからメッシが常に一歩前にいる」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【だからC・ロナウドはメッシに常に負けているんだよ!アイスランドが負け惜しみ批判に反論】の続きを読む

痛恨の敗北を嘆くファン・ペルシ 「本当にひどい状況」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

オランダ代表、EURO2016自力出場が不可能に!【トルコ戦ハイライト動画】

オランダ代表は6日、EURO2016予選グループAのトルコ戦に臨み、敵地で0-3と敗れた。FWロビン・ファン・ペルシは、痛恨の黒星を嘆いている。

前節終了時点で3位だったオランダは、4位トルコに敗れたことで順位が入れ替わった。残り2試合で再び3位に浮上しなければ、本大会に進むことはできない。

「もう、自力で出場権を得られる立場ではなくなってしまった。本当にひどい状況だ」

「出場権獲得はすごく難しい。でも、まだ可能性はある。最後まで戦い、残り2試合に勝たなければいけない」

全文はソース元で

引用元 : 痛恨の敗北を嘆くファン・ペルシ 「本当にひどい状況」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【オランダ代表、EURO2016自力出場が不可能に!【トルコ戦ハイライト動画】】の続きを読む

イタリアファン激怒?U-21欧州選手権での「時間稼ぎ」があからさますぎる!

これは酷い!?U-21欧州選手権での「時間稼ぎ」が3分にも及び、イタリアが激怒【動画あり】

@UEFAUnder21

リオ五輪に向けたヨーロッパ最終予選を兼ねるU-21欧州選手権。25日、グループBの第3節が行われ準決勝に進出する4チームが決定した。

リオへの切符を手にしたのはデンマーク、ドイツ、ポルトガル、スウェーデンの4チーム。予選ラウンドからプレーオフ、そしてU-21欧州選手権と長い道のりを経て、欧州代表チームが決定した形だ。これらのチームは、リオ五輪で手倉森ジャパンと対戦する可能性がある。

さて、この4チームの中でも最も劇的な展開でリオ五輪への出場権を掴んだのがスウェーデンだ。

第2節終了時点、3位だったスウェーデン。ストレートでの勝ち抜けのためには、第3節で2位イングランドを上回る必要がある(イングランドが2位の場合は各組3位チーム同士でプレーオフを戦うはずだった)。

すると、イングランドの対戦相手であるイタリアが3点のリードを奪うことに成功し、ポルトガルがスウェーデン相手に先制。81分のこの時点では、ポルトガルとイタリアが勝ち抜けであったのだが、試合終了間際にスウェーデンが奇跡を起こす。

88分、ロングボールからのこぼれ球をシモン・トリッブリングが決めスウェーデンが土壇場で同点に。これにより、3点のビハインドがあるイングランドがイタリアに逆転しない限り、ポルトガルとスウェーデンの勝ち抜けがそのまま決定することになる。

セリエAのファンアカウント@TransfersCalcio はこの映像を「ポルトガル対スウェーデン戦のカオスな最後」と紹介している。

勝ち抜けを目指すイタリアとすれば、このポルトガル対スウェーデン戦が1-1で終わると勝ち抜けの可能性が消滅する。そのため、このあからさますぎる試合の最後にややフラストレーションを溜めることとなった。



全文はソース元で

引用元 : イタリアファン激怒?U-21欧州選手権での「時間稼ぎ」があからさますぎる!

【これは酷い!?U-21欧州選手権での「時間稼ぎ」が3分にも及び、イタリアが激怒【動画あり】】の続きを読む

レヴァンドフスキが4分間でハット達成…ポーランドが首位キープ | サッカーキング

レヴァンドフスキ、4分間でハットトリック達成のスーパープレー!!EURO予選【ハイライト動画】

13日、ユーロ2016予選が行われ、グループD首位のポーランド代表はホームでジョージア代表と対戦し、4-0の快勝を収めた。この試合でバイエルン所属のFWロベルト・レヴァンドフスキが終盤の4分間でハットトリックを記録している。  

レヴァンドフスキは1-0のリードで迎えた89分からわずか4分間で3得点を奪い勝利に貢献。これは、ユーロ2000予選で当時のトルコ代表FWアリフ・エルデム氏が記録した3分間に次ぐ、同大会予選史上2番目となる短時間でのハットトリック達成となった。

全文はソース元で

引用元 : レヴァンドフスキが4分間でハット達成…ポーランドが首位キープ | サッカーキング

【レヴァンドフスキ、4分間でハットトリック達成のスーパープレー!!EURO予選【ハイライト動画】】の続きを読む

再び大金星、FIFAランク102位のフェロー諸島がW杯出場のギリシャに連勝 | サッカーキング

FIFAランク”102位”のフェロー諸島、ギリシャに連勝の大金星!!EURO予選【ハイライト動画】

ユーロ2016予選が13日に行われ、グループFではフェロー諸島代表とギリシャ代表が対戦した。  

昨年のブラジル・ワールドカップ出場国ながら、ここまで5試合を戦い2分け3敗の最下位に沈むギリシャ。昨年11月に行われたホームでの同カードでは、当時FIFAランキング187位だったフェロー諸島に金星を献上していた。一方、ギリシャ相手の金星で同ランキングを102位まで上げたフェロー諸島は、健闘しながらもここまで1勝4敗となっており、ホームで同ランキング25位のギリシャ相手に連勝を飾りたいところだ。

苦しくなったギリシャは、80分にCKからソクラテス・パパスタソプーロスがヘディングシュートを決めて1点差に迫ったが、反撃もここまで。2-1で逃げ切ったフェロー諸島がギリシャに2連勝を飾り、グループFの4位に浮上した。一方、ギリシャは6試合未勝利と深刻な状況になっている。

【スコア】
フェロー諸島代表 2-1 ギリシャ代表
【得点者】
1-0 32分 バルドゥル・ハンセン(フェロー諸島代表)
2-0 70分 ブランドゥル・オルセン(フェロー諸島代表)
2-1 80分 ソクラテス・パパスタソプーロス(ギリシャ代表)

全文はソース元で

引用元 : 再び大金星、FIFAランク102位のフェロー諸島がW杯出場のギリシャに連勝 | サッカーキング

【FIFAランク”102位”のフェロー諸島、ギリシャに連勝の大金星!!EURO予選【ハイライト動画】】の続きを読む

発煙筒がGKアキンフェエフの後頭部直撃…モンテネグロ対ロシアが途中中止 | サッカーキング

3-28,15 rus

27日、UEFA EURO 2016予選のモンテネグロ対ロシア戦がモンテネグロのホーム、グラズキ・スタディオンで行われたが、観客の騒動により67分で中止となった。UEFA公式サイトなどが伝えている。  

開始直後の1分、スタンドから発煙筒のようなものが投げ込まれると、ロシアのGKイーゴリ・アキンフェエフの頭部を直撃。同選手は担架でピッチの外に担ぎ出され、主審も全選手を一時退避させた。  

その後、33分間の中断を経て試合は再開し、0-0のスコアでハーフタイムに突入。しかし、スタンドで新たな騒動が発生したため、後半は予定より18分遅れてのキックオフとなる。そして67分、ロシアのロマン・シロコフのPKがモンテネグロのGKブカシン・ポレクシッツにセーブされてから間もなく、試合は打ち切られた。  

UEFAは、「試合担当者と主審からの報告が入り次第、懲戒審査を開始する」と発表している。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20150328/295969.html

【ロシアGKの後頭部に”発煙筒”が直撃し、EURO予選が中止に[動画あり]】の続きを読む

調子に乗りすぎたU-21フランス代表選手が「敬礼」で赤っ恥 | フットボールチャンネル | サッカー情報満載!

10-17,14 fra

第1戦を0-2で落としていたスウェーデンは、3-0とリードして迎えた後半42分、フランスのDFライヴィン・クルザワに値千金のゴールを許し、形勢が逆転。このゴール直後、クルザワはスウェーデンの選手たちに対し、「さようなら」と嘲笑するように敬礼して回ったが、その1分後に劇的な幕切れが待っていた。  

キックオフ直後にコーナーキックを獲得したスウェーデンは、ゴールエリア内のこぼれ球をDFオスカル・レヴィツキが押し込み4-1とし、再び逆転に成功。するとスウェーデンの選手たちはクルザワの真似をして歓喜し、試合後にも敗退に落胆するフランスのベンチに向かって笑顔で敬礼しながらピッチを後にした。

全文はソース元で


引用元 : http://www.footballchannel.jp/2014/10/16/post52120/

【【動画】赤っ恥!!U-21フランス代表選手が「敬礼」でスウェーデン代表を煽るも、直後に失点して倍返しされる!!◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

世界王者ドイツ敗戦…ポーランドが19試合目で歴史的初勝利 – サッカーキング

10-12,14 ger

ユーロ2016の予選が11日に各地で行われ、グループDではポーランドとブラジル・ワールドカップを制した世界王者ドイツが対戦。ホームのポーランドが2-0で勝利した。  

先月行われた第1節のスコットランド戦を2-1で競り勝ったドイツ。しかし、その試合で負傷したマルコ・ロイスを筆頭に主軸のメスト・エジル、バスティアン・シュヴァインシュタイガーらを負傷で欠いた中、初招集のカリム・ベララビが早速先発を飾ったほか、バックラインでは若手のアントニオ・リュディガーとエリック・ドゥルムを起用した。  

フラットな4-4-2の布陣を採用し、ハーフライン付近から厳しくボールホルダーにプレスをかけるポーランドに対し、徐々に地力に勝るドイツがポゼッションを高めていった。とりわけ右サイドのベララビの仕掛けが目立ったものの、運動量が落ちず集中を切らさないポーランドの守備を崩しきれずシュートに持ち込めない状況が続く。

ドイツは最後のカードとしてリュディガーに代えてマックス・クルーゼを投入し、攻撃の枚数を増やしたが、88分に決定的な2失点目を喫する。ドゥルムがロベルト・レヴァンドフスキとの競り合いに負け、ボックス右から折り返されたボールをセヴァスティアン・ミラに押し込まれた。このまま0-2で敗戦したドイツが19度目の対戦にして歴史上初めてポーランドに屈することとなった。
(記事/超ワールドサッカー)

【スコア】
ポーランド 2-0 ドイツ
【得点者】
51分 1-0 アルカディウシュ・ミリク(ポーランド)
88分 2-0 セバスティアン・ミラ(ポーランド)

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/euro/20141012/241016.html?view=more

【【スタッツ・動画】W杯王者ドイツがポーランドにまさかの敗戦・・・。19試合目での歴史的な初勝利に。ドイツは試合を支配も決定力不足に泣く[ハイライト]◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ