スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ケルン

“半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】

ケルンに所属する日本代表FW大迫勇也がチームに残るためにはさらなる活躍が必要なようだ。 17日に行われたマインツ戦では指揮官から名指しで称賛されるほどの活躍を見せた大迫。また、独『Bild』もチーム内で最高評価を与えている。しかし、それから数日で同紙は意見を覆している。

『Bild』は大迫、ミロシュ・ヨイッチ、ケビン・フォーグトと2017年で契約が切れる3選手の名前を挙げ、「彼らは自分たちのケルンでの未来のために戦わなければならない」という見出しをつけている。

実際、ピーター・シュテーガー監督からもマインツ戦後、称賛とともに「彼ら(ヨイッチと大迫)はここに長くいるからわかっているだろう。まだ足りないことがあることや選手としてもっと改善の必要があることをね」と注文もつけている。

全文はソース元で

引用元 : “半端ない”活躍をしたばかりなのに……独紙が大迫のケルンでの将来は危ういと伝える (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【大迫は力不足!このままではケルンから放出されるとの独紙の見解【ハイライト動画】】の続きを読む

「灰の中からよみがえった不死鳥」…独紙がケルン大迫の進化を伝える | サッカーキング

ケルン大迫は「蘇った不死鳥」独誌が来季の活躍に期待!

新しいチームで苦しんだ前半戦を乗り越えて、後半戦で見事な活躍を見せた日本代表FW大迫勇也について、所属するケルンの地元紙『EXPRESS』が、もがきの裏にあったプライベートな事情と、迎えた2年目のさらなる飛躍への期待を伝えている。

「まるで灰の中からよみがえった不死鳥!大迫勇也(25)は、低調な前半戦を乗り越え、シーズンのフィナーレでケルンのファンを熱狂させた。加入から1年が経ち、しっかりとケルンに根を下ろしたようだ」  

大迫は、開幕まで1カ月となった現在の状態について、「まだ100パーセントではなく、フィジカル的にも目指すところには届いていないが、あと1カ月ある」と、開幕に照準を合わせて調整段階であることを明かし、「自分にとって重要なシーズンになる。試合に出て、チームの力になって、目標を達成したい」と新シーズンへの意気込みを示している。  

苦しんだ時期を「1年前はプライベートでいくつかの問題を抱えていたんですが、今はそれが全てクリアになって、サッカーに集中できています。ここがわが家みたいになり、気が楽になりました」と振り返った大迫。同紙は、当時妊娠中の夫人は日本におり、別々に暮らしていた事情を伝えている。  

ペーター・シュテーガー監督、イェルク・シュマトケSD(スポーツディレクター)からも、キーパーソンと期待される大迫だが、「最初の頃に比べるとチームにも慣れて、とてもやりやすくなった」と、新しい環境にもすっかり慣れたことをうかがわせている。  

同紙によると、これまでついていた通訳がザルツブルクに行ったため、今シーズンからは通訳なしとなるが、会話のやり取りには問題ないといい、大迫も「ドイツ語はだいぶ上手くなった。理解はかなりできるようになったが、話す方はまだまだ」とのドイツ語自己採点をしている。

全文はソース元で

引用元 : 「灰の中からよみがえった不死鳥」…独紙がケルン大迫の進化を伝える | サッカーキング

【ケルン大迫は「蘇った不死鳥」独誌が来季の活躍に期待!】の続きを読む

大迫に期待を寄せるケルン監督 「来季の彼は…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

大迫に期待をするケルン監督「獲得した理由を示した。来季もチームを引っ張ってくれるはず」

ケルンを率いるペーター・シュテーガー監督は、FW大迫勇也のプレーに満足しているようだ。大迫のここ数週間の貢献に賛辞を送りつつ、今後へのさらなる期待を口にした。

10日に行われたブンデスリーガ第32節ではシャルケに2-0の勝利を収め、ケルンは1部残留が確定。シュテーガー監督は試合後の会見で「チームが誇らしい」と語り、「2節を残しながら残留を決めたんだ。みんな非常に良いシーズンを戦った」と満足感を示した。

「ユウヤは素晴らしい試合をした。この数週間、我々がなぜ彼を獲得したのかを見せてくれているね。秋には苦しみ、多くの批判を受けていたが、彼は正しいリアクションを見せた」

「彼は来シーズンに向けて、ともに我々のプレーを率いていくことができる選手の一人であると示してくれた」

またオーストリア人指揮官は、今シーズンは序盤から負傷や病気に悩まされたMF長澤和輝について、「カズキがシーズン中に復活できたことは喜ばしい」と言及した。

全文はソース元で

引用元 : 大迫に期待を寄せるケルン監督 「来季の彼は…」 (GOAL) - Yahoo!ニュース

【大迫に期待をするケルン監督「獲得した理由を示した。来季もチームを引っ張ってくれるはず」】の続きを読む

2得点に絡んだ大迫に独紙「相手を切り裂く”大迫ハリケーン”」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

4-14,15 oosa

ドイツ・ブンデスリーガ第28節が現地時間12日に開催され、FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンはホームでホッフェンハイムと対戦して3-2で勝利している。  

同試合で先制となるPKを獲得し、1アシストの活躍を見せた大迫を13日発売のドイツ紙『キッカー』はMOMと同節のベストイレブンに選出。MOMとして「常にボールを受けられる準備があり、いつでもシュート態勢にいた。大迫は先制点となるPKを獲得し、2-0となるウジャのゴールをアシストした」と評している。  

また、同紙はこの大迫の活躍を”大迫ハリケーン”と題し、今季のベストパフォーマンスと紹介。攻撃に大きな勢いをもたらし、ハリケーンのようにホッフェンハイムのディフェンスを切り裂いたと伝えている。

全文はソース元で

引用元 : 2得点に絡んだ大迫に独紙「相手を切り裂く”大迫ハリケーン”」 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【”大迫ハリケーン”2得点に絡んだ大迫に独紙「相手の守備を切り裂いた」】の続きを読む

狙いどおりの勝ち点1…大迫「守備だけしてくれと」 (ゲキサカ) - Yahoo!ニュース

3-15,15 oosako

[3.14 ブンデスリーガ第25節 ドルトムント0-0ケルン]  

ブンデスリーガは14日、第25節2日目を行い、FW大迫勇也の所属するケルンは敵地でドルトムントと対戦し、0-0で引き分けた。2試合連続ベンチスタートの大迫は後半30分から途中出場したが、2試合連続ゴールはならなかった。

「入る前から引き分け狙いだったので。引き分けでいいということで、守備だけしてくれと。あとは(ボールをキープして)時間をつくったり。難しかったですね」

「ボランチまで引いて、そこから前に行くとどうしても遅れるし、その分、パワーも必要なので。前で持ったときにもっと余裕が持てる状況をつくるためには、もうちょっと前に残ることも必要だと思うけど、今日はそういう指示だったので」

大迫は「内容的には本当に勝ち点を拾った感じなので。次に切り替えてやるしかないです」と気持ちを切り替えた。

全文はソース元で


引用元 : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150315-00386029-gekisaka-socc

【大迫「守備だけしてくれと」ケルンはドルトムントから勝ち点1を奪うも不完全燃焼】の続きを読む

ケルンFWが“珍”マスコットとゴールパフォ披露も「やり過ぎた」 | サッカーキング

3-10,15 ke

ブンデスリーガ第24節が8日に行われ、MF長澤和輝とFW大迫勇也が所属するケルンは、日本代表MF長谷部誠と同MF乾貴士が所属するフランクフルトに4-2で勝利した。この試合で得点したナイジェリア代表FWアンソニー・ウジャーが、ちょっと乱暴なゴール・パフォーマンスを披露したことが話題となっている。  

81分にチームの4点目を決めたウジャー。得点を喜び、ケルンのマスコットであるヘンネス8世の元へと走り、ともにゴールを祝っていた。これを聞くと普通のゴール・パフォーマンスとしてよく見るもののようだが、このマスコットは着ぐるみではなく生きている本物のヤギ。走りこんだウジャーは、ヘンネス8世を連れているスタッフの制止を無視し、そのまま角を掴んで身体を持ち上げていた。

全文はソース元で


引用元 : http://www.soccer-king.jp/news/world/ger/20150309/289172.html

【ケルンFWがマスコットのヤギに乱暴なゴールパフォを披露し「やり過ぎた」と反省】の続きを読む

大迫の欠場は「戦術的な理由」 - Goal.com

9-28,14 oosako

バイエルン戦はベンチ外

27日に行われたブンデスリーガ第5節でバイエルン・ミュンヘンと対戦したケルンは、FW大迫勇也がベンチ外となった。クラブのスポーツディレクターは、「戦術的な理由」と説明している。 ドイツ『ビルト』は試合前、大迫が自身の車でチームを離れたことを報じ、メンバー外になったことが発覚した。

「負傷や規律に関する理由ではない。サッカーのみにおける判断で、戦術的な理由だ」

全文はソース元で


引用元 : http://www.goal.com/jp/news/123/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84/2014/09/28/5138425/%E5%A4%A7%E8%BF%AB%E3%81%AE%E6%AC%A0%E5%A0%B4%E3%81%AF%E6%88%A6%E8%A1%93%E7%9A%84%E3%81%AA%E7%90%86%E7%94%B1?ICID=OP

【ケルン大迫の欠場は「戦術的な理由」バイエルン戦メンバー外は負傷や規律の問題ではないとクラブが語る◆みんなの反応・感想◆】の続きを読む

このページのトップヘ