スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

レスター

来季のレスターは岡崎慎司と武藤嘉紀の2トップに!? 英紙がバーディの後釜に武藤の名前挙げる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


来季の王者レスターは岡崎と武藤の日本代表2トップに!?英紙が補強候補と報道

今夏にアーセナルに移籍するのか、レスター・シティに留まるのか注目を集めているFWジェイミー・バーディ。トップスコアラーのバーディが抜けた場合は代わりの選手を見つけてくる必要があるが、バーディの穴を埋められる選手など存在するのだろうか。

そんな中、英『Daily Mirror』はバーディの代わりとなり得る選手を2名ピックアップ。その中には、日本代表FW岡崎慎司の古巣であるマインツでプレイするFW武藤嘉紀の名前も浮上している。

1人目は今季ワトフォードでブレイクしたトロイ・ディーニーだ。ディーニーはリーグ戦で13得点を記録。同じワトフォードのオディオン・イグハロとともにチームの残留に貢献した。バーディとは少々タイプが異なるものの、プレミアリーグで結果を残していることは信頼に値する。

そして2人目が武藤だ。武藤は今季マインツで岡崎の穴を埋める活躍を披露し、運動量と得点力があることをしっかり証明した。前線から相手を追い回す姿勢、縦へのスピードはバーディと似たところを感じさせ、最も代役にふさわしい選手かもしれない。また、そうなれば岡崎と2トップを組むことになり、日本のサッカーファンとして非常に興味深い。


全文はソース元で

引用元 : 来季のレスターは岡崎慎司と武藤嘉紀の2トップに!? 英紙がバーディの後釜に武藤の名前挙げる (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【来季の王者レスターは岡崎と武藤の日本代表2トップに!?英紙が補強候補と報道】の続きを読む

張本氏、岡崎レスターの132年目初V王手に「よその国のこと。300年だろうが関係ない」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

張本氏が大炎上!「(岡崎のレスターが初V王手は)よその国のことだから300年だろうと関係ない」あれ、MLBは?

プロ野球評論家の張本勲氏(75)が1日、TBS系「サンデーモーニング」(前8時30分)に生出演し、イングランド・プレミアリーグでクラブ創設132年目の初優勝に王手をかけている日本代表FW岡崎慎司(30)が所属レスターについて「よその国のことでやっていること。100年だろうが300年だろうが関係ない」と関心がなさそうに話した。

番組では日本代表選手が引っ張ることなどを紹介したが、張本氏は「よその国のことでやっていること」と興味がなさそうな様子。「100年だろうが300年だろうが関係ない」として、テーマを切り替えていた。

全文はソース元で

引用元 : 張本氏、岡崎レスターの132年目初V王手に「よその国のこと。300年だろうが関係ない」 (スポーツ報知) - Yahoo!ニュース

【張本氏が大炎上!「(岡崎のレスターが初V王手は)よその国のことだから300年だろうと関係ない」あれ、MLBは?】の続きを読む

レスター岡崎の「英語力」は合格点?…ラニエリ監督「素晴らしいよ」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

岡崎が更なる活躍か!?「英語テスト」に合格でラニエリ監督が称賛「今までは理解していなかった」

残り4試合となった今シーズンのプレミアリーグ。首位に立つ日本代表FW岡崎慎司所属のレスターを率いるクラウディオ・ラニエリ監督が記者会見に臨んだ。  

その席では、岡崎によりプレッシャーが掛かっているという問いかけもあったのだが…。

「オカザキはついにイングリッシュテストに合格した。よくやったよ!」と話し始めたラニエリ監督。

「今は私が何か言った時、(その内容を)理解できている。これまではいつも『はい、はい、はい』と言っていたが、私が言ったことを理解していなかった(笑)。今は素晴らしいよ!」と、指揮官は岡崎の英語力が合格点に達したと嬉しそうに話していた。

全文はソース元で

引用元 : レスター岡崎の「英語力」は合格点?…ラニエリ監督「素晴らしいよ」 (SOCCER KING) - Yahoo!ニュース

【岡崎が更なる活躍か!?「英語テスト」に合格でラニエリ監督が称賛「今までは理解していなかった」】の続きを読む

レスター岡崎の”サッカーIQ”の高さを英紙が絶賛 クレバーな動きで「戦術的な知的さを象徴」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

英紙が岡崎を特集「レスター強さの象徴」と戦術的に欠かせないと絶賛

レスター・シティは17日のウェストハム戦で、2-2ドローに終わった。日本代表FW岡崎慎司はイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディが退場した直後、FWレオナルド・ウジョアと交代でベンチに下がった。イングランドの地元メディアは、岡崎の交代でチームが弱体化したとレポート。侍ストライカーは「レスターの強さの象徴」と手放しで称賛されている。英高級紙「ガーディアン」が特集している。

「このFWはウェストハム戦の先制点で利他的な走りを見せた。そして、レスターは彼を交代後、弱体化した」と、特集では岡崎をこのように絶賛している。  

ヴァーディは前半18分に先制点を決めた。アルジェリア代表MFリヤド・マフレズ、フランス代表MFエンゴロ・カンテというMVP候補が絡んだ一連の連携だが、「別の印象的な貢献者から、目に見えない重要な貢献があった。シンジ・オカザキだ」とレポートされている。

このカウンターのシーンで司令塔マフレズがボールを受けた時、カンテは前方のスペースに、ヴァーディは左サイドに抜ける動きをそれぞれ見せた。この2人が最終的にフィニッシュに絡んだが、岡崎は「クレバーなおとり役」としてゴールを演出した。

「知的なオフ・ザ・ボールの働きで、数多くのチャンスを作ってきた」と、運動量ばかりがフォーカスされてきた岡崎の”サッカーIQ”の高さにも触れている。

指揮官の選手交代の判断を「失策」と断罪

「これはオカザキの教科書だ。戦術的に知的で、動き出しでサポートの役割を果たす」と絶賛されている。もっとも、この試合での岡崎のデータは芳しくない。シュート0本、ドリブルで相手を一度も抜かず、パス成功率も50%以下だったと報じられているが、「オカザキは詳細な部分で輝いている。彼のスタイルはレスターのゲームプランにおいて完璧だ」と高く評価。特にセットプレーを得点源としているレスターにおいて、フィジカルコンタクトを厭わず、相手DFのファウルを引き出す岡崎のプレースタイルは不可欠だという。

ヴァーディの退場により、ラニエリ監督は岡崎とウジョアを交代させた。記事では「驚きだ」と評されている。そして、これは失策だったという。

次節のスウォンジー戦でエースのヴァーディは出場停止となるが、記事では岡崎の素晴らしさをこう締めくくっている。

「岡崎が先陣を切るだろう。他の多くの同僚が全体的に優秀なシーズンを享受しているが、日本のFWはレスターの闘争心、自己犠牲、そして戦術的な知的さを象徴しているのだ」

全文はソース元で

引用元 : レスター岡崎の”サッカーIQ”の高さを英紙が絶賛 クレバーな動きで「戦術的な知的さを象徴」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【英紙が岡崎を特集「レスター強さの象徴」と戦術的に欠かせないと絶賛】の続きを読む

驚異の視聴率78%! “怪物”レスターの異常な人気ぶりが明らかに…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

レスター戦の視聴率は78%!!怪物たちがアフリカを魅了する

そこに素晴らしいフットボールが存在する以上、多くの注目が集まることは自然なことだろう。イングランドプレミアリーグで首位を独走中のレスターは、“勝ち点以外の数字”においても信じられないミラクルを提供しているようだ。

最高のシーズンを過ごすクラウディオ・ラニエリ率いるレスターだが、彼らの勇敢な戦いはイギリス人だけでなく、多くのアフリカ人をも熱狂させている。英『Daily Mail』によるとアフリカでのプレミアリーグ放送を請け負っている『SuperSport』がレスター戦の視聴率が78%にまで達したと伝えているという。社会現象ともいえるこの驚異的な数字は、同クラブに所属する2人のガーナ人、ジェフ・シュラップとダニエル・アマーティの影響もあると『Daily Mail』は分析している。


全文はソース元で


引用元 : 驚異の視聴率78%! “怪物”レスターの異常な人気ぶりが明らかに…… (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【レスター戦の視聴率は78%!!怪物たちがアフリカを魅了する】の続きを読む


サンダーランド戦無得点も英メディアがレスター岡崎を大絶賛! 「信じられない運動量で常に脅威」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ハイライト動画】英紙「岡崎は常に脅威!トロイのよう」サンダーランド戦無得点でも高評価

レスターの日本代表FW岡崎慎司は2-0で勝利した10日のサンダーランド戦に先発出場。FWウジョアと途中交代する後半17分まで、攻守に豊富な運動量を見せてチームの勝利に貢献した。

英地元紙「レスター・マーキュリー」で、岡崎は10点満点中7点と及第点を付けられた。2得点のFWヴァーディが9点、フランス代表MFカンテら5選手が8点を手にしている。採点的には決して際立っているわけではないが、その貢献度の高さは相変わらず絶賛されている。  

寸評では岡崎をギリシャ神話の「トロイの木馬」で登場する働き者に例えてこう表現されている。

「岡崎はトロイ人のように勤勉な働きを見せた。そしてエリア内ではいいシャウトを見せたが、PKをは与えられなかった」  

また「デイリー・ミラー」紙の採点でも岡崎は7点。同紙のマン・オブ・ザ・マッチに選ばれたMFカンテとMFはドリンクウォーターのボランチコンビに次ぐ3位タイだった。ここでは「走ることを決してやめなかった。信じられない運動量で、常に脅威となっていた」と絶賛されている。


全文はソース元で


引用元 : サンダーランド戦無得点も英メディアがレスター岡崎を大絶賛! 「信じられない運動量で常に脅威」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【【ハイライト動画】英紙「岡崎は常に脅威!トロイのよう」サンダーランド戦無得点でも高評価】の続きを読む


で、レスターが優勝すると?プレミアリーグにもたらす光と闇 | サッカーキング・オピニオン

レスターが優勝して、来季CLに出場することでプレミアリーグが抱える問題とは

各リーグでは優勝候補が順当に首位の座を掴んでいる終盤のこの時期に、見る人が見れば誤表示とも思われかねないプレミアリーグの順位表。

どこを見渡しても、手を抜いてるチームはひとつもない。ただ、昨季降格圏から奇跡の脱出劇を披露してくれた青狐レスターシティが、毎試合を全選手が全力でプレイし、1-0のスコアを引っ提げて猛突進。プレミアリーグ制覇に片足を突っ込んでいる。

昨季・今季とプレミアリーグのヨーロッパでの成績は褒められるものではない。
もう遅すぎるとも囁かれているが、ヨーロッパリーグ(以下EL)を軽視し、チャンピオンズリーグ(以下CL)でも不振が続き、UEFAポイントがイタリアに抜かれてしまう可能性が高い。

つまりこのまま行けばCLの出場枠を減らしてしまうことを意味する。
今季CLに勝ち残っているシティやELでドルトムントと対戦するリバプールがどこまで勝ち進んでくれるかはリーグ全体にとって極めて重要である。
さらに、仮にレスターが優勝し、CL出場の権利を彼らが手にするならば、
挑戦者としてではなく“勝ち進んでもらわなくては困る”というのが、プレミアリーグを愛する者としての本音であったりする。
このままのメンバーで戦い続けられるかは不透明。

主力選手の移籍話はすでに噂が立ち始めている。
もちろん、CL出場によって試合数が増えることによっても、あらゆる問題が出てくることも予想される


全文はソース元で


引用元 : で、レスターが優勝すると?プレミアリーグにもたらす光と闇 | サッカーキング・オピニオン

【レスターの優勝が来季CLでプレミアリーグは問題を抱える!?】の続きを読む


レスターの中では岡崎が一番……しかし11人合わせてもエジル以下の移籍金だった (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

レスターで1番の高額選手の岡崎、しかし11人合わせてもエジル以下の移籍金

何もかも高騰するプレミアリーグの中で異質なレスターかつてこれほどまでにお金がかかっていないチームが王者になったことはあるのだろうか。

独『transfer markt』によれば、レスターの11人にかかった移籍金は合わせて3200万ユーロだ。この額は4600万ユーロでアーセナルへと加入したメスト・エジル一人の移籍金よりも低い。

しかし同メディアによれば、今季の躍進により11人の市場価値を合わせた額は8300万ユーロへと跳ね上がっている。 ちなみにレスターの11人の中で最も移籍金がかかっている選手は我らが岡崎慎司で、約1100万ユーロだ。ゴールはそれほど奪えていない岡崎だが、得点以外での貢献も考えれば、それに見合った活躍ができていると言えるだろう。


全文はソース元で


引用元 : レスターの中では岡崎が一番……しかし11人合わせてもエジル以下の移籍金だった (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【レスターで1番の高額選手の岡崎、しかし11人合わせてもエジル以下の移籍金】の続きを読む

岡崎 日本人唯一バロンドール候補者に選出 スペイン紙報道 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

岡崎慎司、バロンドール候補者に選出が海外でも話題に!レスターファンも歓喜「リネカー以来」

レスターの日本代表FW岡崎が、世界年間最優秀選手「FIFAバロンドール」の候補に選ばれたと報じられた。スペイン紙ムンド・デポルティーボが2日、独自に入手したとする候補者59人を伝え、岡崎は日本人で唯一リスト入り。

正式な候補者23人はFIFAとフランスフットボール誌の選考で今月中にも発表され、各国代表の監督と主将、各国記者が投票。

全文はソース元で

引用元 : 岡崎 日本人唯一バロンドール候補者に選出 スペイン紙報道 (スポニチアネックス) - Yahoo!ニュース

【岡崎慎司、バロンドール候補者に選出が海外でも話題に!レスターファンも歓喜「リネカー以来」】の続きを読む

『あー、代えるんか~』岡崎はなぜ先発を外されたのか。あぶり出たレスターの課題と思いがけぬ収穫 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

先発を外された岡崎「まあ、見てみようじゃないか」レスターの問題点と自身の立ち位置を語る

プレミアリーグ第4節、レスターは敵地でボーンマスと対戦したが、先発メンバーに岡崎慎司の名はなかった。ここまで、決して下馬評の高くなかったチームで高い貢献度を示していた中での先発落ちの理由とは。その選択が浮かび上がらせたレスターの課題とは。

試合後の岡崎は「てっきり先発だと思っていたし『あー、代えるんか~』って感じ」と悔しがった。
 
「(ボーンマスは)いいチームだった。(レスターは開幕ダッシュに成功して)勘違いしているつもりはないが、やれることをやらないと。特にこういうチームに対しては、自分たちが弱さを発揮してしまう。
 相手のほうが自信を持ってボールを回したし、自分たちはクセで引いてしまう。そのままガッツリ、相手みたいにはめ込んだほうが今日のようなチームは焦って蹴るんじゃないかな」

「『まあ、見てみようじゃないか』という感じ。年齢的に焦ってもしようがないし、出たらやるよと」と、海外リーグ6年目の29歳は直面した現状を冷静に受け止めていた。
 岡崎投入後のレスターは、一時的とはいえ全体的に動きがグッと良くなった。4-4-2へのシステムチェンジに加え、岡崎の前線からのプレスとエネルギーが周囲の動きに好影響を与えたのは明らかだった。しかし次第にロングボールが増えて、岡崎はなかなかボールに触れられない。
「ボランチももうちょっと頑張って、ボールを引き出さないといけない」と嘆いたとおり、問題はアンディ・キングとダニー・ドリンクウォーターと前線のスペースがぽっかりと空いてしまう点だ。

消極的なプレーに終始する中盤の2人は、横や後ろへのパスが目立つ。ジェイミー・バーディーと岡崎の2トップのランは効果的で、ポジショニングも悪くない。だが肝心のボールが入ってこないため、バーディーが横に流れたり、岡崎が低い位置まで下がってボールを受けることでしか、好機を作り出せなくなってしまうのだ。

後半30分以降にようやくレスターペースで試合ができたのも、2人のこういった動きがあったからだ。結果的に、同点ゴールのPKへとつながったのもこの2人のプレーからだった。

自身の置かれた現在地について、岡崎も「今日は4-1-4-1だったが、守備的に戦う時には一枚こいつは外しといていいかなという(扱い)」と懸念している。だがその一方で、マインツ時代とは異なるセカンドストライカーとして自分の良さを見いだせれば、チームへ貢献ができるという確信もある。
「特に前半は、バーディーとかが後半に出したよさをあまり出せてなかった。スペースに出る前に入ってしまっているというか。そこで自分がいる意味があるのかな、という(感じ)。自分が境目に常に陣取って、セカンドボールだったり、守備だったりを頑張って。で、(ボールを)受けたりして」
 そしてこう続けた。
「もしかしたら、周りは試合に出ていなかったり、出て何もできなかったりすれば通用していないと思うかもしれない。けど、通用するとかしないとかじゃなくて、ここまで欧州でやっていたら通用するのは当たり前。
 通用していて、何をチームにもたらせるかということ。自分が安定して何が出せるかだと思う。続けることが今年のテーマ。1年でこの結果を出してというのではなくて、新しいリーグであと3年は必要。予期せぬことが起きて1年目で10点いけたらいいと思う」

先発からは外れたが、「結果的に自分の立ち位置が見えたので、また頑張ろうかなという感じ」と前向きに受け止めた。さらに自分がいないチームを外から見て、何をもたらせるかを再認識できた。岡崎にとっては、思いがけずに収穫のある試合となった。

Kozo Matsuzawa / 松澤浩三

全文はソース元で

引用元 : 『あー、代えるんか~』岡崎はなぜ先発を外されたのか。あぶり出たレスターの課題と思いがけぬ収穫 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【先発を外された岡崎「まあ、見てみようじゃないか」レスターの問題点と自身の立ち位置を語る】の続きを読む

このページのトップヘ