スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ルイス・ファン・ハール

モイーズとV・ハールに大差なし? マンUの500億円補強は“無駄な投資”に (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

ファン・ハールはモイーズ以下!マンUの500億円補強は無駄だった

サー・アレックス・ファーガソン氏去りし後のマンチェスター・ユナイテッドは、低迷期を抜け出せていない。期待を裏切った監督の首を挿げ替えても状況を一変させることはできなかった。  

デイビッド・モイーズ体制に見切りをつけ、新たに招いたのは“優勝請負人”として有名なルイス・ファン・ハール監督だったが、両者の間に大きな差はなかった。英『スカイ・スポーツ』が勝敗データを用いて分析している。  

ユナイテッドはモイーズ監督が率いた34試合で17勝6分11敗、勝率50%という成績を残した。一方、ファン・ハール監督は72試合で37勝17分17敗、勝率51%と期待された成果を残せていない。  

勝ち点で見てもモイーズ時代は34試合で57ポイント、ファン・ハール監督が率いた今季は34試合終了時点で59ポイントと指揮官交代の効果が表れているとは言いがたい。

全文はソース元で

引用元 : モイーズとV・ハールに大差なし? マンUの500億円補強は“無駄な投資”に (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハールはモイーズ以下!マンUの500億円補強は無駄だった】の続きを読む

マンU株が8カ月間で640億円も大暴落 ファン・ハール体制は投資家に見限られた!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


no title


マンチェスター・ユナイテッドはルイス・ファン・ハール監督の下、2年合計で500億円以上の補強費を投入。FAカップ獲得の可能性を残しながらも、リーグ戦では来季のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)出場圏外の5位と、今季も失意のシーズンを送っているが、投資家はすでに不振の名門に冷たい視線を送っていることが明らかになった。英衛星放送「スカイ・スポーツ」は今季開幕時との比較で、クラブ株式の時価総額が4億ポンド(約622億円)以上も下落していると報じている。

ニューヨーク株式市場で昨年8月8日、今季開幕戦でトットナムに1-0で勝利した際の株価は、18ドル37セント(約2000円)だった。だが、4月11日の前節でトットナムに0-3で大敗後、株価は13ドル83セント(約1500円)にまで下落していた。25%ダウンは痛恨で、開幕時に時価総額20億ポンド(約3110億円)と見込まれていたユナイテッドは、2年連続の体たらくによって4億1200万ポンド(約640億円)も評価額を下げてしまったという。  

株価下落の理由は、CLでのプレミア勢唯一のグループステージ敗退、そして来季CL出場権確保の危機。「株価に深刻なインパクトを与えている」とレポートされている。

全文はソース元で

引用元 : マンU株が8カ月間で640億円も大暴落 ファン・ハール体制は投資家に見限られた!? (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【マンUは見放された!株価が8ヶ月で640億円の大暴落 投資家「ファン・ハールじゃダメだ」】の続きを読む

まるで軍隊…… マンUの選手が怖がるファン・ハールの緊急招集 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース


ファン・ハールはやり過ぎ!緊急招集でプライベートを持てないマンUの選手たち

マンチェスター・ユナイテッドはまるで軍隊のようなクラブとなっている。

英紙『サン』によると、マンUの指揮官ファン・ハールは、夜に緊急の練習を開くことが多々あるという。緊急という名がついている通り、選手たちに事前の通達はない。選手たちは午前、あるいは午後の練習を終えて家族との時間を楽しんでいるが、ファン・ハールから緊急招集がかかった場合はすべての予定をキャンセルしてキャリントンの練習場まで向かわなければならない。

これに戸惑っている選手も多いようだが、1番迷惑しているのは選手の家族だ。選手たちも家に帰ればパパの顔となり、家事を手伝ったり子供をあやしたりと父親としての仕事がある。たまには家族でディナーに行くのも良いだろう。しかしファン・ハールの招集がいつかかるか分からないため、ディナーに出かけることはほとんどない状態だという。

今年9月には主将のウェイン・ルーニーと副主将のマイケル・キャリックが練習内容を改善してほしいと訴えたが、彼らは緊急招集制度をどのように受け止めているのだろうか。

全文はソース元で

引用元 : まるで軍隊…… マンUの選手が怖がるファン・ハールの緊急招集 (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハールはやり過ぎ!緊急招集でプライベートを持てないマンUの選手たち】の続きを読む

ファン・ハール監督、ヤヌザイの来年1月のマンU復帰を断念 「彼がドルトムントを選んだ」 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ


 

ファン・ハール「ヤヌザイを返してもらえなかった」ドルトムントは無知と残留を嘆く

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、ドルトムントに1年間の期限付きで移籍しているベルギー代表FWアドナン・ヤヌザイの来年1月の移籍市場でのUターン復帰を断念したと明かした。米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。   ヤヌザイ

マンU指揮官は、想定外の状況に陥っている20歳の新鋭をレンタル期間終了を待たずに、1月に呼び戻そうと画策していると地元メディアに報じられていた。だが、それは断念した様子だ。  

「彼はドイツにレンタル移籍しているので、3カ月という期限ではない。ドイツでは選手をレンタル元に返却するというこのシステムを知らないんだ。これはイングランドでは通常のことなんだが」  

ファン・ハール監督は、ヤヌザイ復帰話が頓挫したことを明らかにした。

「彼はプレーしていないが、プレーすべき才能はある。私はプレーできる才能はあると確信しているが、学ばなければいけないことが多くある。才能は重要だが、才能を伸ばす個性も大事だ。彼は多くを学ぶことができる」

局面の打開力に優れる切れ味鋭いドリブラーは、まだ若い。完成にはまだまだ時間が必要だ。

「彼はより高いレベルの選手と競わなければいけない状況だ。全試合に出場してほしい。だからこそ、私はプレミアリーグでのプレーも希望しているが、彼がボルシア・ドルトムントを選んだんだ」



全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール監督、ヤヌザイの来年1月のマンU復帰を断念 「彼がドルトムントを選んだ」 | SoccerMagazine ZONE WEB/サッカーマガジンゾーンウェブ

【ファン・ハール「ヤヌザイを返してもらえなかった」ドルトムントは無知と残留を嘆く】の続きを読む

ファンハール監督がドルト監督に怒る!ヤヌザイ使え (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース


ファン・ハール「ヤヌザイをもっと使え」ドルトムント監督トゥヘルに怒り!?

13日付独ビルト紙は、マンチェスターUのルイス・ファンハール監督(64)が、ドルトムントのトーマス・トゥヘル監督(42)に怒っているという記事を掲載した。

理由はマンUからドルトムントへ期限付きで移籍しているベルギー代表MFアドナン・ヤヌザイ(20)に十分なプレー時間が与えられていないことだという。  

もともとファンハール監督はヤヌザイを放出する気はなく、マンUで得られない出場機会をドルトムントで与えてもらい、高いレベルでの経験を積ませるもくろみだった。  

英デーリーミラー紙は今冬にマンUがヤヌザイを取り戻すという記事を掲載したが、ドルトムントのチームマネジャー・ツォルク氏は「そんなオプションはないし、契約書にもない」と否定しているという。

全文はソース元で

引用元 : ファンハール監督がドルト監督に怒る!ヤヌザイ使え (日刊スポーツ) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハール「ヤヌザイをもっと使え」ドルトムント監督トゥヘルに怒り!?】の続きを読む

ファン・ハール監督がスコールズの批判に反撃 「ファンは我々を気に入っている」

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151031-00010006-soccermzw-socc

【ファン・ハール、スコールズの批判に反論・苦言「マンUファンは気に入ってくれている」】の続きを読む

ファン・ハール監督が内紛否定会見 「選手とは最高の関係だ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ファン・ハール、ルーニーとキャリックと緊急会談もマンU内の内紛は否定

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督がチーム内の内紛報道について、ついに口を開いた。ロッカールームで選手と緊急会談を持ったことを明らかにしたものの、選手との関係は「最高」と力説している。ESPNが報じている。

「キャプテンであるルーニーとキャリックが私のところにやってきた。ドレッシングルームに活気がないと、私に話してくれた。彼らは私を助けたかったのだよ。そこから、状況に注視した。彼らは私に忠告してくれたので、キャプテンとは会話を持たなかった。私はドレッシングルームに向かい、選手と会談を持った」  

指揮官は記者会見でそう語ったという。地元紙は、指揮官が練習であまりに厳格な規律を求めるが故に、チームの攻撃面が硬直化したことに選手は不満を持ったとリポートしていた。

「多くの要素について話し合ったが、書かれたようなことではない。ファンは毎週、『ルイス・ファン・ハールの軍隊』と絶叫しているから、彼らは私にとても満足しているし、選手も私にとても満足している。何人かの選手は今週新聞に書かれていたことで謝りにきたんだ」  

「選手とは最高の関係だ。君たちメディアは、監督のところに来る選手が何人いるのか考えた方がいいかもね。監督としてのキャリアで、ドレッシングルームの雰囲気について何か言いに来る選手はそこまで多くいなかった。自分を信頼していることが分かったからすごくポジティブなんだ」

全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール監督が内紛否定会見 「選手とは最高の関係だ」 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハールがルーニーとキャリックと緊急会談もマンU内の内紛は否定】の続きを読む

ファン・ハール監督が弱気発言!? プレミア制覇に早くも“白旗” (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

ファン・ハールの早すぎる”白旗”「今季は優勝ムリ!2、3位が現実的」マンUのプレミア制覇は来季と語る

マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督がリーグ制覇に白旗を上げていると、英地元紙「デイリー・メール」が報じている。  

しかし、ファン・ハール監督は12日のリバプール戦に向けた記者会見で、今季の優勝に早くも“白旗”を上げたという。

「優勝? それはない。3位か2位が現実的だ。来シーズンに優勝できることを期待している」 リバプール戦には自信「週末の試合には勝つことができる」  

それでも週末に控える宿敵リバプールとのナショナル・ダービーに関しては、名将らしい強気な姿勢を示した。

「前節(スウォンジー戦)の敗戦は私の責任だ。すまなかった。ただ、心配はしないでくれ。週末の試合には勝つことができる」

全文はソース元で

引用元 : ファン・ハール監督が弱気発言!? プレミア制覇に早くも“白旗” (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ファン・ハールの早すぎる”白旗”「今季は優勝ムリ!2、3位が現実的」マンUのプレミア制覇は来季と語る】の続きを読む

ユナイテッドに内紛発生!? ベテラン選手たちがファン・ハール監督の指導法に抗議か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

遂にファン・ハールとマンU選手間で衝突か?ベテラン選手が指導に抗議

マンチェスター・ユナイテッドで複数のベテランの選手がルイス・ファン・ハール監督の指導法に対して抗議する内紛状態に陥っていたと、英地元紙「ザ・タイムズ」が報じている。  

規律と戦術面の遵守に厳格なオランダ人指揮官は、自分の哲学にそぐわない選手を起用しないほどに徹底しているが、ベテランの複数選手はファン・ハール監督が練習で命じる戦術に「創造性と柔軟性が欠けている」と主張。このオランダ人指揮官の練習方針が、選手のパフォーマンスに悪影響を与えていると選手は考え、攻撃面での自由を求めたという。すでに内紛は数週間に発生し、ロッカールームでは会議が行われているという。  

GKについても、レアル・マドリードとの移籍交渉に発展したスペイン代表ダビド・デヘアをベンチ外にする措置を取ったほか、ビクトール・バルデスについては昨季にU-21チームでのプレーを指令。その指示に従わなかったとして、トップチームのロッカールームから居場所をなくし、クラブハウスで食事を共にすることも禁じたとされている。バルデスは自身のSNSにU-21チームのロッカールームに自身がいる写真を掲載し、「敬意?」というタイトルでアップロード。物議をかもしていた。

全文はソース元で

引用元 : ユナイテッドに内紛発生!? ベテラン選手たちがファン・ハール監督の指導法に抗議か (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【遂にマンUでファン・ハールと選手が衝突か?ベテラン選手が指導に抗議】の続きを読む

ファーガソン、若手を使わないファン・ハールに苦言呈す (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

ファーガソンがファン・ハールに苦言!マンUユースの若手を起用しない将来性の無さを危惧

マンチェスター・ユナイテッドの伝説であるサー・アレックス・ファーガソンがファン・ハール監督のやり方に異議を唱えた。 新たに「Leading」という本を出版するアレックス・ファーガソン氏は、マンUの公式Facebookを使って宣伝を行った。

その中で、同氏は若手の教育を重視していたと述べている。これは今夏に大型補強を行ったクラブとファン・ハールのやり方を批判したものであり、『デイリー・スター』が同氏の言葉を紹介している。

マンUは前節のスウォンジー戦にアカデミー出身者を1人も起用しておらず、ベンチにGKサム・ジョンストンとDFバディ・マクネアがベンチに入ったのみであり、スタメンは豪華なメンバーで占められている。 「どんな組織を作るにしても、将来を見据えていかないといけない。私がマンUの指揮官に就任して初めにしたことは、ユースシステムを構築することだった。

すべての試合で先発の11人と7人のベンチプレイヤーが必要で、そのすべての枠をアカデミーから賄うことを考えた。私は常に3年後に完成させたいチームを考えて動く。そのために若手を育て、成長の手助けをし、そして成功への道を用意してあげれば、より簡単に高性能な組織を形成することができるんだよ」

「若手の選手は組織にファンタスティックなスピリットを注入できるし、若手は最初にチャンスを与えてくれた人や指揮官を忘れることはない。そこにクラブや指揮官への忠誠心が生まれるんだ」

全文はソース元で

引用元 : ファーガソン、若手を使わないファン・ハールに苦言呈す (theWORLD(ザ・ワールド)) - Yahoo!ニュース

【ファーガソンがファン・ハールに苦言!マンUユースの若手を起用しない将来性の無さを危惧】の続きを読む

このページのトップヘ