スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ブンデスリーガ

香川先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝がストップ…首位陥落 | サッカーキング

香川が先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝ストップ&首位陥落【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第6節が23日に行われ、ホッフェンハイムと日本代表MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。香川はトップ下の位置で6試合連続の先発出場を果たしている。  

ドルトムントは今シーズンのリーグ戦5試合を戦い、18得点3失点の5連勝と圧倒的な強さを誇っている。すでにクラブの開幕連勝新記録を打ち立てており、今節は開幕6連勝、公式戦12連勝を狙う。一方、ホッフェンハイムは1分け5敗と開幕から未勝利が続き、今節でなんとか初勝利を挙げたいところだ。ドルトムントはアルメニア代表MFヘンリク・ムヒタリアンとドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンを休ませ、けがから復帰したドイツ代表MFマルコ・ロイスとMFゴンサロ・カストロがスタメンで起用された。  

試合は開始からドルトムントがチャンスを作る。6分、ゴール前のロイスからパスを受けたピエール・エメリク・オーバメヤンがエリア内左に進入して左足でシュート。しかし、ここはGKオリヴァー・バウマンに防がれてしまった。

ドルトムントは86分、ギュンドアンからのスルーパスを受けたムヒタリアンがエリア内右から折り返しのボールを送る。ゴール前にA・ラモスが走りこんだが、空振りしてしまいゴールを奪えない。
 
このままスコアは変わらず、1-1のドローで終わった。この結果、ドルトムントの公式戦連勝は11、リーグ戦の連勝は5でストップ。開幕6連勝のバイエルンに首位を明け渡した。
 
次節、ホッフェンハイムは敵地でアウクスブルクと、ドルトムントはホームでダルムシュタットと対戦する。

【スコア】
ホッフェンハイム 1-1 ドルトムント
【得点者】
1-0 42分 セバスティアン・ルディ(ホッフェンハイム)
1-1 55分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝がストップ…首位陥落 | サッカーキング

【香川が先発のドルトムント、ドローで公式戦連勝ストップ&首位陥落【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

香川の元同僚レバンドフスキ、9分間で5ゴール! バイエルン、ヴォルフスに逆転勝利 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

レヴァンドフスキが9分間で5得点の偉業達成!ヴォルフスブルク相手に逆転大勝【ハイライト動画】

【バイエルン・ミュンヘン 5-1 ヴォルフスブルク ブンデスリーガ 第6節】  

ブンデスリーガ第6節が現地時間の22日に行われ、バイエルン・ミュンヘンはホームでヴォルフスブルクと対戦した。  

すると26分、ヴォルフスブルクは中央から右サイドのMFダニエル・カリジウリにボールを送ると、冷静にGKの位置を確認し先制点を決める。  

FWロベルト・レバンドフスキが一変する。後半から途中出場を果たすと51分、ゴール前でクロスに詰めて早速同点弾を決める。直後の52分にはミドルシュートを突き刺し逆転弾を決めると、55分にも追加点を決め、わずか4分間でハットトリックを達成した。  

一気に形勢を逆転したバイエルンは、その後もレバンドフスキが立て続けに57分にゴール、60分に美しいボレーシュートを決める。なんと9分間で5ゴールを決める偉業を成し遂げた。

【得点者】
26分 0-1 カリジウリ(ヴォルフスブルク)
51分 1-1 レバンドフスキ(バイエルン)
52分 2-1 レバンドフスキ(バイエルン)
55分 3-1 レバンドフスキ(バイエルン)
57分 4-1 レバンドフスキ(バイエルン)
60分 5-1 レバンドフスキ(バイエルン)


全文はソース元で

引用元 : 香川の元同僚レバンドフスキ、9分間で5ゴール! バイエルン、ヴォルフスに逆転勝利 (フットボールチャンネル) - Yahoo!ニュース

【レヴァンドフスキが9分間で5得点の偉業達成!ヴォルフスブルク相手に逆転大勝【ハイライト動画】】の続きを読む

ドルトムント復活を歓迎するボアテング、「ヴォルフスブルクより強い」とも… (GOAL) - Yahoo!ニュース

ボアテング「今季はヴォルフスブルクよりドルトムントの方が少し強い」

バイエルン・ミュンヘンは22日に行われるブンデスリーガ第6節で、ヴォルフスブルクをホームに迎える。DFジェローム・ボアテングはこの試合を前に、今季はヴォルフスブルクよりも、ボルシア・ドルトムントの方が「少しばかり強い」と語っている。

ドイツ『キッカー』で次のように述べた。

「今季はドルトムントの方が少しばかり強いと思うんだ。彼らは新しい監督を迎えており、その攻撃が非常に手強い。昨季と比べても、よりハングリーな印象を受けるよ」

「僕たちもすごく良い形のスタートを切り、たくさんのゴールを挙げている。でも、僕たち以外にも上位を狙えるチームが存在することは良いことだね。このリーグにとってもドイツサッカーにとっても、良いことだよ」

一方で、今夏にバイエルンを退団したダンテが、ヴォルフスブルクのユニフォームを着ているのには「違和感を感じるだろうね」と話すボアテング。ケヴィン・デ・ブルイネやイヴァン・ペリシッチが離れたヴォルフスブルクを、軽視はしていない様子だ。

「彼らは毎シーズンにわたって発展してきたし、今も非常に優れたチームだね。デ・ブルイネやペリシッチがフィットしていたので、少し時間が必要かもしれない。だが、(ユリアン・)ドラクスラーやダンテも素晴らしいクオリティーを備えているよ」

全文はソース元で

引用元 : ドルトムント復活を歓迎するボアテング、「ヴォルフスブルクより強い」とも… (GOAL) - Yahoo!ニュース

【ボアテング「今季はヴォルフスブルクよりドルトムントの方が少し強い」】の続きを読む

香川が1ゴール1アシストの大活躍…ドルトムント、快勝で公式戦11連勝 | サッカーキング

香川が1G1Aの大活躍!ドルトムントはレヴァークーゼンに完勝で11連勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第5節が行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとレヴァークーゼンが対戦した。香川はリーグ戦開幕から5試合連続で先発出場を果たしている。  

今シーズンのリーグ戦で合計15得点の4連勝と絶好調をキープしているドルトムント。今節はホームで公式戦11連勝を狙う。対してレヴァークーゼンはここまで2勝2敗。前節は昇格組のダルムシュタットに0-1で敗戦したため、今節で挽回したいところ。  

ドルトムントは、前節から布陣に変更はなく、香川もトップ下で先発出場。また、左足親指を骨折していたマルコ・ロイスがベンチに復帰している。一方のレヴァークーゼンは、ケヴィン・カンプルが先発出場し古巣のホームに凱旋。また、マンチェンスター・Uで香川のチームメイトだったハビエル・エルナンデスもスタメン入りしている。

終盤に入っても手を緩めないドルトムントは84分、香川がエリア手前左から、ループ気味にシュートで狙うが、枠の右に外れる。86分にはギュンドアンがエリア内右で左足を振り抜くも、レノに阻まれる。さらにそのこぼれ球にシュメルツァーがダイレクトでシュートを放つが、これもレノがセーブ。90分には右サイドからの折り返しを、ゴンサロ・カストロが右足で合わせるが、右ポストに嫌われた。
 
試合はこのままタイムップを迎え、ドルトムントが3-0の快勝。この結果、今シーズン開幕から公式戦11連勝となった。なお、香川はフル出場している。
 
ドルトムントは次節、23日にアウェーでホッフェンハイムと対戦。レヴァークーゼンは同日に日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-0 レヴァークーゼン
【得点者】
1-0 19分 ヨナス・ホフマン(ドルトムント)
2-0 58分 香川真司(ドルトムント)
3-0 74分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK)(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川が1ゴール1アシストの大活躍…ドルトムント、快勝で公式戦11連勝 | サッカーキング

【香川が1G1Aの大活躍!ドルトムントはレヴァークーゼンに完勝で11連勝【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

武藤、不発も2得点に絡む活躍…マインツがマッリのハットで逆転勝利 | サッカーキング

武藤、2得点に絡みマインツの勝利に貢献!マリがハットトリック【タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第5節が18日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツとホッフェンハイムが対戦した。前節、初のフル出場を果たした武藤は、4試合連続でスタメン入りを果たしている。  ここまで2勝2敗で10位につけるマインツが、ホームのコファス・アレーナに、1分け3敗の未勝利で15位に沈むホッフェンハイムを迎えての一戦。前節、シャルケに敗れ連勝が2でストップしたマインツは連敗を避けたいところ。一方のホッフェンハイムは、今シーズン初勝利を収め開幕から続く不調のトンネルから脱出を狙う。  

試合の立ち上がりはホームのマインツが指導権を握るも、先制したのはホッフェンハイムだった。13分、カウンターから、オイゲン・ポランスキのスルーパスでエリア内右に抜け出したジョナタン・シュミッドが、右足でのシュートをニアサイドに流し込みゴールネットを揺らした。先制点を許したマインツだったが、すぐさま同点に追いつく。18分、武藤の競ったこぼれ球を、クリスティアン・クレメンスが拾って前線にスルーパス。これに反応しエリア内左に抜け出したユヌス・マッリが中央に切り込み、右足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に決まった。

終盤にホッフェンハイムが攻勢を見せるも、試合はこのままタイムアップ。マッリのハットトリックでマインツが3-1の逆転勝利を収めた。勝利したマインツは今シーズン3勝目。敗れたホッフェンハイムは4敗目となり、初白星はまたもお預けとなった。
 
マインツは次節、23日にアウェーでレヴァークーゼンと対戦。ホッフェンハイムは同日に、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントをホームに迎える。

【スコア】
マインツ 3-1 ホッフェンハイム
【得点者】
0-1 13分 ジョナタン・シュミッド(ホッフェンハイム)
1-1 18分 ユヌス・マッリ(マインツ)
2-1 61分 ユヌス・マッリ(マインツ)
3-1 68分 ユヌス・マッリ(マインツ)

全文はソース元で

引用元 : 武藤、不発も2得点に絡む活躍…マインツがマッリのハットで逆転勝利 | サッカーキング

【武藤、2得点に絡みマインツの勝利に貢献!マリがハットトリック【タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

清武が今季初出場、香川と酒井宏も先発…ドルトが接戦制し開幕4連勝 | サッカーキング

復帰の清武が活躍も香川の活躍でドルトムントがハノーファーに逆転勝利!酒井宏樹はフル出場【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第4節が12日に行われ、MF清武弘嗣とDF酒井宏樹の所属するハノーファーと、MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。  

ここまで1分け2敗で16位に沈むハノーファーが、開幕から3連勝で首位のドルトムントをホームに迎えての一戦となった。日本代表に招集されていた酒井が右サイドバックで、香川はトップ下で先発出場。さらに、今シーズンから背番号「10」を背負う清武が、右足骨折での長期離脱から復帰を果たし、トップ下でスタメン入りしている。  

試合は開始18分、ハノーファーの先制で動いた。清武のスルーパスでペナルティエリア内右に抜け出したレオン・アンドレアセンがダイレクトで中央に折り返す。ゴール前に走り込んだアルトゥル・ソビエフが左足で合わせてゴールネットを揺らした。しかし34分、フェリペがヘンリク・ムヒタリアンを後ろから倒し、ドルトムントにPKを献上。このPKをピエール・エメリク・オーバメヤンがゴール左隅に沈めて、ドルトムントが同点に追いついた。オーバメヤンは開幕から4試合連続ゴールでリーグ戦4点目となった。

試合はこのまま終了。ドルトムントが4-2で接戦を制し開幕から4連勝となった。一方、ハノーファーの今シーズン初白星はまたもお預けとなっている。なお、酒井がフル出場。清武は79分で、香川は90分で途中交代となった。
 
ハノーファーは次節、20日にアウクスブルクと対戦。ドルトムントは、17日にヨーロッパリーグ・グループステージ第1節でクラスノダールをホームに迎え、20日にリーグ第5節のレヴァークーゼン戦に臨む。

【スコア】
ハノーファー 2-4 ドルトムント
【得点者】
1-0 18分 アルトゥル・ソビエフ(ハノーファー)
1-1 35分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK)(ドルトムント)
1-2 44分 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)
2-2 53分 アルトゥル・ソビエフ(ハノーファー)
2-3 67分 オウンゴール(フェリペ)(ドルトムント)
2-4 85分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(PK)(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 清武が今季初出場、香川と酒井宏も先発…ドルトが接戦制し開幕4連勝 | サッカーキング

【復帰の清武が活躍も香川の活躍でドルトムントがハノーファーに逆転勝利!酒井宏樹はフル出場【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

好調・香川と復活・清武が対決へ…ブンデス再開戦は日本人5名先発か | サッカーキング

香川と清武が司令塔対決!ブンデス日本人5選手が先発へ

ブンデスリーガ第4節が11日から13日にかけて開催される。ドイツ誌『キッカー』が各試合の予想先発メンバーを掲載した。今節は日本代表に招集されていたMF香川真司、FW原口元気、FW武藤嘉紀、DF酒井宏樹を含む、日本人選手5名が先発出場すると予想されている。  

香川の所属するドルトムントは12日に、アウェーで酒井宏とMF清武弘嗣の所属するハノーファーと対戦。8日のアフガニスタン戦で2ゴールを決めた香川が、トップ下で先発出場と予想されている。一方のハノーファーは、酒井が右サイドバックで予想メンバー入りし、さらに右足骨折で長期離脱していた清武もトップ下で先発復帰する見込み。そのため、絶好調の香川と復活となる清武の日本人トップ下対決が予想されている。  

FW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンとMF長谷部誠が所属するフランクフルトの対戦では、3選手とも予想先発メンバーから外れている。

全文はソース元で

引用元 : 好調・香川と復活・清武が対決へ…ブンデス再開戦は日本人5名先発か | サッカーキング

【香川と清武が司令塔対決!ブンデス日本人5選手が先発へ】の続きを読む

香川が今季2アシスト目でドルトの開幕3連勝に貢献…原口もフル出場 | サッカーキング

香川、先制点アシストと起点でドルトムントの3連勝に貢献!原口はフル出場【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第3節が30日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、同代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンが対戦した。香川と原口はともに先発出場し、代表合流前最後の試合に臨む。  

開幕から2試合連続で4-0の完勝を収め、絶好調のドルトムント。左インサイドハーフで先発出場した香川は、前節のインゴルシュタット戦でブンデスリーガ初ゴールを決めており、ヨーロッパリーグ予選プレーオフのホーム&アウェーも含め、公式戦3試合連続得点中で好調をキープしている。対してヘルタ・ベルリンは、開幕戦で白星を挙げ、前節は引き分けで終わり無敗を維持。ワントップで先発出場した原口は、前節に続き2試合連続のスタメンで、今シーズン初ゴールに期待がかかる。

後半に入って93分、ドルトムントは、エリア内右に抜け出したヨナス・ホフマンがマイナスの折り返し。それを香川、ムヒタリアンが繋いで、最後はアドリアン・ラモスが右足で流し込んで追加点を奪った。
 
試合はこのまま終了。ドルトムントがホームで3-1で勝利を収め、開幕から無傷の3連勝となった。なお、香川と原口はともにフル出場を果たしている。
 
ドルトムントは次節、12日にアウェーで日本代表DF酒井宏樹とMF清武弘嗣の所属するハノーファーと、ヘルタ・ベルリンは同日にホームでシュトゥットガルトと対戦する。

【スコア】
ドルトムント 3-1 ヘルタ・ベルリン
【得点者】
1-0 27分 マッツ・フンメル(ドルトムント)
2-0 51分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
2-1 78分 サロモン・カルー(ヘルタ・ベルリン)
3-1 90+3分 アドリアン・ラモス(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川が今季2アシスト目でドルトの開幕3連勝に貢献…原口もフル出場 | サッカーキング

【香川、先制点アシストと起点でドルトムントの3連勝に貢献!原口はフル出場【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

武藤がブンデス初ゴールを含む2得点…全得点に絡みチームを連勝に導く | サッカーキング

武藤、ブンデス初ゴール含む2得点1起点の大活躍でマインツが完勝!酒井宏樹はフル出場【スタッツ・ハイライト動画】

ブンデスリーガ第3節が29日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと同DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファーが対戦した。武藤、酒井宏は揃って2試合連続の先発出場。武藤は2トップの一角で、酒井宏は右SBで起用され、清武は負傷の影響によりメンバー外となっている。  

前節、マインツはボルシアMGに2-1で勝利を収め、今シーズン初白星を挙げた。チームの調子は徐々に上がっており、ホームで連勝を飾りたい。一方、ハノーファーは1分け1敗で未勝利が続いており、敵地で初勝利を持ち帰りたいところだ。  

試合は0-0で迎えた15分にマインツが最初の決定機をものにする。エリア内で武藤がハイロからスルーパスを受けると、落ち着いて左足でゴール右に流し込んだ。武藤にとっては待望のブンデスリーガ初ゴールで、チームにとっても貴重な先制ゴールとなった。

その後、ハノーファーは同点ゴールを目指して猛攻に出たが、決定機を生かせず1点も返すことができない。このまま3-0でホームのマインツが勝利を収め、2連勝を飾っている。なお、武藤は87分まで出場、酒井宏はフル出場を果たしている。

【スコア】
マインツ 3-0 ハノーファー
【得点者】
1-0 15分 武藤嘉紀(マインツ)
2-0 29分 武藤嘉紀(マインツ)
3-0 47分 ユヌス・マッリ(マインツ)


全文はソース元で

引用元 : 武藤がブンデス初ゴールを含む2得点…全得点に絡みチームを連勝に導く | サッカーキング

【武藤、ブンデス初ゴール含む2得点1起点の大活躍でマインツが完勝!酒井宏樹はフル出場【スタッツ・ハイライト動画】】の続きを読む

香川&武藤らが連続スタメンへ、長谷部は中盤起用か…独誌先発予想 | サッカーキング

ブンデス勢の日本人選手のスタメン予想 香川・武藤・長谷部らが先発

ブンデスリーガ第3節が28日から30日にかけて開催される。ドイツ誌『キッカー』が各試合の予想先発メンバーを掲載した。  

日本代表MF長谷部誠が所属するフランクフルトは、敵地でシュトゥットガルトと対戦する。長谷部は開幕から3試合連続での先発出場が濃厚となっている。また、ここまで右SBを中心に起用されてきたが、今節はスタートから中盤で起用されることが予想されている。  

FW大迫勇也とMF長澤和輝が所属するケルンは、ホームに同代表DF酒井高徳が所属するハンブルガーSVを迎える。

ここまで出場機会がない酒井高は今シーズン初の先発出場が見込まれている。  

同代表FW武藤嘉紀が所属するマインツは、同DF酒井宏樹とMF清武弘嗣が所属するハノーファーとのホームゲームを戦う。武藤は2試合連続で先発出場が見込まれ、CFで起用される模様。また、酒井宏も右SBで2試合連続のスタメン入りが予想されている。

同代表MF香川真司が所属するドルトムントは、同FW原口元気が所属するヘルタ・ベルリンと対戦する。公式戦3試合連続ゴール中の香川は引き続き先発で起用される見込み。

全文はソース元で

引用元 : 香川&武藤らが連続スタメンへ、長谷部は中盤起用か…独誌先発予想 | サッカーキング

【ブンデス勢の日本人選手のスタメン予想 香川・武藤・長谷部らが先発】の続きを読む

このページのトップヘ