スパねこ ~スパイクを履いたねこ~

海外でプレーしている日本人サッカー選手の情報を取り上げるサイトです。ニュース、試合に対する独自の視点で管理人がコメントをしています。また、独自の記事も配信します。コメント欄でディベートを楽しみましょう。

ブンデスリーガ

香川先発のドルトムントが3戦ぶり白星…オーバメヤン2発で17得点目 | サッカーキング


香川先発のドルトムントが連敗ストップ シュツットガルトに快勝【スタッツ・ハイライト&タッチ集動画】

ブンデスリーガ第14節が29日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントとシュトゥットガルトが対戦した。香川は左のインサイドハーフで、リーグ戦開幕から14試合連続の先発出場となった。  

代表ウィーク明けの前節ハンブルガーSV戦で今シーズン2敗目を喫した2位のドルトムント。26日に行われたヨーロッパリーグのFCクラスノダール戦でも0-1で敗戦し、公式戦2連敗となった。今節、16位に沈むシュトゥットガルトをホームのシグナル・イドゥナ・パルクに迎えて、3試合ぶりの白星を狙う。なお、シュトゥットガルトは、24日にアレクサンダー・ツォルニガー監督を解任。U-23チームから昇格したユルゲン・クラムニー暫定監督の初陣となった。  スタメンにはクラスノダール戦で温存された香川、MFマルコ・ロイス、FWピエール・エメリク・オーバメヤンの3選手も名を連ねた。その一方で、同試合でフル出場したキャプテンのDFマッツ・フンメルスとMFユリアン・ヴァイグルはベンチスタートとなった。  

試合はこのままタイムアップを迎え、ドルトムントが4-1で公式戦3試合ぶりの勝利を収めた。なお、香川は60分に途中交代。敗れたシュトゥットガルトはクラムニー暫定監督の初陣を勝利で飾れず、リーグ戦3連敗となった。  

ドルトムントは次節、12月5日にアウェーでヴォルフスブルクと対戦。シュトゥットガルトは同6日にブレーメンをホームに迎える。

【スコア】

ドルトムント 4-1 シュトゥットガルト

【得点者】

1-0 3分 ゴンサロ・カストロ(ドルトムント)

2-0 19分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

2-1 40分 ダニエル・ディダヴィ(シュトゥットガルト)

3-1 65分 オウンゴール(ゲオルグ・ニーダーマイアー)(ドルトムント)

4-1 90分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川先発のドルトムントが3戦ぶり白星…オーバメヤン2発で17得点目 | サッカーキング

【香川先発のドルトムントが連敗ストップ シュツットガルトに快勝【スタッツ・ハイライト&タッチ集動画】】の続きを読む

ブンデス公式サイトが「日本の極上」と5人を特集 香川は「鮭のような跳躍」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース


ブンデスで躍動する「日本の極上選手たち」公式サイトが特集!香川は「川に上る鮭」

ドルトムントの日本代表MF香川真司らブンデスリーガで戦う日本人5選手がブンデスリーガ公式サイトの特集で絶賛されている。

「開幕100日特集 日本の極上」という見出しで絶賛された5人衆の筆頭は今季公式戦7ゴール7アシストの香川だ。  

寸評ではシャルケとのルールダービーで決めた珍しいシュートが「鮭」と形容されている。海から川へと上っていく鮭のような躍動感が称賛の的になった。

「シンジ・カガワの鮭のような跳躍が今季12節のレビアダービーとなった地元のライバル、シャルケ戦との忘れられない3-2での勝利の先制点を生み出した。これはミッドフィルダーの優れた貢献を象徴している。この26歳はドルトムントの今季ブンデスリーガ全12試合に先発。リーグ戦3得点6アシストを記録している。6アシストのうち3つは第10節のアウグスブルク戦での5-1の勝利で生まれたものである」  

2人目はマインツFW武藤嘉紀。「マインツのファンは新たなヒーローを手にした」と絶賛されている。

続いてはハノーバーMF清武弘嗣。「開幕を第五中足骨骨折で離脱したヒロシ・キヨタケはベストに戻った。レッズの攻撃陣の支柱として成長」と絶賛されている。

4人目はフランクフルトMF長谷部誠。ボランチからサイドバックまで献身的にこなすハリルジャパンの主将に対し、特集では「マコト・ハセベの万能性はアルミン・フェー監督にとって本当に恵みであると証明されている」と絶賛されている。 「彼のリーダーシップのクオリティ、真面目なアプローチはイーグルスの4バックで役立っていることは否定できない」と代表キャプテンの人格面も高く評価されている。  

最後はハリルジャパンでバックアップメンバーに留まっているケルンFW大迫勇也。「第1節からゴールを決めることができていないが、ユウヤ・オオサコはペーター・シュテーガー監督から明らかに高い評価を手にしている」と指揮官の信頼が絶大であることを示されている。故障明けの第4節から先発出場を続けており、「ゴール前で不運が続いている」とされている。  

全文はソース元で

引用元 : ブンデス公式サイトが「日本の極上」と5人を特集 香川は「鮭のような跳躍」と絶賛 (Soccer Magazine ZONE web) - Yahoo!ニュース

【ブンデスで躍動する「日本の極上選手たち」公式サイトが特集!香川は「川に上る鮭」】の続きを読む

香川がヘッドで先制弾…計5発の激闘演じたダービー戦はドルトに軍配 | サッカーキング


香川がヘッドで先制点のドルトムント、シャルケに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第12節が8日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するドルトムントと、DF内田篤人の所属するシャルケが対戦した。  

ドルトムントがホームのシグナル・イドゥナ・パルクに、宿敵シャルケを迎えて、147回目の“ルール・ダービー”となった。現在6連勝中のドルトムントは、その6試合で合計24得点と攻撃陣が絶好調。今節、香川が左インサイドハーフで開幕から12試合連続の先発出場となった。その他、リーグ戦13ゴールで得点ランク2位につけるFWピエール・エメリク・オーバメヤンらもスタメンに名を連ねたが、FWマルコ・ロイスは肉離れで離脱を強いられているため欠場となった。

激闘のダービー戦はこのまま終焉。ホームのドルトムントが3-2で今シーズン最初の“ルール・ダービー”を制し、公式戦7連勝となった。対照的に敗れたシャルケは6試勝利なしと厳しい状況に立たされている。なお、香川はフル出場を果たした。

ドルトムントは次節、代表ウィークを挟んで、20日にアウェーで日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと対戦。シャルケは21日にバイエルンをホームに迎える。

【スコア】
ドルトムント 3-2 シャルケ
【得点者】
1-0 30分 香川真司(ドルトムント)
1-1 33分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)
2-1 43分 マティアス・ギンター(ドルトムント)
3-1 47分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-2 71分 クラース・ヤン・フンテラール(シャルケ)


全文はソース元で

引用元 : 香川がヘッドで先制弾…計5発の激闘演じたダービー戦はドルトに軍配 | サッカーキング

【香川がヘッドで先制点のドルトムント、シャルケに競り勝つ【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

武藤が今季2アシスト目…マインツ、10人のヴォルフス相手に4戦ぶりの勝利 | サッカーキング


武藤が1アシスト、マインツがホームでヴォルフスブルクに完封勝利【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第12節が7日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツとヴォルフスブルクが対戦した。  

前節のアウクスブルク戦は、武藤のハットトリックで何とか引き分けに持ち込んだマインツ。今節は、3位のヴォルフスブルクをホームに迎えて、4試合ぶりの勝利を目指す。ここ2試合で4ゴールと絶好調の武藤は11試合連続の先発出場で、3試合連続のゴールに期待がかかる。  

試合は13分に意外な形で動く。ユリアン・ドラクスラーが、浮き球に触ろうとするが、飛び出てきたゴンサロ・ハラの頭に足が入ってしまう。この行為がレッドカードの判定で一発退場となり、ヴォルフスブルクは10人となった。なお、ハラにけがはなくそのままプレーを続けている。

ホームのマインツが2-0でリーグ戦4試合ぶりの勝利を収めた。敗れたヴォルフスブルクは連勝が3でストップした。なお、先制点の起点と2点目のアシストで2得点に絡んだ武藤はフル出場を果たした。
 
マインツは次節、代表ウィーク明けの21日にFW大迫勇也とMF長澤和輝の所属するケルンと対戦。ヴォルフスブルクは同日にブレーメンをホームに迎える。

スコア】
マインツ 2-0 ヴォルフスブルク
【得点者】
1-0 31分 パブロ・デ・ブラシス(マインツ)
2-0 75分 ユヌス・マッリ(マインツ)

全文はソース元で

引用元 : 武藤が今季2アシスト目…マインツ、10人のヴォルフス相手に4戦ぶりの勝利 | サッカーキング

【武藤が1アシスト、マインツがホームでヴォルフスブルクに完封勝利【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

清武が1ゴール1アシストでハノーファーの逆転勝利を演出…酒井宏フル出場 | サッカーキング


2-11,15 kiyo

ブンデスリーガ第11節が1日に行われ、日本代表DF酒井高徳の所属するハンブルガーSVと、同MF清武弘嗣と同DF酒井宏樹の所属するハノーファーが対戦した。  

前節、4試合ぶりの勝利を収めたハンブルガーSV。今節はホームで今シーズン初の連勝を狙う。一方のハノーファーは、前節のフランクフルト戦で敗れて連勝が2でストップ。27日に行われたDFBポカール2回戦でもダルムシュタットに敗戦したため、今節は公式戦での連敗を脱出しておきたいところ。酒井高はベンチスタート。清武と酒井宏は先発出場となった。

ハンブルガーSVは次節、7日にアウェーでダルムシュタットと対戦。ハノーファーは6日に、日本代表FW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンをホームに迎える。

【スコア】
ハンブルガーSV 1-2 ハノーファー
【得点者】
1-0 6分 ミヒャエル・グレゴリチュ(ハンブルガーSV)
1-1 59分 清武弘嗣(PK)(ハノーファー)
1-2 67分 サリフ・サネ(ハノーファー)



全文はソース元で

引用元 : 清武が1ゴール1アシストでハノーファーの逆転勝利を演出…酒井宏フル出場 | サッカーキング

【清武が1ゴール1アシストでハノーファーを逆転勝利に導く!酒井宏樹もフル出場】の続きを読む

武藤が初ハットで通算6点目・・・後半ロスタイムにチームを救う劇的同点弾

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00365443-soccerk-socc

【武藤がブンデスで初ハットトリック!マインツを土壇場で救いドローに持ち込む】の続きを読む

香川、開幕11戦連続の先発出場・・・ロイス2発のドルトムントが敵地で快勝

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151101-00365412-soccerk-socc

【香川がフル出場のドルトムント、ロイスが2発でブレーメンに快勝【試合考察】】の続きを読む

ドルトムント対アウクスブルク戦、5-1 【香川が3アシスト、オーバメヤンのハットトリックでドルトムントがアウクスブルクに快勝!】の続きを読む

香川決定機逃すもドルトムントは4戦ぶり勝利…武藤は終盤まで出場 | サッカーキング

香川と武藤が先発!ドルトムントがマインツに競り勝ち2-0完封勝利【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第9節が16日に行われ、日本代表FW武藤嘉紀が所属するマインツと同MF香川真司が所属するドルトムントが対戦した。武藤はワントップで8試合連続の先発出場。香川はインサイドハーフの位置で9試合連続のスタメン出場を果たしている。  

ホームのマインツはここまでのリーグ戦8試合を4勝4敗で終え、8位につけている。今節は上位のドルトムントを相手に勝点3を奪い、連勝を飾りたいところ。一方、ドルトムントは前節の首位バイエルン戦で1-5の完敗。勝点を7差に広げられたため、離されないためにも白星奪取が求められる。

リードを広げられたマインツは83分に武藤を下げてフローリアン・ニーダーレヒナーを投入。ドルトムントは84分、香川を下げてゴンサロ・カストロを投入した。このままドルトムントが2点のリードを守りきり、4試合ぶりの勝利を手にした。一方、マインツはホームで今シーズン5敗目を喫してしまった。なお、武藤は83分まで出場。香川は84分まで出場している。
 
次節、マインツはブレーメンと、ドルトムントはアウクスブルクとそれぞれホームで対戦する。

【スコア】
マインツ 0-2 ドルトムント
【得点者】
0-1 マルコ・ロイス(ドルトムント)
0-2 ヘンリク・ムヒタリアン(ドルトムント)

全文はソース元で

引用元 : 香川決定機逃すもドルトムントは4戦ぶり勝利…武藤は終盤まで出場 | サッカーキング

【香川と武藤が先発!ドルトムントがマインツに競り勝ち2-0完封勝利【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

香川先発のドルトが今季初黒星…バイエルン、圧巻の5発完勝で首位独走 | サッカーキング

香川が先発のドルトムント、バイエルン相手に5失点の大敗!【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】

ブンデスリーガ第8節が4日に行われ、バイエルンと日本代表MF香川真司の所属するドルトムントが対戦した。香川はトップ下で、開幕から8試合連続の先発出場となった。  

5勝2分けで2位につけるドルトムント。今節は、敵地アリアンツ・アレーナに乗り込み、開幕7連勝で首位に立つバイエルンとの直接対決となった。  

注目は両チームのストライカー対決。ドルトムントは、ガボン代表FWオーバメヤンがブンデス史上初の開幕7試合連続ゴール中で、通算9ゴールを挙げている。対してバイエルンは、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキが、ここ2試合のリーグ戦で合計7得点を記録。今シーズン通算10ゴールで得点ランキングトップに立っている。

ドルトムントは71分、エリア内左に抜け出したムヒタリアンが左足を振り抜くが、シュートはGKマヌエル・ノイアーに左手1本で弾き出された。79分には、エリア手前右のFKでヤヌザイが直接シュートを放つが、またもノイアーにセーブされた。
 
試合はこのままタイムアップ。ドルトムントは、バイエルンに1-5の完敗で、今シーズン公式戦15試合目にして初黒星となった。一方、圧巻の5ゴールで直接対決を制したバイエルンはリーグ開幕から無傷の8連勝。2位ドルトムントとの勝ち点差を7に広げた。なお、香川は53分で途中交代となった。

ドルトムントは次節、代表ウィーク明けの16日にアウェーで日本代表FW武藤嘉紀の所属するマインツと対戦。バイエルンは17日にブレーメンとのアウェーゲームに臨む。

【スコア】
バイエルン 1-5 ドルトムント
【得点者】
1-0 26分 トーマス・ミュラー(バイエルン)
2-0 35分 トーマス・ミュラー(PK)(バイエルン)
2-1 36分 ピエール・エメリク・オーバメヤン(ドルトムント)
3-1 46分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
4-1 58分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)
5-1 66分 マリオ・ゲッツェ(バイエルン)

全文はソース元で

引用元 : 香川先発のドルトが今季初黒星…バイエルン、圧巻の5発完勝で首位独走 | サッカーキング

【香川が先発のドルトムント、バイエルン相手に5失点の大敗!【スタッツ・タッチ集&ハイライト動画】】の続きを読む

このページのトップヘ